俎上の鯉は二度跳ねる2

俎上の鯉は二度跳ねる2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神29
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立4
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
16
得点
169
評価数
41件
平均
4.3 / 5
神率
70.7%
著者
作品演出・監督
亀山俊樹
音楽
中川孝
脚本
原円音
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ランティス
収録時間
74 分
枚数
1 枚
ふろく
コミコミ特典・ポストカード
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

今々瀬との生活をやめ、たまきと日々を過ごす恭一。
そんなさなか、たまきの携帯には非通知着信が続き、調査員としてたまきと接触をする今々瀬。
今々瀬と恭一、そしてたまきの3者がおりなす微妙で、張りつめた関係のゆくえは…。

表題作 俎上の鯉は二度跳ねる

大友恭一 → 中村悠一

今ヶ瀬渉 → 遊佐浩二

リバ有
その他キャラ
岡村たまき[斎藤千和]/ 野上美奈子[日笠陽子]/ 夏生[五十嵐麗]/ 調査員[遠藤大智]/ 岡崎啓次[岡林史泰]

評価・レビューする

レビュー投稿数16

同性愛の恋のつらさを繊細に表現している作品!!


このCDを聴いてから思わず原作を購入。
漫画には漫画の良さがありますが、CDからしか読み取れない感情が
遊佐さんの演技によって、ものすごく伝わってきました。

今ヶ瀬は遊佐さん以外考えられないなと思うくらい大満足です。
終始今ヶ瀬の立場は
先輩の邪魔にならないようにわきまえていて
自分が邪魔になるときがきたら、離れられるようにしてて… 
胸がきゅっと締め付けられました。

二人が結ばれたのは嬉しいけど、個人的に
先輩がたまきちゃんと別れるところはどうかと…
あんな風に別れられると、しょうがなく今ヶ瀬と付き合ってる感じがして
今ヶ瀬の気持ちをもっと考えて欲しかったです。

でも、そういうシーンも含めて
ほんとに、素晴らしい作品でした。
オススメ以外のなにものでもないです。

0

共感はできないけど...

原作未読です。

ちょっと展開がよくわからなかった...!
いや、話は全然理解できる内容でおもしろかったんですけど、共感できなくて...。
中村さんと遊佐さんはとても好きだし、リバもすきなのでその分はすごく楽しめたんですけど、展開が色々急すぎてよくわからないところもありました。
結局流される大伴さん...。
結構ひどかったような人物だなとは思いました(笑)
でも、これも現実味に近くてこういうBLもありなのかなとは思います。

1

1.2を通して「ネタバレあり」

原作未読、前作の「~チーズ」も未聴ですが、
問題なく聞けました。
原作未読なので、ストーリーに対する感想がほとんどです。

続き物を承知で1を聞いたときは、
大伴が非常に優柔不断でひどい人でも、
今々瀬が情緒不安定でも
まだ発展途上だし、ストーリー序盤だし、
これぐらいのほうが人間味があって面白いな~ととても楽しめました。
なので1の評価をすると、「萌え」てはないけど、多分萌えぐらいです。
でも今書くと2の感想に引っ張られて中立になっちゃいそうなので2のみの感想に。

1を楽しんで2を聞いた結果、私にはとても、
共感できるストーリー、キャラクターではありませんでした。

大伴さん、本当にひどい男です。
本人がひどい男と自覚していないところがひどい男ですね。
最後に、良い人でいようと思っていたのに
ひどい男になってしまった的なこと言ってますが、
多分本人が気付いていない部分が一番ひどい。
今ヶ瀬に対してなぜあんなに上から目線なのか?
1で力関係的に今ヶ瀬<大伴だったんで、2で逆転することを期待してたんですが、
自分のことを棚にあげてまあ今ヶ瀬を続き責める責める。
ゲイじゃない俺の気持ちは分からない!あいつは俺のこと考えてない!って、
もっともらしいこと言ってますが、
ゲイだってノンケの気持ちは分かりませんよ。
あなただって今ヶ瀬の気持ちも考えず試したじゃないですか。
最後まで、俺を一方的に今ヶ瀬が好きになってきたけど
ノンケなのに俺は愛してあげた、優しくしてあげてる、
それなのに今ヶ瀬は!って感じで、1からの成長のなさに笑いが零れました。
今ヶ瀬の本音を聞き出したいって言うより、
お前の気持ち次第では付き合ってやるよ、感がすごい。
このお話通して、大伴が今ヶ瀬に対して必死になってるところがないんですよね。
まだ与えられることに胡坐をかき続けているのに、
なんか良い感じに話がまとまってしまったのが不思議でした。
そしてたまきちゃんとの別れ話。ここが一番聞くに堪えませんでした。
たまきちゃんのことは大好きだよ。でも別れたい。
でも新しい相手とはそのうち別れると思う。って、これ好きな人に言われて
はいそうですかって諦める女いますか。
どこまで良い人でいようとするのか、どこまで人のこと考えてないのか。
好きだったなら何で自分を悪者にしてでも早く諦められるように振らないのか。
別れる相手に新しい相手の愚痴こぼすって、ホント人としてダメな人だなあ。
野上さんに責められた時、せめて言い訳せずにごめんっていえたら見直せたのに、
最後まで言い訳ですか…2はかっこいいところ一つもなかったですね。

今々瀬さんは情緒不安定っぷりが加速してもはやヤンデレでしたね。
まあそれはそれで可愛いくもないですが、
ポジとネガの思考の切り替わりがホント唐突過ぎて、付いていけない。
彼も全然大伴のこと考えてませんね。
自分のせいで大伴不幸にしちゃうのが怖いから、
愛人でも良い、たまきちゃんと別れないで、絆だけで良いって何度も言ってしまう。
まあ元は大伴がちゃんと振らずにズルズル引きずり回したせいでもあるんですが。

そしてたまきちゃん、とってもとってもいい子なんですが、
良い子過ぎるというか、なんで男二人はコレだけいやな面バンバン出してるのに
この子だけこんな聖女なんだろうと…
昔の恋人の子と聞いちゃうぐらい、かわいいものです。
1で良い子過ぎたから、2で人間味が出てくるんだろうと普通に思ってたのですが、最後まで…
どう考えてもストーリーに都合良い子を作ったんだな~という感じで。
コレだけ話に絡めるなら、もうすこしたまきちゃんのことも掘ってあげて欲しかった。

ここまで自分のことしか考えてない同士のラブストーリーも珍しい。
狂うほどの愛とか言えば聞こえは良いかもしれませんが。
これほど納得できないストーリーにも拘らず聞いていられたのは、
ホント声優さんの演技力の賜物です。
お三方ともとてもすばらしい演技でした。中村さんは早口が少し苦手っぽかったですが。
なので、内容だけだと「しゅみじゃない」ですが、
声優さんの力で「中立」です。

1

暖かさに包まれます。

白状しますが私、原作であの恭一の部屋で今ヶ瀬との言い争いシーンが目をそむけたくなるくらい、きつくて仕方なかったです。
あのシーンだけは恭一が残酷に思えて。
でも違ったんですね。
恭一は今ヶ瀬を試したり辱めてるのではなく、本心を引き出したいだけ。当然怒りもあるけど、今ヶ瀬が欲してることを探るためだったのですね。
だから、今ヶ瀬が欲してることには即叶えてあげてる。
なんだ、そういうことかー!と中村さんの演技によって知りました(笑)
しかも、水城さんはこの演技を狙ってたのですね。
(ブックレットにあったコメントは声優さんに対する最大級の賛辞だと思います。)

この作品は、中村さん演じる恭一の愛情に溢れていると思います。
最後の「それでもいいよ」の優しい声に心持っていかれました・・・。

壊れまくった今ヶ瀬を、これまた遊佐さんがお見事に演じてくれました!
すごく惨めでもあるんだけど、どうしてここまできてしまったかは、わかるんですよね。
「もう1ラウンドある」は要らないと思ったけど(笑)
あのベッドでの痴話喧嘩、楽しかったな♪
あの間がいいんですよね。

たま続ききには可哀想だけど、自ら巻き込まれていったのですから仕方ないですよね。
でも別れのシーンには胸が痛みました。
たまき役は斎藤千和さんで本当によかったです。

確かに普通の感覚だったら今ヶ瀬を選ばないでしょう。たとえどんなに心が持っていかれても。
でも恭一だからこそ今ヶ瀬を選んだんだと思います。

これは彼等の通過点であるけれど、物語としてはラスト。
寂しいけど、まだまだリピートして味わい尽くしたい気分です。

2

落ち着こうよ、遊佐さん!



ってくらい、遊佐さんの今ヶ瀬がパニックになっていて、ニヤニヤしました。
遊佐さんの扱いづらい感じのキャラクター、最高ですね!もっと聴きたい!って思います。

私、今ヶ瀬にも恭一にも感情移入出来ず、『おっ…おお、大変だね』と人の恋愛相談を聴いているような感じでした。
感情移入しなくても、この作品、シリーズは面白い。分かんないんだけど、分かるんだよ。言葉に出来ないけど、感覚が分かる。
他人の恋愛なんだから分かんなくて良いんですよね。

『今ヶ瀬、めんどくせぇな!』
『恭一、はっきりしろよ!』

って何度呟いたか分かりません。ああ、良いよ、もっとやれ。他人の恋愛はいらいらするって相場は決まってるんだ!
今ヶ瀬に向き合おうとドンと恭一が構えてラストは終わりますが、多分、また恭一は『今ヶ瀬は男だぞ』って悩むと思うし、『先輩、俺達別れましょう』って今ヶ瀬は恭一に何度も言うと思います。
だって男同士だから!結婚出来ないから!周りに言えないしね!
それでいい、むしろそれがない方がオカシイんだよな、と。


面白かったです。

3

ドロドロ全開、なんですけれども。

これまで、恭一の良さがわからず
今ヶ瀬に感情移入しちゃってたんですけど、
この度…あれー?もしかしてどっちもどっち?みたいなw

でも、多面性があるのが本当の人間の感情かとも思うし、
ただ好きなだけでなんていられない。
身勝手なのはお互い様で、それでも離したくない。
どれだけ口論しても、虚しくなっても、悩み疲れても
先を考えて安全パイが欲しくても……。

今ヶ瀬がどこまでも面倒くさい男でしたが、
シンクロし過ぎる感情と、理解しきれない感情が交錯しました。
愛しすぎると綺麗事じゃ済まない。
でも大事なのは、何があってもずっと傍にいたいっていう気持ちなんでしょうけれど。
恭一が今ヶ瀬だけに愛を注ぐとなると尻込みしてジタバタ!!
素直に喜べない屈折したところもまた…。


恭一が思いのほか男前に腹くくって、最後まで聴いて良かった!!
遊佐さんばっかり絶賛してましたが、
中村さんの恭一も素晴らしかったですよ!
優しいながらも嗜虐心があったり、打算的な面もあったり。

二人の言い合いがテンポ良くて、いつまでもゴネてて欲しかったかもw
今頃、二人はど続きうしてんだろうかな…なんて考えてしまいます。
また今ヶ瀬がネガティブにぐだぐだ言って、
恭一が「なんなんだよお前」とかなってんのかな…。

原作より好きなCDです!!
(…って言ったら怒られちゃうか…;)




2

1は良作だったのに…。

原作未読。

原作未読ゆえ、思い切りぶった切ってしまうと
「1は胸に迫るモノがあったが2は…なんじゃそりゃ?」
っていうのが正直なところ。

いやマジで。
神評価が並ぶ中でこういうレビュー書くのどうかと思うけど(苦笑)
キャラはそれぞれいいと思うんですよ。
とくに遊佐さん演じる今ヶ瀬のウザったらしさ、未練たらしさがみっともなくて非常に名演技だと思う。
しかし、一つのラブストーリーとしてどうよ?といわれると、微妙すぎる。

FTで恭介役を演じていた中村悠一さんが
「台本読んで、なんでたまきじゃなくて今ヶ瀬?」っておっしゃっていましたが、同感です。
1では恭一、今ヶ瀬、たまき、それぞれの揺れる気持ちに共感できたんですが、
2は恭一にだけはどうしても共感できないし、アホみたいな痴話喧嘩して結局、今ヶ瀬を選ぶっていうのは、ものすごく女性視点だなと。
ある種の読者・リスナーに対する媚みたいなものすら感じた。

かといって…たまきもどうだかなw
今はすごく健気でイイ子だけど、子供産んじゃったらすごいオバタリアンになっちまうんじゃないかっていう気がしたw
そう続きいう危険性を内包した上でのかわいいたまきを演じきった斎藤千和さんMVP賞です。

1

紛れなく神

やっぱいつかこの二人はダメになる気がするw
読むたび(聴くたび)にラストでの感想が変わるんだけど、結局今ヶ瀬は最後まで恭一の言葉の真意に気づいてなかったような気がするんだよね。
しかし今ヶ瀬の行動の辻褄の合わなさは凄いです。辻褄が合わないことそのものが、今ヶ瀬の恋心の本気っぷりを示してるわけだけど。
なりふり構わないくせにカッコつけてて。偽悪のメッキもすぐに剥がれて。恭一が欲しくてたまらないくせに、恭一の人生まるごとに責任を負う自信なんてなくて。不安で。利己心も相手への思いやりもあって。そういうすべての葛藤が、あの支離滅裂さを生むんだよね。
ハチャメチャなのにたまらなく可愛い男、今ヶ瀬。
ある日ウワーッとなってガラガラポンしちゃいそうな予感もしますが、その時は恭一がまた頑張ってほしいなと思いますw
腹をくくった恭一は文句なくカッコいいよ。
恭一、ほんと大好き。

あと、たまき。
たまきのために泣きました。
やっぱこの子好きだ。
声優さんの言ってた乳母車の件、頷きました。
たまきは幸せな結婚をして、恭一に寂しいような悔しいような思いをさせてやってくれと思う。
イイ女なんだよね。
BLの典続き型的な当て馬とはまったく違うのだ。
もし彼女を主人公とする少女漫画があって、今ヶ瀬タイプの当て馬が女性キャラとして出てきたら、間違いなく今ヶ瀬は読者から嫌われまくってるだろうなと思うw
そういう、主人公タイプの健気な女の子。

そして水城さん、またBL描いてくださいm(__)m

3

リアル恋愛が見えるドラマ

『梟』の終わり方が本当にツラくて、悲しかった。
心苦しさをズルズルと引き摺ったまま、1ヶ月を過ごしてました。


窮鼠~俎上に掛けて何が良いって…今ヶ瀬がウザ可愛いのがたまらないw
粘着質で嫉妬深くて陰険で、一瞬前までヨユーな顔してたのに、いきなりわけわかんない些細なことでヒステリー起こしたり…ウザイタイプww by 恭一

ウザイけど何故かそこがすごく可愛い。
恭一も同じ気持ちなのかなー?なんて…。

反対にたまきちゃんは素直で、真っ直ぐな女の子。

普通ならばぜーったい、たまきちゃんに惚れますw
あんなに良い子なかなか居ませんよ!

でも…恭一の心にいつまでも住み着いているのは、半年前に別れたウザ可愛い今ヶ瀬。

ゆっちーの声ってホント今ヶ瀬に合ってる。
恭一を好きになり過ぎて、自分すら見失ってしまった今ヶ瀬。
コロコロと態度を変える演技は本当に難しかったでしょうに、ゆっちーは見事演じきってくれました。

ゆうきゃん…また美声度UPしてませんかっ?!

落ち着いたトーンがベースですが時折突き放すような冷たい声音も、穏やかで優しい声音も
体の芯が疼くような甘い吐息も
上手く使い分けて続きいて、
恭一そのもの。


たまきちゃんも良かった。
本来BLに出て来る女キャラは好きになれないんですが、たまきちゃんはホント可愛い。
原作ではイマイチだったんだけど、千和ちゃんの演技力のおかげかなー?

絡みは恭一×今ヶ瀬、今ヶ瀬×恭一、恭一×たまき(軽め)

恭一と今ヶ瀬の絡み、どちらも短く、モノローグや台詞が被ってますがゆっちーもゆうきゃんもエロいww
いやーさすがですねww


前編の終わり方に涙が止まりませんでしたが、こちらも泣かせてくれました。
今ヶ瀬の懇願するシーンと、たまきちゃんとの別れのシーンは胸がギュッと締め付けられ苦しかった。


『だったら抱いて下さいよっ!』
と言った今ヶ瀬の悲痛な叫び。

『プリン美味しいね…』
と泣き笑いで美奈に言ったたまき。

どちらも涙腺が緩んで仕方なかった。



このCDが届いて真っ先に喜んだのは、原作最終ページのミニストーリー
『あいつがいなければ、それなりに仲良し(?)』

が音源化していたこと!

乙女でキラキラな今ヶ瀬がめちゃくちゃ可愛くてラストで和みましたww

窮鼠、俎上前編、俎上後編と3作品共に名作と言わざるを得ない。

2

外で聴いていたんですが、思わず人がいる中で発狂しそうになってたまらなかった。
お互いに好きな気持ちを持っているのにもかかわらず離れてしまった二人。
思いあっているくせに切れてしまった糸。
女と付き合い始めた恭一なのですが、今ヶ瀬には幸せになってほしい。
可愛い。髪をなでてやりたい。
「もう会いたくないよ」といった言葉の本当の意味。
もぅ何なんだよ!と思わず涙が止まりませんでした(´Д`。)グスン
地団太踏みすぎて怪しい人だと思われたに違いない。

今ヶ瀬との再会。愛人でもいいからとすがる今ヶ瀬。
やっぱり間というか、画で見えない分のクオリティがもったいなかったな~という印象は無きにしも非ず。
押せ押せで押し捲って押し倒したくせに、自分から恭一を切り、今度は愛人にしてほしいとねだる。端はらみれば、本当にメンドクサイ男。
私もそう思ったんですが、どうしてでしょうね。最後の最後。
幸せそうな今ヶ瀬を見るとどうしようもなく可愛くなってしまう。
こんな男だから頬って置けない。可愛いと思ってしまう。頭をなでてやりたい。恭一の心がわかってしまう自分が恐い。

最終的続きに、恭一が折れた。というよりも、もぅ完全に恭一のほうがメロメロ状態ではありましたが、これまでのことがあった分の跳ね返り。
感動しました。
キャスト挨拶後~な、メロメロ今ヶ瀬。これがまた可愛かったw

追伸。
キャストトークでの、たまき擁護にちょっとイラっときました。
すみませんorz
べつにたまきは悪くないの。嫌いじゃないの。どうとも思わないんだけど・・・・ね。

2

これだけは聞きたかった!

普段ドラマCDまではあまり興味を持たないのですが
これだけは是非聞いてみたかった。
原作を読んでいてもう特にあの再会したあとの恭一の部屋でのやりとりは
脳内で激しく二人芝居していたので。
やはりセリフで聞くと迫力が違うなあ!
感情の表現の仕方が自分で考えていたのと違っていたりとか
小道具に意味あるようなセリフが追加されていたりしておもしろかった。

あと読んでいてちょっと未消化ですっきりしなかった場面が
セリフやモノローグで表現されていて、
ああ、そうだったのねと理解できた。
(灰皿の場面とか、
 今ヶ瀬が部屋から消えてしまった理由とか
 バス停の場面とか、、、、。)

最後の恭一のセリフ
「指輪を買うよ」は
すごく優しげでちょっと甘めの声色でなんだか泣けてしまいましたよ。
ずっと辛そうだったり皮肉っぽかったりしたからね。

CDで聞いて良かったと思ったのは初めてかも。

今、私のマイブームはカシスオレンジ。
今まで飲んだことなかったんだけども。

3

泣いてしまいました。

原作からずっと大ファンで、ドラマCDもメチャクチャ期待しました。
全部聞きました。
俎上~1もなかなかよかったが、
2の話はもっと辛いだと承知の上なので、ちゃんと心の準備をして、聴き始めました。

遊佐さん、凄い。
今ヶ瀬はとても不安定で、自分の気持ちまで整理できないダメ男だと思います。
心を絞めるほど恭一を愛しているが、逆に諦めないといけないだと思っている。
そういう複雑の気持ち、なんとなく分かりますね。
でもこんなにも複雑なキャラをちゃんと演じてくださるとは、声優さんってほんとに凄いなぁと感心しました。
中村さんの男前になった恭一も素敵です。これを聞いてもう一度窮鼠を聞いたらきっと面白いだと思います。

あと、このドラマCDの中で、一番特別な存在は、斉藤千和さんが演じたたまきだと思います。
最後のセリフ、泣きそうな声で「おいしいね」って言った時、
急に悲しすぎて、泣いてしまいました。
もちろん今ヶ瀬の感情に感動され、泣いたこともあったが、
このCDで千和さんの神演技に影響されて泣いてしまった私がいます。
BL(正確いうとレディーコミックスだけど)と続きいうのに、女キャラはこんな大きな存在になるとは…
いやもちろんこういうのも大好きです。
神です。

これでこの作品は全部終わってしまったんですね。
ちょっと寂しいですが、
お二人さんが幸せになれば何よりです。

3

本気の恋愛って、重いしキツイよね・・・って思うCDです。

最近、男×女のカップリングに拒否反応がでている
BL中毒な私には
たまき(千和)と恭一(中村)のセックスシーンetcに
相当、HPが削られました。聴いてて非常に辛いです。
BL史上最強の女あて馬キャラじゃないでしょうか?
ほんとに最強でしたね・・・
いい子すぎて、ほんっとに聴きながら何度「むかつく」と念じたことかw

今ヶ瀬(遊佐)と別れた後
恭一(中村)は、たまき(千和)とささやかな幸せをはぐくんでいたのに
また今ヶ瀬(遊佐)と再会してしまうんですよね。
何不自由なく たまき(千和)と幸せだったのに
今ヶ瀬(遊佐)に恭一(中村)が必要だったように
恭一(中村)にも今ヶ瀬(遊佐)が必要だったんですよね・・・
ふたりの未来に何が待ち受けているのか
還暦過ぎたあたりのふたりを覗いてみたいですw
幸せになっているといいなぁと思いました。

キャストコメントで、中村さんが「何で今ヶ瀬んとこ戻ったかなぁって」
言ってました・・・正直な意見だと思いましたw
たしかに別れ際まで、たまき(千和)がかわいくて
あんな女をフれる男はいないんじゃないかと思いますw

3

1,2と続けて聴くのをお勧めします

欲望に負けて1を先聴きしてしまって、生殺しの目に遭いましたが、この2でやっと決着付きました!
やはりこれは1,2と続けて聴くことをお勧めします。
でないとテンションが変わってしまって・・・

今回は今ヶ瀬@遊佐さんの、恭一@中村さんと再会して、そこで悪あがきをして感情を爆発させるシーンが神でした!
思わず涙が・・・
今ヶ瀬の押しに流されて、引けば追いかけて来なかった恭一が、灰皿を捨ててなかったのを見て、小ずるくも駆け引きに出る場面。
恭一は鬼のように冷たかったけど、もう今ヶ瀬は女ですっ!!
本当、恭一はあの流され侍だった時を思うと成長してますよね。
最後の恭一が今ヶ瀬に最後通牒を渡すシーン、、男だったよ~またウルっと・・

ついつい女性に肩入れが少なくなるBLですが、恭一から別れを告げられて、たまきが「左でもいい、、」とか言うところは思わずウルル、、、
やっぱり、たまきはイイ子なんだよ。
キャストロールで「二年後にたまきがベビーカーなんか押してるところと遭遇して、しまったって思えばいい」とか言う発言!おもわずウンウン、、そう思ったです(笑)

マンガと同様続きに、スッキリした晴れ感はないエンドをより感じることができました。
最後のおまけ漫画で、今ヶ瀬のアホノロケが聴けて、プレゼント貰った感じでよかったです♪
遊佐さん、主演男優賞モノでしたよ、本当。

5

大大大満足

たまき(CV.齋藤千和)のストーカー事件から、再び出会ってしまう今ヶ瀬(CV.遊佐浩二)と恭一(CV.中村悠一)。

恭一はたまきと今ヶ瀬の間で揺れ動き、どちらかといえばずるい男にも見えそうなのですが、彼のモノローグにより、常に真面目に考えているからこそ自分からは選べなくなるんだねぇということがわかった気がします。
声になっていて更に説得力が増す感じなのです。

そして、今ヶ瀬の搾り出すような叫びも聴きどころです。
淡々としている恭一と激昂する今ヶ瀬でも、お互いがお互いを必要としちゃっているんだなぁって、理屈じゃないんだなぁって思いました。

キャストロールで主役さんたちはたまきを振らないと言っていますが、ごく普通の感覚なら、私もたまきは大変貴重ないい子だとおもいます。
ベビーカーを押しているたまきを見て後悔するといいよ二人とも、とも思いますが、恭一はそこまで考えて今ヶ瀬を選んだんだよね。

ボーナストラックにあのおまけ漫画の分が入っていました。GJ!

5

壮絶な痴喧嘩…と言ってしまえば身も蓋もない(笑)

前作は『梟』のところで終わってしまったのでとても苦しかったのですが
今回は全編『俎上の鯉は二度跳ねる』です。

前半は恭一とたまきの穏やかな日々、そしてそれに忍び寄る今ヶ瀬の影(笑)
今回の一番の聞きどころは、中盤の恭一と今ヶ瀬の再会、そして壮絶な痴話喧でしょうw
あそこのシーンは原作読んでいても苦しかったくらい、辛辣な言葉の浴びせ合いでしたが
音になって再現されると本当に凄いですよ!
恭一さんの言葉がグサグサきます。お二人とも熱演!
あと、二人の痴話喧嘩のラスト、そのままラブシーンになだれ込むシーン。
あそこ、原作でも「えぇ?!」ってカンジだったのですが、CDでも同様ですw
結局はお互いがお互いを試していただけで、実はお互いを待っていたんですよね…
そのあとに続く恭一のモノローグが甘くて強烈でしたw
ラブシーンも相変わらず素敵です。アダルティ。リバもあるし、これこそがこの二人の醍醐味!

たまきと恭一の別れるシーンも切なかったです。
斎藤千和さんがまた上手いんですよね~
可愛くてイイ子なんだけど、女子から見たらしたたかで、一緒に合コンに行きたくない女N続きo.1!なんですよw
水城さんは嫌わないでっておっしゃるけれど、私はやっぱり好きにはなれないぞ!
まァ彼女も男同士の壮絶な痴話喧嘩に巻き込まれた被害者なんですけどね…(笑)

恭一はこの作品でかなり男を上げたと思いますが、中村さんの声も前回よりも落ち着いた感じで
もう全てを受け止めたんだな…という雰囲気でした。
私の大好きな「確信してた、もう一度会ったら確実に落ちる」のセリフや
バス停での今ヶ瀬に対するプロポーズとしかとれない愛の告白に、めちゃくちゃ感動してしまいました。
この言葉を恭一から聞くために、今までこの作品を読んできたのだと言っても過言でもないくらい
この作品のシメとなるセリフだと思います。
中村さんの声も相まって、ゾクゾクしてしまいました。

そして何が凄いってやっぱり今ヶ瀬@遊佐さん。
完璧に遊佐=今ヶ瀬ですよ。この役は遊佐さんにしかできなかったと思う。
さっきまで鼻歌歌ってたのに、ちょっと心配になると、もうネチネチグルグル思考回路停止。
そんな粘着質で病的なほど恭一に執着している、臆病な今ヶ瀬。
怖いくらいハマってました!
水城さんが以前「綺麗な恋愛なんかじゃない」って言ってたのを今更ながらに理解できた気がします…
そんな彼の今回イチオシのセリフは「カーシスオレンジ~♪」(@あいつがいなければ、それなりに仲良し)だと思いますw
くだらない女…(笑)本当にな!

これで本当にこの作品は終わってしまったんだなぁと思うと寂しくもありますが
多分こんな感じで二人はずっと一緒にいるんじゃないかなぁとも思っていたりします。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ