憎い。そして、愛してる――!

香港情人夜話

香港情人夜話
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
学習研究社
シリーズ
もえぎ文庫(小説・学習研究社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784059041092

あらすじ

香港財界の大物が集うクラブ『胡蝶』――。その支配人・珠龍は艶やかな美貌を持ち、魅了されるものは数知れず。しかし彼は、過去を失っていた。
そんな彼の保護者であり、情人でもあるマフィア『飛龍』の大老・ロバートのために裏会社に身を投じた珠龍だったが、ある日、兄と名乗る男が現れる。彼は「自分たちの父を殺したのはロバートだ」と珠龍に告げ……! 全てをかけて信じた愛は、偽りだったのか !?
(出版社より)

表題作香港情人夜話

香港黒社会「飛龍」の大老 ロバート・洪・45歳
クラブ「胡蝶」の支配人 珠龍・25歳

その他の収録作品

  • 妖艶な催命鬼

評価・レビューする

レビュー投稿数1

日常は子供、仕事はヤリ手で一目おかれ、夜は娼婦、と理想的な受け様です

香港組織の情人モノと聞けば、もちろんエロエロよね!ということで見事期待に答えてくれた主人公の受け様”珠龍”
AV女優なみの喘ぎに、全裸待ち受けなど、男前な乱れっぷりですが、組織の交渉役としての仕事も立派にこなし、麗人の如くの容姿で親衛隊もできるほどの、仕事人としても男前であります。

「飛龍」のボス・ロバートの情人として、また組織の交渉役として高級会員制クラブ「胡蝶」の支配人として働く珠龍には5歳の頃からの記憶が途切れて一部損失しております。
覚えているのは、血を流して倒れている父親と「お兄ちゃん」だけ。
その場所から救ってくれて、保護して現在まで育ててくれたのがロバートでした。
早くからロバートに欲情し、ロバートへの恩からその片腕となっているレオンの入れ知恵で全裸でロバートのベッドに忍びこむものの、18になるまで待てといわれ、そしてやっと情人になれた珠龍。
ある日珠龍の元に交渉を頼みに、共存する組織の最高幹部・京がやってきて、珠龍の兄と名乗る男・烈がいるという。
実はこれがワナで、ロバートの寵愛を受けている珠龍を出しに、ロバートも失脚させようという、京と「飛龍」の幹部続き・李の策略でした。
まんまとワナにはまった珠龍は組織に糾弾され、与えられた刑は「死」
しかし、ロバートとレオンの巧妙な仕掛けでヒロイン(ひーろー?)は死ぬわけがないのですがww
そこで、珠龍の記憶が戻り、ロバートとの関係・「お兄ちゃん」の正体がわかります
そしてめでたくロバートと珠龍は改めて愛を確かめ合うのでした。

黒社会が舞台だけに、シリアスにハードにお話は進んでいきますが、主人公の珠龍がとってもいい具合のキャラに設定されていますので、お色気をところどころにちりばめて、大変に楽しめる作りになっています。
ロバートの年齢設定が本人いわく”おじさん”の珠龍より二回り上ということで、さすがに若い珠龍のあくなき性欲には疲れも感じるようで、、
きちんとお道具も用意などしてあり、それを代わりにする日もあるようです。アセアセ,,

脇キャラのレオンが、とーっても好い人で、ひょっとすると彼で一本話が書けそうですよ。
もう一遍の「妖艶な催命鬼」(死神)で、台湾の黒社会ボスアンディーなる、ロバートと同じ歳の、インテリっぽいメガネのおじさまが出てまいりますので、彼あたり絡みそうです。
作者様が、後書きで続編計画してますと書いてましたから、期待してもよさそうですね。

ということで、かなり面白かったです!

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ