蜂蜜生活

蜂蜜生活
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
13
評価数
4件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
Sin Cos〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
42ページ
版型
A5

あらすじ

深沢誕生日企画。
パラレルなエロエロ。
WEB再録+書き下ろし

表題作蜂蜜生活

深沢直巳
清澗寺和貴

その他の収録作品

  • 蜂蜜生活
  • 蜂蜜生活 EXTRA

評価・レビューする

レビュー投稿数3

お誕生日お祝い話。

前書きの「可愛い表紙に反して中はエロエロ~」というお言葉通りの本でした。

深沢の、誕生日の朝一に見た顔が伏見さんってところが可笑しかった。
誕生日に一番に見たい顔は愛しい和貴であるという、希望をあっさり打ち砕く気まぐれなのかはたまた狙ってなのか、な伏見さん。
深沢の神経をいつも上手く逆撫でしてます。

なんやかんやと和貴を見つけられない度に『おしおきしなくては』と思う深沢の心の狭さ愛の深さに、大ウケけです。
また、深沢への誕生日の贈り物を伏見に相談する和貴も和貴ですよね。
相談相手が正解なようで不正解としか思えない。
それだけ、信頼していて間違った助言はされないという安心感もあるのか?
結果、いわゆる大人の愛の営みグッズ各種を取り寄せ、自分がとんでもない目にあってしまったのですが。
いつも通り、抵抗しながらも深沢に与えられる言葉責めと愛撫でぐずぐずに蕩けてしまい、理性のタガも外れめろめろになるお約束。

まーもーほんと、勝手にやってればいいよ!と言いたくなるぐらい最後は甘々です。

蜂蜜生活EXTRAでのお互いがお互いともに、道行く人々が深沢に、和貴に、続き見とれていると思いあっている同じ思考回路な可愛かったです。

0

いつもその質問をすればどんな答えが返ってくるのかはわかっているんだけども、その答えを聞くのがなんだかとても好きです。

深沢のお誕生日にWeb上でアップされたお話に濡れ場を増量した(Web上では濡れ場なかったハズ)本。
Web上ではお話の中の時間ごとに(その時間かどうかはリアルタイムではなかったのでわかりませんが)小出しに1日かけてちまちまとアップされておりました。

………。
深沢ぁー!!
としか言い様がありません(笑)
さすがに深沢です。
和貴はよくわからないままに伏見にそそのかされて誕生日プレゼントと称してオモチャ類を進呈することになるのですが。
それを使っていろいろやっちゃうところが深沢です。
どんなに拒んでみたところで心根では深沢のこと大好きな和貴ですから、何事も受けれてしまうし、溺れて乱れてしまうわけですが。
あえて嫌がることをして泣かせるところとか深沢はスバラシイと思います。
そんな深沢なのに口を開けば「すき」とか言っちゃう和貴もすごく好き。
というか、やっぱり好き。
国貴の軍服の件でも、深沢はさすがでした。
どこまで用意周到で、どこまでそこでヤル気満々だったんだ…。

濡れ場の多いCPなのですが、「EXTRA」のこういう雰囲気の方が実は好きです。
和貴の続きかわいらしい勘違いとか。
ちょっとしたことでも嬉しかったりすることとか。
もちろん、肌を重ねて満たされたいと思う気持ちもあるとは思うんだけども、和貴が欲しがってるのって本当は心の方が比重が大きいような気がします。
いつまでも自分に自信がないせいでもあるし、深沢の愛し方が少々?歪んでいるせいでもあるとは思うのですが。

和貴に関しては「何が欲しい?」なんて聞いたら、絶対「お前(深沢)がいれば、それでいい」って言うのはわかりきったことなのですが、その言葉は何度目にしてもやっぱりなんだかとても和貴の気持ちを表わしているようでとても好きです。

2

深沢はほんとに、、、、

WEB上の深沢お誕生日企画をまとめて、ちょっとおまけを付けた1冊。
深沢の愛が深すぎて、ちょっとついて行けないorz...

和貴が伏見に相談して取り寄せた深沢の誕生日プレゼントは、いろいろアレなオモチャがいっぱい。
和貴自身は、その使い道を知らないまま取り寄せてしまったようで、、、
えーと、首輪に張り方にビーズでした。

まあ、なんです、、、

好きなだけ、やってください

としか、言えない。

ちらっと出てくる冬貴パパが、なかなか食えない感じで、素敵でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ