暴君は愛を乞う

暴君は愛を乞う
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
2
評価数
3件
平均
1.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784592876090

あらすじ

幼い頃に両親と死別した従兄弟の聡吾と兄弟のように育った柚月。初めはかわいらしく守ってやらなければと思っていた聡吾は、成長するにつれ柚月への独占欲を募らせる。困惑した柚月は……!?
(出版社より)

表題作暴君は愛を乞う

モデルの弟 上条聡吾・19歳
大学生の兄 上条柚月・20歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

生き霊かい!?

兄弟設定で萌えるはずが、いろんなとこで萌えどころからズレてて
物足りなさいっぱいでした。
弟に彼女を取られたトラウマから恋愛に変わるポイントがイマイチ
わからないんですけど...
都合良く簡単に両思いになった2人についていけないんですよね。

おまけに、先生に惚れてた学生が裏切られたからと言って
生き霊になって出てくるってまさかの展開に引いちゃいました。
普通の学生同志の恋愛モノを読んでていきなり生き霊なんて
非現実的な世界に持っていかれちゃぁ、いくらBLファンタジーに
慣れてるとはいえ、なかなかついて行けないです。
無理矢理生き霊を登場させて話をまとめた感がして、
すっかり萌えもクールダウン。
生き霊なんかにしなくても十分話は進められたと思うんですけどね...

でも、ばななさんのイラストはと~ってもエロくて良かったです★
一人Hしてるとこなんてハァハァハァ...
イラスト目当てで買ったので、イラスト萌えは十分あったんですが
ストーリーの締まりが悪くてゆるゆるなのが残念。
同じ部屋にいながらなかなか手を出せないオアズケ状態には
それなりに萌える続きものの、それだけって感じで...

予想外だったのが、この手の兄弟モノはお互いドン感で
両想いであることに気付いてないのが常なんですが、
これは珍しく弟の方が兄の気持ちに気付いてるんですよね~
だからと言ってそれで話が面白くなることないのが残念なところです。
もっと鬼畜に攻めちゃえばいいのになぁ~
だって、監禁したはずがあっさりベランダから抜け出し、
変態教師に捕まるって型通りの流れがなんともマヌケで萎えました。
ひねりのないお決まりのストーリーで、せっかくの兄弟設定が
もったいないなぁ~って感じですね。

2

なかなかしたたかで、しっかり者の暴君でした

南国ばななさんの色気絵の表紙買いです。
「暴君」と書いて”おとうと”と読ませますが、読み終わってはっきり言いましょう!
全然暴君じゃなかったですよー♪

主人公・柚月には一つ年下の弟・聡吾がいますが、一年半近く顔を合わせていません。
というのも、高校生の時にAVを見ながら掻きっこしてキスしてしまってからバツが悪く、避けるような態度に嫌われていると思い込んでしまったからです。
そんなある日突然大学の校門前に現れた悟吾は、柚月も知らなかった、占いサイトで年収三千万に、人気モデルもしている有名人になっていたのでした。
柚月のせいで手の骨折という怪我をしてしまったため、生活の面倒を見るために聡吾の部屋へ泊りこむことになる。
聡吾は何かと柚月にまとわりつき、柚月のサークルの仲間の飲み会に顔をだしたりと、うっとうしく思う。
身の回りの世話として、身体も洗ってやらなければならず意識してしまう柚月。
そんな時、人文の准教授篠田の部屋から泣きながら出てくる緒河と知り合いになる柚月。
そして緒河が階段から落ち意識不明の重体になる場に遭遇した柚月は篠田がその場を仕切っているのを目にする続き

お兄ちゃん、聡吾を意識しすぎなのがバレバレです。
そして聡吾も、不遜な態度を取りながらも何気に柚月に近づいては「ちくしょう!」とか言って不機嫌になってるし、弟は一人でグルグルしてるみたいですよ~。
弟も嫌われてると勘違いしてるんですね、読者から見たら全然そんな風に見えてこないんですが・・・
お兄ちゃんは意識してる時点で恋かも?って自覚しだしてますから。
そしてお兄ちゃんバスルームでキスされて、いいとこ行きそうになったら弟がいきなり怒って出てっちゃって、お兄ちゃん熱のやり場に困って一人で抜くところ、、、エロかったです。
二人がくっつくきっかけになるのが、篠田の存在。
そして生き霊になって出てくる緒河!!
いきなり生き霊だしちゃうところが、スゴイですね~強引ですよ。
ま、そのくらい篠田がヒドイ奴ってことなんですが。
柚月は篠田が次に狙っていたターゲットだったんですね、、それを聡吾が守ろうと。
そんなヒドイ篠田を緒河は好きだったのですが、むくわれなくて、、

聡吾は本当は従兄弟で、養子なんですよ。
それで優しくしてくれた柚月が小さい頃から大好きで、執着していたのですが、そんなに激しい執着には見えなかったですね。
ただ、早く自立したいという願望が強くて、それで占いしたりモデルしたりと、結構先を見据えたしっかりもののようです。
むしろお兄ちゃんが優しいというか弱いというか、、そんなだから守ってあげたくなるのかもですが。
よくある兄弟もののドロドロは全くなく、さわやかな兄弟ものでありました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ