──私の前に跪くのだ 最も屈辱的に抱いてやる

王子とダイヤモンド

王子とダイヤモンド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
10
評価数
5件
平均
2.4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
ムービック
シリーズ
LUNA NOVELS(小説・ムービック)
発売日
価格
¥857(税抜)  ¥926(税込)
ISBN
9784896017564

あらすじ

──私の前に跪くのだ
最も屈辱的に抱いてやる
──アラブの王族が有する世にも有名なダイヤモンドのネックレス。今回、百貨店で広報課長を務める進藤が任されたのは、社運をかけたそのダイヤの展示会。絶対に成功させたい進藤は、視察のため来日する美貌の王子がゲイらしいと聞き、接待係として美形社員ばかりを揃えることに。もちろん、その任務には夜のお相手をすることも含まれていたのだが、なんと王子が指名したのは三十路すぎの進藤で!? しかも、万全の警備の中、ダイヤが盗まれてしまい……。
(出版社より)

表題作王子とダイヤモンド

バースィル王子
進藤裕一郎 東大卒百貨店課長 35歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

眼鏡のクールビューティ

アラブの王子様に一目惚れされちゃう、百貨店広報の三十路課長さんのお話。

一応攻めはアラブの王子様ですが、舞台は日本の老舗百貨店。
アラブ物と言うよりは、基本的にはリーマン物でしょうか。
もっと言うと、主人公の三十路課長の進藤が、百貨店社長に恩義を感じていて、あくまでも職務に誠実だったりするので、むしろ昭和の人情物の趣だったりします。
TVの2時間ドラマが一度見始めちゃうと、つい、最後まで見ちゃうのと同じように、先の展開は充分にわかっていても、サクサク、ぐいぐいと読み進んで、途中で読むのを止められない。
なんといっても、読み終わってから、いろいろツッコミ所が残るところがTVドラマと一緒っぽい。
そして、山田ユギさんのイラストの進藤課長が素敵な眼鏡のクールビューティなので、
とりあえず出演者さんが目の保養になったからそれで充分って思うところもTVドラマと一緒かも。

0

一応アラブモノですな

帯『―私の前に跪くのだ 最も屈辱的に抱いてやる』

一応アラブモノなんでしょうが、これはずっと日本が舞台です。拉致も監禁もオークションもないです。

日本にアラブの王子・バースィル〔攻〕がやってきます。
その来日中に、進藤〔受〕が勤める百貨店の展示会として、マリーアントワネットの首飾りを貸してもらえるかどうかの交渉がかかっているのですね。
その責任者が新藤で、王子がゲイだという情報から新藤は社員の中から美形ばかりをえりすぐりイケメンおもてなし部隊を作ります。
しかし王子は彼らには全く興味は示さずにイケメン作戦失敗と思いきや、王子に選ばれたのは彼らイケメン達ではなく、三十路の進藤だったのですなー。
前半はややコミカルちっくめいた文章でサクサク読めます。

進藤や百貨店の社長に恩があり、恩人と慕っています。
それ故に彼の希望通り、王子に抱かれ必要な書類を手に入れるのです。
最後は社長が私欲の為に書類が必要だったとわかるのですが、うーん、彼はちゃんと罰せられても良かったんじゃないかなあ、許されちゃったけど。
あと首飾りが実は偽者だったというのにはちょっと、へ?ってな続きりました。

ラスト近くでちょっとありゃっていう部分もあったんですが、一風変わったアラブモノで結構楽しく読みました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ