天にとどく樹

ten ni todoku ki

天にとどく樹
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸ノベルズ(小説・白泉社)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784592860754

あらすじ

大学受験に失敗した僕・高柳忍は、浪人生活を東京にいる親戚・石黒家の居候として送ることになった。生意気な小学生の直樹、ギター少年(大学生)の善臣、優しい長男の和臣という美形揃いの、一見完璧な家族。しかしその背後と、僕自身の悲劇に気づくまでには、あまり時間はかからなかった……。
他、花丸掲載の『砂糖菓子の家』を併録。

表題作天にとどく樹

石黒直樹(小学生)
高柳忍(大学生)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

石黒和臣氏、初登場

こないだ石黒和臣シリーズを読みはじめたんですが、これがすっごく面白いんです。
でもチラホラ出てくる石黒家の弟くんたちの過去の恋の話が気になってしまい、「やっぱシリーズの最初のほうも読んでみたいな」と思って手に入れました。
1993年出版ですよ!しかも吉田珠姫さんの初単行本がコレですよ!
石黒和臣シリーズは、ついこないだも新刊が出たところだし、もう20年間も石黒家のお話を書いておられるんだと思うと…すごい。

ただ、残念ながらお話そのものはあんまり面白くはないです。文章も和臣シリーズと比べるとあまり上手くない。作家さんの成長をつぶさに見たという意味での興味深さはありました。

小学生攻めという衝撃的な作品であるにも関わらず、その特異性を生かせてないというかなんというか。
中学生同士とか高校生同士とかみたいな普通の恋をしてました。
エッチは朝チュンですが、小学生ってそんないきなりできるもん…?まあできるのかもだけど、それならそれで、なんかフォローが欲しかったです。
トラウマ話も陳腐だし、いきなり記憶がどうの性的虐待がどうのっていわれてもよく分からなかったし。

肝心の石黒和臣氏ですが、まだ続きドSの片鱗すら見えない優しいお兄さんでした。
あとがきにドSだと書かれてたので、設定は初期の初期からあったんだなァと思ってニヤニヤしました。

ただ、評価は中立ですが、満足度は高いです。
好きなシリーズがあったら、関連する過去作品も読んでみないと納得できない、読みさえすれば納得して満足する、これはどうしようもないオタク根性なんですよね。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ