そして続きがあるのなら

soshite tuduki ga arunonara

そして続きがあるのなら
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神52
  • 萌×217
  • 萌22
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
33
得点
397
評価数
96件
平均
4.2 / 5
神率
54.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス 麗人セレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784812472002

あらすじ

漫画家になる夢と諦めた男がずっと気になってた漫画少年。偶然の再会からふたりの時間が動き出すー!?

「…放っとけない。好きなんてそんなもんか…」

やる気のない麻雀漫画誌の編集者・坂口(さかぐち)は打ち合わせ途中に立ち寄ったコンビニで偶然、高校時代の後輩・藤代(ふじしろ)と再会する。藤代は坂口に漫画家になる夢を諦めさせた才能の持ち主だったが、漫画を辞めバイト生活を送っていた。もう一度、藤代に漫画を描かせるためにあれこれ世話を焼く坂口。その甲斐あってか藤代の漫画が評判になり、大手出版社に引き抜かれてふたりの関係は終わったかと思われたが――。
暴力編集者とヘタレ漫画家志望の10年越しの想いを描いた表題作と、人気漫画家とそのマネージャー(兼恋人同士)となったふたりのその後を描いた続編他、読み切り1編を収録した最新作品集!!

表題作そして続きがあるのなら

藤代改,フリーターのちマンガ家 
坂口,編集のちマネージャー 

同時収録作品彼について

その他の収録作品

  • そして続きがあるのなら~Sequel~
  • たとえお前がなんであれ
  • おまけまんが

評価・レビューする

レビュー投稿数33

始まったばかりの不安定さが堪らん(∩´///`∩)

シリーズ1作目。
私はちょい順番を間違えて3作目を先に読んだ上でこちらを読みました。
なのでレビュー内容は順読みとは違う感想になります。
スイマセン。。。


なッッッッんじゃこりゃ!
メッッッッチャ萌えるーーー!!!
と激しく床ローリングでしたヾ(⌒(ノシ >ω<)ノシ゚+.

2人の原点とも言える巻。
先輩(受け)は関係が安定しだすと表情が変わらなくなるので
1作目では怒ったり凹んだり喜んだりと色んな感情を出してるのに萌える(∩´///`∩)
あれ??こんなにニコニコ笑う人だったけ???
いや、可愛いけどね。
デレまくりな先輩にめっちゃキュンキュンするけどね。
今と違う新鮮な顔を見せる部分に、お付き合い前後はこんなだったのかぁ…と感慨深い。

藤代(攻め)は事あるごとに「先輩がいないと無理」って言ってるけど
この言葉が先輩にとって嬉しい言葉だったのには萌えた///
ハイハイって聞き流してるようで喜んでたんだねぇ( ´艸`)ニヨニヨ

藤代の活躍が先輩にとってのやる気であり、励みであり、人生であり。
才能に惚れることで人生まで変えちゃう影続き響力。
「好き」ではピンと来ない先輩にとっては恋愛感情より才能惚れは上なのかも。

んで藤代がいないとダメになる先輩の姿が見られて嬉しい。
藤代から必要とされなく未来を想像して弱る先輩にギャップ萌え///
2人のスレ違いで切なキュンは堪らん展開で大満足(∩´///`∩)

2人の関係の始まりと不安定さがある1巻は最高に萌え巻となりました。
3作品通しての評価は神ですが、中でも1番好きな1冊です(﹡´◡`﹡ )

1

男前な嫁だなぁ…って、え?

私にとってのこの作品の魅力は、やはり坂口さんの男前さでしょうか。
この坂口さんのような性格の男性は、リアルでは割といると思うんですよね。
こういうぶっきらぼうな男っぽい言葉遣いとか、気が短くて手が先に出ちゃうとか。
なので私にとってはかなり身近に感じられたキャラなんですが、この坂口さんが仕事は出来るし(やろうと思えば 笑)、その上セクシーで、料理とか家事も器用にやってしまう。
その坂口さんの高校の時の後輩で漫画の才能あふれる自分では何もできない藤代君という取り合わせ。
某有名漫画家主人公の作品を彷彿とさせますが、こちらはもっと男臭い感じです。
藤代君は長い間先輩大好きで、その気持ちがとても健気で、作品中不覚にも涙した台詞は藤代君の坂口さんに向けた一言でした。
萌x2評価でも良かったのですが、途中坂口さんが取った行動が私にはしっくりこなかったというか、坂口さんにしては意外な行動だったので、そこでちょっとテンション下がってしまったので萌評価にしています。

0

Vネック、その響きがまた

男前な受け、ヘタレだけどがっつき系の攻め、そして二人とも見た目はかなりガッチリしてるし髭だの脛毛だのボーボーで男っぽいんです。大人の恋愛ものって印象です。
最初はアイドル顔で華奢な受けか、美人が好きな私としては汚なったらしく思えたんですが慣れてくるとこれはこれでリアルな感じがして萌えますね。
リアルに考えるとやはり男性の細マッチョ、厚い胸板にVネックは、かなり目の保養になりますもんね。

さて、内容ですが、受けの先輩が潔くてかっこいー!自分が受けてあげるというのもですが、仕事を辞めて、藤代のマネージャーになるという決断がすごい!しかも、永山に嫌味を言われても、藤代のそばにいる事にした時は周りにどんな目で見られようと、貫く潔さに惚れました。
藤代は、一途で純粋だけど、まだまだ子供っぽい。これから仕事で自信を付けてもっともっと大人の余裕を身に付けてほしいですね。

0

筋肉苦手でも読めそうですよ

もう、今までの私の好みってどこいった?
って位ひっくり返されました
筋肉ダメだったよな~?なんて思いつつ読んでいくと面白い!

もにょもにょしてる藤代に初めイラッとしましたが、坂口のことだけは全くブレない
そして坂口は一切ブレない
なんで、最初ヤな奴だった永山も最後は「アニキ」呼びに
笑えて萌えて谷間でクラクラして(笑)
何度でも読める作品です

あ、おまけまんがのムンムンシャツというネーミングはツボりました

0

筋肉受けは苦手なのにっ...!(笑)

坂口さんにやられましたorz だってかっこよすぎます!!><
一気にシリーズを読みました、一巻で終わらなかったことを心から嬉しかったです。とても好きな二人です
普段は肉体美を強調するいかにもエロエロな作品は苦手で、もちろん内田先生をも敬遠していたが
ある日ふっとした時に先生の作品が目に入って、相変わらず筋肉受け押しだけどストーリーありと評価がよかったようで、サンプルを読んでみたらさらに興味が湧いて、それで購読決定したのが、この「そして続きがあるのなら」でした

すべてにおいてまったくブレない坂口さんがすごく好きです。藤代もふにゃふにゃしてて可愛かったです
ツボとだいたい逆なカップルですが、坂口さんの冷静で切なくて寂しいモノローグが、私の苦手な部分をカバーし、むしろ魅力が上回るくらい心に響きました
こんな黙って優しい人は、ムキムキだろうとヨワヨワだろうと受けにすべき!幸せにすべき!!と勝手に納得しました(笑)
そんな気持ちで二人を見守っていくうちに、藤代の「せんぱいの谷間」という魔性の言葉に洗脳されて、坂口さんがいると無意識に目線が胸元に行っちゃうんですよ!私筋肉が苦手だ続きったのに!!どうしてくれますか先生!?w
「~~~」が多い藤代のセリフも慣れればすごく可愛いです。次の巻のシーンですが、ふじこちゃんスーツを持って先輩に「着て~~~~~買って~~~~~~」って言う藤代の可愛さったら!!>< もう普通にその「~~~」部分の発音が脳内再生できちゃいました(笑)

藤代が偶然バイト先で先輩と再会して十年の恋を成就したように、私とこのシリーズとの出会いも偶然で、恋のように惹かれました。運命って素晴らしきものですね
時間が経ったらまた読みたい、また二人に会いたい、そんな作品です

0

食わず嫌いは良くないなって思った

初読み内田カヲル作品。
高評価なのは知りつつ、あらすじ読んでもそんなピンとこないし絵もそんな好きじゃないし…
で、何となく今まで読まずにいたんですけど、

なにこれめっちゃ萌えた…
話も文句なしに面白いし!

【ヘタレワンコ】×【ツンデレ美人】なんて超王道な組み合わせがこんな守備範囲外なキャラ(筋肉が苦手…)で描かれて、それにここまで盛大に萌えられるとは思わなかったです。

先輩のカッコよさ何なの惚れる(//▽//)
こんなヤクザ紛いの風貌で胸の筋肉必要以上に見せびらかすような男が、夫の三歩後ろで公私ともにサポートする良妻キャラだなんて、反則も反則ですよ。
でもって、エッチシーンの受けらしからぬ男前な態度と感じてる顔の可愛さのギャップ…!(鼻血)

受けがフラフラしない、っていいですよな(´∀`*)

藤代が超ヘタレのくせにエッチに関してはやたらガツガツいくギャップも良いです(笑)

ガチもムチも現実では一切ダメな自分ですが、
井上佐藤さんでムッチリの良さを知り、
内田カヲルさんでガッチリの良さを知りました。
BLの世界においては新しい扉を開けら続きれた気がします。
(毛は元々スキ!)

2

男らしくて世話焼きな先輩に惚れます

高校時代に漫画を通して交流のあった先輩と後輩の、再会ラブストーリーです。

編集者の坂口がコンビニで再会したのは、高校時代の後輩の藤代でした。坂口は、昔漫画家を目指してたけど、藤代の作品を見て敵わないと知り、夢をあきらめたのでした。
てっきり漫画家になってるかと思えばコンビニ店員だった藤代に、がっかりするのと同時に悔しくて。
その日から毎日コンビニに通って、藤代を説得します。

そんな中やってきたデビューのチャンスに、坂口が張り切って描かせます。
そして、藤代は漫画家として、坂口は藤代のマネージャーとしてやっていくことになるのです。

イケメンで漫画の才能もあるのに、坂口がいないとダメダメな藤代が可愛くて萌えます。本当はヘタレな攻めは好きじゃないんだけど、なぜか藤代は好きなキャラです。
そして、坂口が、文句なしのイイ男です。ガチムチで男らしいのに、世話焼きで料理上手で、そのギャップにやられて悶えます。坂口をあんなに嫌ってた永山が、舎弟(?)になったのも納得です。かと思えば、藤代に捨てられるかもと不安になってる可愛い部分もあって…。

主人公の二人は好きなキャラだ続きし、お話も仕事と恋愛のバランスも良くて、気に入ってるシリーズです。

2

どっちが可愛いのかわからない


好き!
内田先生のストーリー重視もの。
そして、個人的にはヘタレじゃない年下攻の印象から入った私にとって、キタ!!内田先生のヘタレ攻…!?となる作品でした。最高。

あんなぼいんの編集やらマネージャーやら凄い。惚れます。
料理も出来るし挑む〜とか口笛吹いてるし、「先輩いないとダメだから」と言われた時や、震えた声で「ドロ…?」と言っている時の先輩の顔!ほんっと可愛い。相手がいないとダメダメになる子も可愛いし。
すぐ、坂口が冷めて放っている横で抱き付いていたり甘えていたり駄々捏ねてぴーぴー言っている藤代ほんと…

もう、どっちが可愛いのかわかりません。

おかしいな…マッチョなのに…笑 と思うのは内田先生の作品に共通すること。
それにしても小町はどうしたの外見…え…、?
別人?

0

シリーズ3冊とも読みました

元々オヤジ受け好きの筋肉体毛バッチコーイ派なので、
内田先生の作品を読み漁っている内に辿り着きました。
他作品に比べると筋肉や体毛は控えめ。
(ただし元々苦手な方からすると、
 やはり筋肉盛り盛りに見えると思います…)

攻めが年下のヘタレでひょろ体型で気弱でネガティブで先輩に夢中、
受けが年上の強気で筋肉で口も目付きも悪いチンピラみたいな世話焼き。
ただのヘタレ攻め・男前受けに留まらない、
ストーリーのじわじわくる感じが絶妙です。
やはり短編よりもこういう巧さは露骨に出ますね。
ぐぐっと一瞬で読者を引き込むような感じではなく、
じわじわと浸食される感じで沁みてくるような、
繊細な心理描写、表情、構図が何とも言えません。

BLは受けもしっかり男らしい方が好みなので、
エロシーンも個人的には垂涎モノ。
夢中でがっつく後輩と、男前な色気垂れ流しの先輩という組み合わせ。

余談ですが「BL読んでみたい」と言った男友達に貸したところ、
「めっちゃええ話やった!絵柄は…エロシーンが…うん…」でしたw
絵柄が苦手な方にも思い切って読んでほしい一冊です。
続き
是非とも3冊合わせてどうぞ。

3

出来る男、胸チラ系

高校の後輩×先輩の再会ラブのシリーズ一作目。
漫画家を目指していた坂口先輩は絵が上手いと噂の後輩・藤代の殴り描きを見てその道を諦めて麻雀雑誌の編集者となっていた。
当の藤代は漫画家、ではなくコンビニでバイトをしており其処で再会する。
藤代はもともと先輩の事をそういう意味で好きだったのです。胸の谷間(!)をチラチラさせてエロかった、ドロ●ジョ様みたいだったと。
ド●ンジョ様って…

もうこの坂口先輩が大好きでして。
何をしたらそんな胸筋になるの?!っていう胸を惜しげもなく見せてくれる胸元がざっくり開いた服をいつも着ていて、世話焼きで料理上手で。(胸という漢字の頻出具合;)
「お前さ、オレにつっこみてぇの?」
なんて男らしいのに最中の顔はやらしいという…。
満点です\(^o^)/

好きすぎてざっくりカーデを背後からムキってしたい衝動を抑えるので必死です。(私が)
一戦交えた後の汗まみれ一服姿…そりゃ藤代ガバーってなりますよ。

坂口先輩を目の敵にしていた漫画誌の担当編集すら右ストレートでひれ伏さすほど男前で、藤代には先輩が居ないとダメなのだよというクライマッ続きクスでの恒例行事で
「…次ン時ゃあ しゃぶってやるから」
なんて云われたら待て、は出来ません。

尻を叩いて、ケツをいじられ。
エプロン姿もス・テ・キv
本編の画とギャップのあるおまけ漫画がまた好きです。デフォ画が可愛い。
一緒に住むようになってから車を買って、ペーパードライバーだった先輩にぐっと来ました。
「話し掛けんな…ガードレールに突っ込みてぇか」
きっとハンドルとの距離近い^^

そんな先輩の下の名前はまだない。

2

引き込まれました。

BLでも恋愛だけでなく、何か夢に真剣に向かっていく話は好きです。
特に自分の仕事と同じ業界物は見る目が厳しくはなりますが、取り組み方や仕事に抱く思いが近いとのめり込んでしまいます。
この作品は、そういう意味ではかなり素晴らしかったです。
しっかりした体型の絵は好きですが、行き過ぎたガチムチは趣味から外れてしまうので読むのをずっと躊躇っておりましたが、思い切ってよかった!
面白かったので、3巻一気に読んでしまいました。

先輩目線で読んでしまうので、いちいちイライラするのですよ。
何で才能あるのが分からないんだって。
色々あったけれど、才能ある作家を世に出せてよかったね、先輩!

そしてこっちがメインって分かっているのですが、エロはなくてもいいかも。
これは私がガチムチエロが苦手なだけなので、仕方ないか。
それでも引き込まれたので、私と同じ理由で躊躇している方は是非読んでみてくださいませ。

2

ガチムチなのにほのぼのキュンという破壊力。

BLの中でもラブやエロだけではなく
物語の核に「夢」があるお話、私、好きなのです。
本作は、先輩が藤代の才能に惚れこんでる点に、
ツンデレキャラとのギャップと愛を感じて
きゅんときました。

とにかく、先輩がかわいい。
ヤクザかヒモかみたいなカッコしてる、
いい年の男くさい男だけども。
ツンデレキャラの人が見せる照れ顔の
破壊力ってすごいものがあるよね。
藤代の本が書店で売れているのを
自分の目で確認した時に、
普段ツンツンな先輩が初めて、
頬を染めるほど嬉しそうに笑うコマは、
ラブシーンでもないのにきゅーーーん!
そしてその後、藤代が世間に認められてくのが
嬉しいけれど悔しい気持ちでいっぱいなんだ、
っていう先輩の心理描写もとてもいい。
そして、セックス時。
最初自分から藤代を触ったりとかしなかった
先輩がだんだんと色々してやりたいと
思うようになっていくことに
愛情を感じてあったかい気持ちになった。


当初、内田さんの作風を知らず、
第一印象だけで読みたいと思ってた
作品だったのですが、
本作入手前に、他の内田作品を
続きし読みする機会があり、
あまりのガチムチとエロど直球に、
読むか読まぬか多少の葛藤期間を要しました(笑)。
しかし、いざ読み始めたら、
最初こそ、先輩の筋肉に「む…」としたものの、
いつの間にかかわいく見えてたという不思議。
苦手かもしれない要素があったとしても、
ストーリーやキャラがハマるかどうかって
とても大事なことなんだなぁと痛感した次第です。
皆様のレビューを拝見する限り、
この作品が他内田作品よりライトなガチムチ具合に
仕上げてあるせいもあると思いますが(笑)。


恋愛だけでなく、相手に認めている部分が
あるという関係性が好きな方、
ヘタレ×ツンデレ萌えの方、
受けが男前な設定が好きな方には、
オススメな印象の作品です。
お仕事と恋愛が微妙なバランスで絡むのも
読ませるパワーの元な気がする。
先輩の色気がすごく、エロもエロいけど、
どこかコミカルかつほのぼのな雰囲気があり、
全体像はかわいらしい作品という印象。

シリーズものとのことなので、
続きを読んだらまた印象が
変わるかもしれませんが
予想よりはあっさりしてたかな、
と思ったので「萌」評価です。

2

皆さんの発掘力ってすごい。いや、すげえや。

最初から『神』評価にしちゃうべきか、読み終わった後の最後の巻をそうするべきか
悩んだ末の最初から神評価。

どーもほのぼの系っぽくて、リアルな男性像っぽいイメージだったこの漫画、
ここでの評価が高くても「きっと趣味じゃない」とスルーしてました。
でもあんまりにも三部作すべて好評価なので、思い切って中古でそろえたんですが。

中古でそろえた自分、何様?
 
めちゃくちゃよかった。
すっげーはまりこんだ。
気づいたら夕方から夜中まで読みふけって浸りまくって
BLというものに浸りこんだ休日。幸せか!(幸せや。)

思わず「BL」というものについてそのあと某つぶやきッタ―で熱く語ってしまいました。
なんぞこれ。

主人公はほんとどうしようもないやつなんです。
リアルに身近にいたら、彼氏だったら、嫌悪通り越して拒絶で別れますたぶん。
もうへたれとかいうレベルではない。
一人じゃ何もできないし(ほんとになにも。)、すっげーネガティブで周りに言われたい放題。
「はあ…すみません~~~~~~。ぼく何もできないんです~~~~~。」を
地でいってるような奴。
続き
なのになんでこんな嫌いになれないのか。

それは彼に構う先輩の存在がでかいのか?(たぶんデカすぎる。)
真逆の性格の先輩で編集者で元漫画家志望のヤーさんみたいな人。
ゴツイ体の割にまさかのこっちが受け。(うそやん…)
一見ドSで口が悪くて怒りっぽくて人間に興味なさそーなこの人こそ、
すっげー世話焼きで誰よりも主人公の描く漫画に惚れていて、かつ、エロい。←

もうね、一度別れそうになったときなんか、主人公、先輩に号泣しながらしがみつくんですよ。見捨てないでええええって。いやあああああって。いやあああああじゃねーよ!こっちのセリフだよ!情けなさすぎて泣けてくるわ!ってね!本の向こうでこっちが思うほどですよ!!!!怒
でもびっくりするほどそんな嫌悪抱きかけてたこっちまで好きにさせる主人公の人の良さ?(良さではないか…?) なんかよくわかんないけど嫌いになれないんです。ろくなやつ登場しないのに。←
内田カヲル先生の作品読むの初めてだったんですが(たぶん)、すべてを良い流れ?良い印象?に持っていくというか、ポジティブにわくわくさせてくれる力?(何言ってんの私。)なんかよくわかんないけどなんて言ったらいいか語彙が乏しくて伝えられないのが悲しいですが、とにかくすんごい先生見つけたと思わせてくれる作品でした。

1000字もパッションだけで書いてしまって…失礼しました。

3

そして続きが読みたいです!

内田カヲルさんの評判のよいこのシリーズ、読んでみたいと手にとったのですが、
まず、三冊まとめて並べてみて、え?順番は…?と迷いました。
仕方がないので奥付けをみて確認しましたけれど、今さら読むオバカな私のような読者の為に
番号つけてほしいかもー(笑)これが一冊目です。

坂口は高校時代、後輩だった藤代の才能に圧倒されて自分が漫画を書くのを諦め、
今はやる気のない編集者として過ごしている。
ところが偶然再会した藤代は、自身にもその才能にも自身がなく、
漫画家に挑戦することもなくコンビニの店員をして暮している。
再び藤代を見いだした坂口は、毒舌を振って叱咤激励しながら懸命に藤代が描くことを支え、
かたや藤代は、大好きな坂口のためだけに頑張り漫画家として成功していく。

無気力だった二人の心が、漫画という仕事を通して甲斐を見いだし、
心を通い合わせて、再生していく話。
男同士の関係性や、それぞれの心理描写がとてもいい。

咥え煙草で、眼鏡、口が悪くてすね毛モシャモシャの「先輩」(←藤代は坂口をこう呼ぶ)は、
藤代から見るとド●●ジョ様みたいに色っぽいのか~!続き(笑)
思わずここは噴いてしまった。
いや、そしてこの漫画を描く以外なーんにもできないオタクの藤代が攻め。
ヘタレなんだけれど、先輩を求めることだけは脇目をふらない勢い。

そんなヘタレ攻めの藤代に対して、いや、先輩男らしいったら!
「もうケツ弄れ」…って。

でも彼は、どんどん売れっ子になっていく藤代に捨てられる前に自分から離れようとする。
口は悪いけれど、実は浪花節な感性の坂口が、とても愛おしく好きでした。

5

も、もうおもしろすぎて鼻息MAXです…!!

気持ち悪いタイトルで申し訳ないです…!
こちらのシリーズが3巻出ていて評価が良いのも知っていたのですが、なかなか読むタイミングがなく…
予備知識はほぼなしで、評価がいいからおもしろいんだろうなーぐらいの感覚だったのですが、予想の上の上をいきまして個人的には大大大満足です。
今回やっとこさシリーズすべて読み終えたのですが、なんじゃこりゃあ!とあまりに素敵な内田ワールドに完全にやられました!!
くーっ、もっと早く手にとっておけばよかったー!
きちんと読ませてくれるうえに萌えが詰まっていて、読み応えのあるとってもとっても好みの作品に出会えてホクホクです♪

学生時代の後輩〈攻め〉・藤代と偶然藤代のバイト先のコンビニで再会した〈受け〉坂口。
学生時代に自分のマンガ家への夢を打ち砕くほどの才能を持った藤代に出会い、坂口の卒業以来連絡を取っていなかった彼ら。
才能ある藤代にてっきりデビューしていたと思っていた坂口は、再会して藤代がもうマンガを描いていないという事実を知り、自分の所属する出版社の麻雀マンガを描け!とまた彼にマンガを描かせますが…

「才能のカタマリ」だと坂口が称続きする藤代は、もう本当にヘタレで…。
でもずっとずっと先輩が好きで。先輩が自分のすべてで、先輩のためにマンガを描く。
このヘタレな藤代が、憎めないのです。「先輩いないとダメだから」と一途でまっすぐでヘタレで可愛い!と思えてしまい、そしてその先輩・坂口はもう男前です。
彼の数々の名台詞には何度ドキドキさせられたことか…!

藤代の一番のファンであり、そして藤代の才能に焦がれ、夢を諦めた坂口。
しかし、再び藤代と出会うことによって、藤代を通してまた夢を追う。素敵です。
マンガを描いていない、という藤代がまだ画材を持っていたことに安心して、彼の作品に関われることを嬉しく思っていて、本屋にある発売された藤代のマンガを手に取って笑って…。
藤代が売れ、出版社を退職した後はマネージャーとして彼をサポートして、家事やらなんやら身の回りのすべての世話をして。
とってもいい男で、言葉こそあまり多くはないですが、藤代に対する深い愛情を感じます。もう先輩がめちゃくちゃ男前すぎて、それだけで満足度がアップでした♪

こちらのシリーズ1巻では藤代と坂口の再会、藤代のマンガ家デビュー、藤代が売れ、また離れたと思いきや…から
坂口が藤代の専属マネージャー、そして恋人へ…。
しかしそれからも2人にはいろいろな問題がふりかかり、またもや離れてしまう…!?という見事なストーリー展開で最後まで飽きさせることなくたっぷりと読ませていただきました。
何度も読み返す作品になりそうです♪

3

先輩の胸の谷間に・・・

最初、個性的な絵にどうかな~って思ったんですが、
読んでるうちに結構好きになってしまいました。
ムキムキの筋肉や脛毛が妙にエロいです(笑)

高校時代、ドロ●ジョのようにエロい坂口が好きだった藤代。
高校時代、坂口の絵の才能を目の当たりにして、漫画家になる夢をあきらめた坂口。
そんな後輩先輩の関係だった二人が、偶然再会して・・・なお話。
坂口にお尻を叩かれ漫画家になった藤代は、あっという間に売れっ子になります。
そして藤代は積年の想いを坂口に告白・・・
坂口も、告白されて初めて自分の気持に気付きます。

不器用で一途な藤代が、なんか可愛いですね。ワンコちゃんです(笑)
坂口に「オレにつっこみてぇの?」と言われた時の藤代が可愛いくて笑いました。
仕事後に「恒例行事」の準備を整え、
鼻息荒く下半身にテントを張ってる藤代の姿は、爆笑もんです(笑)

一緒に暮らし始めて、藤代のマネージャーを務める事になった坂口。
でも、藤代が何でも坂口に相談するので、
それを快く思わない担当編集の永山が、横やりを入れてきます。
藤代を想って、離れていこうとする坂口を、
続き原稿を破いて引き留めた藤代が、いじらしかったです。

最後の4コマ漫画、
藤代と坂口を暖かく見守っている、アシの二人がいいですね!

2

ムンムンシャツ

最後の四コマの「ムンムンシャツ」に大受けしてしまいました。
ナイスです。

内田さんらしい1冊です。
ちょっと、癖のある絵柄な内田さんですが、
入門1冊目としても、大丈夫なんじゃないかしら?

藤代(漫画家)と坂口(編集)のお話で丸マル1冊です。
藤代のダメっぷりとワンコっぷり、
そして、坂口のツンデレ?クーデレ?な感じがマッチしています。
坂口がなんか知らんけど、色っぽい・・・。
そりゃ藤代が誘惑されちゃうのも仕方ない(笑)
そんな職場で働くアシスタントさんたちも、大変だな~と思わずにはいられませんね。

2

後輩×先輩

内田先生は筋肉ムキムキのおっさんを描かれるイメージだったのでちょっとびっくりしながら読みました、ら。ストライクごちそうさまです。描かれるご飯が総じて美味しそう…!表紙のグラタンやパンも美味しそう…!

基本下剋上とか年下攻めが好きな自分には幸せウハウハな作品集でした。
メインの そして続きがあるのなら の二人共が可愛らしくていい!(藤代のダメさ加減も先輩のツンデレ加減も)
アシスタントの二人も可愛い!おまけ4コマどれもニコニコできました。

ただ結構スムーズにくっついてエッチまでゆきます、なんか先輩の適応力には感服。一瞬、もしやこれは藤代が受けかい…?と思ったのですが、攻めで安心しました。このヘタレっぷりは攻めにぴったりです、とことんダメダメで可愛い~
結局、共依存なんだな、と分かって幸せになりました。藤代の独り善がりじゃなくてちゃんと先輩は先輩で愛情表現していて安心です。

また同時収録の 彼について はおっさん受けひゃっほーいで短編なのに満足。お堅いおっさん可愛いです。

2

私好み!

ドストライクでした。
大型のヘタレワンコ攻めと女王様受けのコンビキター!!
といってもこの女王様、スネ毛はモサモサだし、胸から腹にかけての筋肉がムキムキについてるし(痩せマッチョですが)、美しいというよりはカッコいいタイプです。そこもツボでした。やっぱ「しっかり男である男」が受けが私の好みです。

ダメダメな攻めの半端無く真っ直ぐで一途な愛と、そんな攻めを足蹴にしながらも、実は攻めを溺愛している受け。
どんだけ相手が好きやねん!と言いたくなるようなラブラブっぷり痴話喧嘩っぷりでしたが、「はいはいノロケ乙」とは思わないのがヘタレワンコと女王様コンビのいいところだな。いつまでもこの二人を見ていたい気持ちになってしまう。
気持ちが通じあい、仕事から私生活まで二人三脚で過ごす後半部分も、どんどんお互いに無くてはならない存在になっていく二人が愛おしくて仕方なかったです。
あと小ネタの四コマもいちいち可愛くて面白かった!

初読みの漫画家さんでしたが、他の作品も読んでみたい、絶対に読もうと思わされました。

2

筋肉、すね毛 ドンと来い!になりました・・・

最初は筋肉むきむきか~。すね毛か~。とちょっと避けてたんですが、ひげ親父が主役ではないようなので(ひげ親父ファンの方スミマせん。)「神」がこんだけついてたら読むしかないだろう、と思い読んでみたところ・・・素晴らしい!! もう最高!!!(ちょっと声を裏返して)

攻めは弱くてだらしないし、受けがクールでかっこ良くて、全然私の好みではないはずなのに、KOされました。

お勧めの一作です。

1

ドロ●ジョ様ですね、わかります。

この作品、雑誌に掲載されていた時から「単行本が出たら絶対買おう!」と思っていたのです。
内田カヲルさんの作品を拝見したのはこの作品が初めてで、これ以降内田作品を大人買いしてしまった、というほどのお気に入りです。

先輩の雰囲気が良いですね。
「ツン」とはちょっと違うような……強いて言うなら「クーデレ」?
ただ言葉が足りないからいつも藤代に誤解されているけど、決してかたくなな態度を取ってるわけじゃなくて天然で無口なだけなのが、良いと思います。
何より「ドロ●ジョ様のような」豊満な胸の谷間が、良い。

筋肉フェチ、すね毛フェチ、そして眼鏡フェチにはたまりません。
ちなみに確認したところ、けつ毛は無かったです。(笑)

2

おっさんじゃないなんて!…と思っていたのが甘かった

内田カヲルさんがムッキムキのおっさんの漫画から入ったので「最近の内田カヲルはヒゲオヤジ成分が少なくて悲しい!」と思っていたのですが

ヒゲオヤジじゃなくても萌え転がりました。

漫画家と編集者の関係が、大きな子供とお母さん(スパルタ)みたいな感じで和むし、途中でアクシデントがあったりなど読み応えのある一冊でした!
一度夢を挫折した漫画家と、それを後押ししようとする編集者の一見同じところ目指してるようですれ違ってるような関係も良いです。おもわずがんばれー、と思ってしまう。
ざっくりVネックのおまけ漫画も面白かったです。

もっともっと、この二人の話が読みたくなってしまう漫画です。

2

ドロンジョ様の谷間

現在もまだ、雑誌「麗人」誌上で連載が続いている、マンガ家×マネージャーのお話。
実は、内田さん、あまりの「毛&汁濃度」で、今までは、若干引き気味だったんですが、、、
この作品は、ヘタレワンコな藤代くんといい、ツンデレ巨乳の先輩といい、
見事にツボにヒット!
絵的にも、先輩の、胸の谷間や腹筋の割れ目こそくっきりしているけど、二人とも体毛薄目だから大丈夫。

しかし、藤代!
主人公なのに、性格ネガティブ、顔立ちも地味、
そして、高校生の頃から、先輩の谷間を「ドロンジョ様のようだ」とオカズにする位だから、根っからのゲイ。
対する先輩も、口調は横柄、態度は横暴、
永山じゃなくても、藤代の身を案じたくなるような暴君ぶり。
それでも、二人は、分かちがたく結びついている。
見かけによらず、なかなか、ロマンティックなラブコメディ。

一応、ご忠告としては、この本に味を占めて、内田作品コンプリートを目指すのは、あんまり早まらない方がいい。
過去の作品は、もっとガチムチだったり、もっとオヤジだったり
もっと毛だったり、汁だったりしていることもあるからね。




4

4コマの坂口先輩の目付き怖すぎ!

私はこの作品を途中から雑誌で読んでたんで、坂口先輩って初めは眼鏡かけてなかったことを知りませんでした。なのでページめくったら誰これ?と思ってしまいました。でもどっちもカッコイイ…(´∀`)

漫画家×編集者ということですが、特筆すべきはやはり坂口先輩のお色気ムンムンファッション。胸の谷間が素晴らしい。それを「ドロンジョ様」と表現する藤代のセンスが好き。

坂口先輩は凶暴で乱暴だけど、仕事ができて料理もできて面倒見のいい人です。藤代がゾッコンなのも仕方ありません。マジ男らしいです。惚れた…!
藤代は藤代でカワイイやつですよ。面倒を見たくなる気持ちも分かる。一番好きなシーンは、藤代の「恒例行事」。漫画1本仕上げる度に坂口先輩に襲いかかる(?)藤代にめっちゃ笑いました。

この作品はまだ本誌の方で続いてるのでみたいですね。またコミックスになるのが楽しみです!描き下ろしも充実してるし。
っていうか、4コマでチビキャラになった時の坂口先輩の目付き悪すぎませんか?いくらなんでも怖いよアレ!三白眼にもほどがあります。

4コマで一番好きだったのは、先輩が藤代の部屋に引越して来る際続き、お布団とか全部捨ててしまった所、藤代がめっちゃ残念がってるやつ。先輩の布団でモヤモヤしたかったそうです…。色々こすりつけてみたかったそうです…。
そうした所、先輩は「本人が居るだろ」と言ってくれました。それに対して「ナマの肉布団……」と妄想で萌えまくってる藤代が可愛かった…(´・ω・`)

続巻をぜひぜひ期待してます!

2

内田カヲルさん初読みですいません(>_<)

うおぉぉぉぉぉ
なんで今まで内田さんを読んだ事が無かったんだろぅ・・・。
もうもぅぅぅぅうぅぅぅ面白かった♪
        読めば読むだけ嵌る~\(*T▽T*)/萌えた~♪


ヘタレ天然大型ワンコ攻め 藤代 × ガチムチ男前受け~坂口

スパルタ的に藤代を蹴ったりしますがそれもまた愛情表現♪
なんだかんだ言いながら生活能力0に近い藤代の事
ほっとけなくあれこれ言いながら世話を焼く♪ 
料理上手に・・・そしてあの胸筋にすね毛 (*>艸<)キャァッ 
※しかし、坂口はいつあの胸筋鍛えてるんだろうか・・・疑問(´`υ)

藤代が随所随所で坂口の恋心を付いてきて
坂口が赤面する表情&エチ顔がこれまた可愛いっ♪ギャップ萌え♪

ヘタレ天然大型ワンコ 藤代も詰めは甘いがちゃんとここが大事!!
というところは無自覚
そして本能的に行動&言葉にするので(坂口限定なような気がするが・・(笑))
二人の関係はいいバランスなんだろうなぁ~♪

所どころにプッと噴き出しちゃう二人のやりとりがまた面白い(>艸<*)
4コマ&裏カバーももう~面白かった♪

続きの二人のお話
     そして続きがあるようなので次巻が楽しみ~♪


内田さんの他作品も大人買いしてしまいそう(´ω`●)

1

カッコイイ受けにクリティカルヒットです

内田さんって初期の短編の濃いオヤジ受けってイメージしかなかったのですが
長編でこんなお話が描ける人だったとは。
何をするにも「先輩、先輩」って縋り付く藤代のヘタレっぷりと
ヤクザのような態度だけど男前で包容力があり
かなりの世話焼き女房な坂口さんのかっこよさ!
自分の気持ちはあまり語らないけれど
藤代のことを誰よりも理解して考えてあげていて
マンガを描けと叱咤し、テンパッていればフォローし
最終的にはマネージャーとして公私ともにサポートしていく。
最初やる気のなかった坂口さんが自身の力をフルに使って
藤代を支えようと深く食い込んでいく姿がすごくすごくよかったです。

そして、内田さんと言えば受けの巨乳っぷり。
坂口さんは胸の大きく開いたシャツを好んでらっしゃるので
見事な谷間を見せてくれます。
Hシーンでの藤代との体格差や
坂口は脛毛や腋毛がきっちり描かれてるのに
藤代はつるつるなのがギャップに萌えた。
合間や巻末、カバー裏など4コマもたくさんあるのですが
こちらのデフォルメされた坂口さんにも谷間があることに
作者のこだわりをとても感じました。
続き
これで終わりなのが残念です。

あと、短編で入っていた「彼について」は
続編の予定はあるもののページの都合でこちらに入れられたとのこと。
プライド高いのかと思った倉西さんが矢内さんの一言で
しゅーんとした様子は意外と素直さのギャップがとっても良い。
でも、その後の発言とかなんか可笑しいw
お話の導入部なので全然進展しませんが
この倉西さんに矢内さんがどう落ちるのかこちらもすごく楽しみです。

5

脱ゴリマッチョ?!

表紙でもわかりますが、カヲルさんの今作全然ガチムチってません。
昔の絵柄に戻ったように体の線が細くなっていて、いかつくないやせマッチョ系です。
ゲイゲイしい筋肉男とか苦手な方にも抵抗なく読んで頂けるのではないでしょうか。
あ、でもすね毛はもっさり生えてますのでそこはご了承下さい☆

やくざのように怖い雰囲気だけど、頭の回転が速く胸の谷間がすごいフェロモン出まくりの肝っ玉母さんが表題作の受け坂口さんです。
最近のカヲルさんは、私の苦手な乙女おやじ受けが目に付いて、少し悲しかったのですが、坂口さんは男らしくて最高に素敵です!まさに漢!

漫画を描く才能はあっても、スケジュール管理能力のないへたれわんこな攻め藤代が、ロン毛なのも美形攻め好きのツボを押されます。
べそべそ泣くところなんかは、坂口さんでなくとも可愛いと思ってしまいますよ♪

是非とも、イケメンへたれわんこ×漢お母さんご堪能下さい!

2

素晴らしい大型ワンコが

漫画家の夢を諦め、編集になり麻雀雑誌の漫画を担当する坂口。ある時、漫画家を諦めるきっかけとなった高校時代の後輩・藤代と再会する。
絶対漫画家デビューしてると思っていたのになぜかコンビニで働く藤代。
そんな折、坂口が担当する漫画家が〆切り前に夜逃げしてしまう。
チャンスとばかりに半ば強引に藤代に漫画を描かせることに…


もーいろいろと私のツボを突きまくりで、かなり萌えさせていただきました。
大型ワンコでヘタレで年下…なんて素晴らしい攻めでしょう!
攻めの藤代は才能があるのに自信がなくて、不器用というか要領が悪いというか、何をするのもとにかく先輩、先輩ですごいヘタレなんですよ。
坂口も男らしくてこれまたガタイがよくて色っぽい。基本クールだけど面倒見がいい(こういうタイプに弱いんですよ)

いや本当自分の好みにドンピシャすぎて、すさまじく萌えたんですがこの萌えをうまいこと書けないのがもどかしい!

2

骨太なお話だとおもう

高校時代、本気で漫画家を目指していた坂口の自信を無くさせるほどの才能を持っていた藤代。
偶然に再会し、坂口が編集者をしている雑誌の代原を描くことによって、漫画の世界に返り咲いた藤代はいつしか売れっ子の漫画家に・・・
坂口は、漫画を描くこと以外何もできないような藤代の尻を引っぱたき、身の回りの世話をし、いつしか編集をやめて専属マネージャーになるのです。

ヘタレな漫画家×暴力マネージャーというと、コメディ色が強そうなイメージですが、坂口が大変悩んでくれるので、結構しっかりシリアスでハラハラもし、藤代が最高に天然純情甘え上手なのと坂口のほだされ具合にキュンキュンきます。

そばにいてやれないだけでもどかしい、放っとけない、ってどんだけお母さんなんだって思いますが、後半大手編集・永山くんが登場して、二人が翻弄されることになったあとも、子離れしようとしてできない母親のような坂口でした。
(ワイルドだけど、お父さんって感じじゃないんですよね)
まだ続くみたいで、先はどうなる?

おまけ漫画では藤代の天然炸裂、オタクも判明です。

同時収録【彼について】はお話の導入部分だけ続きと言う感じのお話です。カバー裏のあとがきでも、都合によりって書いてあります。早く本編を書いてくださいね。

3

 結構純な恋。

 確か内田先生は、前単行本でもうオヤジ受けはお休みする系のことを書かれていた様な気がするので、オヤジ受け大好き!な私としては、え~もう書かないんですか、イケメンが受けだといやだな~とか思いながら、今回の作品、もしかしたら長髪のほうが受けだったらやだな、と思って買うか買うまいか逡巡していたんですが、内田先生に限ってそんなことはありませんでした。いろいろなPC上の情報を参考に長髪攻めということが発覚したので、その時点ですぐに書店へGO!!麗人の雑誌を買っていればそんなことにはならないんですが・・・。
 最初のほうで、高校時代の後輩、長髪の藤代と麻雀雑誌編集者の坂本が出会ったとき、藤代が坂本を好きな気持ちが顔に出ていてかわいいなと思いました。バイトでくすぶっている藤代をたたいて、蹴って人気漫画家に育てていく坂本は兄貴的でもあり、一緒に同棲を始めると、坂本がよくおいしそうなご飯を作っているのを見て、「あ、お母さんだ」と思いました。表紙のドリアみたいのすごくおいしそいう→
 お邪魔虫的な藤代の担当編集者も出てきますが、こいつが嫌味なんだ~。
この二人は夫婦的なんだから邪魔しちゃだめって感じ続き
 
 藤代は坂本の胸の谷間にメロメロしてます。たしかにおっきな胸とお尻となんか盛りだくさんな坂本の体はエッチだぁー。

 合間に入ってる4コマ漫画も面白かったです。なんか、今までの作品のキャラとどっかで誰かがつながってるんですよね。

3

まるで乳離れできないマザコンのような男と巨乳な男?に萌えです

今回の組み合わせは、滅茶ガチムチでもなく、ヒゲおやじでもなく、でもやっぱりガタイよくて、”ドロンジョ様のような胸”の巨乳男が受け様で登場です。
いや、巨乳といっても、そんなブラが必要な巨乳じゃないですからねww
そして片や、まるでマザコンのようにベッタリと、耳を垂らして舌を出して、尻尾も垂らしながら振りまくりのヘタレワンコみたいな攻め様がお相手でした。

麻雀漫画の編集をしている坂口がコンビニで偶然出会ったのが高校の後輩・藤代。
担当漫画家が、原稿を放って飛んだ穴埋めに、漫画を描いていた藤代に代打を頼んだところ大当たり。
みるみるうちに売れっこ漫画家になる藤代。
でも、藤代は先輩の坂口がいないと、何でも彼に決めてもらえないと仕事ができないんです。
まったくもって依存症。
坂口も、そんなヘタレた藤代を放っておけなくて何かと面倒を見てしまう。
藤代は坂口が好きなのに、坂口は漫画を描くから藤代に構っているだけなのだと、だから漫画を描く道具でいいとあきらめようとするので、今度は坂口が藤代を追う形に。
そして晴れて恋人関係に・・・
ああー、スネ毛に萌えます~
坂口は藤代続きの為編集を辞めて彼のマネージャーになることに。
藤代は坂口の”ドロンジョ様のような胸”が好きなのでなのか、一緒に住むようになったら、急に胸のVの切れ込みが余りに深すぎる服装ばかりして、胸を強調してるんですよ!
いやはや、これがまたヨダレものなんです。
出版社の永山の嫌がらせなどあり、紆余曲折する二人ですが、これは坂口のヤキモチが原因だったような気がします。
結構ラブラブな二人じゃん!
ということで、最後坂口に殴られた永山は、坂口に惚れこみ「アニキ」なんて呼ぶように傾倒しちゃいまして、坂口カッコイイー!!
そんなイイ男の坂口ですが、やっぱりエロの時はカワイイんですよね。
また、藤代もヘタレたまんまエロモードに突入して、面白い。

かきおろしまんがで、坂口の深いVネックがセクハラというネタに爆笑しました。

もう一編の「彼について」はおやじで、エロなしなんですが、やはりカワイイおやじということで、すごく好感もてました。
続編あるそうなので楽しみにしてます。

表紙をはずした、中表紙もちゃんと見てくださいね、後書きと漫画もあり、満足な一冊ですよ。

3

ベタアマ

この漫画ヤヴァイヾ(*´∀`*)ノ゛
久しぶりにズドンときましたww
編集者と漫画家。
二人は高校時代の先輩と後輩なわけです。冴えなくて描くまんがもつまらないと言われ続けていたのを唯一みとめてくれたのが先輩。先輩も、後輩の漫画みて漫画あきらめた口。それが再会してみれば後輩はコンビニでバイト。漫画も書いてないっていうからさぁ大変!!
ちょっとノロい後輩攻。このノロい後輩に、ヤクザみたいな怖い雰囲気な受がいい(*´ω`*)
ちょっと攻よりか小さくて胸の筋肉がえろい。
なにより、強面で言葉足らずだがために、わかりにくい面が多々見えたのが逆に良かった。
告白されて、自分の気持ちに気づいて。嬉しくて相手も可愛くてしかたないのに、言葉にしない。表情も強調してまでみせないから相手は落ち込むばかり。
同棲を始めてから~もなんだかんだで世話をやき。見放されてしまう時がこわい。とか、縋って~な時がくる~なくだり。後輩くんを大事に思う一瞬一瞬の表情が好き。
抱かれて気持ち良さそうな顔。『気持ちいいか?』聴くあたりが恐ろしく可愛かった。
しばらく、内田先生の作品は単品オヤジばかりだったので、ある意味新鮮で、1続き冊まるまるのストーリー読めたのも良かったです。

個人的には今年の殿堂にいれておきたい1作。


巻末の短編。
オヤジを欠かさないのは流石(´∀`)
恐ろしくポジティブな攻に落とされる日は近いと思うww

続編希望

4

安心の内田カヲルブランド

つい触ってみたくなるような筋肉を描かれる内田カヲルさん。以前のコミックでご自分のガチムチブームは過ぎたと仰っていましたが、確かに若干おとなしくなったものの、素晴らしい筋肉描写は健在です。
今回は、珍しくほぼ一冊まるごとを一つのカップリングが占めています。なのでじっくり楽しめました!

麻雀雑誌の編集をしている坂口は、ある日コンビニで高校時代の後輩・藤代と再会します。藤代の漫画の才能に惚れこんでいた坂口は、ただのコンビニ店員をしている藤代に苛立ちを感じ、逃げてしまった漫画家の代わりの原稿を坂口に描かせます。それを機にあっという間に坂口は人気漫画家へと上りつめ、そして二人の関係も徐々に変化していきます。
坂口のことが好きで、ただ坂口に認められたくて漫画を描いている藤代。漫画の才能に惚れこんで面倒をみているけれども、なぜそれ以上に藤代が好きなのかと自問する坂口。このあたりの甘酸っぱい切なさは、いつもながら流石の内田節が鳴っています。

さらに後半、藤代の専属マネージャーとなった坂口は、藤代の描いている雑誌の担当編集者・永山と仕事上の軋轢を抱えます。その永山の策略で一時、坂口と藤代続きの間にはすれちがいが生じてしまいます。
この永山というキャラクターは、仕事上の問題だけで坂口を嫉視していて、そこに恋愛感情は挟まれていないんですね。何かにつけて藤代が坂口を頼るので、「担当、俺だろ!」と嫉妬しているだけなんです。それがBLにしては少し珍しいな~、と思いました。

この二人はほんっとになるべくしてなったカップルってかんじです。やたらと胸の開いた服を着ている坂口に対し、「先輩はッ・・・ ドロ●ジョ様みたいにエロかったですもん!」なんて言っちゃう藤代は、あんまりにもアホでかわいくて仕方なかったです!いや実際いいおっぱいの持ち主ですよ、坂口は笑 いい体してます。

このほかに、『彼について』という短編がひとつ入っています。
一般企業で働きつつ、書いた小説がベストセラーになっちゃったりする才色兼備な倉西と、あんまり仕事のできない矢内主任のお話。倉西がメガネで坊主で色気ムンムンなのに対し、矢内主任は猫っ毛っぽいよれっとしたおっさんで、ビジュアルだけでがっつり萌えました。

あとカバー裏のおまけ漫画に、『夢中になっちまえ!』の小町と半沢さんが出てきます。相変わらずかわいいふたりです。
内田さんはどれを読んでもハズレがなくて安心して読むことができます。今回もその安定感が遺憾なく発揮されていました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ