堕ちる聖者の接吻

ochiru seija no seppun

堕ちる聖者の接吻
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌11
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
44
評価数
15件
平均
3.1 / 5
神率
6.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
ミリオンコミックス HertZ Series(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784813052265

あらすじ

教師・岡野は通勤中の電車で痴漢にあった。その場面を生徒の常盤に目撃されてしまい、「男に痴漢をされて喜ぶ変態」と脅される。岡野は常盤の奴隷になり、身体を弄ばれる日々をおくる。軽蔑され、嬲られる快楽にならされていき…。
(出版社より)

表題作堕ちる聖者の接吻

ドSの高校生 常盤宗久・18歳
ドMの奴隷教師 岡野浩之・27歳

同時収録作品不器用な暴君の接吻/愛される奴隷の接吻

西尾敦志 高校生
吉野優人 高校生

同時収録作品堕ちる子羊の接吻

山田顕彦 生物教師
志筑春 高校2年

その他の収録作品

  • 堕ちる暴君の接吻
  • 堕ちる聖者の告白

評価・レビューする

レビュー投稿数9

もういや!この高校生(笑)

この人たちって、本当に高校生なんでしょうか???
というのは、攻めさんたちに対して。ありえんだろうw
中身完全におっさんです。AVかレディコミか、という勢い。

初めてこの作家さんの作品を読んでみました。
私はあまり…でしたが、好みの問題だと思います。

メインの攻めさんは、なかなかいいSっぷりでした。物足りないと思ったのは、気持ちの描写があまりなかったからだと思います。エロがメインというのはわかったうえでしたが、それ以外のことも表現できる作家さんだと思うし、もっと面白くできる設定&作家さんだったと思います。
だから、この作品はちょっともったいない感じ。
気持ちの部分がもっと掘り下げられていたら、ずっと面白い作品になっていたんじゃないかと思います。編集とかの方針だったんでしょうか。

ただこれ、マジメに読むのではなくて、ありえない~!と笑って読むとなかなかに笑えるのです。そこを狙ってるの???だとしたら、なかなかやるな、と思います。

シリアスなんだけれど、ある意味楽しいという面白さを持った作品でした。

0

変態プレイ全開

あいかわらずマニアックですなー東野先生…。
しょっぱなから亀甲縛りッスか!?

これはひたすら、縛り・バイブ・縛り・バイブ、これでもかとベタなSMプレイの連続で、さすが東野先生…。
嫌いではないんだが、鬼畜っぷりがちと手ぬるい…結果的によくありがちなレディコミ展開になっちまったのが残念といえば残念。

しかし、女性モノの下着が出てきたときは「キタキタキターーー!」と思ってしまったw
もちっとメンタルに攻めて欲しい部分はあったものの、十分、満足の出来です。

0

道具&縛りプレイ満載

東野裕先生の大洋図書からの初コミックス作品らしいのですが、相変わらず良かったです!!!
個人的にリアルな描写が好きなので東野先生は好みですし、絵の線も細くなくしっかり目なので見応え満点です!
ここからは、ネタバレがありますので、未読の方はご注意下さい。

『堕ちる聖者の接吻』は、教師:岡野(受)×生徒:常盤(攻)のお話で、通勤電車内で痴漢にあって感じていた岡野を目撃した常盤は、それを餌に岡野を弄び始めます。いや~痴漢の触り方が「ぜったいバレるだろう…」と言う触り方でした(驚)ベルト外して握るなんて…痴漢もいい根性してると言うか…公衆の面前で犯罪ですよ…先生(ΘoΘ;)

縄で亀の様に縛って、お尻にはバイブを入れて授業させたり、校内でHしてるので、それを見た他の生徒3人に捕まえられ弄られ、挿入され…そこへ常盤が来ますが見物されるだけで助けてはくれず…。ここで先生は「常盤じゃないと嫌だ」と気付き、助けてもらい→お決まりのHへ。

『堕ちる暴君の接吻』では、学校トイレの個室で足をタンクにロープで縛られ、M字開脚状態でお尻には玩具(玉の付いた紐)を入れられ放置。入って続き来た常盤に「自分で出すんだな」と言われ出すのですが、常盤に引っ張り抜かれ挿入される、そんなお話でした。

『不器用な暴君の接吻』は同じクラスメイトの西尾(攻)×吉野(受)のお話。吉野は西尾が好きでずっと見ていたのですが、常盤を見ていると勘違いした西尾は、訳もなく苛立ち吉野に女性用パンツを履かせたり、保健室で無理矢理犯してしまいます。
常盤が好きだと思っているので、西尾は教室に常盤を呼び出し、縛って専用パンツ?を履かせた吉野を置いて退出します。読んでいて思わず「こんなパンツをなぜ持っている…西尾君」とツッコミました(笑)
この件で、吉野が西尾を好きな事を知り、めでたしHAPPY。

『愛される奴隷の接吻』 いきなり机の上で脚を開かされ自慰を命令される吉野。西尾にペンを2本も入れられ…。学校の最上階でも食後のHしたり…そんな声出したら聞こえちゃうのでは?とハラハラしますが、なぜか苛立っている西尾には実は訳があり…。
本当に不器用な西尾でした。

『堕ちる子羊の接吻』と『堕ちる聖者の告白』は、物理教師:山田(攻)×生徒:志筑(受)のお話。
ある理由から、志筑は山田先生をとても嫌います。それには過去の事が関係している様で…。
ありとあらゆる嫌がらせを山田先生にしますが、その事で山田先生の抑えていた感情が…。
そこからは、山田先生の鬼畜モード全開で、志筑を椅子に跨がらせて脚を肘置きにくくりつけ、またまたM字開脚です。口はテープで止められて、あとはされるがままにムフフな状態です(*^o^*)「嫌だ」と拒否しても抵抗すらできず…このプレイは萌ますね~。

他にも、バイブ入れて足を机に縛り、お尻ペンペンや無視プレイなどあります。
まぁ無視された事で気付く思いもあるのです(^-^)

東野先生言わく「SMがテーマ」らしいのですが、どちらかと言うとS攻めな様に思いました。でも、個人的にS攻め大好きなので、買って損なしの大満足作品でした!!特に山田先生かっこよすぎですね~。眼鏡、黒髪、豹変、背が高い、鋭い目、鬼畜と条件揃いすぎですよ(^з^)☆最近眼鏡フェチな事に気付いたので、秒殺されちゃいました(笑)
志筑も女子にもモテる美少年系なので、このカップル好きですね~(^-^)西尾×吉野カプも中々。吉野が可愛い系なので。私的に最初の岡野×常盤はちょっと駄目でしたねー(-_-:)岡野先生が…ちょっと無理かも。常盤は良かったのですが(汗)

本当に、Hシーンを描くのが上手いと思う作家さんですo(^o^)o
乳首もリアルに生艶っぽく描きますし(本物に近い絵)、挿入シーンなんかも濃く、具体的ですし、カットされる様な重要な挿入角度やアングル(脚開きやお尻穴も含め)もしっかり描きこまれていて、Hシーン重視タイプなので堪らない先生です。きっと資料などで勉強されているのだなと思います。素晴らしいです!東野先生(^O^)

「欲望のしずく」と言う作品もおすすめですよ。悪魔×人間のお話ですが、触手が出て来ます。

けっして期待を裏切らない東野先生ですよ~\(^O^)人(^O^)/

※濃い描写が好きな方や攻められパターンが好きな方にはおすすめしますが、描写シーンが苦手な方や生々しさが…苦手と言う方にはおすすめできませんので、ご注意下さいね。

イラストは、私的には見やすかったです。ガッチリゴツゴツ系でもなく、ムキムキマッチョでもない、程よい感じです。

0

愛あってこそデス

一冊まるっと主従とか奴隷とか玩具とか。

受けは3カプとも上はシャツ肌蹴けーの下は靴下&靴着用。
靴下って脱いじゃうよりも履いてる方がエロさ倍増。

1カプ目
落とそうと目を付けていた相手をものにした常盤ですが、もう少し岡野先生に対して感情を素直に出してもよかったかなーと。
愛あってこその主従関係だと思ってるんで、それがないとプレイを楽しんでるだけになっちゃう。

2カプ目
このカプが一番すんなりアテクシに納まったというか、ちゃんとお互いが必要としてることが分かりやすかった。
イラついて犯っちゃっうケドそれって嫉妬じゃんよ、ウヒッ。もう吉野に囚われてんのに
自分だけを愛して欲しいのに裏切られるのがコワくて素直に求められなかった西尾。
もう嫌われちゃったの?と不安になる吉野。
その2人の気持ちを繋げるのが1カプ目の常盤。
ここでの常盤、いい人なんだよ。
このカプでのアテクシの萌えシーンは
西尾が吉野に女性物のショーツを履かせているところ。
脱がしてんじゃないのよ、履かせているのに2人の表情がなんとも良いんです。

3カプ目
毛嫌いしていた山田(教続き師)に志筑(生徒)がしつけられます。
過去のトラウマで、自分の迷いや芽生え始めた感情を受け入れられない志筑を山田がちゃんと導いてくれて
愛を持ってしつけるので、とうとう「好き」って言っちゃうんですよ。
愛ある御躾、たまらんデス。

0

先生あのね

奴隷3連発!!!
さすが東野先生wビバ変態!
ちゅぅか、ドMちゃんばかりで感動した。
個人的にはあからさますぎて萌不足・・・なきもしなくもないですが。
表題な1本目。
生徒×先生。昔から、男に抱かれることを喜ぶ人間であるということは薄々わかっていた。
そんな教師が出会ってしまった一人の生徒。
性奴隷としての学園生活が始まる・・・?!
正味、全体的にそうなんですが、いじめられて感じてしまう受が変態なのか、それとも、いやがる男をねじ伏せて、はぁはぁちん子をおっ勃てる攻が変態なのか。
私は後者だとおもうのですが如何でしょう?
■2本目
生徒×生徒ですね。1本目の攻受も登場します。あやうく同級生に受がレイプされ~未遂があるので、どんだけ率高いねんwって話。
家庭内がめちゃくちゃで崩壊寸前の攻。
愛情てきにも、なにてきにも人を信じられないという気持ちがつよかった。
そんな攻に向けられる熱い視線。
おまえオカマかよ。なら俺が奴隷にしてやろう・・なお話。
もうすこし色気があっても良かったかなとおもわなくもないのですが、エロされてるときの受の表情がいいからゆるしますw
続き
トロンとした赤ら顔が可愛い
■3本目
先生×生徒。
こうしてみると、掛け合わせ一周したかんじですねw
とにかくホモを毛嫌いするヤンチャな生徒が、鬼畜な先生に捕まり・・・!?
このくらいワンパクな生徒さんのほうが私は好きw嫌がらせ放題したあげく、捕らえられて調教される。調教という意味では、視線の使い方。。さんざんなぶった挙げ句、放置プレイ。しまいには女じゃ勃起できな身体にw
しつけwしつけwしつけw

全体的に、短編だったというのもあり、こざっぱりとした調教プレイ。主従~なお話でしたが、どうせならもっとねちっこいかたちでみれたらうれしいかなと思います。
というか、攻=主人な今回でしたが、鬼畜でご主人様な受も一つ混ざってると、なお面白かったかも。
レーベル故にしかたないのやも。。ですが、エロシーンがパンパン進んでしまいちょっと残念。穴の中まで愛したry・・・(殴

0

2つ目の作品が個人的に好み

東野さんのナニな描写が大好きで今回も期待して買いました!
最近東野さんの作風が変わった気がしたのは私だけ?

今回は脅されストーリーで
生徒×教師でしたが、
私は2つ目に収録されています
「不器用な暴君の接吻」
が個・人・的・に好きでした^^

本当は大好きなのに不器用にしか接することが出来ない攻め。
本当は愛してほしいのにいいなりになるしかない受け。
この2人のやりとりは、まさにBL王道!といったところで
とても美味しかったです!
こんなレビューですみません。。。

0

型をぶち破って頂きたい!

エロといえば東野さん、っていうイメージがあるくらい、お話の緻密さよりも視覚的に訴えてくるお話作りの印象がありました。正直お話は私の好みに合わなかったので敬遠しがちだったんですが、ビーボーイ以外の雑誌の連載だっていうことと、表紙のダークさに食わず嫌いせず買ってみよう!と一念発起してみました。

今回は全員がドS攻め、ということですが愛が見え隠れしているあたりが
ちょっとてぬるいかも・・・というのが第一印象。
受けは揃いも揃ってマイナス思考のドMくんたちなんだから
もっとそこはド鬼畜にしてやらないと、彼らが満足しないんじゃないかと(笑)。常盤くんと先生はまだニーズに答えて(笑)比較的鬼畜に攻めてくれているんですが西尾くんが砂糖のように受けくんに甘い・・・!
ラブラブなのが透けて見えていてちょっと肩透しくらったかも。
読んでいて一番スッキリするのもこのカプなんですけどね(笑)

なにより一番モヤモヤするのは先生と志筑くんカプ。一話目で
志筑くんのトラウマをちらつかせておいて伏線回収はナシ・・・。
読み手としてはここは明かしてほしかった。
どうせならトラウマの原因になっ続きた悪戯したのは先生でもいいから(笑)
あれ、これは私の趣味だった(笑)
あんなトラウマがあってすぐに先生に体許しちゃうあたりも
ちょっとなあ・・・と。

全編エロがそこらじゅうにちりばめられていて、
エロに関しては全く遜色ありません!
ただお話を重視する方だとちょっと後悔してしまうかも・・・。
次回はぜひとも東野さんにはお話にも力を入れて欲しいところ!
期待しています~!

0

1冊になるまで5年かかってます

全編通してシリアスでした。東野裕さんは大洋図書からは初コミックスということですが、ここでもエロス全開でした。3組のカップルが登場するんですが、全部攻めはドSで受けはドMです。素晴らしい。

生徒・常盤×社会科教師・岡野。一番好きなシーンは三人の生徒になぶられてる岡野を常盤が見てるだけのとこ。あと、生徒用のトイレに岡野を縛って玩具入れて放置してるのもよし。誰か生徒に開けられたらどうしようってのがいいですね~。まさしく性奴隷です。

常盤の友人・西尾×クラスメイト・吉野。一番よかっのは吉野に女性用の下着履かせて授業受けさせるやつ。机ので脚広げさせてオナニーさせてお尻に鉛筆入れるのもいいよね。

生物教師・山田×生徒・志筑。一番好きなのはバイブ突っ込んだままお尻叩くやつ。そのままいっちゃう志筑が可愛い。あと最後の、準備室で縛られて目隠しされてお尻に玩具入れられて放置されてた志筑が粗相しちゃったのを、お仕置きだって苛める山田のドS顔が最高でした。

大満足な一冊です☆でもそろそろ東野さんのアホアホエロエロな作品も読みたいな~(´Д`)

1

先生、凄まじいドMぶりでした

東野祐さんといえばスーパービーボーイコミックと思っておりましたが、HeartZでこんなエロが!?とちょっとびっくりいたしました。
一年1作品づつだったので、初出が2004年なんですよね。絵柄も多少の変化あるものの、違和感はありません。
それにしても、他の作品もそうなんですが、東野さんのメガネってフレームがデカッ!←ちょっと地味っていうアピールなんでしょうか?

表題と「堕ちる暴君の接吻」「堕ちる聖者の告白」がドSの高校生・常盤とドMの教師・岡野。
電車で痴漢に遭っているところを見られて脅迫のように、常盤にいじめられる岡野は、すっかり性奴隷。
常盤、高校生なんですが、亀甲縛り上手いです!(変なところに注目)
岡野先生のってば、他の生徒にも目を付けられて犯られそうになるのですが、「常盤がいい!」と言って、常盤専属のMになるのです。
SMも愛がないと成立しない行為ですから、決して悲惨ではないのです。

「不器用な暴君の接吻」と「愛される奴隷の接吻」は常盤の同級生、愛情が歪んでいる西尾と、地味でオドオドしている吉野。
いつも常盤と西尾がつるんでいると、熱い視線を送ってくる続き吉野に、常盤が好きなんだと思い性的意地悪を仕掛ける西尾。
でも本当は吉野は西尾が好きだった言うことがわかり・・・しかし、西尾は家庭の事情から愛が信じられない人間だったので、吉野を苦しめることばかり。
SMでもこれは精神的なものでした。

「堕ちる子羊の接吻」はドSの物理教師・山田とホモフォビア(?)の志筑
幼いころ男に襲われた過去から、ホモの匂いに敏感な志筑は物理教師の山田を毛嫌いして嫌がらせを仕掛ける。
しかし、準備室を荒らしているところを捕まり犯られてしまい、以降奴隷扱いに・・・
でも、ある日先生が他の男子といるところを見て嫉妬、全く無視が続いて、とうとう我慢できずに先生のモノになり、隷属完了!
この先生は怖いですよ~

学校内で先生・生徒とかっていうのが萌えポイントですが、ドMの下僕ぶりと、それを刷り込むSの技が冴えておりました♪

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ