未熟な誘惑

mijuku nayuuwaku

未熟な誘惑
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
35
評価数
11件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403522284

あらすじ

家電量販店に勤める小川は、家族に虐げられてきた影響で超ネガティブ思考。ある日、本社からやってきた専務・志木に、閉店後の売り場で男といちゃついている場面を目撃され咎められる。人を人とも思わないその様子は大嫌いな義兄にそっくり。不満が溜まって振り切れた小川は仕返しを決意する。だが志木の反応は意外なもので……!? オレ様な志木と自分に自信の持てない小川の恋とお仕事事情。

表題作未熟な誘惑

自社PC作成プロジェクト担当の専務・志木展人
家電量販店のパソコン担当販売スタッフ・小川昌紀

その他の収録作品

  • 曖昧な誘惑
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

誘惑したのは

表題作と短め続編の2本が収録されています。
どちらも小川(受け)の目線で進んでいきます。

表題作「未熟な誘惑」では、小川は大型量販店の販売員。義兄に無理矢理に10年も奉仕させられたり、遊び相手にしかされなかったりで、恋愛方面では諦めていたところ、本社から来た専務・志木(攻め)と恋人同士になります。

続編「曖昧な誘惑」では、志木の補佐に異動し、義兄の脅されるもはねのけ、過去と決別して、多忙ながらも甘い暮らしを満喫するというエンドです。

ちゃんとした誘惑は、志木が義兄に似ていると感じた小川が、仕返しにフェラをするくらいなので、題名的にはどうかなぁと感じました。未熟なのは誘惑というより受け手の問題のようで。もっと小川が誘惑しようとして失敗している場面があると面白かった気がします。

志木は傲慢なオレ様タイプかと思いきや、コンドームの付け方も知らず。好きも告げてなかったのに、恋人同士だと思っていたとか、恋愛方面に疎いのが可愛かったです。小川の方が経験豊富というのがなんとも面白く。ちゃんと義兄に仕返しをするとか男前で良かったです。あと、二人とも仕事のできる社会人なので、好続き感が持てました。

オレ様なのに可愛い攻め、不憫で諦め体質から脱却する受け、勧善懲悪、リーマン好きにはお勧めの作品です。

0

可愛いオレ様

優秀なのに家族のせいでネガティブに育ってしまった受けと、社長の息子のオレ様攻めのお話。

このオレ様、ただのオレ様ではありません。
こんな可愛いオレ様は初でした(´∀`)
女の人にトラウマがあり、そのせいで経験がなく
攻めが経験豊かな受けにときたま拗ねるのが可愛いです。
今度マットを試してみますか?と受けに言われて、攻めが分からないまま頷くのが可愛い!

書下ろしは、受けの成長物語になっていました。
二宮さんのイラストも可愛いかったです。

0

オレ様かと思えば

ネガティブで、内気過ぎる家電量販店販売員の受と
本社から来たオレ様攻の物語。

また、この物語の面白かったポイントは、
オレ様であった攻が実は・・・
トラウマのせいで、意外に純??

受のネガティブさは、家族環境のせいでもありますが、
攻はそんな受を自分から助けに行くのではなく、
受自身に、それを打破できる力を持てるように、
導いていくことが、ステキです。

ただ、受と兄の関係が、なんともつらいです・・・

0

かわいくって仕方がない!

私は俺様ものが苦手なのですが、これを読んだら・・・もう、世界が180度変わってしまいました。そんな素敵な作品です!

このお話は、家族に虐げられ周りにも虐げられ、そのせいでだいぶ自分に自信がなくなって引っ込み思案になってしまった小川(受)と、一見傲慢で俺様だけれど真面目で正直者の志木さん(攻)のお話です。

家電量販店に務める小川はとてもPCについて詳しいのですが、引っ込み思案でコミニケーション能力が乏しいため、いつもクレームばかり言われていました。そんなある日、その家電量販店に本部から社長息子の末っ子の志木さんがやっています。
実は志木さんは自分で新しいPCを作るプロジェクトをやっていて、その視察に来ていたのです。そしてそのアドバイザーに小川が大抜擢されたのですが・・・。
ある日男とイチャイチャしているのを志木に見られてしまい、(志木さんが暴力的にも静的にも虐げてくる兄ににているせいもあって)復讐しようと志木さんのあれを口に入れちゃうわけですね。
しかし、志木さんには「幼い頃に女の人からカラダをいじくり回された」というトラウマを持っていて、泣き出しちゃうのです。それを見続きた小川は「この人も自分と同じなんだ」と共感し、また、かわいいと思うようになるのです。
そこから二人の間に信頼関係が生まれて・・・・


この小川、なぜかわかりませんが、男の人の嗜虐的な欲求を生み出してしまう性質で、とにかく男の人にいいようにされてばかりなんです。そのせいで、恋愛というものにあまり実感がなく、好きという感情にとても疎くて・・・。
志木さんも恋愛にはとても疎く、性的なこともトラウマのことがあったため疎く、二人がくっついたところは初々しくてかわいくってしょうがありませんでした。

後半では兄と小川が対峙する場面があったのですが、これもまた、とても素敵な話でした。どんどん信頼関係が深まって、愛も深まってゆく二人の姿は、本当にもう、かわいいです。

あの可愛さをどう表現していいかわかりませんが、トラウマ好きの方は絶対に買って損はありません。マイナス思考と書いてありますが、さほどマイナス思考でもありませんし、トラウマ要素のほうが勝っていると思うので、そこを気にしている方がいましたら、大丈夫だと思います。

ページ数は213Pとやや少なめですが、二宮さんのイラストも可愛いですし、何より本当に可愛らしいキャラクターたちなので、ぜひ、読んでみてください!

0

誘い受けに萌<蕩

本当は買う気がなかったんですが、古本で見つけたときは衝動に駆られ買っていましたwwwでも、この作品なら私も新品で買ってもよかったと思います。

感想としては、面白かったです!受けがウジウジタイプでネガティブという明らかにちょっと暗そうな内容ですが、楽しくて一気に読んじゃいました。
義兄にいたずらをされている…の範囲を逸脱して犯してくる義兄に逆らえずエッチしている小川。しかし、志木に会ってから仕事も恋も今までひどかったものが、いい方向に変わっていくという設定がとてもよかったです。
小川(受け)が志木(攻め)と出逢ったことで成長していく物語は大好物なので、かなり楽しめました!

評価としては神よりの萌です。誘い受け、受けの成長そして攻めの行動の意味フwwただ、受けが少々ネガティブ思考、ウジウジちゃんなので好き嫌いが分かれそうな作品でもありますが。
でも、個人的には十分楽しめました。書き下ろしも萌~もしくは某小説のセリフを用いるなら「蕩れ」なところがあり、よかったですwww

0

成長していく小川君です

発売当時から気になってたんですが。。ちょっと暗そうな内容なので・・ちょっと待って古本でゲットしました~。やぁ~、発売当時に買っても後悔しなかっただろう内容でしたね~


とっても良かったです~!!暗いのは暗いのですが・・それは、小川の性格と現在進行形の過去からの虐待?とそのお相手の志木も昔からのトラウマがあった~

志木はとっても偉そうですね~社長の息子なんですが・・でもとっても可愛いし、下手に小川を甘やかさない所がいいですね~仕事も出来るし~って感じで・・
「働く男」がテーマだそうなんですが・・最初の頃はお客さんからクレイムばかり受けていた小川が総括マネージャーになって、皆に信頼されて行くまでに成長するのは読んでる私も結構嬉しかったですね~

この小川にはとんでもない男・・っていうか兄がいて、中学校の時に母の再婚で兄になったのですが・・それから性的虐待にあっていたんですよね~・・性格も悪いしまた父もよろしくない~2人はなにかと小川を蔑んでますね~
で、なにもかもに自信もなくしてオドオドするようになった小川なんですが・・志木に出逢って志木にセクハラするんですよ続き・・・(笑い)ありえない~って感じなんですが・・
志木は志木で中学の時に取引先の妻にセクハラされてそれ以来・・そういう事にトラウマができていて・・って感じなんですが・・そんな二人がカップルになる・・志木は小川が好きらしいんですが・・あんまし分かんないかなぁ?・・で、小川が元彼について行こうとして・・怒ってしまう~志木は小川と付き合っているつもりだったのですね~
その後すぐに、小川は自分も志木の事が好きだと気づくんですが・・それからは・・がんばりますよ・・小川君・・
そんな二人がとっても共感出来てこっちまで応援したくなる一冊でした~

書き下ろしは、もっと良かったですね~成長過程の小川君といった所でしょうが~冒頭の方で志木に結構キツイ一言を言われて・・結構それを気にして頑張るんです~なんか健気で可愛いですよ~

とっても良かった1冊でした~成長モノなんですが・・仕事が出来る男に成長するって感じで・・面白かったです~

3

トラウマを克服するのは

今回は自社PC作成プロジェクトを立上げた専務と
大型家電量販店のパソコン担当販売員のお話。

攻様との出会いによって受様が家族から自立するまでと
過去を振切って変わろうとするまで収録。

受様はネガティプで内気な性格。
就職浪人になって職種を選べず、
春から家電量販店の販売員になります。

パソコン売り場の担当ですが、
口下手な上に緊張すると更に戸惑い、
接客もうまくありません。

そんなある日、
本社から新企画の為に責任者が視察に来る事に。
この責任者が今回の攻様です♪

攻様は社長の末の息子で
新企画の推進担当をしている専務です。

なんと攻様は案内として受様を指名、
受様は何事かもわからぬままに
色々な質問をされた揚句に
内容をデータ化を命じられてしまいます。

攻様の視察は
自社ブランドのパソコン企画の為で
上半期のハード売上が一番良い店舗、
ヘビーユーザーに評判の良い受様を
選んだ結果でしたが
育ち故か性格故かマイペースな攻様は
受様への事前の説明もなく、
自分の言いたい事、訊きたい事しか話しません。

続き分勝手に振舞い、
まるで受様を見下した様に接する攻様に
義弟を人とも思わない義兄を思い出す受様。

実は受様は母が再婚した中学の時から
義兄に性的な欲望の捌口にされていたのです。

憤った受様は
攻様への意趣返しを思い立ち、
彼にセクハラを決行します!!

しかし、攻様の態度は受様の想像外で?!
その後の二人の関係は…

雑誌掲載作に書下ろし続編を付けて収録。

義兄からセクハラされ続けた受様が
逆ギレたとはいえ
攻様にセクハラしたのにはびっくり分、
その先が気になって一気読みしてしまいました。

渡海さんのお話では内向的というか
ネガティプな受キャラが珍しくないですが、
今回の受様はかなーり内向きで自信もないタイプ。

自分に自信のない受様は
なかなか攻様の思いに気づけずにいますが、
出来るが故か言動の理由や説明等をしない攻様は、
徹底的に言葉が足りませんので
二人のすれ違いも必然だったのかな。

受様の攻様への誤解が解けたところに
また別の誤解が生じ、
まとまるまでは更に一山有りますが、
ちょと痛い展開も結果オーライだった感じです。

続編では本社で働く受様に義兄が接触、
受様が完全に彼との過去に決着をつけるお話です。
落着いた後の二人のHはかなり濃厚♪

内向的なトラウマ云々が苦手な方は
あまり楽しくないと思いますのでご注意下さい。

今回は同じくトラウマ持ちの受様のお話で
雪代鞠絵さんの『シガレット・ラブ』をご紹介します。
こちらの攻様は積極的です♪

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ