楽園のうた1

楽園のうた1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×24
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

260

レビュー数
9
得点
88
評価数
24件
平均
3.8 / 5
神率
41.7%
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
フロンティアワークス〈CD〉
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

高校2年生の那智は、下校途中に人気アイドルグループKIXの新曲を耳にする。
その歌詞は、2年前に自分が作った詩に酷似していた。
実は、妹の梨夢が勝手に歌詞の一般公募に応募したのだが、
自分の詩を修正して使われた事に腹を立てた那智は、KIXのボーカル・シンに文句のメールを送る。
有名アイドル・KIXに文句を言うのはどんな奴だろうと、シンは那智の存在に興味を持ち始め…。(公式HPより転載)

表題作 楽園のうた1

栗栖神 → 緑川光

笹本那智 → 神谷浩史

その他キャラ
月島彰[平川大輔]/ 桜庭豪[安元洋貴]/ 藤崎一弥[寺島拓篤]/ 楠木遥[高城元気]/ 飯田賢悟[森久保祥太郎]/ ファン2[高本めぐみ]/ ファン1[真堂圭]/ 五味[荻野晴朗]/ 司会者[門田幸子]/ 生徒1[須藤翔]/ 生徒2[中西英樹]

評価・レビューする

レビュー投稿数9

確かに少女マンガ的


ほかのみなさんのレビューにもあるとおり、
かなり少女マンガ的です。

地味だけど本当は超美形の主人公と
自信満々オレ様のキラキラしたアイドル
そんな二人のくっつくまでのお話です。

確かに少女マンガ的ですが、
BLを少女マンガの延長線上の気持ちで読んでいる私は
こういう少女マンガのベタをBLでやるのもありだなぁと思いました。

初めて神谷さんのBLは聞きますがとても可愛らしくてびっくりしてしまいました。本当に可愛らしい。
緑川さんは甘いです。とろっとろの甘さです。
「ちっげーっよっ!!!」の発音がおもしろいです。

原作との比較
正直なところカズアキさんの絵はとても好きですが、自分が読んでいてイメージしたキャラクターのビジュアルと違っていたので、いちいち挿絵を挟まない音声の方が私は楽しめました。
また音声になることで原作の少し重めの暗い雰囲気が少し軽くなっていて嫌になることなく聴けました。

最後まで聞くと、ああ聞いてよかったなと思えるラストだったのがとても好印象です。

0

歌が大好きです!

BLCD初心者向けかな。
そして、なんだか少女漫画っぽい。
だから、内容は、う~んって感じだった。
けど、大好きな声優さんがいたので、楽しめました。

私がこのCDで一番好きなのは、KIXが歌った、
「Pandora ~save your heart~」です!!
もともと、この曲は知っていて、なんだか寂しい感じの曲だなあと思ってました。
でも、緑川さんが大好きなので、気に入って聴いてました。
その、寂しい感じの理由が、このCDを聴いて分かり、あぁなるほど、だから
こういう詞になったのね・・・と納得しました。
意味を理解して聞くと、とても泣ける曲でした。
いまでも、よく聴いて泣きます。

1

拒絶反応でサブイボでした

も、ものすごい拒絶反応でサブイボが…。
かゆくて死にそうです助けてママン!!!
いったいどこから突っ込んでいいのか分かんないよママン!!

まずあのアイドルソングの昭和な中二病の歌詞が無理です。あの歌詞どうなのよー聴いてて恥ずかしくていたたまれないよー(涙)
古くさい少女漫画展開も勘弁してください。
てかなんで妹がアイドルのメアドを知ってるのさ。
スキャンダルになるぞと脅すアイドルってなんなの。それ普通困るのはアイドルの側だろうと。

全編にわたって、「こんなふうにアイドルと仲良くできたらステキ♪」みたいな女の子の願望らしきものが見えるのが一番寒かったです。
こっちがツンケンしてたら俺様アイドルにぐいぐい迫られて口説かれるってやつね。その理由は「俺をチヤホヤしなかったから」。そんな理由で好かれるなら苦労しねぇよ!
逆にいうと、そういう話が楽しいってタイプならタマランと思います。
しかしなんでこの手の主人公って、「相手が自分を本気で好きかどうか」にばかりこだわるかなァ。相手には百パーセントの純度の恋心を求めるのに、自分がそれを先に相手に渡す気はない。愛されたいのに先に愛そうとはしないって続き、セコいっす。

2

BL初心者向け

原作未読。ジャケットイラストが綺麗で、声優目当てで手に取ったけどかなり拍子抜け。

声優にかなり支えられているCD。
内容は薄っぺらく、全体的に古臭い。何十年前の少女漫画ですかレベル。ドラマCDとしての完成度もどちらかというと低い。
ただ、神谷さんのBLCDにおける受キャラの傾向としては、最近では珍しい青年ツンデレキャラだったので、その点は評価する。ツンデレと言ってもテンプレートなものでなく、思春期のすれた子供という感じで、無難に可愛いと思える程度。
緑川さんの声も心地良くて、どれだけ作品の設定が陳腐でも、歯の浮くような台詞も、ドラマチックに演出してくれた。
作中に登場する歌は嫌いじゃないけど、古臭さに拍車をかけてしまっている印象。
キャラクターの性格もありきたりなもの。もう少しキャラ設定に特異な点や魅力があれば、ストーリーが無難でも楽しめたのかもしれないと思う。個人的な趣向として攻はあんまり好きになれなかった。那智は物凄く可愛い。
メイン二人も含め、キャストの演技には文句なし。

この手の作品に内容を求めたら駄目だなと思った。完全声優目当てなら全然楽しめると思いま続きす。

1

夢見るシンデレラストーリー★

とにかく、声優さん達の演技が良かったですww
俺様なアイドル役の緑川さん、
たんたんと語るナレーションとツンツンデレ受の神谷さん、
優しく那智を慰めるオカマ役の安元さん、
那智を裏切る先輩役の平川さん、
バンド仲間の森久保さんと高城さん。
神谷さんは年齢のわりにはちょっと落ち着き過ぎる声かなぁ~
とも思わくもないんですが、案外根暗なこの役にピッタリでした。
逆に妹の梨夢の声がラノベ系の超音波でちょっと気になりました...
梨夢の声を聞くたびアキバ系の匂いがプンプンしてくる~
いや、アキバ系から見たら私も十分オタクでしょうけど...

ストーリーの方は、バリバリ少女マンガですね~
超人気アイドルに何のとりえもない高校生が見初められるって話で、
原作の小説だったらこんな萌えてなかったかも...
やっぱり声優さんの力ってすごいわ!
でも、キュンキュンポイントはちゃんとありました♪

独占欲丸出しのシンと、徐々にツンデレになっていく那智。
シンの優しさに甘えることで同じことを繰り返してしまう
不安に怯える那智。
それがわかったから最後まで無理矢理手に入続きれようとせず
一緒に寝るだけでガマンするシン。
ホントの恋を知った2人が自分の気持ちを持て余してる姿が
いじらしくて、かわいいんですよねぇ~♪

カラミはそれほど濃厚じゃないんですが、
心情を語る神谷さんのナレーションと、攻緑川さんの俺様な態度に
やけにエロさ感じました。
神谷さんにしたら色気の足りない喘ぎなんですが、
初めてのエチらしい初々しさがかわいいから、これはこれでアリです★
久しぶりの攻緑川ヴォイスはどこか隠し切れないかわいさもにじみつつ、
影のある高校生役の神谷さんをしっかり攻めきってました。

役柄上、緑川さんの歌声が聞けるんですが、ちょっと微妙かな?
歌詞も曲も結構好きなんですが、音程が微妙な感じがして...
いえ、声は相変わらず高音のいい声をしてらっしゃいますよww
あと、歌詞を採用されたからと言って、一ファンと急に仲良くなって
家にまで上がり込んで、メアドも教えるってどうなの!?
そんなツッコミどころ満載なのに、なぜか続きが気になってしまう...
終わり方が中途半端で、『えっ、もう終わった?』って感じが
しないでもないんですが、とにかく続きを聞かないと~www

1

音声だからこそ来る萌え。


携帯小説が原作なので、中には抵抗のある方もいらっしゃると思います。そんな事言う私も勇気がなくて買えてませんw

でもCDを聴いたら、結構萌える。

最初は神谷さん買いした私も意外なほどの萌えにびっくりしました。
ストーリーがあっさりしているからこそ、なのかもしれないです。登場人物それぞれの位置関係がすぐつかめるし、内容もすらすら入ってきます(逆に言えば先が見えるテンプレというんでしょうが)。
携帯小説さまさまです。


神谷さん演じる那智ももちろん可愛いのですが、緑川さんのシンもすごく可愛いです。
ツンデレ×ツンデレ……でしょうか?
ですが、恋愛モード突入のシンさんには可愛いっていってすみませんでした、っていうくらい半端ない色気です。緑川さん独特の気怠いようなしゃべり方で、「なあち。」って言われて、ヘッドフォンのを押さえる手に力が入りました。……ああいうお方に朝そばにいてもらえれば飛び起きますよねw

神谷さんのアノお声ももちろん入っていますw
今回の設定が結構若い事もあって、会話もモノローグもどことなくツンケンした感じがまた若さって感じがしていて可愛い続きです。


あとサブキャラ全員に結構パートがしっかり入っているので、愛着がわいちゃいます。
全員が幸せになってほしいなあ、って思っちゃう。
私は安元さん演じるオカマの彼女が結構好きですw


がっつりBLを普段聞き慣れている方には物足りないかもしれないですが、ちょっと疲れた時とかに聴いてみると良い一枚です。二人の甘酸っぱい恋愛模様ににやにやしてしまいます。

1

緑川さんの歌声が素敵

お話は
まあ、
なんというか、

うーわー、

しょうじょまんがだー
(棒読み)

でも、キャストは素敵。
緑川さんも、神谷さんも、どっちもツンデレさんで、かわいいったらない。
きいてて、によによしてまう。
安元さんのオネエキャラとか、
平川さんの日和見キャラとか、
もったいないやら、ありがたいやら。

あー、受ける神谷さん久しぶりに聞いたー。
このビジュアルで、高校生なのに、妙に醒めてておっさんくさい那智。
このビジュアルで、それなりの歳そうなのに、駄々っ子みたいにあからさまに子供っぽいシン。

なかなか、おいしうございました。

1

楽しめる

初めてのBLCDで、wktkしながら聴きました。
もう、最初の出だしからかっこよかったです><
内容は、元が携帯小説なんですけど、好きなシチュエーションが削られてたりと(うち的には、シンの腕の中で目覚めてほしかったところなんですが)
まあ、それは仕方ないんですけどね。結構量が多いですし。
那智の語りも良かったですww
シンの声がすごくかっこよかったです!!ビールを飲むところなんか個人的にツボですww
あと、梨夢ちゃんの声がすっっっごくかわいかった!いかにもアニメ声~って感じなんだけどそこがいいというか。萌えました><
BLCDを買ってみて、声優さんってすごいなーと思いました。
だって喘ぎ声が・・・!!神谷さんすごいっ!と思いました。
神谷受けっていいですねww
うちは、受けは喘ぐときは声はあまり高くないほうがいいので、すごくよかったです。
緑川さんは、もうかっこいいしか言えないんですが、一番好きなところを言うなら
神谷「シン、だ、ろっ?」
緑川「は~い、良くできました」の「は~い」のところです。思わずニヤニヤーって感じです。聴いてみればその魅力に気付くはず・・続き
こんな感じで、全体的に素晴らしいです!!
エロは少ないですが、じゅうぶん楽しめると思いますよっ


1

冒頭、雑踏の中から聴こえてくる緑川さんの歌声!!!に、きゅんv

うわーvうわーv良かったwww
携帯小説のドラマCD化。
ちょっとちゅうにびょうぽいけども、ベタベタに甘くて好きです!

那智(神谷)が書いた絶望の詞を勝手に双子の妹が
アイドルグループKIXの詞の公募に応募してしまい採用されてしまう。
街角から聞こえてきた歌詞は、絶望の詞だったはずなのに
ラストの歌詞を希望の詞に書き換えられていて2重のショックを受ける。
さっそく妹からKIXのボーカル・シン(緑川)メルアドを聞きだし
文句をいう那智(神谷)!そして返信するアイドル・シン(緑川)www

人気絶頂のシン(緑川)を特別扱いしない那智(神谷)に興味を持つw
双子の妹と比べられてばかりの那智(神谷)を、ちゃんと見てくれるシン(緑川)

もぉー。なんというラブロマンスw
俺様アイドルの緑川ボイスと、ツンデレ高校生神谷が非常にイイ!!!

オカマのビューティディレクター役に安元さんを起用してるのも
すごく楽しかったんだけども
「ちょっと低めの声」というセリフに
安元さんの声は、ちょっとじゃねぇだろ!
と、一人つっこみを入れてしまったりwww
このCD楽続きしい!!!!

脇も豪華でさ、平川さんとか森久保さんとか!
寺島くんは、ちょっと今後悪い役で絡んできそうですよね!

2巻で完結とのことで続きが待ち遠しいです。

11月発売のCDの中で、まったく期待してなかっただけに
ダークホースでした。かなり自分好みでした。
メインの役者が自分好みっていうのも大きいかなぁw

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ