ツーリング・エクスプレス 13

ツーリング・エクスプレス 13
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
白泉社
シリーズ
白泉社文庫
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784592884491

あらすじ

ディーンとの血縁を感じさせる容姿のロアルドが、交通事故に遭い、恋人を亡くした…。見舞いに訪れたシャルルとディーンは、そこでロアルドの姉セルマと出逢う。だが数日後、ディーンとセルマがともに失踪! 二人の関係は!? 一方、エドは、ディーンと決着つけるため重大な決意を実行する! 衝撃の急展開「赤と金」「冥のフレイヤ」。そして、瀕死のアリョーシャをめぐり激しい攻防が展開する、長編「エクストラ」を収録!! シャルルとディーンの愛の行方は…!?

表題作ツーリング・エクスプレス 13

超一流の殺し屋 ディーン・リーガル
元ICPOの刑事 シャルル・オージェ

その他の収録作品

  • 赤と金
  • 冥のフレイヤ
  • エクストラ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

衝撃…スペードの女王出現

世界を旅するゴージャスBL、13冊目です。
舞台とキャラが豪奢な割には、こと色恋話に関しては以外にも保守的…
というか(往年の少女漫画らしい)純愛路線、安定路線なこのお話。
少女誌掲載の割にSEX描写が多いこと以外は、
「もうこのカップルは何があっても大丈夫」な安心感と、
そろそろ飽きてきたかな…的なお決まり感が感じられた頃合いでの、
衝撃の浮気事件で、読者一同…唖然としてしまった1冊です。
まさかまさかの…攻様・ディーンの浮気。それも女と!!!
なぜだろう。なぜ今頃になって、攻様が受様を裏切っての浮気。
しかも…(これはラスト1頁で触れられているが)
くだんの女性との間に、子供まで誕生しているのですわ..
したほう(攻様)のうしろめたさとかはともかく、
されたほう(受様)のほうは、もう何と言ってよいのやらw
シャルル君、君はもっと怒って良いのだよ…としか言いようが無いのだけど。
それにしても、もったいない。
シリーズきってのイイ男最後の牙城ともいうべき男が、浮気。
超クールビューティーな攻様も、所詮はただの男だったのねぇ~と、
堕ちた偶像的に見えてく続きるのも、そりゃ仕方ない…。
なんだかんだ言っても、男×男カップルに、
当て馬女が(一時的にせよ)勝っちまったのだけは、否定できないから。
BL読みとしては、いたたまれない…ような気がする。
ついでに言えば…この浮気相手の美女、
シリーズきっての業の深い悪女なんである。
悪女というと語弊もあるけれど、過去の因縁やらトラウマやら、
血縁関係やら狂気やら、古い貴族の血筋と美貌まで加わって…
「これがBLの受様であればさぞかし…」と思わせるような、でも女。
だからどうしても暗黒星か、トランプのスペードの女王に見えてしまう。
正直…ワンパターン化して気の緩んできたこのお話に、
苦いスパイスのような味が加わって、面白くなってきた。
でもね…1番、奇々怪々だったのは、
「浮気された側」なシャルル君の淡々とした対応。
あればっかりは女には理解できないと…手をあげてしまった。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ