魔法が解ける迄

魔法が解ける迄
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
35
評価数
12件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
松文館
シリーズ
ダイヤモンドコミックス(コミック・松文館)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784790123262

あらすじ

これって悪魔?
あいつが気になるのは何故?
大人になりたくない?
生まれた事は罪なのか?
著者のキャリア中、もっとも軽い作品と
もっともヘビーな作品が同居する、
世にも不思議なショタ作品集。

それでもこれが19号!

表題作魔法が解ける迄

先輩
後輩 恵

その他の収録作品

  • エコノミカルサモナー
  • キミのカタチ―安藤君―
  • ―あの街―
  • ―午睡―
  • ―血の味―
  • ―キミのカタチ―
  • 煌々と瞬く
  • パラドックス・コンプレックス
  • 夢面の残影
  • RPG的
  • ヨクボウ校舎

評価・レビューする

レビュー投稿数7

ちゃんと“少年”なところがいい

つくも号さんのコミックで最初に読んだのがこの作品なんですが、とりあえず表紙に釘付け!
我ながら変態ホイホイだなー。

「センチメンタルな刻」と同じく、こちらもオールショタ短編集です。

エコノミカルサモナー
キミのカタチ―安藤君―
キミのカタチ―午睡―
キミのカタチ―キミのカタチ―
煌々と瞬く
パラドックス・コンプレックス
夢面の残影
魔法が解ける迄
→子供×子供

キミのカタチ―あの街―
キミのカタチ―血の味―(『銀枠の奥の逡巡』の続編)
ヨクボウ校舎
→大人×子供

RPG的
→んー?

1編目の『エコノミカルサモナー』から笑わせてくれます。
「センチメンタルな刻」に入ってる『おもちゃの王様。』の悪魔〔アスタ〕が再登場なんですが、こちらはだいぶんコミカルなトーンでした。

『RPG的』もおふざけモノで面白かった。
敵のモンスターを倒して貰えた装備が女物のパンティー(防御力超高アイテム)!
従者に言われるがままに穿かされて、そのあと上手く言いくるめられていいようにされてます。
オチに笑ったw

一番好きだったのは、表題作の続き『魔法が解ける迄』(表紙の二人)
夫に裏切られた母親に「あんな男にはならないで」「大人にはならないで」と女の子の服を着せられて育てられた少年が、母親の言葉の魔法(私は呪いだと思いますが)にかかって女装でのセックスにハマるお話です。
大人になることを恐れる少年が、毛が生えてきたことで魔法が解けてしまうと泣く姿に胸がヒリつきます。
男の娘萌えはあんまりよく分からないけど、こういう倒錯的な女装モノは何とも言えないエロスを感じますね。

そしてもうひとつ、強烈な印象を残したのが『夢面の残影』
こちらは暗くて痛い輪姦モノ。
しかも実兄との関係もある禁忌色の強い話です。
表題作同様に、母親の愛のない言葉が少年に痛ましい自虐行動を取らせます。
ラストで救いの手が差しのべられる展開に心底ホッとしました。
つくも号さんの作品には毒親(母親)がチラホラ登場しますね。

こちらも良かったですが、少年特有の感じが秀逸に表現されているのはデビューコミックの「センチメンタルな刻」の方が上だと思いましたので「萌」で。

0

WOW! KO・KAHHHN!

衝撃の表紙に目が釘づけ!
セーラー服のカワイコちゃん?…いえいえ、股間がちゃーんと性別を主張してます。
見せてるんじゃないんです、見えてるだけなんですっっ!な自然体のポーズが良いですね。
ショタエロ本なら普通にありそうですけど、BLでこの表紙はちょっと珍しいかも…まさに「変態さん、いらっしゃ~い♪」と言わんばかり。

まあこれだけ大胆な表紙ですから、もちろん期待を裏切らない内容です。
13篇が納められた短編集ですが、全編通じてほぼ中学生くらいの少年が登場しますし。
ただ、大人×子供、かつ大人目線でショタを眺める構図ではなく、ほとんどが少年×少年。基本的に、少年の目線で描かれた作品です。中にはエロなしもあり、ショタが受け身になる犯罪系の作品は一切ありません。
性を覚えたての少年たちが、そのめくるめく感覚に戸惑い、惑溺していく…でもセックスオンリーじゃなくて、その背景に彼らの日常もしっかりと描かれているところが、ただのショタエロ本じゃない部分。
子供同士であんなことやこんなこと…な描写に衝撃を受ける一方で、ごく普通に子供らしい会話にほっとさせられたり、思春期特有の、大人に続きなることへの戸惑いに共感したり。
自分自身も通ってきた道であるだけに、その年代だった頃の自分に思いを馳せる部分もあります。

中学生くらいの男のコって、まだ天使の羽根が抜けきっていない一面もあるかと思えば、思いがけないほど大人びた一面もあって、いろんな顔を併せ持ったとても魅力ある生き物だと思うんですけど、そういう、少年が本来持っているめまぐるしい振れ幅が、そのままこの作品の魅力になっている気がします。

つくも号さんの描く少年は、中性的な色気を放つお耽美系BL少年でも、制服を脱げばすぐにでも社会人として通用しそうな、既に男性化したDKでもなく、紛れもない「ガキんちょ」なんですよね。
「膝小僧」と呼びたくなるような膝、まさに「ほっぺ」以外の何物でもないふっくらした頬に丸みのある手…その辺がもう、BLというジャンルでは異色。志向してる方向性としては、BLよりも青年誌に近いような。
一見一般のBL読者には少しハードルが高めな気がするのですが、読んでみると意外にBLの基本に忠実に描かれた作品です。むしろこの独特の可愛さが癖になるかも…
ただ、個人的にはもっともっとこの年代特有のセンシティブな感情の揺れの部分を読みたいなと思ったので、「萌」で。

あ、ちなみにこの本、前々から気になってたもののなかなか手を出せないでいたところ、ある方のレビューに背中を押されてようやく読めました。レビュー入れてくださった方には、感謝感謝です(*^^*)

4

もう「ショタが苦手」とは言えなくなってしまいました…

『最後の三月』同様、一度手放してしまったコミックスなんですが
こちらの方がショタ感満載!!
でも萌×2評価にしてしまいました!!!

つくも号さんの、“最も軽い作品と最もヘビーな作品が同居する”こちら、
全てがとても魅力的!!

悪魔召喚ものも、RPGものも、本来であれば興味が無いし
女装ものも「ぐはー!!」にならない私ですが
つくも号さんならなんでも好きみたいです(ええ自分でもどうかと思ってます)


『パラドックス・コンプレックス』だなんて
輪姦されてるしガチ兄弟(だった)で、
昔は本当にダメな設定でしたけども
亡くなってしまった兄を溺愛する母親にあてつけるように
自らを汚す姿はエロいのに苦しくなるってどういうことなんでしょう…。
その中で快感を得られているし、
本当に花井を好きでいてくれる金田という存在もあって
最後は「…うん、二人で幸せになるんだよ…」という温かい気持ちにもなれるという、
凄い作品です!!!
これ、カラーだったんだろうなぁ…。カラーで読みたかった…(泣)

『煌々と瞬く』も好きです。
つくも号さんがあとがきで
続き短髪、おでこ、三白眼、そしてツンデレと好きな要素てんこもりです」
とおっしゃっていて
龍はそんなに三白眼では無いような気がしましたが
攻めの尚が結構黒目が大きめなのでバランス良かったと思いますし
騎乗位でイッちゃう龍が可愛いいいいいいい!!!
幼いころの告白をちゃんと覚えているのに素直に「好き」と言えないのも!!

『キミノカタチ─キミノカタチ─』
たったの8ページで、普段無表情なコが乱れると可愛くてしょうがないぜ感を
しっかり描いて下さってます!!
モノローグ中心なのもまたうずうずするというか(どんなだ)
「嫌いじゃないよ」と答えて耳を真っ赤にして胸に顔を埋めるとか
そのへんの女の子よりたぶんいや絶対可愛いです。
次の日照れた顔で挨拶とかどんだけ!!!

『RPG的』のおバカ感はたいぶクセになりますww
つくも号さんってこういうセンスもおありなのね!!!

表題作『魔法が解ける迄』では
下着まで女物をはいてくれている恵、作中で全く違和感のない女装です!
しかもはいたままおパンツずらし挿入がいやらしくて可愛いのですが
母親からの呪いのような事を言われ続けた結果、
女の子の服が好きで、大人になりたくない男の子になってしまうって
すごく気の毒なお話…。
先輩に「毛生えてきたな」と指摘されて泣いてしまうのも無理ないなぁ…。
先輩がいつまでも恵を大事にしてくれたらいいのに!!!


あれもこれも好きですが
つくも号さんのお描きになるち○この弾力感、筋感、(一部皮感w)汁感、最高です!!!
玉袋感も蟻のとわたr(自粛)

絵柄の少年っぽさも本当にしっくり来ていて
ショタだけど女の子のような可愛らしさとかじゃないし
だから好きなんだなと自分では思っております!!

6

女装っこ!?

好きっヽ(*´Д`*)ノ
こんだけエロいショタものだと、わりとダレちゃったりするんですが、こびてない感じがすごく好印象。
肉の描き方が妙に生々しいというか、魅せ方がすごくウマイ。
あれ~ぇ・・つくもさんってこんな作風の作家さんだっけ?
以前一冊だけ読んだことがあるような気がしてたんですが、思わぬ収穫でした。他作品もこれは是が非でも読まなければww
■エコロミカルサミナー
魔法で直すのかと思いきや、手直しな机に、思わずツッコミをいれてしまったwwその対価として体を~という、ありがちなお話。
でもこれが可愛いのは、そのちょっとした「おいっ!」とツッコミをいれてしまうようなテンポのよさかなと思ってみたり。
おかしな薬を使われて、とろとろにされて、感じまくり~な設定なのですが、悪くない。なにより、アングルと長さがちょうどいいです!
■キミノカタチー安藤君ー
好きな女の子を想って抱く同級生と~なショートストーリー。
■キミノカタチーあの街ー
におい系
■キミノカタチー午睡ー
これが一番甘かった気がするww
ほのぼの~
■キミノカタチー血の味ー
姉の彼氏とやってる続き弟くんの~
報われないな~というより、彼氏は何を思って抱くのかが気になった
■キミノカタチーキミノカタチー
いつも表情を見せないクラスメイトと初めてHをした・・・
いつもと違う~な表情は萌えますw
■夢面の残影
兄が死んだ。兄を溺愛する母は、俺と兄の関係をしらない。
そして学校で複数の男の子に輪姦される~な流れ。
最後の少年とうまく救われてほしいとおもう
■RPG的
よくあるRPGな舞台を背景に描かれた作品。
先ほどのがちょっとくらめだったので、あるいみコミカルなww
ちゅぅか・・・ヤラレホウダイの勇者wこんなんで大丈夫かw
■魔法がとける花
女装受www
やっぱり女装っこに興味ないんだな~わし・・・と思った作品。
そんなに女の子~な顔ではないんですけど。
これの前の、先生×生徒の黒髪君のほうが萌えでしたw

トータルみると、これまたエロな作品。
今後の作品も楽しみです

7

表紙からキてるな…

「最後の三月」をはじめて読んだ時のインパクトを思い出しました。

「ほほう、つくもさんの新刊出てるのか~」と作家名だけで本を見つけて手に取り、改めて表紙を見て変な声が出そうになりました。

ん。セーラーカラー。

ん。……ふぐり…っ?

帯にはシンプルに「女装。」の文字。

流石は松文館と言わざるを得ません。

テイストとしてはBLというよりも男性向けショタの傾向に近いような気がします。同レーベルにかのひんでんブルグ氏のお名前もお見受けしたのでさもありなん。
おちんちんやアヌスの描写も非常にリアルで良いです。
そして女性ものパンティへのこだわりが良いです。ちっさいおぱんちゅから勢いよくはみ出す仮性おちんちん。リボンの位置が憎い演出。
いわゆる「男の娘」モノとして読むべきなのかな……かと思えばシリアスで切ないお話もあったりして。

読み手は選ぶかもしれませんが個人的に文句無しです。おちんちん(大切なことなので3回言いました。)ごちそうさまでした。

7

ショタ好きにもショタ嫌いにもオススメ。中身のあるエロです(笑)

ショタは苦手ですが、萌えました。
ショタというよりは…中学生くらいなのかな??
表題作は特に萌えました。

『魔法が解ける迄』
女装をする学生・恵。そして恋人のようなセフレのような微妙な関係の先輩。
恵が女装をする理由は母親にあり、女装をすることで「自分が男であること」を否定していました。
しかし、思春期。成長していく身体。
女装ができる間は魔法にかかっているけれど、成長とともに魔法が解けていく――
帯の「女装。」の文字を見た瞬間目玉が飛び出そうになりましたが、
この作品を読んだ後、この文字を見ると、とても胸が苦しくなりました。
確かに恵は魔法が解けてしまったかもしれません。
でも、先輩が恵が「男」であってもどう思うのか、それで恵に新たな魔法がかかるのかもしれませんね。
エロだけではなく、思春期の自分の性への不安や戸惑いなどを感じました。
この作品だけなら神評価つけてもいいです。

『ヨクボウ校舎』
学校の宿直室で逢瀬を重ねる灰田先生と学生・時任。
セフレのような関係を続けるが、実はお互い好きで――
結局溺れてるのはお互いなんでしょうね。
ダーク続きにもなりうるこの作品を、時任の明るさが作品全体の雰囲気まで明るくしてくれています。
おそらく中学生であろう時任が、ここまで開発されちゃってるのもスゴイww
純粋な時任に対して、鬼畜になりきれない先生もヘタレててステキです♪
天然は鬼畜をも凌駕します(笑)

『煌々と瞬く』
幼馴染カップルもの。
たいして山場もないけど、好きな作品。
「俺のこと嫌いなのか?」と聞かれ「嫌い」と言い切れないツンデレ未満な受に万歳!
また「嫌いじゃない」と言われてニヤつく攻も可愛くてよかったですね~!
正直ただヤッてるだけですが、とても萌えます。
幼馴染、ツンデレ、ワンコ…萌えないでいるほうが難しいですよ

ほかダーク作品からギャグ作品まで幅広いショタくさい作品です。
でも根底には何かしら作者の伝えたいテーマを感じました。
ただのエロ作品ではないです。
私もショタは少し苦手なんですが、ショタっていうよりも思春期の危うい雰囲気の男の子が多くて
その妙に危うくなまめかしい色気にドキっとしました。

6

明るいものから重い内容まで、でも誠実な作りに楽しめます。

本の帯に大きな文字で「女装」と書いてあっても、セーラー服の子は女の子に見えなくもないし、何でドッキリしちゃうのかな?って思ったら・・・見えてるおパンツがモッコリだったんですね!!
帯に隠れてもいないのに、気が付かなかった自分~(汗、、)
ということで初読みのショタ作家さんです♪
「パラドックス~」「RPG的」「魔法が~」以外はすべて同人作品だそうですが、質の高さを感じます。
ユーモアを交えた明るいモノから、切なさや問題を含んだ根の深い作品までとてもバラエティに富んだ内容になっています。

表紙の絵の通り、いかにもショタっ子みたいな萌え絵にはなっていないので誠実な雰囲気はその内容にも現れています。
主人公は多分皆中学生で、普通のノーマルなBLの年齢よりは子供の部分が多いので、性に関しての後ろめたさや背徳感は薄く、ショタ系作品の大半に通じるであろう、性徴期を迎えての性への興味が先立つ「愛」とかそんなに深く考えない、ただ「好きだから」という気持と興味からくる”性”が全面に出ている分、だからこその<エロさ>というのがあるのだと思います。

『キミのカタチ』一連の5作品について続きは、作者がそれぞれ”視覚”嗅覚”聴覚”味覚”触覚”の5感をテーマにしたと言う通り、その表現は素直である主人公達だけにダイレクトに伝わってきます。

『夢面の残影』では兄を失くし、その兄を溺愛していた母に疎まれた弟の隠された事実と、自分を罰するような激しい輪姦シーンに苦手な人は目をそむけたくなるものがあるかもしれません。
しかし、その彼にも黙って側にいて救ってくれる友人がいることで最後安堵させられるのです。

『魔法が解ける迄』は女装してセックスをする少年の話ですが、これも親が関係しています。
男性になるな、大人になるなという壊れた母親のメッセージが、女の子になりたいと願う彼をこんな行為に向かわせるのですが、やはり、ここでも相手の先輩の優しい心遣いが・・・

思い内容にもきちんと救いの手を差し伸べてくれている部分が優しくていいです。
誠実な絵でありますし、ストーリーも優れたものがあるので、他の作品も読んでみたいと思わせる作家さんでした。

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ