人生は薔薇色だ(新装丁)

人生は薔薇色だ(新装丁)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
43
評価数
11件
平均
3.9 / 5
神率
27.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784778100087

あらすじ

大手保険会社の営業部に勤める宮本は、クールな美人部長・氷室を毎日口説き続けていた。そんなある日、アメリカ支から氷室に想いを寄せる若社長・宝田が一時帰国。氷室を巡って社長と宮本のラブバトルが勃発…!?
描き下ろしラブショート付き。
"兎虎"で大人気!本間アキラの既刊が新装丁版で登場!
(出版社より)

表題作人生は薔薇色だ(新装丁)

宮本、ダメリーマン
氷室、魅惑の部長

その他の収録作品

  • それでも人生は薔薇色だ
  • やっぱり人生は薔薇色だ(描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

人生逆転劇

ダメサラリーマンが、大好きな部長のために頑張るお話です。

サラリーマンの宮本は、部長の氷室に怒られてばかりのダメサラリーマンです。でも、部長が大好きなので、部長の枕営業を阻止したり、空港まで追いかけたり、熱い男です。
部長もそんな裏表のない宮本が好きで。

宮本の、熱にうなされての二人の初エッチは切なかったです。

部長の元彼の社長を排除できたと思ったら、今度は部長の大学時代の後輩がライバルとして現れます。成績優秀で家柄も良くて、宮本のことを目障りで疫病神だと言う男です。
この男の青木が、宮本への見下しが半端なくて、読んでて本当にイライラします。宮本が青木にはめられて警察に捕まった時には、ハラハラドキドキします。
でも、宮本の人柄の良さで、他の会社の会長に助けられてスカウトされた時には、思いっきりスッキリして気持ち良かったです。

そして、何年経っても部長に忠犬な様子の宮本が、微笑ましくて可愛いです。
だけど、宮本のためにポンと大金を出した会長が一番素敵かも…。
人生の逆転劇を堪能できる1冊で、面白いです。

2

やればできる子

いやー…最初何で宮本は会社に入社できたんだろう?って不思議でならなかったんですが…「やれば出来る子」だったんですね←失礼

元気と明るさだけが取り柄のようなお仕事ダメ×2攻めキャラが成長して…最終的には「成功」を手に入れる話?

当て馬その1の「社長」は最初酷いなー…と思ったんですが可愛いところもある憎めない人でした。
特に後半とかね、良いなーって思いました。
逆に当て馬その2の「部下・青木」は優秀なんだけどやり方が汚すぎる!
金・薬・女を使っての策略って…。。。

会長は水戸黄門のような人でしたwww
人や物を見る力・おかしいと思ったら即調査…格好良いよ、おじぃちゃん!!!

そして会長のお付きの方が警察署に薔薇もって現れた場面の輝きっぷり(*´’Д’):;*.’:;ブハッ!

宮本は立場が変わってもやっぱり宮本なんだなーってのがまた良かった。

ってか女子高生のお財布が凄まじい勢いで豊かになりましたね。
分けて欲しい!

0

私の美しい小鳥w

美人部長、ダメ部下の空回り、部長の昔の男と、設定はよくある感じです。

ですが、本間先生はお話の組み立てがうまい方ですから!!

部長の昔の男、社長が1年ぶりにアメリカに帰ってきて、新人社員の宮本は気が気でない!!

コメディタッチなお話なのに、雨の中傘もささずに佇む宮本くんw
怖いですw
帯の注意書き、表紙見ただけじゃ分からないですからね。

部長を社長から奪い返した宮本くん、空港でのシーンは素敵です。
小鳥wを奪われた社長も良いキャラなんですw
わたし社長みたいの大好きですw

王道ラブコメ、間違いないです。

1

熱血ダメリーマンが愛のエネルギーで突っ走ります

2003~4年の作品なので、まだ少し耽美をひきずっていますが、他3冊に比べると「兎オトコ 虎オトコ」に近いコメディタッチの作品で、とても面白かったです!
ワンコみたいなダメリーマンが愛の力で(?)突っ走っていく姿にとても好感がもてます。
それにしても、本間さんの描く人物・・・白ヌキのサラサラヘアの受け様や黒ベタの攻め様はどの作品も顔が似ていてちょっとデジャブ感を呼んでしまいます。

ダメ営業マンの宮本は部長が大好き。
でも部長の秘密を知ってしまい、枕営業する寸前を助け出し部長に気持ちをぶつける。
部長は本当は寂しい人だったんですよね、宮本は純粋に部長を見ていたからその宮本の存在がとてもうれしかったと思います。
社長に請われてアメリカへ行こうとする決意をして、熱で朦朧としている宮本を襲ってしまう部長、色っぽいですがそこで「愛してる」を言うなんてズルイ・・けどどうしてそんなに悲しい人なんだろう。
でも宮本は熱血ですから、ちゃんと部長を引き戻して自分のモノにしますよ。アッパレだな~
そして、次は同じく部長狙いのライバル青木が登場!
宮本のバカっぷりもさく裂していますが、彼続きの正直ぶりが思わぬ幸運と結末を招くのです。
見ている人はちゃんと見ているということですね。
青木は優秀だと思うし、人としてもそんなに特に極悪ってわけではないですが、部長との仲を嫉妬して宮本を陥れようと罠を仕掛けるのは、”嫉妬は人を狂わせる”の典型でとても醜い嫌な人物に描けています。
そのオトリになった女子高生・・・女子なんだけど男にみえるんですがぁーー!!
あ、部長に似てる人選だったのかな?と後で気が付きました。(芸が細かいよ)
2年後・・・まるで別人のようにイイ男になった宮本ですが根は変わってなくておかしかった♪
部長に振られた社長、最初ブラックな人だな~って思ってたんですがナルちゃんで、面白い人だということがわかって、思わずこのキャラで、社長番外編1本作ってほしいとか思っちゃいました。

この作品、シリアスとコメディのバランスが良く、読ませてくれる作品になっていて後読感が爽快なのがイイですね☆

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ