フジミシリーズ最新刊! 圭、そして悠季にも、決断の岐路が訪れて――。

訣別 富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部

訣別 富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥495(税抜)  ¥535(税込)
ISBN
9784044346553

あらすじ

圭を取り巻くスキャンダルは、SMEの副社長・ディビッドの登場で思わぬ方向に展開する。一方、ロン・ティボーへの挑戦に本腰を入れ始めた悠季にも、無情にも巣立ちのときは訪れて…。

表題作訣別 富士見二丁目交響楽団シリーズ第7部

桐ノ院圭・天才指揮者
守村悠季・バイオリニスト

その他の収録作品

  • スキャンダル(後編)
  • 決別
  • ブリリアントな春来たる

評価・レビューする

レビュー投稿数1

加速する物語

富士見もいよいよ大詰めが近づいてきた感じ
悠季のロン・ティボー挑戦の結果がでたあたりで、この長い物語は締めくくるのかな。

悠季と圭、二人の『恋愛』の物語は、二人がもう既に安定した夫婦になってしまっているので、それほど弄りようがない。
今の物語の中心は、二人の音楽的成長っていうか、人間としての成長に移っている。
その分、色っぽいシーンはぐっと減っている。
今更エロシーンとか、そんなことに使うページはいらないって感じでね。
でも、物語としてのおもしろさで、ぐいぐい読める。
こうやって、長いシリーズが続いてきたからこその楽しさだ。

長大なシリーズ、今更手が出せないって尻込みするかも、
だけど、はまれる人には、はまれると思うので、是非最初の数巻を、図書館で検索してみて。
出版年が古いだけに、初期の何年か分は、図書館が裏に隠し持っていたりします。
あるいは古書店で探してみて。
このシリーズ、長編ファンタジー・シリーズに耐性のある人なら、絶対おもしろいから。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ