ラブ・フライト

love flight

ラブ・フライト
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784796400312

あらすじ

恋はたくさんしてきた。なのにどうしてあんな男に…。アスアド航空国際線パーサーの瑞紀は、担当するファーストクラスの乗客で有名建築デザイナーの柄澤に口説かれ、その唇に溺れてしまう。彼の左手薬指の指輪に気がつきながら…。自分とのことは明らかな遊び。不誠実で、傲慢で、勝手な男のはずなのに、それでも瑞紀は彼に惹かれ、本気になってしまい―。ワインと甘い口説き文句に酔いしれる恋は、ファーストクラスではじまる。

表題作ラブ・フライト

柄澤猛留・40代・建築デザイナー
瑞樹・A・塔埜・33歳・国際線パーサー

評価・レビューする

レビュー投稿数1

安っぽ

一番の感想は「随分安っぽいファーストクラスパーサーだな~」って事。
もちろんファーストクラスなんて映画や本の世界でしか知らないですがこれは無いんじゃ…と思いました。
ほぼ同時期に同じく伊郷さんの新人バスガイド受モノを読んだのでそれと比較しちゃったってのもありますが、にしてもこれは??
リアルさを追求する訳ではなく、なんちゃってでも全然構わないのでとりあえずそれっぽく読み手を騙して欲しい訳ですよ。
瑞樹[受]は世界でも豪華で有名な航空会社のパーサーでキャリア10年なのに、いくら客から言われたからってそこで素直にシートに座るとか、一度会話しただけのお客を街中でさん付けで呼び止めるとか(客から呼ばれるなら有りだけど)ホントに一流パーサーなのでしょうか、この人はって行動を冒頭からやらかしまくってくれます。
客とパーサーとが出会うにしてももうちょっとやり方があると思う、あまりに強引過ぎ。
その次のフライトではキスされて既婚者だと勘違いしながらそれでも名刺に書かれた時刻に店に行く。
新人パーサー、もしくは生粋のゲイで誘い受ならまだ分からなくも無いんですが、いやせめてもう少し顔見知りに続きなってからでも良くね?
その後のセックスでの瑞樹の意地っ張りシーン、これも本来仕事が出来るパーサーだからこそのギャップ萌えだと思うんですよ、もしくはもっと初心だとか。
しかし瑞樹の同僚の強引さといいホントに世界有数のサービスを誇る航空会社なんでしょうか~~激しく疑問。繰り返しますけどなんちゃってでいいからちゃんと読み手を騙してくれないとー!特に伊郷さんはベテランの域なんですからそこはやって欲しいなあ。
年齢差も中途半端でイマイチ。
いっそ同年代同士か、20代前半と40代位の年齢差付けてもらえればそれはそれで割り切って楽しめたかも。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ