ツーリング・エクスプレス 11

ツーリング・エクスプレス 11
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
白泉社文庫
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784592884477

あらすじ

シャルルを連れ戻そうとするエド。ディーンを後継者と目するアリョーシャ。彼らの追跡を逃れ、ハンガリーに身を潜めるシャルルとディーンのコテージに、毎朝ボウガンが打ち込まれる…。つかの間の平穏を壊す犯人の目的とは!?「マジャールの薔薇」ほか、ディーンへの復讐に燃えるグレイン中佐が、ついに捜し当てたディーンの素性、そしてその鍵を握る人物、ランバート・カーディフとの繋がりが明らかになる「フランドル」「ドーバー」「ルーツ」など6編を収録!!

表題作ツーリング・エクスプレス 11

超一流の殺し屋 ディーン・リーガル
元ICPOの刑事 シャルル・オージェ

その他の収録作品

  • マジャールの薔薇 ―狂想曲―
  • カーニバル ―千年祭―
  • ダイアモンド ―クラリティF―
  • フランドル ―緩衝地帯―
  • ドーバー ―境界線―
  • ルーツ ―荒野へ―

評価・レビューする

レビュー投稿数1

悪魔的に…その美貌はアンビバレント!

欧州を駆け巡るシャルル&ディーンのお話・11冊目です。
手に手を取り、駆け落ちしたシャルル&ディーンの前に立ち塞がるのは…
英国情報部だけではありません。
シャルルの養父にしてICPOの大物・鬼のエドワールと、
ディーンを孫のように愛し、後継者にと目論む…
ロシアン・シンジケートの大ボス・アリョーシャです!
アリョーシャがディーンのために用意した「極上の男」アルフが、
ディーンを手に入れようと暗躍するのが、今回のお話☆
シリーズを通してお読みの皆様なら、お気づきでしょう?
絵を見れば一目了然なのですが、アルフはきっと…
「ツーリング」シリーズ中でも、最も美しい男です、絶対。
淡くキツい瞳とマジャール独特の黒髪の、恐ろしく綺麗なこの男は、
ハプスブルク家の正当な王子様で、狂気的なほど頭脳明晰…
そして中身を裏切る野心で、こう言います。
「僕が世界を征服する。アリョーシャの情報ネットワークがあれば可能だ!」
天使の容姿に悪魔の中身とはよく言ったもので…
BLの定番とはいえ、ここまで堂々と(定番的に)美しいと、
それはそれでまた…アンビバレントな魅力なのです続き
まぁこの世界(BLワールドのことよ!)ほぼ100パーセント美形なんて、
それこそ(全出版物中の)7割以上に登場しますから、
早い話、出尽くしてるんですよねぇ。
だから次なる美形はっ? …てなると、どうしても…
「見かけと中身を足して100パーセント美形」くらいじゃないと、
もう誰も感動しないんですよ(苦笑www)
だから、こういう男が登場してしまうことになっちゃう…。
容姿が200パーセントくらいの美貌で、中身が100パーセント近く悪魔的…
だから両方を足してみると、美貌が100パーセントくらいにまで中和されて、
お話としては、ちょうどいい☆ …ってとこでしょうか。
(何もここまでにしなくっても…とも思いますが、
 そこはまあ、BLはファンタジーですからねっ。)
さて、このアンビバレントな麗人アルフも…
ラストはディーンのお気には召さず、銃弾の餌食となってお終いです。
これほどの美人、もったいない…と思う反面、
美人ばかりが得をしないストーリーに、ちょっとだけ満足する…
そういう読者も多いのでは?(←私がそうです…)
1番悪魔的なのは、実は読者だったりして…そう思いませんか?

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ