不遜で野蛮

不遜で野蛮
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌7
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
40
評価数
14件
平均
3.1 / 5
神率
7.1%
著者
イラスト
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リブレ出版〈CD〉
収録時間
74 分
枚数
1 枚
ふろく
通販特典で岩本薫書き下ろしノベルブックレット
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

「エロい声、聞かせてやれよ。」
指令:エリート警視と野蛮な刑事が男夫婦として合同捜査。
最優先事項:疑われないよう、隣にエロいあえぎ声を聞かせること。

キャストトークも収録予定v
(販売元より)

表題作 不遜で野蛮

織田冬樹 → 森川智之

上條怜司 → 鈴木千尋

その他キャラ
青山隆一[成田剣]/ 西尾[阿部敦]/ 青山亮二[青木誠]/ 大山[園部好徳]/ 真木[川野剛稔]/ 西尾の同期[岡部涼香]/ 大橋[町田政則]/ 山本[立岡耕造]/ 警察官[赤澤涼太]/ アナウンス[片山加奈]

評価・レビューする

レビュー投稿数9

捜査目的の際どい同棲生活・・・

帝王のお声目的でチョイスしたCDです。
最初に聴いた時は原作未読の状態でしたが、このカップルが気にってしまい、その後原作本も購入しました。

実は両想いな2人が、お互いそうとは気が付かず、自分は相手に嫌われている・・・と思いこんで今日まですれ違ってきたという・・・
そんな2人が捜査目的でゲイカップルと言う設定で同棲生活を演じることになって、際どい同棲生活が始まるわけです。

何せ私は強引なシーン(但し、お互いに実は好きだった・・・とか、その後ちゃんと両想いになる・・・とか、行為の理由や結末が愛ゆえに・・・の場合のみ、あと、攻め様が私の中で許容範囲な性格である場合のみに限ります。鬼畜過ぎるとか、残虐なのとかはナシです)に萌えるので、この同棲生活中に、隣人(捜査ターゲット)にわざと声を聴かせるために(確かにこのアパートの壁は薄そうですものね・・・。ゲイカップルを装うなら、そういう行為も聞こえてこないと不自然に思われそう)・・・と、無理矢理受け様を愛撫するシーン、とても萌えました。行為自体はその時には最後までしないのですが、受け様の抵抗する声が良かったです。
受け様のお声が鈴木続き千尋さんなのですが、声のトーンも演じ方も作品全体的にすごく好きな感じでした。
勿論、帝王は野蛮な刑事役(でも、野蛮と言うよりも面倒見が良くて、正義感が強く、仕事熱心、見た目とは裏腹に根はやさしい人っていう感じでした。あと実は要領が悪くて貧乏くじを引くタイプでもあるかと・・・)が格好良くて、大満足でした。

1

出たあ! トンチキ!

原作 読んでいません。
CDジャケ買いです。
円陣闇丸先生のイラストが色っぽい。
再会ストーリーです。
一応 ベタな事件絡んでいます。
野蛮な刑事(森川さん)×エリート警視(鈴木さん)
アパートを借りて事件の捜査のアジトにし
二人で一緒に暮らし男夫婦(夫夫)のフリをしている。
なんで警察官が 濃厚SEXまで披露しなきゃいけないのか?
アパートの隣りがゲイの変態犯人であえぎ声を聴かせる為だからという理由。
そこまで日本の警察は 犯人にサービスしなきゃいけないものか?

全国民の税金をそんな事に使うなよっ!怒!!

ただ二人でイチャイチャしたいだけじゃん。
夢・BLファンタジーここにあり。
トンチキの恐ろしさがにじみ出ているCDであった。
唯一の褒めどころは犯人の成田さんのド変態っぷりが聴けて良かった事かなあ。
はまっていました。


1

声優買い!ストーリーはアレですがw

なんていいますかね…これ、聴く「ピアス」系だと思うんですよw
はぁ?そこでそういう展開くるかー!?無理やりすぎるよw
というツッコミは多々あれど、隣の変態さんにわざわざエロ声を聞かせるという設定にツボりましたw

いや~~~あの~~~そんなことして、彼が隣の変態さんに食われたらどうするんですかッ!
っていうか、もしかして、それが目的ですかッ!?
それでもしかしてもしかして3Pしちゃうとか…ハァハァ
うっわー♪豪華だなー。帝王と変態なナリケンさんと鈴木千尋さん…ゴクリ。
つ【妄想終了】

注)このような展開はありません、念のため。

まあ、ストーリー展開に難あれど、声優さん買いするならアリですよこれ。
Hシーンがやたら生々しいし、お隣で変態さんがハァハァしながら聞いているのがなぜかわかるw
そこらへん、隣の変態さんに自分がシンクロしていく瞬間がありましてw
なんだか、イケナイものを聞いた気分になります(しかし、コップをしっかり壁に当てて聞いちゃうよー!的なw)
あわや顔射!にも椅子から転げ落ちそうになりましたが、飲んじゃう音があれほどガッツリいってるのっ続きて、ちょっと他に記憶がない…。さすが帝王と言いたい!
…というか、攻めがなんとなく楽しそうにやってるんですよw
で、受けもそれで羞恥プレイ的に燃えちゃっているのがGJですね、コレ。

森川さんが楽しそうなのか、
役の解釈としてそうなのか不明ですが。

0

低ヴォイス好きにはたまらん!!

あらすじ読んだだけじゃ「え?は?なんで隣にエロい声きかせなきゃいかんの??」って感じでえすよねwww

隣人は捜査で追ってる犯人の兄(ゲイ)に親近感を持たせて近づくため・・・なんですが・・モリモリ演じる織田のつくったシナリオ(愛の軌跡)がワロスwwww

この上條役のちー様

ものすうううっごい!!セクシー低ヴォイス

まぁ・・・私の真の目的はこれだったりするんだが・・・
ヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャ

このCDのシナリオは事件がらみBLなんだけど・・・・犯人の兄青山隆一の中の人は成剣さんですよーこ・・怖かった・・_| ̄|〇

シナリオの流れはだいたい想定内・・・って感じですが、声優買いだったのでこれはこれで満足。

ゴっクンがやたらナマナマしかった!!

0

んー

全体的に盛り上がりに欠けてて印象に残りにくかったです。
どこが悪いというわけじゃないんですが、BLテンプレを使いすぎてる気がする。どのエピソードにもどのセリフにも、デジャブを感じてしまう。
二人の気持ちのすれ違い、「無理に『相手は自分を好きじゃない』と思い込ませてる」感じがして、切なくなれなかったです。キライな相手に簡単に体を許すか?挿入しようとしなかったから嫌われてると思い込むって、なんだそりゃ。
本気で自分を好きじゃないって思ってる相手に無理やりエッチなことをしてく攻めとか、BLではありがちながら、やるならもうちょい工夫してほしいな。だって普通は最低最悪な行為なんだしさ。
事件もなんか変。警察にはもうちょこっとでいいからリアリティを持たせてほしい。
光ってたのは成田さんの変態っぷりです。いちいち面白くて、救われました。
ただ事件そのものはしょーもないです。
主役のお二人(森川さん×鈴木千尋さん)の演技は良かったです。
あと「不遜で野蛮」というタイトルですが、この程度じゃ不遜とも野蛮とも思えないなーと思いました。実は〇〇っていうのが見え見えすぎて。

0

森川×千尋コンビも大好き!!

刑事ものとか、あんまり堅苦しい感じの世界観は苦手なんですが、森川×ちーちゃんってことで聴いてみましたw

男夫婦の合同捜査とか、自分たちの関係をみせつけるとか、いろいろ楽しませてくれる内容があってよかったです。

織田が作ったシナリオを読みながらちょくちょくツッコミ入れてる上條とかも面白くて笑っちゃいました。なんだかんだ言って、あの2人が最後に甘々になる瞬間が見れて良かった^^

森川×千尋、このコンビも私大好きすぎてしょうがないです!!!森川さんはもちろんながら、ちーちゃんの演技力半端ない。いつもより低めヴォイスのちーちゃんのエリート受が素敵だった。ちーちゃん大好きだw

0

納得

原作はその昔読んだような気がします・・・

それぞれが昔の片想いだとすっかり諦めていたのに、実は両想いだった二人の刑事が、張り込み中にゲイのカップルを演ることになり・・・

我流を貫く刑事・織田(CV.森川智之)とエリートの上條(CV.鈴木千尋)は事件の犯人の兄(ゲイ)の部屋の隣で張り込みを始めますが、織田の考えたシナリオはゲイの新婚夫婦で・・・もともとお互いに好意を抱いているのに、素直になれない反面、身体は素直で・・・

ワイルドだけれど、優しさも見え隠れして、決して俺様過ぎもしない織田はいい男です。
で、上條は大変ストイックで、静かな大人の色気を吐息のそこここに感じました。
ちーちゃんのハスキーボイス、いいなぁ。

0

適材適所なキャスティング!

このドラマCDを聴きたいがために
最近、この「熱情シリーズ」を1作目から読み始めたのですが。。。
1作目を読み終わったところで、待ち切れずに聴いちゃいました^^;

なので、他の作品とどこがどうリンクしているのが
把握し切れていないのですが
1作目の「不器用な純情」の織田高秋の弟が
この「不遜で野蛮」な(笑)織田冬輝ってことのようですね。
でも、それ以外は物語的には重なっている訳ではないのかな?

かつて、まだ若かりし頃に勘違いですれ違ってしまった2人の刑事が
ある事件をキッカケにコンビを組む事になり
5年経った今でもお互いへの気持ちが褪せていない事気付かされ
力を合わせて危機を乗り越えることで気持ちも確かめ合う、という
あらすじを書いてしまうと見事な王道シナリオなんですが
織田@森川智之さん、上條@鈴木千尋さんの他
イマドキの若者な新人刑事・西尾@阿部敦くんや
淡々と変態っぽさを全開させてた犯人・青山@成田剣さんに至るまで
見事にハマリまくりなキャスティングにも助けられて
シリアスと甘さと、コミカルさのバランスのすごくいい作品に仕上がってました!続き

森川×鈴木ちーちゃんのエロシーンは息もぴったりで
掠れた優しげな攻めボイスと
普段クールなくせに、ベッドではエロエロな受けボイスを堪能出来て大満足!
王道シナリオもエロも安心して楽しめる1枚となっていますw

余談ですが(要らぬ心配かもしれませんがw)
もし「不器用な純情」をドラマCD化するとしたら
この超クール低音ボイスな織田@森川さんの兄を誰がやるのか、やれるのか
とっても気になりますw

2

菊乃

あの後早速確認しましたよ~w
かなりゴックンしてましたね~、しかも2回もww
つか、あのゴックンもだけど
その寸前の上條のナニをナニする水音の方がかなりすごかった!
あれも含めて自前SEなんじゃないかとww
以前別の作品で同じSEを聴いた記憶が。。。w

ゴックン!

重要な機密が入ったPCを車上荒らしに盗まれた!
上司の失態をカバーするために
警察学校時代の同期の織田(森川)に
土下座をして捜査協力を頼むエリート警視・上條(千尋)

カミングアウトしている織田(森川)と
男夫婦を偽装して張り込みをすることになる・・・

と、いうお話。


再会モノです。
事件解決を軸にシナリオは動きますが
基本的に織田(森川)も上條(千尋)も事件よりも自己の欲望に忠実ですw
ものすごくシリアスに作ってるけど
よくよく落ち着いて頭を整理してみると、とんでも設定だと気付いたw

チャラい新人刑事・西尾役に阿部くん。
ほんとに脇役なんですが、森川さんと千尋さんの絡みを
現場で見聞きしてビッグなBL声優になっていただきたいと思う。

張り込み対象のゲイの青山隆一役に成田さんwww
本当に気持ち悪い(*´∇`*)(褒めてます)

森川さんと千尋さんの絡みは、もはや鉄板。
非常に素晴らしかったです。
個人的には、森川さんのゴックン!という音が非常にはっきりしていて
驚きましたwww

武道派ヒラ刑事の森川ボイスは低音で続きすが
この織田という刑事、荒々しい見た目とは裏腹に器用という設定なんで
低音ですがけっこう要所要所ソフトな声色でした。
下品すぎなくてすごくかっこいいんですよねv

眼鏡でエリート警視の千尋ボイスは、神経質そうな美人ボイスで
本当に大人っぽくて色っぽい。
知的で繊細設定ではあるけど、料理がまったくできないし
壮大な勘違いの片思いをしていたわけで
意外と抜けてて人間味のある受けでした。
でも最後は、けっこう男前だし、すごくアグレッシブな動きをするキャラだと思った。

岩本薫さんのシナリオなので
最終的には、かなり甘い甘い甘いv甘かったです。
勝手にやってろwと、思った。

フリト約1分半(千尋、森川、成田、阿部)
千尋さん司会で超あっさりw
みじかっ!4人でしゃべるのに2分ないってみじかっ!!!

3

菊乃

かにゃこさん、こんばんはw
ゴックン!
あまりにツボど真ん中なモリモリボイスに気を取られて
そんな美味しいSEに気付かなかった!
あとでもう一度聴き直しますw

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ