守護霊様に憑いてコイ

守護霊様に憑いてコイ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
10
評価数
4件
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
作画
作品演出・監督
阿部信行
脚本
石巻可乃
原画・イラスト
高城リョウ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

友達を助けようと不運にも命をおとし、守護霊になった聖は、庇護者の中学生・果林が大~好き。果林に悪い虫がつかないよう、日々役目に励んでいた。ところが果林の学校に転任してきた保険医・鳳堂貴続が果林に大接近!聖は貴続を追い払おうと画策するが、逆に貴続の守護霊・凪にいきなり唇を奪われてしまう。恋にまったく免疫がない聖は、強引でオレ様な凪に翻弄され、そんな聖にシンクロして、果林まで貴続に惹かれていき…。果たして天界と下界を巻き込んだ恋のパラダイスとなるのか…!?

表題作 守護霊様に憑いてコイ

凪 → 子安武人

聖 → 森久保祥太郎

貴続 → 大川透

果林 → 下野紘

その他キャラ
朔[小野大輔]/ 京[杉田智和]/ 古田[青木誠]/ 女生徒[許綾香]/ 女生徒の守護霊[亀岡真美]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

キャストは良かったです

原作は2004年に発行されたものと2007年にコンプリート版が出ているのですが、2004年の方だけ既読です。
そちらの原作と比べると、このドラマCDにはかなり脚色がされていて、追加されたり省かれたりしているシーンも多いし、シーンの順番もかなり違うので、漫画を見ながら聞くとかなり混乱するかもしれません。
登場するメイン6人に余り関係ないシーンは省かれているので、原作よりは無駄がないと感じるかもしれません。
ストーリーの大筋は同じです。
興味深かったのは2004年版の漫画では全く描かれたなかった聖がまだ人間であったった頃のお話。
友人を庇ってということしか分からなかったので、詳細を知ることが出来て良かったです。

キャストについては、私の中では貴続のイメージがちょっと違ったかなという印象でしたが、他の5人については違和感なく聴けました。
皆さんいいお声と可愛い(下野さん)お声だったんですが、子安さんはもっと俺様でもいいのにと思う位優し気でした。
主従関係になる朔と京の取り合わせでは、杉田さんが好きなのですが、朔に忠実に従っている時と割と強引な時との違いがいい感じでした。
続き
可愛かったのは下野さんですね。中学生役なんですが、余り違和感ない所がすごいという感じです(他の女性の声優さん達にも驚かれたと仰ってました)。
萌え度としては中立かなという感じだったのですが、声優さん方の演技力を加味して萌にしました。

1

トンチキで軽率ですが、声萌えで聴ける範囲

学園+霊界ラブコメ。

子安森久保=守護霊、大川下野=人間、杉田小野=守護神。
メインより守護神主従CPをもっと聴きたい。

ワガママな小野さんはよかった◎

下野さんが14歳役、純情可憐乙女。これはかわいい…。
あんな声を出されたら、そりゃあリアル女性声優の立つ瀬はないわ。

このキャスト陣なのに感想がほとんど寄せられていないことから内容はお察し。

トンチキで軽率ですが、声萌えで聴ける範囲。
もっとつまらないCDはいくらでもある。

森久保さんの喘ぎが盛大で吹いた。

フリトの子安→下野「好きだよ」に一番萌えた。
子安さんが下野さんを「ヒロたん」と呼び、「いやらしい、色っぽい、かわいい」とベタ褒め。
小野さんが「相方が自分の知らない飲み会に行って嫉妬」と話し、
今なら言わないだろうな~と思ったり、興味深いフリトです。
フリトは5人で、杉田さんは別撮り。

0

う~ん

個人の嗜好だと思うけど、メインカプが萌えなかった。聖が凪を好きになった理由がよくわからない。正直、守護霊の影響を人間が受けるのと同じように、人間の影響を守護霊が受けるという設定にしてくれた方が、しっくりきたかもしれない。
メインふた組のカップリングだけだと、趣味じゃないけど、サブのカップリングである京と朔は萌え。好きな声優さんということもあり、もっとこのふたりの話が欲しかった。コンプリート版にある、京×朔メインの話も入れてくれればよかったのに……

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ