やん×でれ ~デレたヤンキーはお好きですか?~

やん×でれ ~デレたヤンキーはお好きですか?~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌7
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
29
評価数
9件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775514665

あらすじ

「大丈夫 絶対好きになるよ」純情(でもSっ気あり)ヤンキー山口旬は、転校先で運命の出会いをする。それは壇上で輝く黒縁メガネの生徒会長・赤坂国彦だった。完璧にみえる彼の『ヒミツ』を握った山口は、「取引しよう」と赤坂にキスやそれ以上の関係を迫る。最初は抵抗していた赤坂も、カラダは反応vしてしまい…! 純情ヤンキー×意地っぱり生徒会長のきゅんと胸に甘酸っぱい追いかけっこラブv ハッピーエンド描き下ろしもた~っぷり収録!

表題作やん×でれ ~デレたヤンキーはお好きですか?~

恋するヤンキー・山口旬、高校3年生
元伝説の不良&現生徒生徒会長・赤坂邦彦、高校3年生

その他の収録作品

  • やん×デレ その後
  • 甘い夢は休み休み言え
  • 甘い夢は休み休み言え おまけ
  • 想定外ラブロマンス

評価・レビューする

レビュー投稿数7

可愛いヤンキー

ヤンデレのお話というわけでなく、ツンデレの元ヤンがほだされていくお話でした。
ヤンキー×元ヤンという組み合わせです。今は優等生、生徒会長の赤坂は昔は元ヤン。それをどうしても知られたくない彼は、自分の過去を知る旬の言いなりになって身体を好きにされ…しかし、ドロドロではなくて絵柄に合った、可愛いコメディーチックなノリでした。

攻めの旬はワンコタイプでヤンキーにしては威厳はあまりないかも…。
果たして赤坂がツンデレというタイプなのかは謎でしたが、以外と涙もろく妹思いでかわいかったです。

しかし、いつの間に旬を好きになったのかが少々わかりにくかったです。旬もそうなのですが、赤坂に「黙っていて欲しければ言うことを聞け」というほど、ゲイって感じではないのに最初から赤坂に性的欲求を持ってるのがなぜかなあという気もしました。
あまり深いお話ではないんですが、さらっと楽しむにはライトで絵も可愛くよい感じだと思います。

0

ギャップもえェーーー

同人誌が好きな作家さんで、商業コミックス出てると知って読んでみました。
最初読んだとき(数日前)、正直「こんなもんなのかな…」と思ってたんですが、
さっき読み返したらなんかだんだん、実はこれおもしろいんじゃね? という気分になってきました!

3つのお話が収録されています。まず

【やん×でれ】
見た目チャラ男ヤンキー?と、元伝説のヤンキー・現メガネ生徒会長のお話。
ケンカと、そのあとは勉強しかしてこなかったんだろうな、
攻にキスされて真っ赤になっちゃう元伝説のヤンキー。
カワイイー! ※ギャップもえその1
攻が昔の仲間にからまれてるのを見て、不良ども瞬殺する現メガネ生徒会長。
ヒイィかっけー! ※ギャップもえその2
「こいつは…俺の男だ!!」(頭突き)→数分後→「俺も…お前のこと好きなのかな…」(赤面)
こ、この落差がたまらんですね……
なお、攻が元ヤンなのに、受のこと「赤坂くん」ってくん付けで呼んでるのもかわいいなあと思いました。

【甘い夢は休み休み言え】
フランス帰りのパティシエと機械工の再会LOVE。
高校卒業して10年後なので、28歳か続きな。
攻がシブくて、フェロモンだだもれです!
その上、なんでパティシエになろうとしたかって、受が高校時代に自分が作ったお菓子を褒めてくれたから、って、いやー、BLではお約束の設定かもですけど、
海外まで飛んで10年も修行してきちゃうなんてさー。
あー、だめだね。仕方ないね。こりゃ落とされちゃうよ。

【想定外ラブロマンス】
俳優さんと売れない脚本家のお話。
割と売れている俳優さん?(時間なさそう)なのに脚本家さんのごはん作りに日参してるって、ちょっとどういうことかな?と思ったりはしましたが、
さらっと無意識に告白しちゃって、
やべえと思って2週間顔出せなくて、
なのに自分が行かなかった間、普通に友人のところで食べてたと言われて、
嫉妬して切れてやっちゃうとか、
いや、強姦だめ、ゼッタイ。
でもイケメンなのに受さんのことになるととっちらかっちゃうのって、かわいーなー。
脇役2人がいろいろ背景ありそうなのに、さらっと脇役扱いになってたのがもったいないなあ…(と思ったらあとがきで、設定はたくさん作ってらっしゃったようで)

と書いてきたけど、
実は何より絵の線のタッチが好き。
(パラパラ見ては、うわーこの線色気あるーうっとり。とかやってる私HENTAI)
カバー下もお楽しみですYO!

1

俺様パティシエ

表題作連作と他2作の合計3作収録。

表題作はサブタイトルそのままで、元ヤンキーがデレちゃいます。
ちょいヤンキーの山口[攻]が転校先で見た真面目な生徒会長赤坂[受]は、かつて伝説の不良と言われた男。
山口は本当にあの赤坂かどうか確認するんですがやはり赤坂はその赤坂だったんですね。
再婚して出来た義妹可愛さに不良から足を洗い真面目に生まれ変わった赤坂。
不良の過去を隠している赤坂は山口に口止めをし、口止め料として山口は赤坂にキスしちゃいます。
赤坂が意外に純情で照れ屋なツンデレなとこが可愛いです。
山口もちと唐突な気はしますが赤坂に惚れちゃってるし。
なかなか可愛い話でした、贅沢を言えば2人共あんまヤンキーっぽく無かったとこかなあ。
山口はもうちょいヤンキー!!って感じの方がタイトルに合ってたかも。

「甘い夢は休み休み言え」
元同級生の俺様パティシエ攻と平凡受、己のケーキ作りの腕に自信満々な攻がいい感じ。
平凡受スキーとしては受もなかなかよろしかったです。

カバー下にオマケイラストとオマケマンガ有り。

0

細目の吊り目

作者さんの思う、イケメンさんのタイプって「細目の吊り目で面長」なのかな。

表題作は、そんなお顔で中学時代はブイブイいわせてた「赤い狼」に、転校した高校で再会したら、そんな過去はすっかり隠して優等生になっていて、、。
チャラいヤンキーと、「赤い狼」そんな元ヤンの二人が出会って、秘密をネタに、二人はつきあい始めます。
元ヤンキーがデレるから「やん×デレ」
ある意味とっても健全でかわいい、高校生の初恋物語。
この二人、やっぱり赤坂が受けるのかなぁ。

他の2編は、「細目で吊りめで面長」のイケメンさんの攻めが、
その最上級のお顔で、思いっきり口説きたおすお話。
「甘い夢~」はイケメンな俺様。
「想定外~」はイケメンでワンコ。
どちらも受けはネガティブな天然。

そして、カバーをめくった表紙は、「おぎたかひろ写真集」の表紙の体。
裏表紙も写真集ネタの4コマ。
お見逃しなく。

0

デレデレヤンキー

ヤンキーバリバリなのに、可愛い妹ができたがために構成して真面目いってつに
豹変してしまうとか
可愛すぎる!!
ちょ
そんな受をすきになったのは、ヤンキーな瞬間を知っている同じ学校の……!?
狂犬な姿と真面目な姿。
キスされて真っ赤になってうろたえたり、はぁはぁしてしまったり。
可愛い受がなんとも言えず。
逆にギャップがありすぎて、同一人物としての統一感と、味は薄かったきがした
のが残念…かな。
もう少し背景もろもろの書き込みあっても悪くないとも思いました。


■甘い夢は~
結構見下されてて面白くない
と思ってたらなんと…!?
な展開が凄くかわいかった(*´ω`*)
予想外の展開ってのがいい
白髪さんの笑ってクシャってなった顔が最高にカワユス


短編もうひとつ

0

ヤンキーでれる

ヤンデレを「ヤンキーがでれる」ことだと思っていたことがありました。
きっと他にもそういう人はいるはずと思ってたら
この本見て「キターーー!!」ってなった。

表題作は攻めより男らしく強い受けってのが好きなので
山口を助けに来る赤坂がよかったです。
描き下ろしは遂に妹ちゃん登場。
普通に可愛い。
シスコンは自分的にポイント高いです。
山口<<<<<妹な感じで無碍にされる山口がいい。
お部屋まで行ったのに結局最後までいかなかったのが山口のヘタレさが出ててよかった。

でも、入ってるお話の中では「甘い夢は休み休み言え」が一番好きだ。
天上天下唯我独尊な攻めの三咲が何気に一途なのがすっごい萌えた。
一人、道でポツンと松戸を待ってる姿は30過ぎとは思えない可愛さ。
才能に溢れて自信の塊のような三咲に対して
松戸って言うのが本当の本当に普通で平凡なのに
なんか可愛さがあるんですよね。
作業服に萌えの気があるのでそのせいもあるかもしれないけれど。
描き下ろしの「アッー!」には笑ったw
これまでが嘘のように展開早いwww

それから一部書店にてペーパーついて続きます。
自分が貰ったのは文庫本くらいの大きさの紙に
「想定外ラブロマンス」の脇キャラについての4コマが1本。
このキャラかw

1

病んデレではございません。

タイトルは“病んだデレ”ではなく、“デレたヤンキー”のことです。サブタイトルまで読みましょうw

『やん×デレ』
そんなわけでヤンキーのお話です。
転校生ヤンキー・山口×ヒミツのある生徒会長・赤坂
まぁネタバレでいうと赤坂は中学時代“伝説の不良”と呼ばれた男で、
ヤンキー界では超有名だったわけです。
それを知った山口は彼に近づきますが、赤坂はそのことを隠してほしいと懇願して…
そのギャップに興味を持った山口は、ソレをネタに彼にキスやそれ以上のことを求めて…
まず!!ゲイでもない男が、好きでもない男にキスやらそれ以上のことを要求しないだろっつー話です(笑)
赤坂のギャップやらエロい顔やらにあてられてゾクゾクしてる山口は、徐々に自分の気持ちに気づきます。
そこからはワンコのように赤坂に付きまとい、告白し、赤坂も次第にほだされていきます。
ただのヤンキーではない、ピュアなヤンキー(&元ヤン)の二人が可愛いです♪
また、赤坂が作中で“伝説の不良”として蘇るシーンがあるのですが、
そこはなかなかの見物です♪
そしてそんなに強くてカッコいいくせに、すぐに真っ赤になっち続きゃうピュアなところが可愛い~!!!
“デレたヤンキー”ってどっちのこと?と思われるかと思いますが、私は二人ともじゃないかなーと思いました。
いいとこまで行くのに結局ヤレない二人が不憫ですw

『甘い夢は休み休み言え』
高校時代の親友でパティシエの三咲と平凡な機械工・松戸。
俺様キザ男な三咲に振り回されながらも、夢を叶えた彼に憧れる松戸。
しかしそんな三咲に告白されて…?!
この外人かぶれのキザ男が本当に本当にキザで…!!
松戸と一緒にかなり恥ずかしくなってしまいました…
しかしそんな三咲も松戸のために頑張ってパティシエになったのかと思うとかなり萌えます。
それに対してすべて受身な受はあんまり魅力がわからなかった…
オチも「えっ」てカンジでした。いや、いいんですが…あんな終わり方って…w

『想定外ラブロマンス』
このコミックス内で一番ラブストーリーらしいお話でした。
脚本家・入江は舞台役者・荻に何かと世話を焼いてもらっている。
しかしある日荻がうっかり入江に告白してしまってから二人の関係はギクシャクしだして…
なんとか今まで通りにしようとする二人ですが、結局荻の気持ちが溢れて、二人の間にさらに深い溝ができてしまいます。
この話も受攻両方がヘタレでした。
しかし、やっぱり受が受身なイメージ。
結局行動起こしたのは全部攻のほうなんだよねー…
この話は脇役二人がいい味だしてました。

表題作はとても楽しめましたが、ほか2篇はちょっとテンポが悪かったイメージ。
しっとり路線よりコメディタッチのほうがあってるかも?と思いました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ