ツーリング・エクスプレス 6

ツーリング・エクスプレス 6
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
白泉社文庫
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784592884422

あらすじ

カイロに招かれ、アラブ・ゲリラの頭目暗殺を依頼されてから、何者かに狙われ始めたディーン! 一方、ゲリラの無差別テロ行為に苦しむ各国警察は、エドが講じたテロリスト撲滅計画遂行に向けて動き出した…。シャルルは、ソ連が計画に協力する交換条件――自分と親しいという人物に会うため、豪奢な屋敷を訪ねるが…。舞台はウィーンへと移り、西側情報部や世界的大企業の思惑も絡んで、意外な展開をみせる! 待望の「エトランジュ・EXP.」を収録!! 

表題作ツーリング・エクスプレス 6

超一流の殺し屋 ディーン・リーガル
ICPOの新米刑事 シャルル・オージェ

その他の収録作品

  • エトランジュ・エクスプレス

評価・レビューする

レビュー投稿数1

異邦人はミステリアスなくらいでちょうどいい…!

欧州を駆け巡るシャルル&ディーンのお話・6冊目です。
テロリスト撲滅計画のために、旧ソ連との交渉に向かうシャルルと、
アラブ・ゲリラの大物暗殺絡みで、なにやら周辺がキナ臭いディーン…
二人は、とあるカイロの屋敷で再会を果たします。
そこは共産国シンジケートの大ボスの屋敷で…
管理人を名乗る、(後にキーパーソンとなる)ひとりのエジプト美女に出会います。
数年前の誤爆事件により、深い妄執を糧に生きる美女・ファラと、
テロリストと情報部、そして兵器商人の思惑がからみ…
二人は文字通り、(欧州のみならず)世界を駆け巡るハメになるのですが!!!
今回のお話は、いままでにも増して「旅」の要素が漂う、まさにエトランジュなお話です。
それにしても、ディーンといい、ファラ女史といい…!
単なる仕事&旅行のくせに、この人達のゴージャスな旅人ぶりって一体!?
とりわけファラ女史のドラマティックな異邦人ぶりは、あっぱれの一言につきます。
美しいだけじゃなく、彼女は才媛で…(それはもう!)
高名な心理学者で医者で、優秀なコンピューター技師、
それでもって裏社会シンジゲートの幹部で…続き
でもなによりも(本人的には)夫を心から愛した、傷心の未亡人なんです。
とてつもなくドラマティックな背景は、美女をいやでもゴージャスに見せてしまうもので…。
それが異邦人なら、ミステリアスそのもの!
加えてエジプシャン特有の褐色の肌です(←これも神秘効果大☆)
ここでハタと気付いてしまったのですが(あくまで偏見ですよ。)
旅行者とか異邦人って…いわゆる先進国じゃない国のエリートほど、
ひとかどの神秘性と格上感が漂うんですよねぇ。
(本国では、そうとうのセレブだろう…と背景をつい想像させてしまう☆
 だから、どうしてもミステリアスなオーラが出ちゃう…みたいな。)
ああ、だからやっぱり、セレブ異邦人はミステリアスなくらいでちょうど良いんです☆
そうじゃなければ、とびきり危険でセクシーな空気を漂わせるくらいじゃないとダメダメ。
(↑これはディーンが典型的な例です。
  危険ゴージャスな色男も十分、ミステリアス異邦人ですから。)
さて、ディーン&シャルルの関係ですが…押し倒したままで止まってます(笑)
それでもディーンは、やっとシャルルへの恋を自覚しました☆
(↑ズバリ、指摘したのはファラ女史です…エライ!)

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ