卒業生 -春-

sotsugyousei haru

卒業生 -春-
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神245
  • 萌×232
  • 萌14
  • 中立3
  • しゅみじゃない10

198

レビュー数
60
得点
1398
評価数
304件
平均
4.6 / 5
神率
80.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
茜新社
シリーズ
EDGE COMIX(エッジコミックス・茜新社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784863491298

あらすじ

冬を越えて、春、お互いのすべてを受け入れ大人になる。

佐条の受験まであと数日。学校の帰り道、将来について草壁は「養子縁組とかすんでしょ」と浮かれて話すが、世間はそんなに甘くないと猛反発する佐条。仲直りする間もなく受験会場のある京都まで向かうと、先回りした草壁が待っていた。試験前日、初めて二人きりの夜を過ごすことになり…。ゆれる青春時代の思い出を綴った人気シリーズ遂に完結!

表題作卒業生 -春-

高校3年生・草壁 光・バンド系
高校3年生・佐条 利人・真面目系

その他の収録作品

  • 落ちない涙
  • お好みに焼く
  • 卵を焼く
  • モチを焼く
  • 鉄板で焼く
  • 京都にて
  • 卒業
  • After School
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数60

これからも。。。

この二人がどうなって行くのかこれからもずっと見守って行きたいです。続きをお願いします!! (O.B. 1&2 既読)

0

ずっと幸せでいてほしい2人


今まで色々なBL作品を読んできましたが、ここまで胸がキュンとした作品は初めてでした。気付くと涙がほろり。

佐条くんと草壁くんは、ただの偶然なんかではなくて、この2人はお互い運命の人と呼べる一生の相手なんだろうなと感じました…

佐条くんが泣きながら草壁くんに抱きつくシーンや、最後の草壁くんの『結婚して』の言葉には悩殺されました… 何なんだ!!!かわいすぎる!!!!


これからもずっとずっと2人らしく仲良くそして末長くお幸せに !!

1

この終わり方ズルすぎるーっ!!!

注意:すごいネタバレしてます

卒業式の日に2人で卒業式をサボって…
あの日恋に落ちた2年生の教室で…
同じ制服同じ上履きで…
号泣して抱き合いながら…

草壁「俺が二十歳になったら…結婚して」
佐条「…はい」

からの~
誰もいない教室で!!!!!!!
卒業式の合唱が遠くから聞こえてくる中で!!!!!!!
春のそよ風が頬に心地よい、そんな状況の中での!!!!!
初エッチですよ~

これは、んもーーー!!! キタ━━(°∀°)━━━!!!!!
一瞬興奮し過ぎてコミック壁に投げそうになったけど、我に返ってとりあえず座ってる椅子強めに叩きましたwww 設定が高校生過ぎる程高校生というか、高校でカップルが出来る最上級のことみたいな感じで完全に萌え禿げつくしました。中村先生、こんなに盛って頂いてありがとうございますm(__)mペコリ DK最高♡

シュチュエーションは王道を極めてるのにやり過ぎな感じが全くしないのは、草壁くんと佐条くんが2人とも全然スレてなくて素朴で素直ないい子だからだと思います。こんな2人だから自然に応援したくなるし、自分で書いといてな続きんですが「初エッチ」って言う表現さえいかがわしく思えてしまう、そんな最高にステキな結ばれ方でした。

2人仲良く助け合って生きるんだよ!

2

高校生で一生の相手と巡り合う奇跡・・・

シリーズ最終巻です。
じっくりゆっくり、文字通り愛をはぐくんできた2人。
この2人を見る度に、高校時代に一生の相手と巡り合えるなんて本当になんて素敵で羨ましい奇跡なのだろう・・・と思います。
勿論、ただの運命とか奇跡・・・とかだけでなく、この2人がとても真摯に相手の事を想い、大切にするという姿が、本当に素敵なんです。
ピュア・・・を超越して、もはやこの2人の存在は神々しさすらも感じます。

そして、この巻も涙なしには読めません。
母親の入院の事で精神的に参ってしまっている利人をそばで見守る草壁、そんな2人の姿、そして、利人が自分の母親にゲイである事を打ち明け、そして恋人である草壁を紹介し、それを母親が温かく認めるシーンも、母親の手術の成功の知らせを聞き今まで張りつめていた気持ちがゆるみ、草壁に抱きついて利人が泣くシーンも・・・どれも温かい気持ちの涙があふれてきます。

受験前に将来の事で喧嘩をしてしまうけれども、バイクを飛ばして莉人の滞在する京都まで飛んでくる草壁、そこで少しだけ先に進む2人・・・
翌朝の利人の色っぽさといったら・・・

そして、卒業式の日にプロ続きポーズして、初めて体も結ばれて・・・本当にドラマチックで、美しい展開!!!
もう最後までボロボロ泣けます。

なんだろう、もういちいち神々しくて、原先生と同じ立場にいる「大人」としては、戻れない日々にむしろジェラシーすらも感じてしまう・・・
それぐらい本当に素敵な作品です。

3

自然と涙が…

同級生だった季節が終わる。

なんとなく聞いた事のあるタイトルだったので
購入してみた同級生でしたが、
卒業生まで読んで本当に良かったです。
結婚してってセリフで
しかもまさかBLでこんなに
胸に来るなんて…( ; ; )
そして佐条の笑った顔が本当に幸せそうで
こっちも幸せになります。
良かったねって心から思って自然と涙が
出てきました。
BLだけでなく漫画でこんなに幸せ感じて
泣いたのは初めてです。
素直にこの2人が大好きです。
大げさですが2人が幸せなら私も幸せって感じるような
大好きな作品でした!
シリーズ通して神評価です。
まだ未読な方にはぜひ読んで欲しいそんな作品です。
2人の青春を何度も今後見直すと思います。

2

それでも二人に幸あれと

「同級生」も「卒業生 -冬-」も既読なのですが、
手放してしまって手元にありません。
今回「同級生」が映画化されるので、
唯一手元にある本作を読み返してみたのですが。
‥感動しました。

高校生って子供じゃないけど、大人でもないっていう
ある意味一番苦しい時代だと思うんですよね。
お母さんが倒れたり、
疑似遠距離恋愛を体験したり、
見えない将来に喧嘩したり、
仲直りするために14時間もバイクを飛ばしたり‥。

卒業式のシーンは涙が止まりませんでした。
こうしちゃおれません。
手放した2作、まずは取り戻さなくっちゃ。

2

ジンジャーエール買って飲んだ

こんな味だったっけな。大人になって随分経ち、あの頃感じていたものを何かの助けなくしては思い出せなくなりました。「同級生」シリーズには、そんなかつて持っていたかもしれない時間の輝きが閉じ込められています。
この本で描かれる高校時代は、その時にしか持ち得ないキラメキにあふれています。そしてそれは「もう戻れない」という事実をもって胸を切なくさせるのです。

このシリーズに覚えるごく感覚的な「好き」は、それ自体がまるで恋のような気持ちです。思い出すと愛しくて、胸がきゅっとなります。ある曲を聞いてとても好きだった人を思い出すような、感覚に訴える何かをこの作品たちは与えられているように思います。特別大切な、神評価です。

3

こぐーまん

leeとsoupさん、はじめまして!
くるりの歌詞に反応してくださって、すごく嬉しいです。
このレビューを書いたあと、草壁と佐条にはワンダーフォーゲルの方が音的には合っていたかなと思ったのですが、やっぱり二人の恋は、しゅわしゅわの炭酸かな、と……。

恋って、実っても実らなくても、どこか儚くて切ないものだと思うんです。草壁と佐条も、いつか結婚し慈しみ合い、愛がしっかり育つ頃には恋は消えてしまうでしょう。恋は炭酸のように時間に限りがありますが、草壁と佐条の二人なら、気体が抜けきっても甘くておいしい愛を煮詰めていくのでしょうね。

大好きなこの作品を、こうしてまた語れて嬉しいです。コメントありがとうございました(*^_^*)

leeとsoup

くるり の歌詞に惹かれて、思わずコメントしてしまいました。はじめまして(^-^)
同級生シリーズ、絵柄の苦手意識より「やっぱ読まなくっちゃ!」の気持ちが勝り、最近ようやく読破しました。
この作品が語り継がれ、愛され続ける理由を、身を持って知った一人です。
いきなりの コメント、失礼しました(*^-^*)

旅立ちの『春』

読み返しては最後のモノローグに何度鳥肌を立てたことか。

ハッピーエンドで良かったね、おしまい。じゃなくて、
この二人が大変なのはまさにこれからだろうな。でもきっとこの二人なら手を取り合って助け合って乗り越えていくのだろうな。と、そこまで思わせてくれるラストシーンには思わず嫉妬してしまいます。

「君がいた季節、同級生だった季節」
こんなふうに出逢えた二人が羨ましい。

京都の夜の草壁が可愛すぎて愛おしいですね。
あれは佐条が色っぽすぎるよ、しょうがないと思う(笑)

2

ラストのセリフで決まりでしょう!

この本を語るには、なんといってもラストでしょう。

致したとか、そんなことはまあおいといて、
(いや、まあ初めてですから重要な事ではありますが)

「結婚して」

この一言。

この一言に尽きるでしょう。

全てが凝縮された一言だと私は思いましたよ。

というか、ずっと想い合ってきた二人を思ったら、
泣けてきました。

良かったね、ふたりとも良かったね。

「はい」

って返答をもらってよかったね。

彼らはこれから将来のことも二人のことも
茨の道を歩いてゆくのだろうけども、
ずっとふたりで、手をつないで
歩いて行って欲しいな。

ずっと「同級生」でいた
その気持のままで。

1

読み終わったら胸に抱きしめた

 あー、お二人が卒業しちゃった。
もうね、読み終わった時、きゅーんとしちゃって本を胸に抱きしめちゃいました。
青春の甘さ、切なさ、つまってます。

 京都での夜、どっちもかわいくていいわー。
かわいいけど、かっこいい。
うん、二人ともかっこよく成長しててそこがまた胸にきゅんとくるんだよ。

 卒業式で本音をぶつけあう二人。
一度は「ないだろ」と佐条くんに拒否られてたプロポーズを決意とか覚悟をこめて伝える草壁君。
あの1ページ、まさに青春の1ページ。
きらきらしてました。
 そのまま神聖な儀式みたいにいたしちゃう二人。
いや、それ反則。
これから先、仰げば尊しを聞くたびにパブロフの犬のようにお二人のシーンを思い出しちゃって、今頃二年生の教室で…、とあらぬ妄想にふけってしまうこと必定です。
「草壁が大好きだ」とやわらかく笑って言う佐条くん。
ぐはーっ。かわいすぎだろ。

 もう私の言葉じゃ足りない。
大好きなシリーズです。

2

卒業

草壁が佐条の家に行った時、佐条が突然抱きついて、「はい、どうも」と離れるんですが、佐条ちょいちょいこういうことするんですけど、そこがもう最高。大好き。可愛いです。

京都編良かったです。喧嘩から始まるんですけど、でもその喧嘩も二人の未来の事で、今お互いが大好きでやっぱりなんとなく仲直りします。だけどやっぱりお互いの進路の事でこの先の事が不安になってしまいます。最後にそれをぶつけて、ハッピーエンドです。
いや、結婚してって、全てわかった上でのプロポーズですから、とても感動的でした。

1

二人がうらやましい

とても純粋な恋の物語。優しい作品でした。
一番の見所は二人の相思相愛っぷり。
高校で、運命の人と出会って、お子様なところもあるけど真剣に生涯を共にする約束をなんて、王道だけど素敵過ぎます。だけど進路が別々な道だから前途多難かもしれませんが・・・その後の番外編が読めるらしいので、コミックになるのが楽しみです。

気になる点は、少し高校生っぽくないというか、大人びた佐条くんの色っぽいシーンは、どんな背景があってこんな色気を帯びるのよ?とも思いましたが、そこに原先生が虜になってしまったのでしょうね。
原先生も邪魔しないでよって立ち居地なのに、お人良しなところが良かったり、最終的には報われなくてちょっとかわいそうだったり、最後に二人を自爆しながら見送る先生らしさが素敵でした。

高校生ものの作品はあまり読まないですが、中村先生の作品は別格で読んで良かったです。


1

ページを捲ろうカバーも捲ろうそして帯も

同級生では草壁のうしろについていた佐条。
卒業生―冬―では佐条のうしろについていた草壁。
そしてこの春ではついに、ふたりが前を向いて並んでいます。
コミックスのデザインも好きです。うわばき、バッグ、そして今回はネクタイ。
いつも、いつもこのシリーズを読み終えるたびに何も言えなくなります。
何度も何度も彼らの初恋を味わいます。
佐条がひとりでこっそり、歌を歌っていたあの日。草壁所属のズコックラストライブを見に行った日。ハラセンが佐条を迎えに行ったあの日。手袋を選びに行った日。卵焼きを振る舞った日。
ふたりで谷をくだり山を越え、日々を歩いています。
京都でのうっかりなアレも大変素敵でした。ラストで喧嘩気味になるのもふたりらしいと思いました。(愛余っての激情ですね)
仰げば尊しにのせて、ふたりがふたりの時間をすごした学び舎で、熱を交わす。結婚の約束をして、誓いのキスもして。
これからどれほどの長い間、色々な人色々な世界に触れながら彼らはもっともっと大人への階段を昇るだろうに、でももう私も彼らにはそれぞれしか居ないと思います。揺るぎないと思います。

ふたりの未来が彼ら続きの名の通り、光多くしあわせとぬくもりに溢れますように。

3

この作品に出会えて本当に良かった!!

『同級生』シリーズがついに完結。

受験を控えた大事な時期ながら
入院している母親の付き添いを続ける佐条くんと、
お弁当を作ったりしながら
精神的にも彼を支える草壁くん。
草壁くんと佐条くんの母親の会話シーンは
じ~んときて涙が出ました。
素敵な母親だなぁ。。。

ちょっとすれ違ったり言い合いをしても、
すっと歩み寄ってくる草壁くん。
おバカなところもあるけれど、
実はすごく大人です。
佐条くんも根っこは素直なので、
伸ばされた手をさっと掴むことができる。
お互いが大好きで、必要で、
そんな二人が本当に魅力的!!
ページを重ねるごとにどんどん惹かれていきます!

佐条くんは受験に合格して、
草壁くんもサポートメンバーとして
海外のライブに参加したりと、
それぞれの道を歩き始め、いよいよ卒業式です。
本音でぶつかり合った教室のシーン、
本当に感動しました!
これまでの二人のやり取りが
思い出のように蘇ってきて。
終わり方も本当に、本当に素敵でした!!

こんなにキレイなBLは初めて出会いました。
ストーリーも絵もきらきらキレイ続き
人物も終始細かく丁寧に描かれていて、
睫毛や髪の毛までスゴく魅力的でした!

すっかり中村さんの大ファンに!
こんな素敵な作品に出会えて幸せです!!

1

Graduation

サクラサク春。

ついに卒業を迎えるふたり。
終わりではなく始まり。

ずっと一緒にいるためのプロポーズ。
ふたりだけの約束と誓い。

同じ名前になるということ。
「Licht」と「光」
同じ意味の同じ名前。
ずっと前から決められていた運命のようなふたり。

きっと、全てが必然だった。



 同じ制服
 同じ靴
 同じくらいの背の丈
 
 初めて出会った季節
 君がいた季節
 同級生だった季節



何十年後、
ふたりで思い出しながら微笑あっていられたら。

3

好きと言わなくても伝わるものがたくさんあった。

タイトルどおりに、好きと言わなくても通じていて。
伝わらないところは、じれったいながらもちゃんと伝えようとする。
すれ違っても、修正しようと心を砕く。

草壁のまっすぐさ、
佐条の不器用さ、
ふたりの真剣さ、
ハラセンの切なさ。

みんな本気で表現の仕方が違うだけで、
誰の思いが一番だ、とかそういうんじゃないんだよなぁと
じんわりくるお話でした。

明日美子さんのコマ割りが、映画の様に空気をはらんで本当にきれい。
人物の言葉遣いも無理がなくて、声に出した時にとっても自然。
ラストは涙ぐみました。

1

ふたりの人生の始まりに拍手

シリーズ完結編?
いや、シリーズとしてはまだ続いているけれど一応、草壁くんと佐条くんのお話には決着が着いたということでしょうか?

佐条くん、サラッとお母さんにカミングアウト(笑)
佐条くんの受験にバイクで走っていた草壁くんの行動力に脱帽(笑)
そして、入試の前に何を・・・
卒業式に何を・・・
若いって素晴らしい♪
卒業式、誓いのキス。
見守った原先生にも拍手を送りたいと思います。

卒業おめでとうございます。
そして、いつまでもふたりで歩いていってください。
同級生時代を卒業して二人の人生はこれから始まる。

1

最高でした


すばらしいです。
後半はずっと胸が熱くなってしまい、泣いてしまいました。
ハッピーエンドでうれしかったですが、原先生に報われて欲しい!
「空と原」も楽しみです。

最後の卒業式もよかったです。
一瞬、式でなくていいの?って思ってしまいましたが(笑)
でも、学校の教室は二人にとって出会いの場所でもあるので
あの最後もアリですね

きっとこの二人はこれからも仲良くたまにはけんかしつつ生きていくのかなあ
なんてしみじみ思いました。

名作ですね

1

王道なのに、新ジャンル!?

お恥ずかしながら、やっと『同級生』シリーズ3巻まとめて購入いたしました。
こちらにまとめてレビューさせていただきます。

BLって、きゃっきゃうふふしてるちょい非現実なパターンと、世間体とか気にしすぎてるシリアスで痛々しいパターンとがあると思うんですけど、この作品はどちらにも当てはまらないし、どちらにも当てはまると私は思いました。

・見た目の割に純朴なべーやん
・ところ構わず路チュー

といったふうに、「BLはファンタジー☆」と思わせつつ、でもやはり根本はリアルなストーリー。
うーん、不思議。
どういうジャンルかを問われれば、「BLの全てが詰まっています。」とだけ私は答えます。

明日美子さんの描くキャラクターは、視線で語りかけますよね!
モノローグなんて無くても、視線で全て訴えかけてくる。
それが耽美的で、かつ切ない。そして愛おしい。

今後心が疲れた時には、真っ先に手に取ると思います。

あとハラセンに報われてほしいので、早く『空と原』を読みたいです。

2

名作

ついに完結ですね。
なんだか名残惜しいです。

このシリーズで中村明日美子先生の作品にハマり、BL作品以外も全て集めましたが、それら全ての作品の中でも上位に入るくらい好きなシリーズになりました。

特別大きな事件が起こるわけではないのですが、ちょこちょこ障害が現れるたびに絆が深くなっていく様子にじーんとしました。

Hシーンは「ここで!?」と少しびっくりしました(笑)
露骨な描写はないのに、すごく色っぽかったです。

これからもふたりは仲良くやっていけるんだろうな~と思わせてくれる終わり方でした。

1

春は出発

卒業する春は切ないけれど、旅立ちでもある季節。
二人の、目を覆う程眩しい姿が印象的です。

相変わらず佐条君はクールだけれど、きちんと草壁君に甘えられるようになりつつあるし。
草壁君は素直な気持ちに拍車がかかるけれど、しっかり佐条君を第一に考えているし。

京都のシーンは底抜けに色っぽい夜でしたね……オバチャンはドキドキが止まりません(笑)
あの甘えの佐条君の表情ったらっ……!!
本当に好きなんだな。

ハラセンは本当に佐条君を好きだった。
強引に行けないが故の、それこそ”同級生”で草壁君が言っていた
「敵に塩を送る」
状態。
アテウマなんて言葉じゃ報われない(笑) だから次のスピンオフに繋がるのですね。

ラスト、教室で心も体も重ね合わせるシーンは、最高です。
「結婚」なんて言葉、二度も草壁君の口から言わせないようにしたのに。
真っ直ぐな彼の心に、佐条君もしっかり応えたなって思うと嬉しくて仕方なかったです。

二人には、変わらずずっとずっと、想い合って生きて欲しいなと切実に思います。

2

間が素敵

この中村さんの漫画は、独特の間が素敵ですよね。
同じような表現でも、
漫画家さんによっては、「そんな間いらんわ!」と
ただのスペース取りか?なんで邪推して無駄に感じて
しまうこともあるけれど、
中村さんの間は、本当に必要と感じさせてくれます。
そこが、とても素敵です。

佐条と草壁の完結編。
本当に良かったね~と言いたくなる。
そして、何てことないやり取りが、得難いものに感じ、愛おしいですな。

最後に、ハラセン!
ハラセン、切ないよ!!
スピンオフの続編が楽しみで仕方がなくなります。

1

満足

あー良かった。清い、清すぎるぜw心の汚れが浄化されましたw
読めば読むほど、評価も上がり、話が進むほど、
キャラクターやストーリーを、どんどん好きになっていく。
キュンキュン度も増していくし、会話も、ひとり言も、
表情も、なにもかもいい。満足だわ +。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+
全部良かったけど、お弁当のところは、個人的に
めちゃくちゃ萌えました。いいね~

卒業生 -冬- でも思ったけど、谷くんさりげなく好印象だな。

0

手を繋ぐ、キスをする、それだけでドキドキする

帯『君がいた季節、同級生だった季節。』

もうねーー、もうどうしましょうか!!こう胸がきゅーんとなって仕方なかったです。
このシリーズについて自分は一晩語り続ける自信があるんですが!!!
作中に2人の関係は一歩進むのですが、何でしょうね、エロシーンよりこの2人の場合はむしろ手と手が触れ合ったり、足と足が触れたり、キスしたり、というシーンの方がドキドキして心臓が甘い真綿に包まれてゆっくり締め上げられた様にきゅううううんってなるんですよ。
キスまでの段階で結婚とか台詞が出てきたり、序盤のあたりはもうあれか君達はBL版耳をすませてかーー!!!と言いたくなる位の青春っぷり。

サラッと佐条が母親にカミングアウトしたのは正直意外だったけどそのエピソードが浮いてなくて作品にしっかり馴染んでるのは流石。
あとちょっとしたシーン、確かに高校生男子が同じ男子相手に卵焼きを作るのって、それを目の前で食べられるのって相当照れくさいと思う、そりゃ転がるわ!みたいなそういうシーンも良い。

そしてやっぱ中村明日美子さんの漫画表現力の高さにやられまくり。
あと台詞のチョイスも凄く良い。
続きスト近くの「しょっちゅうしょっちゅう」の繰り返しとか、その辺りの言葉選びの感性が素晴らしい。

個人的にお気に入りのハラセンが他教師達のアイドル?になってるとこもなんか可愛かった。可愛いぞ、ハラセン!

印象的なシーンが有り過ぎてもうどうしようってなりました。
ホント素晴らしい、名作です。読後感の充実っぷりがハンパないです。
迷ってる人はとりあえず同級生を読んでみなはれー!!と他人に押し付けたくなっちゃう、それ位に好きなシリーズ。
読んで良かった、心の底からそう思える作品。

2

終わりは、はじまり。

読み終えてまず、中村明日美子さんに心から拍手を送りたくなりました。こんなにも魅了された作品は本当に久しぶりです。この作品に出会えたことを、とても嬉しく思います。

夏という季節が生んだ恋が、冬を通して深まっていく。春、それはまさしく愛へと変わる。この最終巻、涙なしでは読めません。草壁と佐条、彼らのことが本当に愛しくて、本気で応援したいと思いました。

やはり心に残るのは最後の場面。教室で体を重ねあう2人のそばで、卒業式の「仰げばとおとし」が流れているのが、なんとも言えません。そして、草壁の「またね」という言葉。本当にその通りなのかもしれません。これで終わりじゃないんだ、俺たちはここからはじまるんだ。そう言われているようでした。いつまでもどこまでも、共に歩む2人の姿が浮かびます。

ゆっくり、まったり。優しくてあたたかい、愛のかたち。
大切な1冊になりそうです。

1

同級生シリーズ3

「同級生」「卒業-冬-」に続く最終話。

佐条くんと草壁くん、いい感じでバカップルやってますw

佐条くんのお母さんってなんとなく冷たい人?って
今までのストーリー読んでると思っていたけど
やっぱり親は親。
佐条くんの久し振りの笑顔に喜んだのと
「彼女できたの?」と察する!
さすが~。
でもそこで佐条くんがカミングアウトするとは!!!
そして、それを許容できるってすごい。
今までと違う表情をする息子に観念しちゃったのかな~。

そんな寛大な母上よりも、佐条くん本人が
オトコ同士・・・って事にちょっと悩む。
普通そうだよね。
そんな複雑な気持ちを抱えたまま
大学受験して大丈夫か?と思っていたら
草壁くん、やってくれるなぁ~。

全編通して、草壁くんが結構グイグイ行きますな。
それにいつも救われてる佐条くん、って感じ。

私のニガテな感じの絵であるにも関わらず
読んで良かった、と思えるストーリーです。



0

完結しました。

草壁光×佐条利人の高校生もので「同級生」の続きです。
「同級生」→「卒業生ー冬ー」→「卒業生ー春ー」の順番で読んでください。

お母さんの入院の話は、本当に佐条は頑張ったと思うし、なによりも草壁の支えがあってこそだと思います( *´艸`)キュンキュンしましたww
お母さんの手術が終わって、草壁に連絡して抱き合ってるシーンなんて・・・どんだけ激萌えしたか・・・。

そして進路の話・・・。
草壁に「別れるの?」って聞いた時の佐条が、もう健気で・・・泣きながら告白するなんて、もう・・・
どんだけ私をキュン死にさせる気だよっ(*≧艸≦)

ぶっちゃけ、彼らの10年後の話が、ぜひ読んでみたいと思いますww

0

卒業

前作の「同級生」「卒業生ー冬ー」の続き。
まさかの闘病中のお母さんにカミングアウト。
これは正直びっくりしました。
お母さんが草壁を見る優しそうな目にこっちまでほっ。
「卵を焼く」でのハラセンの妄想がえろいえろい!
さらに「鉄板で焼く」でもハラセンの余裕のなさが・・・
誰か!ハラセンに春を!!

卒業式の日 恋に落ちたあの教室
そこでの草壁の「結婚して」
これはぐっときました。
お互いの思いがこれまで以上に深く,強くなり実を結んだ場面。
思わず涙がほろり。
最後にハラセンの「キスしろよ」で誓いのキス
思わぬ自分の発言で吐血するハラセン。
どうか!ハラセンに春を!!(大事なことなので2回言いました。)
若い。
若いなぁ。
とっても夢と希望に満ち溢れていました。
青春っていいなぁ。

5

おなじ名前を持つ二人

前作『同級生』の読後、そして『卒業生』を連載中には全く気付かなかったが、本作のコミックス2冊をまとめ読みしていて気がついたこと、それは他のいくつかのレビューでも触れられていることだが、本作の主人公・佐条利人と草壁光は、実は同じ名前を持っているということである。
『同級生』の作中でも語られている通り、「利人」の由来はドイツ語のLichtすなわち光だからである。
さらに『卒業生』物語の終盤で、草壁のプロポーズを佐条は涙ながらに受け入れる。
つまり彼らは成人したら入籍し、同じ姓を名乗る約束をしたということである。

同じ姓と、同じ意味の名を持つふたり…、ここに私は中村氏の『ダブルミンツ』との相似を感じずにはいられない。
近しい時期に連載されていた、表面的にはまったく異なる2作のテーマが実は非常に似通っているということが、意図的なものであるかは知らない。
だがそう考えることで、卒業式で心も身体も最高潮に寄り添ったとはいえ、進路の違いによる別離があと1カ月もしないうちに訪れることが明らかとなっている二人であるが、きっと添い遂げられるであろうことを確信することができるのである。

続き
ところで、本シリーズはキスシーンが非常に印象的な作品であるが、特に『春』では二人の関係がさらに進んでいく様子を見ることができるのが嬉しい。
個人的にはラストよりもむしろ、疑問を持つと中断しながら進行する京都の夜(あるいはツルの恩返し)の場面が好きである。

『同級生』『冬』のレビューでも触れたことであるが、草壁目線の描写が多い本作では、身内の重病そして難関校受験という高校生にとってわかりやすい「敵」にまっすぐに立ち向かう佐条の姿は、凛として本当に男前に感じられる。
『春』ではまさに受験当日の朝の様子がそうであるが、こうした場面でただ佐条を送り出すことしかできない草壁を「攻め嫁」と見做して萌えるのは、ちょっとずれているだろうか?

5

いい話だー

ストーリー について
ついに来たか男同士という問題。そして進路の問題。せつないな~。ラストスパートいい感じに盛り上がってます。(持って行き方が上手いです作者さん!)

H について
致しました。このお話にとても似つかわしいHでした。ぴったり過ぎてちょっと感動。(ここでかー!?という思いもありましたがw)これならBL初心者さんでも大丈夫。

久しぶりに良い話読ませてもらったな~という気がします。最後はやっぱ泣いてしまいました。(途中も散々泣きましたけどねw)百戦錬磨のお姉様方にも初心者さんにもオススメ!

2

次回の『このBLがやばい!』で一位を取る作品は、これだよね。ね?

↑ね?
違ってたら、鴨川に飛び込んでやる。
もちろんちるちるで一位を取るのもコレだよね?
違ってたら、道頓堀に飛び込んでやる。
私泳げないので、誰か助けにきてくださいね!ほっとくとぶくぶく死んじゃうから!
以下、内容に触れてるような触れてないようなレビューですが、ご容赦下さい。
もし購入の参考にするなら、他の方の素晴らしいレビューでお願いします。
つーか迷ってるなら、買え!w

悲しいです。
終わってしまったことが悲しい。
BLに出会わせてくれた腐の神様に感謝します。中村明日美子さんを生み出してくれた宇宙に!ビッグバンに!感謝します。
正直この熱い思いをどう表現していいか分からないんです。
感動しました。切なくなりました。萌えました。
この最終巻、死ぬほど泣きました。
なんでもないシーンでもキュンキュンして、ジワッと込み上げてくる涙を拭い拭い、読んでました。
ラストのほうは、嗚咽して字が読めなくなって、私もうどうしちゃったんだよー!!と。
死にネタではない、特別にドラマティックな事件が起きてるわけでもない。
可愛い。愛しい。この二人が大好きで大好きで仕方がない。
普通の男の子の普通の日続き常が、なぜこんなに心を揺さぶるのだろう。
「恋をしたくなりました」「学生時代に戻りたくなりました」なんてありふれた言葉は言いたくないのですが、あの場所でやり残したことがあったような気がして。置き忘れてきた繊細な思いがあったような気がして。
「好き」っていうのは誰もが持つ単純な気持ちですが、その純度を高めるとこうなるのだということを、本来はそういうものであるということを、改めて思い知らされた気分でした。
いいな、いいよね、恋というのはステキなものだ。
この二人の恋のこの先を、私は見たいけど見たくない。時の流れはどんなに美しいものをも変質させてしまうから。
変質しなければ微妙に嘘っぽくなっちゃうし、変質すれば悲しい気持ちになるだろうし。

同じ制服
同じ靴
同じくらいの背の丈
初めて出会った季節
君がいた季節
同級生だった季節

でもたとえ変質したとしても、青春時代の煌めく思い出は、二人が未来を作るための糧となるだろう。
そういう恋を、確かに二人はしていた。
二人はこの先も、私の中で永遠に生きてるだろうと思います。

中村明日美子さんに、最上級のリスペクトを贈ります。
本当にありがとうございました!

11

こんなに美しい恋は後にも先にもない、と言いたいくらいです

まじめにゆっくり恋をしよう、そんなテーマが今ようやく心から理解できるとシリーズ完結を向かえまず思ったことでした。2010年はじまって、早速の殿堂入り作品だと確信です。

高校生という、十代の淡く儚く、脆く、それでいてどこまでも透き通った美しさの恋は、純愛といわずなんといいましょうか。はつ恋、その言葉がふさわしい作品でした。男の子に恋をした、その垣根を越えて、BLだということをゆうに超えていってしまう作品観には本当に驚きました。

是非シリーズ3冊を続けて、間をおかずに一気に、そしてゆっくりゆっくりと行間を読むように味わっていただきたいです。

6

甘酸っぱい恋の行方はー…?

最初に買ったのは…「冬」でした!

「春」と「冬」が店頭に並んでいたので…
裏の説明を見たら…「冬」から「春」へと繋がると思いました。


けれど…読んでいたら…微妙にシナリオが合わなくて
「同級生」が始めだと分かりました!!


「同級生」→「冬」→「春」へと繋がり…
3冊集めて…一気に読みました★


学生で…受験…その夢に向かう意味…
その壁の中…2人は支え合いながら進んでいく。


好きになって…付き合って…キスして…
そんな純情な恋愛がまた甘酸っぱい感じで素敵です☆


ハラセンが少し可哀相だけど…
ハラセンはハラセンで繋がる本が出たら良いな^^と思う。


3

。・゚・(*ノД`*)・゚・。

「同級生」「卒業生-冬-」「卒業生-春-」と三冊を一気読みしました。

出会い、好きになり、付き合い、初めてのキス、そして・・・・・。
強いふりしてカッコつけたいのに
実は傷つきやすいこの年齢特有の脆さ儚さ
必ずぶつかる男同士ということ
避けては通れない将来(進路)とお互いの存在。

高校2年~卒業式までの二人の純粋な恋愛過程が
ゆっくりと
時にはもどかしく進んでいく切なさと甘酸っぱい感じがとても良かった。

そして
気持ちがあたたかくなる余韻を残してのラストと描き下ろし。

二人の未来(道)はまだ始まったばかりで
これから色んな事あると思うけれど
あの時、
あの校舎で同じ季節を過ごした時の気持ちを忘れずに乗り越えていって貰いたい。

あぁ~レビューを書いてても涙が込み上げてきます。。。。。。

本当に×10
ただただ、この素敵な作品に出会えて良かったと心からそう思う。
感慨無量(┳Д┳)。

4

綺麗な

終わり方だったと思います。
「これで終わってしまうんだな」と思いながら、終わって欲しくなくてすごくゆっくり読みました。
すごく切なくて、感動して涙しました。
ほんとに胸がいっぱいっていうか…すごく美しいっていうか綺麗な感じで気づいたら泣きながら読んでました。
ふたりの気持ちがすごい伝わってきて、笑ったり泣いたりしながら楽しく読み終わりました。

左条がまさかお母さんに草壁とのことを話すとは…すごいびっくりしました。
なんか大袈裟かもしれないけど、ここにも小さな愛を感じました。
それを受け止めてくれた左条母にも。

「好き」って一言を言ってなかったこと気づかなかったですね。
なかなか自分の気持ちを言わない左条の「好き」の一言はすごい感動した。
やっぱり最後の卒業式の日の話が1番よかった。
高校って卒業するとすごい大きな変化で、離れて暮らすことを選んだふたりに切なくも希望も見えました。
今回もゆっくり…でも左条も草壁もすごい大きな変化があった気がします。
男同士という関係で、この先きっと色んな壁があるのかもしれないけど、「結婚してください」「はい…」というやり続き取りにきっとこのふたりならもう何があっても一緒なんだなと思いました。
青春ていうとなんか恥ずかしい感じもするけど、誰もが過ごした学生時代。
心の葛藤や進路、将来の不安…すごくキレイに描かれていた気がします。
中村先生のあとがきを読んで、そう思いました。

にしても、原先生には幸せになってほしいですね。
最後までかわいそうだった(笑)
最後にふたりに見せ付けられた原先生がなんか痛々しくて(笑)

この作品は「同級生」から始まっていたんですが、絵があまり好みじゃなく読んでなかったんですが…読んでみたらすごく引き込まれた作品でした。
もう自分には青春て過ごせないからなのか、心に色々響き、切なくほんとに感動する作品でした。
もう作品は終わってしまうのかもしれないけど、ふたりにはこれからが始まりなんでしょうね。
ほんとにこの作品に出会えてよかったです。

5

私が泣いたのは

“冬”の最後のほうの佐条くんとお母さんとの会話でした。
すこし前に、同じような状況に陥ったのですごく共感してしまいました。
その分、支えてくれる草壁くんの存在がうらやましかったです(笑)

BLを読んで余韻に浸ることも、泣くことも、あまりないのですが、このお話はじーんと心に残るものになりました。
BL読む人でよかったです。

あと、やっぱりハラセンが気になる…(笑)


1

ハラセンに愛を!!!

闘病中のお母さんにカミングアウトという、なかなか勇気ある行動に出てしまった佐条くん。
意外と受け入れの良かったお母さん。
さすが佐条くんのお母さんだと思いました。

その前に、いっぱいいっぱいでご飯も食べられなかった佐条にお弁当の差し入れをした草壁の、「卵焼きは俺が作りました」と照れるところにオバサンはやられてしまいました。
かわいいかわいい。
全部じゃなくて卵焼きだけ作ったってところがなかなかリアルですよね。

最終的に「結婚して」「…はい」ですよ。
うわーうわーって私も赤くなりそうでした。
誰も入る余地が無いくらいラブラブですよ。

だから原先生は他にいい人見つけてね。ご健闘を祈りたい気持ちでいっぱいです。

しかし、学生時代って言うのは本当に貴重な時間だと思います。
今の若い人たちも、いい経験をいっぱい積めるといいですね。
私としては、もし高校生に戻れたら、やっぱり恋愛がしたいです。
旦那さんと早めに出会って、恋愛を楽しむのでもいいなぁ。
私が高校生だと、6つ年上の旦那は犯罪者になっちゃいそうですが。

3

久江羽

≫静奈さま
はじめまして、コメントありがとうございます。
そうですか、続きが出たんですね。
コミックス派の私は、それがコミックスになるのをひたすら待ちたいと思います。
ハラセン万歳!!

静奈

ハラセンのラブストーリーはもう連載し始めたのですw
第一話を見ましたが、とても面白かったので、これからの展開も楽しみです。
ハラセンほんとに良い人ですねw

感動も3倍!

気付かなかったな、ふたりとも「好き」って言ってなかったのを。
でも好きの気持ちはちゃんと伝わってくれました。
3倍くらいね(笑)

読み終わって思わず涙が出てきました。
特に後記を読んだ時、
二人の青春に感動されただけではなく、
「青春」という言葉自体に感動されたかもしれないと思います。
甘くて切ない、未熟で純粋。
そういう共感を得る部分もとても素敵じゃないかと思っています。

間違いなく神作です。
BLの歴史に残れる名作だと思います。

ドラマCDも楽しみ!


余談ですが、
多分同じ卒業とか進路とか青春とかいろいろ出てきたので、
「卒業生」を読みながら
「ハチミツとクローバー」という作品を思い出した。
(草壁役の)神谷さんと(佐条役の)野島さんはふたりとも「ハチクロ」の主人公竹本という役を演じました。
(野島さんはテレビ放送バージョンの最終回の代役ですけど)
恋の行方は全然違うんですけど、
青春というテーマで同じ涙を流せる神作だと思います。

4

二人は卒業生になりました

冬から春へ。
二人の関係が崩れることはないんだなと思わせてくれたラストでした。
関係も最後まで焦らしましたね。
卒業式サボるなんて!思わなかったです。
二人の恋愛が冬から春になると相手を思いやる気持ちとか
より一層育っていてよかったです。
読むとこのストーリーも終わってしまうのかという気持ちから
私はすごく読むのが遅かったのですが、
続きは気になって仕方ないという感じ。
これはBL代表作になったと思います。

2

Back to the Basic, 或いは只のラブストーリーではなく

このぐらい純粋な話に触れると胸の中の様々なモノが中和されるようで素敵ですね。たまに開いてみると良いのかも知れない。初心に戻ることは難しくとも、思い出すくらいは出来ますから。
ピュアな心を持っている若人は勿論なんですが、年齢を重ねて心が疲れてきている方々にこそ是非とも読んで頂きたい作品だなと。読み終わってつくづく思いました。

どうやら私は、ラブストーリーとして観ていた訳ではなかったようです。しかもいつの間にか。無意識のうちに。

私の中で一番の盛り上がりは受験前日でも卒業式の日でもなく、佐条の母親の手術が終わって二人で泣くシーンになっています。その後はわりとオマケ…というわけでもないんですが、ちょっとしたご褒美のような。(これは決して最後の方のクオリティが低いという意味ではありません)

ラブストーリーの最終地点は二人が結ばれる所。しかし直接それが表現されてはいない場面に一番のカタルシスを感じたという事実をそのまま受け入れるならば、彼らのラブも勿論なのですがそれを更に大きく括った彼らの人間的な成長の部分に、より深い本質を観たのだろうと思います。

そしてそこで得られた続きのは「ああ、この二人はもうこの先何があっても後悔することは無いだろう」という感覚。頼れる部分は相手をきちんと頼る、分からないことは言葉に出し合って明確にする、すべき事を全力でする。これらの努力を積み重ねて壁をクリア出来ればこの先の人生で困ることなんて無いと思う。

こういう種類の安心感は私の記憶にある限り、今まで現実の世界でしか感じた事が無かったのです。それを漫画で体験出来たというのは非常にびっくりでまだ消化しきれていないんですが(単に自分の中の問題なのかも知れないし)、とにかく今言えるのは、これまで物語は傍観者として外から観ていたけれど、この作品については登場人物にシンクロニティを感じるぐらいの内側にまで入り込んで味わえた、そしてこの作品はそこまで入り込めるくらいの素晴らしい出来だということ。

これからも続々出るであろう中村明日美子さんの作品から、より一層目を離すことが出来なくなりました。

5

良い

ちゅぅか・・・・え?冬のが先なの?
たしかに・・・なんかラストだよな~と読み終わったんだけど。
プチショック(ノД`)・゜・。
大丈夫、ここからでも十分読めます。
同級生からの続編な作品でありまして、しばらく読んでないし大丈夫かな~な読み入り。でもこれはね。うん。
前半はホノボノ。ラストに向けて恋から愛に変わる気持ちの変化。
繊細な気持ちの具合がなんとも言葉に表現できない。
お話は佐条の受験~将来のこと~卒業に向けてのお話。
個人的には、佐条くんがやたら大人になったな~な気持ちがしました。
逆に、“甘える”の部分が見えて可愛かった。うれしかったという反面。

初キスマーク。初フェラ。
勉強熱心すぎて逆に萌えた。
直接的な部分ではない部分。後ろを向いた佐条の耳が真っ赤になっていたり。そういう細かい部分の描写の見せ方もうまいな~と思う

将来。これから。
結婚しようといわれて、常識を考えろと一度ははねつけた言葉。
葛藤。将来。それをすべて通り過ぎてのラスト。
「結婚してください」のくだりは思わずホロリときてしまいました。
若いっていいな。
なんか若続きいころを無駄にだる~~んとすごした私としては甘酸っぱい気持ちになってしまいました。うん。
エロはないんだろう。そうおもってたラスト。
教室。しかも、よその人らの教室でってのはいかがなものかと思いつつ。
感動のラスト。面白かったです。

3

もこ

>かにゃこサン

だって、春→夏→秋→冬の構図が頭の中にあったんだもん(;m;)
他の皆さんはちゃんと順番に読めているのかしら。
いや、読めているんだろうな~。
どちらにしても楽しめたので良デスww

2人に幸多かれしことを…

“同級生”を手に取ってから1年以上、今回の発売が待ち遠しくて仕方ありませんでした。

ホント久しぶりに“恋”にドキドキさせられました。『ゆっくりと恋をしよう』というキャッチフレーズのまま、進んでいく2人の心。時には、読んでいるこちらが焦れるほどでしたが、キスや抱擁だけの接触が反ってエロティズムを刺激されました。

利人と光。言語は違えど、奇しくも同じ意味を持つ名前の2人…。
2人の行く末が明るいものであることを予感させてくれます。

自分にとって、吉原理恵子先生の「幼馴染み」・秋月こお先生の「寒冷前線コンダクター」以来の、新たなるエポックメイキングな作品となりました。

3

有終の美

とうとう終わってしまった…!
読了して切なさに身悶えました。

個人的な意見ですが、本書は前2作と少々カラーが異なるように感じました。
『同級生』『冬』では、お付き合いが始まった頃の二人の、距離感を計りかねるぎこちなさに萌え殺されそうになりました。
一方、『春』は、ある程度お付き合いが深まったなかでどういう関係を維持してゆくかを模索する二人にキュンキュンさせられました。

明日美子先生があとがきで書いてらっしゃるとおり、「学生時代というのは、やはり美し」く特別なのでしょう。本書は、そんな学生時代特有の美しさが一番感じられる巻だと思います。

佐条も草壁も懸命に今を生きています。草壁が佐条に対して行ったプロポーズもそれに対する佐条の返答もとても真摯なもので、その気持ちに嘘偽りはかけらもないでしょう。
しかし、そこに儚さや危うさを感じ切なくなってしまうのは、彼らが高校生として特別な時代を生きていたからだと思います。美しく特別な時代だからこそ、そこから卒業することで魔法が解けてしまうのではないか…。そんなことを考えました。
しかし、そんな不安をぶっ飛ばしてくれるのは、月続き並みですがやはり二人がこれまで過ごしてきた時間です。
『同級生』として出会い恋に落ち、『冬』から『春』にかけて「恋」が「愛しさ」に変わり大きく成長した草壁と佐条を見ている読者は、美しい時代を卒業した二人が、それでもなお寄り添い続けていけることを確信できます。
そして、願わくば大人になった二人が、学生時代の幼いプロポーズを気恥ずかしく、でも幸せな気持ちで思い出してくれればよいなと思います。

最終話は、高校生だからこそ許される愚直なまでの恋愛と、だからこそ生まれる儚さ・危うさが感じられる素晴らしいラストでした。
ハッピーエンドなのに良かったねの涙じゃなくて切ない涙が出てきたときはもうどうしようかと…!
その意味で今回はいつもと違う意味での萌えを堪能できました。
これまでとは異なるトキメキではありますが、やはり神作品であることには違いありません。

5

感慨無量

「同級生」から「卒業生」まで、雑誌で連載を追いかけて…
最終巻「春」で本当に終わったんだな~と2人の旅立ちに嬉しくもあり寂しくもあり。

2年の夏の終わりから、高校卒業までをこんなにピュアに真っ直ぐに青春の煌きと憤りと恋愛の素晴しさを書ききった先生、本当にお疲れ様でした!と言いたいです。残念ながらサイン会には行けませんでしたので、この場をお借りして。(特典のラブレターは可愛かった♪)

今年1月にして、もはや今年一番のBLになるでしょう!
エロは本当に少ないですが、チューは多め。草壁が佐条を見る角度とかエロイw目線で好きオーラ分かりすぎ~~キューンとします。
こういう『神』作品があるので、自分はBL読みで良かった、としみじみ思います。

「卒業生」の最終回のときなんて、本当に終わってしまう~~とちょっとブルー入ってましたがw、あの最終回&コミックの書き下ろしで納得でした。

4

光の季節

何を書いたら良いのかな…と悩みつつ書きます。

なんて幸せなラブストーリーでしょう。
二人の成長が本当に清々しくて眩しいです。
切なかったり甘かったり、色々ありながらゆっくり育ってきた彼らの関係が結実したあの場面、草壁のあのセリフ。
あれをやられてしまっては、数多のBLのみならず少女漫画も太刀打ちできないと思います。
今までの積み重ねがあって、二人が出会った二年生の教室という舞台において、古くから幾度も用いられてきたあのセリフ。

すげえ。

すげーな、と思いました。しかもボーイズラブだからこそ、さらに威力を増してるんですよね。
ただ静かに感動する以外ありませんでした。

草壁が佐条ママに会うところも好きですね。
その部分も合わせ、まるでおとぎ話のようでさえあるのですが、この中に生きる彼らは圧倒的なエロスでもって「生身」を感じさせます。そのエロスは作者の画やキャラ設定、話運び、演出力に裏打ちされたものです。

王道・ファンタジー・リアルの絶妙なバランスの上に成り立った、
奇跡のような作品だと思います。

同じ意味の名前を持った二人の男の子が、同じ制続き服を着て、同じ靴をはいて、同じくらいの背丈で、同級生だった季節。
あとがきの、中村先生手書きの「終わる 終わらない」が印象的です。
彼らの名前の通り、ずっと光り続ける結晶のような季節。
存在し難いからこその美しさですね。



蛇足ですが特典について。
アニメイトのラブレター、とらのあなのカード、ヴィレバンのペーパーも入手できました。
全員サービスも応募予定(もちろんOPERAの+αも!)です。
さらにドラマCDと単行本セットでまたポストカードが付くらしいんですよね…阿漕よのう!次に出るOPERAにドラマCDではないかもしれないけど音声付録があるようですし。
終わらんな、終わらんよ。

6

恋をして草壁は大きく成長したv

いよいよ「卒業生」ラストです。

佐条が何かと男前で困ります。
堪えるとこは堪えるんだけども、甘えるとこは潔く甘える、みたいなところがあって。
なんとか凛としていようと思ってるんだけども、常にどこかで草壁を求めてるようなところがあるというか。
草壁の存在に確かに励まされてるところがあって。
始まりは草壁の方が佐条のことを好きだったような気もするけれど、きっと佐条は今では草壁が思ってるよりもずっと草壁のことを必要としてて。
草壁のことが好きで。
最後の教室での告白で見せた涙がすごく印象的でした。
表情もそれまでの凛々しさみたいなのがなくて、ただのよわい子供みたいというか。
幼い年相応な感じというか。
常に冷静そうに見える佐条がそういうふうになれるのはきっと草壁に対してだけなのだろうな。
その後ももう1回好きだって言うシーンもすごく柔らかい笑みで幸せそうでいいなぁ。

草壁はいつもいつだってまっすぐで。
佐条が凛としていれば凛としているほどに自分との格差というか、何もできない自分に苛立ちを覚えているようなところもあって。
それでも、何か自分にできることを、と続き一生懸命になってるところがすごく健気でかわいくもある。
草壁がまっすぐにそうしてぶつかるからこそ、佐条も自分の気持ちをぶつけたりすることが出来たのだろうし、まるで違う2人で一緒にいることで互いに成長する部分も多くあったのだろうな。

あとはハラセンの目玉焼き妄想がすごいです(笑)
目玉焼きであそこまで妄想できるなんてハラセンてばどんだけ佐条のこと好きなんだ!

何回読んでも「いいな」って思う読後感でまた読みたくなる。
この2人の物語はここでおしまいかもしれないけど、末永く幸せでいて欲しいなぁ。
とにかく、小冊子を申し込まないと。

そして、次はCD発売を待ちましょう。
前回のCDも聞いてるので脳内で音声変換されてましたが、今回のCDもすごく楽しみv
早く4月にならないかしら…。

2

拍手喝采!

2010年、初月にして今年のBL漫画トップに君臨しそうです。
この作品はBL界で伝説化すらしそうです。素晴らしい、久々に読了後に拍手を送りたい漫画に出会うことができました。
読み終わったあとは私のなかの全細胞がスタンディングオベーション。
ブラボー中村明日美子!
初期の頃から見守ってきた作家さんですが、いやはやここまでBL界トップの座に付くとは思いもよりませなんだ。

本作は、「恋愛」云々よりも「同級生」という事が重要なキーポイント。
誰にもあった学生時代。いままさにその時代を謳歌している者も、記憶の片隅に置いている人も、ページを捲ればきっとどこかで自分と重ね合わせてしまうシーンがあると思います。
将来を考えろなんて大人は口々に言うけれど、大人になったら何が起きるかなんて全然分からない。想像がつかないからこそ夢を抱くし、調子っぱずれなことも言える。不安におびえ、もしかしたら一生このままかもだなんて、くさくさしてしまうちっぽけな自分。
でもこれだけは分かる、いつも隣に君がいてくれたってこと。君の声、体温、君の存在だけは僕の真実だった。

卒業が近づくにつれて、校舎や続き通学路のいたるところに点在する思い出を拾っていくシーンが見事です。
BLという枠を越えて、「学校」という小さな社会を忘れてしまった大人の方に是非呼んで頂きたい。

同じ制服や厳しい規則が当時はあんなに窮屈だったのに、いま振り返ってみると、規則があったからこそ楽しい生活を送っていたのだということに、ふと気付かされました。
学生時代が素晴らしかったことって、卒業しないと気付かないんですよね。

最後に中村先生が後記で述べていらっしゃる言葉が大変感慨深かったので、一部抜粋させて頂きます。
「学生時代、よく廊下を走っていた気がする。心にいつもちくちくとした焦燥感が横たわり、永遠に続くかのような半人前の身分にうつうつもやもやとしていた気がする(中略)学生時代というのは やはり美しいのだと思う」

先生がとても素晴らしい学生生活を送っていらっしゃったのが分かります。この「卒業生」は、上記の言葉がまさにピッタリ当てはまる内容です。

もう一度、佐条と草壁と一緒に、学生時代を謳歌したいという人へ。
おそらく今年一番のオススメ作品です。

5

しばらくこの世界からぬけられない

本当によかった。
最高。
『まじめにゆっくり恋をしよう』というテーマが貫かれていました。

ずっと好きな作品だと断言できるほど。

せつなさ、甘酸っぱさ、ときめきがこれでもかというほどたくさん詰まってる。
草壁くんと佐条くんがきらきら眩しいです。

初めてBLというか漫画で泣けた。

2

眼鏡は素晴らしいな~

『同級生』のほうがなんでか萌え度が自分的に高かったので
萌えか神か迷いましたが、や、やっぱり普通に神のレベルかな?
何故そこまで『同級生』萌えなのか、皆様のレビューと引き比べて自分がわからなくなる自分です(汗)
ファーストインパクトの衝撃がそのくらい高かったのでしょうか。

今回も二人ともかわいくて素敵でしたが、個人的には小ネタのほうがメガヒット!
色々こまかいとこが素晴らしかったです!

あと、このシリーズはしみじみ黒髪優等生眼鏡の素敵さを堪能するお話だと思いました(笑)
や、もちろん草壁くんも同じくらい素敵で魅力的だったんですけれど!

3

何も言うことがない

もう、充分他の方のレビューもついているので、これ以上何も言うことがない、かな。

このラストは、
ほんとに
もう、何も言うことがない。


高校の同級生で、
高校時代につきあい始めて、
そのまま結婚して、
添い遂げる。
そう言うカップルってたまにいるけど、
この二人も、ほんとに、きっとこのまま結婚しそうで
リバりながら、添い遂げてくれるといいな
と、切に願った。

で、ラスト絡みで思ったのは、
私、「体格差のない同級生」物が好きなんだなぁって
対等な二人が、対等だからこそ葛藤する、みたいな
体格でも、年齢でも、とにかく、格差のあるカプより、ずっと萌える!!

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ