帝都艶上

帝都艶上
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
10
評価数
5件
平均
2.6 / 5
神率
20%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
タナトス文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784812440575

あらすじ

売春をして暮らす高校生・高宮神威は、ある夜、担任の結城に現場を見られてしまう。いっそ共犯者にしてしまえと誘惑する神威だったが、逆に弄ばれ、逃げるようにホテルを出る。傷つく神威の前に、突如姿を現したのは妖狐・玉藻。彼は自分を滅してほしいと神威に殺生石を託し、大正時代へと飛ばす。異世界に放り出された神威を拾ったのは、結城と瓜二つの男・東條礼央。妖退治を任務とする陸軍の秘密部隊中佐であった。・・・愛を知らぬ者同士が出逢い、恋を知る。けして結ばれえぬ相手と知りながら、命を燃やし溺れてゆく・・・大正を舞台に切なく幕開くタイムスリップロマンス!
(出版社より)

表題作帝都艶上

秘密部隊の実働隊 礼央(現生は教師 結城央)
九尾の妖に力を与えられた売りをする高校生 神威

評価・レビューする

レビュー投稿数3

大正時代のBLは初めてです

この作品は好き、嫌い、2っに分かれますね(笑)
私的に著者の『音羽井廉』さんと、
イラストの『ぷりん&海こんぶ』さんが組んでいる作品はカナリ好きなのですが………。

(攻)の礼央は「白の輪舞曲」の攻役(キース)、
教師の結城央は「闇に小夜曲」 の攻役(イリヤ)にそっくりです。
一方、(受)の神威はというと「闇に小夜曲」の受役(アーシェ)にそっくりではありませんが、とても似ています。
似ていますがストーリーは全く別世界ものなので、ぜひ読んでほしい1冊です。

0

ファンタジーはいいけど・・・

ちょっと、ご都合主義が過ぎるんじゃないかと・・・
BLにご都合主義はつき物ですし、つっこみどころが満載でも、
「BLはファンタジーだから!」
で済ませてしまうことが多い私ですが・・・
流石にこじつけくささを感じてしまいました。

迷い込んだ過去の世界でできた恋人と、離れ離れになって、現代でその孫と恋に落ちるんですが・・・
流れがちょっと急すぎるんです。

迷い込んだ過去の世界での物語が四分の三ほどをしめ、感動的にくっつくのですが離れ離れになってしまうんです。
そこまではいいんです。

しかし
離れ離れになったからって、孫とすぐにくっついていいんかいっ!!
と、疑問を感じます。

「俺はあの人だけが好きなんだ!代わりなんていない!!!」
くらいの愛があってもよかったのではないでしょうか・・・?

0

『帝都物語』がBLになったような、ファンタジーです。

キャー!表紙絵ふんどしですよ~♪
今回のゴスエロ舞台は日本、時代は大正時代と現代のタイムスリップ、妖モノであります。
何だか、五社監督の「吉原炎上」と荒俣宏の「帝都物語」が合体したみいな題名ですが、帝都の結界だの、関東大震災だの、「帝都物語」の臭いをそこはかとなく漂わせ、あの話は平将門の云々でしたが、こちらはもっと古く大陸の殷の時代の呪いにさかのぼります。
帝都での怪物”加藤”に該当するのが、妖魔の玉藻という男巫女。
主人公は、玉藻に命を託された少年・神威と、輪廻転生を繰り返した運命の恋人・礼央。

売りをしている高校生・神威がクラブで担任の結城に見つかり、共犯者にしようと誘うも、逆に弄ばれ、その後公園で突然現れた妖魔・玉藻に「私を滅してほしい」と言われ、魂の武器・殺生石を与えられ、大正時代に送り込まれる。
そこで出会ったのが担任の結城に瓜二つの陸軍軍人・東條礼央。
妖を見ることができる礼央は、心身を鍛え、秘密組織で妖退治の任務についていたのですが、神威の殺生石の力を知り、彼の面倒を見ることになる。
その石は傷を癒す力もあり、傷ついた礼央を治すためにSEXの行為が発生続きする。
礼央の許婚・綾の存在もあり、礼央への気持ちが募っていく神威。
礼央も行為を重ねるうちに神威へと気持ちが傾いていく。
連続して起きる殺人事件に、玉藻の影が存在して、それは帝都が火の海となる日に命を賭けた戦いとなる。

玉藻と、礼央の前世との因縁、礼央の転生による神威と結城の関係の必然。
さほど複雑でもなく、わかりやすく展開していく。
テーマは「運命」とでもいいましょうか?
視点も、神威であったり、礼央であったりするので、気持ちの推移が大変にわかりやすく、ロマンの世界へいざなってくれます。
神威がエロいですっ!!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ