遠のくは琥珀の音2

遠のくは琥珀の音2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック(同人)
サークル
銀玉えくすぷろ~ら〈サークル〉
ジャンル
銀魂(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
40ページ
版型
B5

あらすじ

銀時が追手を逃れて隠れた先で思い出すのは、昔懐かしい護りたかったもの・・・

表題作遠のくは琥珀の音2

白夜叉 銀時
攘夷志士 桂小太郎

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ハイムさんは、商業作品より同人作品のほうが好きかも。

2009年夏に発行された「遠のくのは~1」の続編で、2008年発行の「草の名は知らずめづらしく花のさく」の銀時目線です。

天人の追及を逃れて、じいちゃん・ばあちゃんの家にお世話になる銀時。
守られて、守って、そんな事を先生や桂との思い出を思い出しながら、銀さんが切ないね~。
モノローグがすごく好きです。
それにしても、桂を思って頑張って前向きに進む銀さんて、本来キャラからすると、超真面目なんですが・・・でも、この路線は好みなんですよね。

いろんなパターンがありますが、いつもおバカな銀さんも、この本ではシリアスです。
日の出ハイムさんの桂は女の子みたいだおー。
色っぽいです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ