巫子は夜を婀娜めく

巫子は夜を婀娜めく
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784861343797

あらすじ

神宮を司る清家家に生まれた双子の兄妹聡明な兄・秋羅と、活発な妹・冬貴は、同じ顔をしていながら対照的な存在だった。ある日、二人はご神体が祀られているとされる祠で偶然にも最強の魔神『セーレ』を喚び出してしまう。しかし、セーレが認めた召還主は、総領巫女である冬貴ではなく、兄である秋羅で…。巫女を守る魔神と秋羅の、切なくも狂おしい執着愛。魔導師シリーズ前世編ついに登場!!
(出版社より)

表題作巫子は夜を婀娜めく

八木沢一流(セーレ)/最強の魔神
清家一秋/魔導師/現世23才&前世16才

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ヤンデレ全開エロ全開

前作の「魔導師は夜を孕む」の続編、前世バージョンになります。
前作を読んでいるとお楽しみが倍増しますが、単作でもOK!
水戸先生のエロワールド&共依存万歳三唱シリーズです。
普段真面目で几帳面な人間ほど、崩れるときは最悪です。
まさに、前世の受け様はそんな感じです。
ヤンデレです!!攻め様の願いも虚しく落ちて行きます。
 
前世では男女の双子で生まれた受け様は、本来なら
双子は忌み嫌われ片方が間引かれる定めであった命を
救われてここにいる事を常に感謝している。
まして、受け様の家系は巫女の家系だから男は不要。
受け様は常に双子の妹の傍で相手をし守ると誓い、
しいては、清家を守ることだと健気に思っています。
そんなある日、入ってはいけない祠に妹が封印を取って
入ってしまい、受け様も結局一緒に・・・・
そして、この世の物とは思えない壮絶な光景を
目の当たりにし、受け様は妹を庇いながら逃げますが、
魔物から襲われ間一髪のところで攻め様に助けられます。
しかし、魔神の召喚は本来巫女である妹がするべきで、
清家の複雑な理由により、攻め様は、妹が召喚した事続きに。
そんなある日、妹が突然行方不明になり、妹の身代わりを
する事になった受け様。清家の確執や外部の思惑、
妹の事で受け様は、沈みがちになります。
まして、認めたくない攻め様への気持ちも葛藤に。
そして、魔物による新たな事件が起こり・・・
受け様は抜け殻のように、それに追い打ちをかける
外部の破滅への戯言で、受け様は完全に壊れます。

後半では、受け様が妹に対して冷たく見えるほどの
言動を攻め様に指示しますが・・・それは・・・・
この先は、是非読んで下さいませ。
そして再度前作を読み返すと攻め様の異常な
執着&エロ攻めの真意が見えてくるのです(笑)


0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ