定価3150円を特別価格1000にて販売中!

コルセーア 9 ~月を抱く海4~

コルセーア 9 ~月を抱く海4~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
15
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
25%
著者
イラスト
作品演出・監督
鈴本雅美
音楽
宮本空
脚本
月原真
原画・イラスト
御園えりい
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
サイバーフェイズ
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
通販予約特典 FUN BOOK
フリートーク
あり
発売日
価格

あらすじ

リンクスロマンスの大ヒット・グランドロマン『コルセーア』シリーズ第九弾。

約束を……覚えていますか……?

豊潤な富をもたらすモレア界を統べる海賊・プレヴァーサで参謀を務める美貌のカナーレ。
実父の情報を得るため恋人の悪魔殺しと呼ばれるアヤースと別れたカナーレは、シャルクの暗殺者・スライアンとともに自らの手を血の染め続けていた――。


キャスト:
鈴木千尋/森川智之/ 三木眞一郎/ 子安武人/本田貴子/千葉一伸/遊佐浩二/中村悠一/安元洋貴/古島清孝 他

表題作 コルセーア Ⅸ ~月を抱く海4~

アヤース・マリク → 森川智之

カナーレ・デラクア → 鈴木千尋

その他キャラ
セサーム[三木眞一郎]/ ヤーニ[子安武人]/ マーヤ[本田貴子]/ ギルベルト[千葉一伸]/ ジル[遊佐浩二]/ ナフェル[中村悠一]/ スライアン[安元洋貴]/ ハロルド[古島清孝]/ クレサンシュ[秋元羊介]/ レビア教皇[千々和竜策]/ ハシム[櫛田泰道]/ ラビ[増田隆之]/ 貴族女[森谷里美]/ ハディ[菊本平]/ ジアド[高橋淳一]/ マンスルール[茂木たかまさ]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

続きは………(泣)

久しぶりに聞きました。
その間に小説読んでたので、話が随分わかるというか。
CDではまだまだ話は折り返し地点まで来てないのかな。

今回はカナーレとアヤースが出会ってしまう部分もあったり。
あれ、これ、前に聞いたことがある気が…。
と思った部分はどうやら別視点から見た同じ時間だったようで。
これに最初気付かずに惑わされました(苦笑)

ジルの声が思ってたよりも高くてやわらかかった。
いや、でも黒いんですけど(笑)
それがゆっちー(遊佐さん)にピッタリです☆
セサームを相手にしても少しも動じるところがないのとかさすがジルです。
ヤーニもまた出て来ましたしv

それぞれに別行動が多くて、話が交錯しているのでフツーのBLよりも追うのが大変といえば大変なんですが、それだけ壮大な物語が繰り広げられていて。
この先、まだまだ大事な展開があるのに続きのCDが出ないのがすごいもったいない…。
是非、どこかでこのシリーズ完結までやって頂きたい。

フリトはちーちゃん(鈴木さん)・森川さん・安元さん組、別録りの三木さん、更に別録りの子安さん・ゆっちー組。
時間が限ら続きれているせいもあるんだけども、とにかくちーちゃん組が早口早口。
ノリとしては子安さん・ゆっちー組のヤーニとジルの掛け合い?が面白かったです。

2

本当に男の嫉妬は怖いですw

コルセーアシリーズ9!!
海賊長編ファンタジーが熱いです。

カドラルで再会したカナーレ(千尋)とアヤース(森川)
運河でいっぱつヤっるだけでろくに話しもできなかったふたり。
前作のおさらい程度に前作の絡みが入るだけで
新しい絡みはないのですw

アリアタレクの族長にシャルクの本拠地テトワーンへと続く
道案内などの要請をとりつけたヤーニ(子安)ところへ
ピサールからの捕縛隊がやってくる。

ジル(遊佐)は、カナーレ(千尋)がいない間に
すっかり作戦参謀みたいなポジション。
またしても女装で登場しますよw

今作は、ヤーニ(子安)の救出劇がメインでした。
そしてクライマックスへー。
と、いったところだろうか?

2枚組で完結まで発売しておくれよっ。
待ちきれません><

スライアン(安元)は、シャルクなので敵なのですが
どちらに転ぶのかわからない感じ。

アヤース(森川)は、あっちこちに嫉妬しまくって
殺ッちゃってました。本当に男の嫉妬は怖いですwww

--------------------------------------続き------------------
フリト約4分(千尋、森川、安元)(三木)(遊佐、子安)
--------------------------------------------------------
続きは「約1年後ですか?」って森川さーんっwww
もっと早くOTZ

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ