夜来香

夜来香
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
6
評価数
4件
平均
2.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775514689

あらすじ

松崎司がBLジャンルで発表したコミックス未収録作品が遂に単行本化!
1950年代、”魔都”と化した横浜を舞台に繰り広げられる表題作「夜来香」学園ラブストーリー「CALL ME~あぶない放課後~」の長編2シリーズを完全収録

表題作夜来香

その他の収録作品

  • CALL ME~あぶない放課後~

評価・レビューする

レビュー投稿数4

松崎司さんのBL

ガチムチゲイのイメージがある松崎さんですが、これはBL。
現代ファンタジーモノと学園物の2作収録。
こんなタッチの絵も描かれていたんですなーというのが先ず率直な印象。

内容はというと表題作はロシア皇女の血を引くという少年を巡る現代ファンタジーなのですがこれは設定はかなり練ってあるんだろうなーとは思うんですが、いかんせん短かいので分かりにくい。
残念ながらその設定の魅力が生かされてないですねー。
もっと続けていたら面白くなったかも。

もう一作の学園物は、原作が花朗藤子さんのコミカライズなんですがこれもちょっと分かりにくい……かなあ。
多分詰め込み過ぎたんだとは思うんですけどね、眼鏡のクールビューティくんなどキャラはなかなかいいのに惜しいなあ。

松崎さんの歴史を知るには面白い一冊ではあるかも。
ただ全体的に内容が分かりにくいので萌評価とまではいかないです。

0

BLと呼ぶには・・・

松崎先生15年前の作品だそうです、「夜来香」。
今の作風・作画とはやっぱり違いましたが、古さは感じませんでした。
ストーリーは面白くて登場人物も気になる感じなのですが、
果たしてコレがBLかといわれれば…う~~~~ん。
なぜかバナナフィッシュを思い出してしまいました。
もうひとつの方の作品「CALL ME~あぶない放課後」はそこそこBL要素もある学園ものです。
でも、こちらはストーリーの古さが否めない。
そして昔のBLにありがちな展開で、既読感を感じました。

いつものような松崎節(オヤジ!ガチムチ!体毛!エロ!)を
期待して読むととてもがっかりすると思います。

0

エッチなしで読ませるBL黎明期

【夜来香】1994年の作品だそうです。
っていうことは、雑誌掲載分を読んでいたことになりますね。(その頃はマガビー愛読者だったからね。)確かに既読感がありました。
ただ、お話としては(あとがきで松崎さんもおっしゃっていますが)、BL未満な展開です。
戦後の横浜で繰り広げられるファンタジックアクションと言ったらいいんでしょうか?
ロマノフ王家の血筋だとか、龍の末裔だとか、主人公たちの背景は壮大なようなので、いっそのこと焼きなおして一冊分のお話にしちゃえば良かったのにと思いました。ちょっと中途半端感が残念です。

【CALL ME ~あぶない放課後~】花郎藤子さん原作のコミカライズです。
こちらも1995年の作品。
ああ、あの頃はこんな感じの学園ものが多かったなぁと懐かしく思いましたが、それにしても破天荒な展開で、勢いが余っているというかなんというか・・・
で、エッチシーンはほとんど無しでBL的展開に持っていくわけですから、技術がいりますね。
今なら、さっさとエッチしてそれで終わっちゃいそうですから・・・

2

マッチョ系著者の15年前作品は以外にもファンタジー

ガチムチマッチョの作家さんの15年前の作品と聞いて、どんな画風なんだろうと興味を持ちました。
多少の古さを感じるものの、さほどではなく、当時のBL黎明期事情のわかる展開になっており、ある意味歴史を知る一作品集になっているのかな?とも思います。

表題はSFアクション風な作り、封鎖された臨港都市横浜が舞台。
臨港地区には妖魔と華僑が混在する中国租界が、山手には英仏共同租界、本牧には米租界と、まるで戦前の上海みたいな雰囲気です。
ロシア・ロマノフ王朝の血筋という少年を巡って、その血筋を狙う英の魔物と、中国租界の四神と司馬仙とその守護龍・王香が活躍することとなります。
BL要素は?といわれれば、そこは王家の血を引く司馬仙と、その血がなければ生きてゆけない、王家を守る役目の王香の主従が、それとなく匂わせる関係であるというところでしょうか?
今発刊されている、乙女系コミックの前身みたいなファンタジーでした。
男達のガタイはいいのですが、裸が余り出てこないからマッチョかどうかの判別は付かないのです。

「CALL ME~あぶない放課後」はマッチョ高校生のお話です。
物語の中で続き ”ラグビー部はホモが多い”と言われている、ラグビー部員が主役、もちろん男子高設定です。
主人公の深代、まるきりオヤジです!こんな高校生いたら怖いよー!!てなくらいデカいです。
相手の水見は、メガネで成績優秀で生徒会長の美人です。
中身は ”これが青春だー!”みたいな、昔懐かしい男臭い男子高のノリで進んでまいります。
一年たってもまだキスだけの関係。
原作小説のコミカライズなので、どうも続きがあるようなのですが、漫画はここまで。
爽やかな少年漫画のノリのBL臭ただよう、といった表現がぴったりでしょう。

マッチョに挑戦してみたくて、BL初心者で、男臭くても大丈夫って方ならイケそうな本でありました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ