花桜折る少年 -龍の巻-

花桜折る少年 -龍の巻-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
  
作画
 
媒体
コミック(同人)
サークル
徳川生徒会 <サークル>
ジャンル
天と地と(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
100ページ
版型
A5

あらすじ

「花桜折る少年」番外編2。

表題作花桜折る少年 -龍の巻-

武田晴信
長尾景虎

その他の収録作品

  • 甲斐のゆううつ
  • ヒゲ問答
  • 風伯の宴
  • 散華

評価・レビューする

レビュー投稿数1

上杉謙信の歌が超気になる!(笑)

ホントのホントに最後の晴信×景虎本。
「虎の巻」からは3年が経ってます。

「甲斐のゆううつ」
晴信と景虎のやりとりもさることながら、宇佐見と金津のやりとりが噛み合ってなくて面白いです。
宇佐見がんばってるなー(笑)
景虎は抱かれるという立場でありながら少しも屈した感じがなくて、そこが好き。
そんな景虎だから晴信も興味を持ったのかなぁとも思う。

「風伯の宴」
お酒のせいかいつもと違う晴信。
いつも傲慢な感じの彼が見せる本音がなんだかすごく好きです。
敵であるはずの景虎にそれをぶつける姿は幼くも見える。
そして、そうして見せられることでそういった気持ちを抱えているのが自分だけではないと景虎も知ることができたのだろうな。

「散華」
宇佐見と金津による川中島両雄直接対決の回想。
どんな思いで挑んでいたのか。

もう1本、晴信の小説(タイトルなし?)
景虎という人間に対する興味。
ふとした瞬間に思い出される姿。
その恋が終わっても、永らく残る記憶。

あと、最初と最後にすべてを繋ぐようなマンガが入ってるんですが。
これはもう全体的にBLとい続きう感じではない本ではあるんですが。
特にこの2篇はすごく「風情を感じる」マンガだったような気がします。
シリーズ通しての桜モチーフのお話でしたしね。

あとは途中取り上げられていた、上杉謙信の歌が超気になる!(笑)

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ