ふるえつもれ幸せの花 初回限定版

ふるえつもれ幸せの花 初回限定版
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立4
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
8
得点
23
評価数
14件
平均
2.2 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥838(税抜)  ¥905(税込)
ISBN
9784862527349

あらすじ

大学講師・秀暁×生徒・唯里。幼馴染みの恋。
大学で講師を務める幼馴染みの秀暁を追いかけて、同じ大学に入学した唯里。長年の想いが叶い秀暁と結ばれた唯里だったが、繋がっていても拭えない不安を感じ始め・・・・・・。『好きすぎて苦しい』--静かに重なり合う恋情を繊細に描いた珠玉のラブストーリー。
小冊子付き!初回限定版!

表題作ふるえつもれ幸せの花 初回限定版

大学講師 鷲見秀暁
生徒 峰岸唯里

その他の収録作品

  • 番外編
  • シェイク
  • 口絵のおまけ
  • ふるえつもれ愛の花(小冊子)

評価・レビューする

レビュー投稿数8

絵は好きなのですが…

【大学講師×学生(幼馴染み)/会社員×カフェ店員】の2CP

好きな絵師様なので思わず購入した作品です。
カラーも白黒もどちらも綺麗で好きなんですよね(*´ω`*)

でも…う~ん、前に別作品読んだときもなんですが…トキメキが発動しなくて…( ´△`)
淡々と最後まで読んでしまいました。

■ふるえつもれ幸せの花■
鷲見 秀暁(大学講師)×峰岸 唯里(学生)

大学で講師を務める幼馴染みの秀暁を追いかけて、同じ大学に入学した唯里。
長年の想いが叶い秀暁と結ばれた唯里だったが、繋がっていても拭えない不安を感じ始め…。

個人的に“お膝に抱っこ”って好きなんですよね(*´ω`*)
序盤で眠いなら寝れば良いのにゲームしてる秀暁が唯里に「寝そうになったら起こしてくれ」って膝抱っこする場面がありまして、ニヤニヤさせて頂きましたー。
うん、膝抱っこって何か萌えるよね。

それはさておき、何故に二人が“大学四年間”という期限に振り回されているのか理解できない。
片思いの時ならまだしも…好きあってからも何故囚われるの?
何で“卒業=終わり”になるのか分からん。続き
だからそれに振り回されてグルグルされてもついてけない。

攻めの迷惑になるかもだから大学院への進学について悩むのも理解できない。
自分の進路なんだから関係ないじゃん。
そりゃ攻めに学費出してもらう…とかだったら別だけど、違うじゃない。

及川弟ももっとちょっかい掛けてくれたら良いのに~。
及川弟を警戒して牽制掛けてる攻めの様子は楽しいので←

正直、メインより脇が気になって仕方ない。
及川兄弟って一体どんな間柄なの?
めちゃ意味深な言動してるんだもんよ。
できてんの?
及川弟「俺も兄貴が誰かのものになったりしたら何するかわからないし?」
及川兄「そういう物騒なことは胸にしまっておきなさい」
近親ものですか?Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

■シェイク■
宮守(会社員)×菊水(カフェ店員)

仕事の空き時間にふらりとやってくる客・宮守と何だかんだで良い関係になったっぽいカフェ店員・菊水二人の話。

何か別の本にこの話以前の話が載っているようです?
どうやら初めては失敗したようですね(ノ´∀`*)
今回はリベンジしてます、はい。



別サイトにて知ったのですが、『ふるえつもれ幸せの花』ってスピンオフ作品だったんですね。
…やっぱり絵、綺麗だなぁ(///ω///)

んー…同時掲載作品のところに『シェイク』ってあるけど、今回の前段階が読めるのかしら?
むむむぅ…。

0

あっさりおわった

黒紫髪の男性イラストにひかれ購入したのですが
中身のイラストはちょっと
違ってました。

お話は年の離れた幼馴染。
兄と慕うかわいい年下の男の子

表紙の黒紫髪の男の人は
兄と呼ばれる慕われている
人でした

大学の講師を兄さんがしているため、自分もその大学を受験し後をおう。

少しでも一緒にいたいため
かいがいしく、身の回りの世話もする。

料理が得意なわけでもないのに
いじらしく料理もする。

かわいこちゃんに違いはないのですが、いまいちこの2人に感情が入らなかった

悩んでいる感じも少しはありましたが、案外簡単に時間はすぎていました。

物足りない。すべてが。

0

これはちょっと・・・

香坂先生の前回作。
「恋の雫」を呼んで以来、
香坂先生のファンになったんですけどこの話はちょっと、好きになれませんでした。
理由
・少し話が足りなかった。
・受が攻めにたいする気持ちがあまり伝わってこない。
・攻めが受に対して自分の気持ちをすぐに伝えない所が少しイライラする。
香坂先生の次の単行本期待です。

1

絵はきれいなんですけどねぇ

前のコミックスでも、結構きれいで丁寧な絵の作者さんだなぁと思っていたのですが、
ただ、相変わらず、他の作者さんと見分けがつかない私、、、、
読んでいて、
「あらっ?これって、あの作品の続編?
じゃあ、前のを探して、、、
えーーーっと、、、
これじゃない、、、
えっ、こっち…?」
みたいな、、、

この表題作の主人公、唯里くん、
私的にちょっとダメでした。
ただただ傍にいられればいいからって、そんな理由で、大学も、大学院もって、
残念っていうか、ココまでする乙女って、むしろ、ちょっとキモい。
そして、唯里の親は、そんな理由で学校いってるとはつゆ知らず、学費出したりしてる訳でしょう、、、
いや、フィクションだし、
主人公的には、立派な動機付けだし、
って、わかってはいても、「オイオイ」ってつっこみたくなる私、、、

感想としては、積極的に「しゅみじゃない」って撥ねつけるほどのものはないけど、ちょっと微妙かな……って感じで。

絵は、今時の作者さんらしく、すっきりお上手です。
初回版小冊子の合体ポーズとか、すごくリアルでちゃんとしている。


続き

2

悪くはない!…けど

香坂あきほ先生の絵柄が大好きで、購入しましたがうーんと唸ってしまう結果に。

きゅんきゅんしたり顔が緩んだりすることがなく、一定の感情で読み終えてしまいました。面白い!と思う漫画・小説を読むといろいろな感情が出てくるんですがそれがないwww

話の設定はわかりやすいし、切なさは読者側にも伝わりますが、読んでてちょっと疲れてしまいました。
人それぞれ好みが違うので、読んでみて中立ではないかもしれませんが、私の評価として★3以上つけることは難しい…かな。

2

一歩ずつ

幼馴染みを追って大学に入り、同居生活になったものの、なかなか発展しない二人の関係。
それぞれがお互いを好きなのに、好きすぎて何もできなかったり、大人だから踏みとどまったり。
一歩ずつ進む関係に私としては好感が持てました。

前に進むことに臆病になっているのはどちらだったんでしょう?っていうお話ですよね。
片や何かにつけふるえるような初心な年下の幼馴染みが大人になるのを待とうとし、片や好きな気持ちは隠さないものの嫌われて一緒にいられる時間を短くしたくないのでひたすら我慢し・・・

犬も食わない感じのアマアマな関係なので、このまま放っておいてもまとまるところにまとまるのでしょうが、脇役の皆さんが活躍してくれて、ただひたすら二人でグルグルではなくなったので、お話に深みが出たと思います。

番外編小冊子【ふるえつもれ愛の花】は糸を引きそうなほど甘い二人のお話。「俺の好きなやつに一番も二番もないんだよ 好きなのはお前だけなんだから」気障だ!

3

何かが足りない?

うーん、なんだろう。
なんかちょっと物足りなさを感じてしまいました。

唯里は一回りほども年の離れた幼馴染みの秀暁が好きで。
彼を追って大学に入学するほど。
唯里の世界はいつでも秀暁中心で。
その気持ちが伝えていいものかどうか。
わからないままに唯里は家事全般をやったりして。
やがて、唯里が自分の気持ちを吐露することで関係は進展していくことになるんだけども。

うーん、やっぱり何かが物足りない。
大きな事件もないし静かなわりと淡々とした恋の物語ではあるんだけども。
それでも、もう少しせつなくなったりキュンとくる部分があってもよかったかなぁと。

両想いになってからの秀暁の感じはわりと好きです。
好きな子は誰にも触れさせたくないぞー!みたいな。
でも、この人、肝心の言葉はなかなか口にしてくれないんですが。

最終的に私が気になったのはそんな2人ではなく、及川兄弟でした(ぇ)
なんか弟の方が意味深な発言をしていたように感じたのですが、兄弟はデキてたりするんでしょうか?
脇役スキーとしては超気になるところです。

「シェイク」
個人的にはこっちの続き方がなんか好きだったかも。
「恋の雫」の方にも同タイトルのお話があるところを見ると、これ以前のお話があるってことでしょうか?
何も知らずにこれ読んじゃいましたが。

3

甘く切ないんだけど、ヤマはない!(笑)

幼馴染で大学講師をしている秀暁を追って同じ大学に入学した唯里。
そこから「秀暁の世話をする」という名目で秀暁の部屋を頻繁に訪れる唯里。
秀暁のことが好き、という強い思いはあるものの、秀暁の迷惑にはなりたくない、嫌われたくないと葛藤しながら秀暁の傍にいる。
傍にいられるのに、好きすぎて苦しい。
健気に秀暁を思う唯里の片思いの苦しさに切なくなります。
一方秀暁も唯里のことが好きなのですが、秀暁のことばかり優先し、自分のことを省みない唯里のことが心配で、
また秀暁が触ると震えてしまうことなども気にして、
お互い一歩距離をおきながら歩み寄っているようなカンジです。
それでもお互い好きなのですから結ばれるのはわりと早い段階なんですが。

結ばれた後の二人は対照的。
秀暁は唯里が好きで好きで独占したくてたまらない。
一方唯里は恋人になった今でもすべては秀暁で、何よりも秀暁を優先している。
「秀暁と一緒にいたい」ということが第一で、そのために大学院にも残ります。
自分にとって秀暁と一緒にいるということが一番だと信じているから。
それでも今後の進路には迷いがあって…
続き人的には好きな相手のために自分の進路を決めてしまうのはいかがなものかと思うのですが、
本人がそれ以上のことはないと言い切るのだからしようがないのかもしれませんね。
でも大学院に行くまではいいけど、結局その後どうするつもりなんだろう…
きっと大学に残って秀暁の傍で仕事をするのかなぁと思うのですが、
そこまで都合よくいくものなんでしょうか?
ソコは作品の中で答えを出してほしかったなー
なんだか悶々としたものが心の中に残ってしまいました。
一方の秀暁も、結局は唯里がいないとダメで、唯里が自分から離れていこうとしても(今後進路などで)
きっと秀暁のほうが離さないんじゃないでしょうか。
寂しくて唯里に会いたくてたまらなくなっている秀暁は新鮮で、思わずキュンとしてしまいました。

小冊子は秀暁の嫉妬の話。
なんだかんだで幸せそうに過ごしている二人。エッチも短いけれどありです。

大人な二人の静かなしっとりとしたお話でした。
ただ、ピンナップの絵を見る限りもっと及川兄弟が掻き回してくれるのかと思っていたので残念。
ちょっと盛り上がりに欠けた感じはあります。
ラストの温泉旅行もぜひ見てみたかったなー

あ、唯里の友人・麻耶は「恋の雫」の主人公なんですよね。
未読なんで読んでみようと思います。

同時収録はカフェ?店員とそんな彼を口説く客。
まさか二人がそんな関係だったとは気付かなかったので、途中でちょっと驚きました。
しかし、表題作の二人とかぶりすぎなんですよね(笑)
作品が変わっていることに途中まで気付きませんでした(笑)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ