愛が神を殺す時(新装丁)

ai ga kami wo koros toki

弑神的爱人

愛が神を殺す時(新装丁)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
34
評価数
12件
平均
3 / 5
神率
8.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
心交社
シリーズ
Chocolat comics (ショコラコミックス・心交社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784778102357

あらすじ

NYへ旅行にきたタケルは、ダウンタウンへと迷い込み、危ないところを身なりのいい美貌の男性レイに助けられる。レイの屋敷へ居候することになったタケルは、彼の優しさに触れ、惹かれてしまう。タケルの想いにレイも応えてくれ二人は結ばれるが、レイがNYを支配するマフィアのナンバー2だと知り――。
"兎虎"で大人気!本間アキラの既刊が新装丁版で登場!
(出版社より)

表題作愛が神を殺す時(新装丁)

レイ(35) マフィアのナンバー2
タケル(20) 浪人生

同時収録作品編愛の医学

神灘秀一 大病院の医者
篤司 町の診療所医者/28歳

その他の収録作品

  • 愛が神を殺す時-誓い- (描き下ろし)
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

タケルを受け入れられない・・・

シリアスなお話で、マフィアの恐いかんじとかしっかり表現してあるな、とかんじました。それだけに、タケルの非現実的な行動の数々が気になってしまいました。タケルの短慮な行動に最初はイライラし、途中からあきれてしまって、世界観台無しです。物語に入っていけません。

タケルの行動として気になったものをいくつかあげると
①大学受験に2度も失敗してウサ晴らしにNY(もっと危機感持とうよ。来年も失敗しちゃうよ。息抜きも必要だとは思うがNYまで旅行する余裕はないと思う)
②NYでひったくりを追いかける(普通に銃持っている人がいる国でそんなことしたら殺されちゃうかもよ)
③一度日本に帰って来たが、またレイとNYに行く(だから本当に来年も浪人しちゃうよ)

その他にも私的に気になる行動が多々ありました。②はその後、レイと運命的に会うきっかけになるし、③もタケルの本当の父親に会うことになるすごくいいシーンへと続いていくのですが、いいシーンに行くまでの段階でおかしいだろと思ってしまい、テンションが下がってしまって・・・

ギャグを織り交ぜた作品や明らかに非現実的な作品ならおかしいところがあって続きも流せるのですが、現実味があるかんじに作られた作品なので、気になって仕方ありませんでした。
私はタケルがどうしても気になってしまいダメでしたが、そこが気にならなければ、他のキャラは魅力的だし、ストーリーもいいです。この話をおもしろいと感じるかどうかはタケルを受け入れられるかどうかにかかっている気がします。


あともう1つ入っていた短編は、幼馴染の医者の話です。こちらは楽しく読めました。兎オトコ虎オトコのかんじが好きな人はきっと気に入るはずです。

2

まあ、おもしろかったけど

受けがアホの子というよりも、頼りない子。
こんな子がいいの、と攻めに確認したくなった。

0

良かった

さすが本間アキラ先生!
良かったです。

表題作は、マフィア×隠し子のお話でした。

少しぽややんな受けと、攻めの涙にズッキュンw
どっちも可愛かったw

ホントは神作品にしたい!
けど、萌え作品なのは、すこーしだけ、お互いが思いを寄せるきっかけみたいなのが薄かった気がして、いつの間に?みたいなかんじがしちゃいまいした。

でも、後の医者の話とかも可愛くて、総合的に萌えでした。




0

神をも超える愛

マフィアにスリーピースのスーツ…良い!!

泣いている姿も決まっております。

それ以上にカッコいいのは、レイの回想に出てきた、若かりしボス…!!w
たった1コマなのに、ボス!!w

描き下ろしペーパーは、マフィアの弱点w
笑いましたw
あれは、涙のうちに入らないのかな?w


もう1本は先生お得意?のお医者さん同士。
好きなコはイジメちゃうってお話。

一途なやつは、なんでこうも憎めないんでしょう。
幼なじみ、良いじゃない!!w

0

「……こんなに好きになったのに」

とりあえず最後まで読んで、ストーリーは凄く良いと思うんです。
ですが……「こんなに好きになったのに」←この台詞で冷めました。
え?いつそんなに好きになったの?って、思ってしまったやん。
だって二人が出会って、まだ3日も経ってないんじゃないのかい?
ウケ君がマフィアの攻めを「こんなに」好きになるまでが少々強引じゃねぇかい?
ご飯を食べない猟犬(主人にしか懐いていない)に、猟犬と同じようにご飯を食べない攻めをなぞらえて、無謀にもその檻に入ってご飯を与えようとするシーンがあるんです。
一歩間違えば命の危機。なぜそこまで出来る?
二人が出会って、まだ3日も経ってないんじゃないか?
だから、いつそんなに好きになったんだよ?って思ってしまうんだよー。
それだけが唯一、私が受け入れられないところです。
それが冒頭にあったもんだから、なんだかんだとローテンションまま読み終えました。

強引&都合の良い展開も、運命と呼んでしまえば済んでしまうことなんですが、私には駄目だったー。

私にはちょっと許せなかった部分もあるけど、ストーリーは凝ってるし、読み応えもある。
面白い作品続きです。

1

マフィアの涙が色っぽくフェロモンまきちらしてます。

こちらの作品は04年から05年のもので、一時活動停止になる前に描かれた作品になると思われます。
この一冊で、とても目に付いたのが主人公達が涙を流すシーンです。
それは悲しみであったり、悔しさであったり、喜びであったり、こういう表情が豊かなモノってすごく主人公達に気持ちが入っていいな~と思います。
本間さんの絵と作品は淡々としてトーンは暗めなんですが、どうして暗いかわかりました!
背景の描き込みが、メインの少し大きな建物までは細かく描かれていますがそれ以外の空だの壁だのについては装飾や描き込みがなく、背景は白っぽかったり、グレートーンのグラデだったりと単調だからです。そんな発見に思わず嬉々としてしまった自分です。

表題は、日本人の少年・タケルが追剥に遭ったところを助けられたのですが、その相手が実はマフィアのレイで、妙な偶然で実はタケルはマフィアの隠し子だったという、偶然から生まれる家族への愛も含めた大きな愛の話です。
お話はいきなりタケルがレイにドキドキする気持ちありきで成り立ちます。
レイは冷徹なマフィアですから、タケルの魅せる優しさや思いやりに必然として惹かれるわけ続きで。
無表情で感情の起伏も顔にあらわさないレイがタケルによって、次第に色々な表情を、そして最後には涙を見せるようになるシーンが感動的です。
レイの仲間で黒髪ロングヘアのチェスターは、レイが好きだったみたいなんですよね、、ちょっと可哀そう?でもチェスターは多分40前後の年齢設定・・・ふっふっふ、、萌えます、、、
一番素敵だったのが、タケルに逢いに日本に来たレイが後ろからそっと抱きしめて「もうおじさんの相手するのいやになった?」ってささやく所・・フェロモン垂れ流しですよぉぉ~!
タケルが明るくて前向きだから二人の未来が明るいもので、幸せを感じます。

「偏愛の医学」はS気質のツンの攻め様が鬼畜メガネですわ。
でも本当は優しい愛に不器用な男だったというオチ付きです。

4冊同時で一気にいってみましたが、それぞれがしっかりとした画力とストーリー構成力をもっているので、中だるみも飽きも来させず、良い作家さんなんだと再認識しました。

1

今回の新装丁の中で一番のオススメ

本間アキラさんの新装版が4冊発売されましたが、一番ぐっときたのはこの作品でした。
コメディ調も好きですが、本間さんはシリアスの方が個人的には好きですね。

浪人生・タケルは旅先のNYで危ないところを美形の外人に救われる。
その相手・レイに恋をするタケルだが、実はレイはマフィアのナンバー2で、実はタケルを探し求めていた人物だったのだ――。
運命的な出会いを果たす二人。
レイはボスの隠し子を探していて、ボスの愛人だった女性にソックリなタケルに出会います。
実はレイの初恋はそのボスの愛人であり、そのせいもあってかタケルに徐々に惹かれ始めるレイ。
そして思いを通わせる――。
レイは瀕死のボスに代わり、ボスの隠し子を次期ボスに仕立てようとしますが、
結局タケルがボスの子であろうとあるまいと、それは関係なかったんですよね。
厳しいマフィアの世界のナンバー2という立場でありながら、自分の命よりタケルの命を守りました。
秘密が漏れたら殺すと、冷徹なことを言っておきながら非情になりきれなかったレイ。
愛する人を自分の身を挺して護る、というのはどうしても萌えてしまうポイントですね続き
お互いがお互いを愛しているのがすごく伝わってきます。
組織のことを誰よりも愛しているのに、それでもタケルのことを優先してしまう自分に戸惑うレイ…
めっちゃ萌えるんですけど!!!
そのあとの二人のエッチも、そしてその後の展開も、もう神展開。私は基本的に外国モノには萌えないのですが、すっごくよかったです。
めっちゃ萌えた!萌えたというか…二人の愛に感動です!

続編は、レイがその後日本のタケルの家に来るお話です。
二人の身分違いの恋に萌えるほか、家族愛にもホロリとしてしまいます。
そんな二人の萌えシーンを一つ紹介。
久々に会えて緊張して泣きそうになっているタケル。そんな彼をレイは後ろから優しく抱きしめて
「もうおじさんの相手をするのいやになった?」
ひぃぃぃぃーーーーー!!!!ごろんごろんごろんごろん・・・・
萌える!!!!レイ様!!萌え~!!
そして、レイのためにタケルがたったひとつできること、それは多分「レイのためになくこと」だと思うんですよね。
うん…このシーンも必見。
レイを陰ながら支える(実は片思いもしている)チェスターもいい奴です。報われないけど。
この続編は二人の愛が溢れていました。ラブラブ、時々涙アリ。

なんとなく『BANANA FISH』を思い出してしまった、そんな雰囲気たっぷりの一冊でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ