冬の蝉(特別編集版)

冬の蝉(特別編集版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

6

レビュー数
5
得点
40
評価数
8件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
作品演出・監督
まつもとよしひさ
脚本
中野睦
原画・イラスト
新田祐克
オリジナル媒体
コミック
DVD発売会社
アミューズソフトエンタテインメント
収録時間
96 分
枚数
ふろく
初回出荷特典 冬の蝉コミックス(B5サイズ和綴仕様) 封入特典 オールカラーブックレット8P
特典映像
なし
発売日

あらすじ

時は幕末、激動の時代に徳川の幕臣・秋月景一郎と長州藩士・草加十馬は出会い、そして二人は互いに激しく惹かれあった。しかし、徳川と長州は敵と味方に分かれ、二人を激しく引き裂いた…。OVAシリーズ全三巻の内容に追加カットを含め、一本にまとめた永久保存版。

表題作 冬の蝉

草加十馬 → 三木眞一郎

秋月景一郎 → 森川智之

その他キャラ
相沢正之進[森久保祥太郎]/ 黒田了介[拡森信吾]/ 大鳥圭介[大倉正章]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

絶対、泣ける!ベスト オブ BLアニメ!

毎回見ると泣けてしまう。
泣かずに居られないので、とっても胸がギューッとなるし、今日は見ないほうがいいかなと思う日もあるくらい、何回も見たいアニメ。

オープニングの曲聞いただけで泣けそうなのが胸が苦しくてヤバイです。

2

ぜひ見てみてください

この話はほんとうにせつない話です。
私はアニメを何度見返しても涙が止まらず号泣していました。

幕末の時代でなければ、今の時代であればと何回も思いました。

涙を流したい方やストーリーを楽しみたい方はぜひ見てみてください。

1

こんな時代でなければ…

幕末の時代…愛を深めながらも…
敵同士になってしまった2人。

長州藩士である草加十馬。
徳川の幕巨である秋月景一郎。


とてつもなく、せつなくものであった。


激動の時代でも明日を見る男同士。
同じ未来を持っていたからこそ…惹かれてしまったのかもしれない。


愛してはいけない者を
愛してしまった2人の想いは…そのまま戦いへと向かう。


そして…その結果のせいか…この時代のせいか…
2人は蝉の様に新しい時代を迎えるまで眠り続ける事を誓う。


こんな時代でなければ…
もっと2人で居られたかもしれないなー…。


そして…冬の蝉にはもう1つ面白い事がありました。


「春を抱いていた」
(岩城恭介)=秋月景一朗さん
(加藤洋二)=草加十馬さんを映画として演じる。


その春を抱いていたの方でも…
冬の蝉の事で色々と岩城さんと加藤の間でエピソードがある!!



2

萌えの3重構造

新田祐克さんのイラストはアニメ向きなのかもしれない
アニメ画面を見たときのがっかり感が感じられなかったです。
たいがいこの手のアニメは、原作未満、CD未満なものが多いのですが
しっかりとアニメ化の特性が生かされていて前のめりで魅入ってしまいました。
このシナリオで、とても重要な意味を持つ四季
春、夏、秋、冬がきちんと描かれていたことに拍手です。

幕末。
開国派、攘夷派で戦い
そして、旧政府、新政府で戦い
敵味方に別れながらも、日本の未来について同じ考えを持っていた
秋月(森川)と草加(三木)の悲恋のお話。

長州藩士である草加(三木)には
徳川の幕巨である秋月(森川)は、お姫様のように映り
さながらロミオとジュリエットのような悲恋なのです。
でもね無理矢理、男同士の恋愛にあてはめているわけではなく
激動の時代、身分違いでこそあれ同じ目線で未来を見据えていた男同士だからこそ
互いを尊敬し明日をも知れぬ身を激しく繋げたのではないでしょうか。

絡みのシーンは、初回はちょっと恥ずかしくてニヤニヤしちゃう演出だったのですが
最後のあたりは、かなりシリ続きアスでニヤニヤするどころではなかったですね。

そして、この『冬の蝉』というお話の楽しみ方は実は2つありまして・・・

1つは、純粋に秋月景一郎と草加十馬という人物だけを見る楽しみ。

もう1つは、『春を抱いていた』の登場人物である
俳優・岩城京介が演じる秋月景一郎と
俳優・香藤洋二が演じる草加十馬という
もう一枚ベールをかぶせた状態で見る楽しみ。

この2つの楽しみがあるのです。

原作では『春を抱いていた』の登場人物である
岩城と香藤が映画で演じている劇中劇として『冬の蝉』があるのです。
この2重構造が心憎いのですv
いや!
声優・森川智之さんの上に俳優・岩城京介がかぶせてあって、その上に秋月景一郎
声優・三木眞一郎の上に俳優・香藤洋二がかぶせてあって、その上に草加十馬
見事な3重構造なのであります!

エンドロールがはじまると流れてくる歌が
なんと!さだまさしさん作詞作曲でしてwww
えー!!と、びっくりし・・・
歌っている人物の名前が岩城京介と記されていることに
どびっくりですよwww
なかなかの原作ファンサービス。

5

さくら☆

きゃいきゃい~~~(><)
コメント嬉しすぅぅぅぅ~~~!!!
ありがとうございますっ!!超萌えるコメントぉぉぉぉぉ(嬉涙)

『体の奥に火を点けてくれっ』
激しく激しくっ同意!!!!!!
CDよりもアニメのほうがモリモリの台詞が重くなっていましたねっ!!
プレーヤーに強制終了されるほどってwwwww
ともふみさまさすがですっ♪
(つって私は『ご主人様と犬2』だったか、どうしても同期できないトラックがあって!PCに阻止され続けたのはエロ尺トラックだったためかと被害妄想…ww←つか携帯にBL入れてるってよく考えたらヤバイ奴だ私っ・・・)
そんなことはどうでもよくってw

いやぁー。コメント欄にこんな興奮してるのって晒していいんでしょかww

アニメとってもよかったですよね。良くて痛すぎましたね。。。
ラストシーンに時間かけてあって、漫画よりも草加の叫びが叫びでした(涙)
また何回も見たいと思います!!

ほんと春抱は伝説ですね。。。
レビュ全部ですか?www
うはぁ~なんてハードルをっ!!!
巻数ありすぎますよwCDもあるし!
あ。でも春抱読み返して淋しくなったら、少しずつ書くのもいいかもですね~~♪

春抱を語れる友達が近くにいたいので、とっても嬉しい~~☆★☆
私、香藤が可愛くて可愛くて、たまらんのですw
好きなタイプが変わったのかもってくらい、再ハマりしまくってます。
あんな全力で懐かれたいっw全力で嫉妬されて、全力で愛されたら。。。あ。死ぬかw

いけませんっ!止まりません!
危険です!!自重します。
そして今は榎田てんてーの交渉人シリーズに、メロメロなう!←いらん情報w
あービーエロって素敵ですね~~ん(恍惚)

ともふみさまのレビュのテンポの良さとか、読みやすさがほんとに心地いいんで、
これからもストーキングさせていただきます←ヲイ
未読でも既読でも楽しめる文章ってすごいですよ!!
皆さまのレビュ読んでると、研ぎ澄まされてくのが分かります。
わはっ!長文にw
すみませーーん。でわこれにてwありがとうございましたぁぁぁ<m(__)m>
またたぎってコメントしてしまうかもしれませんwww←キモ


原作ファンが報われる出来

鑑賞日はずーっとそれこそ1日中、中毒者のように繰り返し観てしまった。←本当です。BLアニメは殆ど視聴したことがなく比較しようがありませんが、これは傑作だと言いたい。

正直絵の荒さが気になるシーンは確かにあるんだけど、原作付き作品の良し悪しを左右するのは結局のところ、原作へのオマージュが感じられるかどうか、この1点に尽きると思う。
ファンは敏感。その一心さえ製作サイドに感じられれば、自然と原作ファンは付いていくのではないだろうか。
そういう意味で、製作に関わった全ての人に拍手を贈りたい!

ストーリーについては原作レビューで書きまくったので置いといて、こうして映像化になって改めて感動したのは、作品に命が吹き込まれているということ。
ただ動いて喋っているという単純なことじゃなくて、キャラクターたちは確かに生きているんだと感激してしまうくらい、作品に血が通っていた。

映像の力は凄い。
原作コミックもCDも何度も読んで聴いたのに、またこうして感動させられてしまうんだから。まいった。
声優さんの演技がCDとも微妙に違っていて、比較して聞くのも楽しかった。そしてエンドロー続きルには思わずニヤリとしてしまう!


傍目には哀しい末路に映るかもしれない。
しかし誰もが己の信念に殉じ、己の生き様を貫いている。その姿は鮮やかで圧倒的だ。
時代という抗えようのない波に飲み込まれまいと必死にもがいた彼らの叫びが、画面を通じて痛切に響いてくる。
見届けるしかないわたしは、言葉もなくただ胸がいっぱいで、涙だけが止まらなかった。

蝉は決して、命が尽きたのではない。
飛び立てるその日を夢見て、長い長い冬眠を迎え
遠い未来でその命を燃やすのだ。
果てのない大空に向かって。

9

さくら☆

やばやば…wwwともふみしゃんこんばんにゃー。←またw自重という言葉を知れ!

またまたきちゃいましたwでへ。
前回のコメは更新情報に弾かれるくらいキモかったということでしょかw
有り得る…うん。

やたっ♪ビーエロ刺さりましたっ?www
かなりお気に入りなんです~♪
うふふ。腐心も含めたレーベルに仕上がってるからw

>香藤派なんですね~わたしも大好きです!
>男前なのにワンコで、時々異様に可愛いですよね。抱かれてる時なんか攻めなのにふ>にゃんってなっちゃうし。特に、短髪姿にはずきゅーんってなりました。
ガシッ!!!!後ろから抱きつきっ!!←ヲイ
まったくそのとおりっ!!あのフニャンがかわぃぃぃ~♪
そしてそして!!短髪!!!ね!ね!ね!超好きなんですよぉぉぉぉ!激萌
ちょっと伸びてきて外ハネでワックスでスタイリングしてある時のがしゅき☆★←
ああーー。昔はリバとか考えられなかったのに。
かわいくてどっちもアリアリです♪ワンコ攻めさまさまぁ~~


>ラストの絶叫が本当に痛くて痛くて、思わず「救心…!」となりそうにw
ぶはははは!!救心!!!www
まったくですよね!痛くて切なくて胸がぁぁぁぁぁ(手を延ばす)←浸りすぎw


あー!!交渉人レビュにもともふみさんいたいた!!
まだ5巻にたどり着いてないので、読んだら見させていただきまーす。
早いとこ4巻をゲトせねば♪
3巻にきてシリアスになってきたので、心がじくじくしております。
でもあの2人なんとも言えず、いいCPだーー。

兵頭なんて、なんかもうオールマイティーみたいな?
メガネ、影、コート、スーツ、敬語、命令口調、俺様時々王子w←主観か!
長身、体格、執着心w嫉妬心wふてぶてしさwエロいwねっとりw男らしさ…etc
なんか攻様にもっていてほしいステイタス全部ってくらい押さえてないですか?!!
悔しいくらいに…登場すると、ぎゅん!!ってしてしまいますw
お店の女の子たちが「兵頭さぁ~~ん」てなるのもOH!イエスっ!!

すいません。また暴走。
交渉人もっと早くに出会いたかったー。
永久不滅のドキワク本だぁーい!!
すみませんまたたぎりましたwwwww
退散いたします<m(__)m>
というか。これはここに書いていいのだろうか?汗
使い方がイマイチ理解できてなくてすいません。
コメ違う作品になってるし・・・(滝汗)

ともふみ

あれ?さくら☆さんのコメ更新情報欄に反映されてない?
再びこんにちは~
>ビーエロ
に大爆笑してしまいました。今食べた昼ご飯が逆流してきそう。下ネタ好きですいません。でへ

香藤派なんですね~わたしも大好きです!
男前なのにワンコで、時々異様に可愛いですよね。抱かれてる時なんか攻めなのにふにゃんってなっちゃうし。特に、短髪姿にはずきゅーんってなりました。

>アニメとってもよかったですよね。良くて痛すぎましたね。。。
>ラストシーンに時間かけてあって、漫画よりも草加の叫びが叫びでした(涙)
うおおお~~、まさに~~~!ガシッ(さくら☆さんの両肩つかみ)
『冬の蝉』のアニメ版の声優さんは迫真ですよね。CDを踏まえてより演技が洗練されていて、作品が一段と締まった気がします。終盤の三木さんの切迫感に満ちた声音が素晴らしいし、香藤(あ、草加だ)反して妙に落ち着いていく森川さんの演出も見事で…。
ラストの絶叫が本当に痛くて痛くて、思わず「救心…!」となりそうにw

好きな作品を同じく好きな方とのやりとりが嬉しくて、危うくうっとおしく語りだすところでした(既に遅い)
あと2000字くらいは軽くコメントできそうなんですが、これ以上は羞恥プレイになりかねないので、わたしもさくら☆さんに倣って自重いたします。これでも自重してます。
同じく交渉人シリーズにメロメロふぉーえばー
ホストアッキーを指名してみたい(兵頭が割込んできそう)なともふみでした。
ではでは~

ともふみ

ひょ~~~~っっ(驚き)
え、えと、でへ、でへへ。(照れ)

す、すいません。身に余るお言葉にパニックになって挨拶をすっとばしました!
はじめましてさくら☆さん。森川さんの「身体の奥に火をつけてくれ」を鬼リピしてプレイヤーに強制終了されたともふみです。特にアニメ版の方が囁き度が高くてむらむらします。
あんなテンションバラバラなレビューを読んで頂けて…お疲れさまでした。未読既読両方どちらの方が読んでも支障がないようにというのが自分なりの目標の一つだったので、そう言って頂けて嬉しく思います。励みになります。おんおん(泣)
つまらないものですがこちらでも…そそ、、(* ̄ー ̄)_凸”(賄賂)

春抱きいいですよね~。
きっともっと色んなエピソードを温めていらっしゃっただろうと思えるだけに、急ぎ足でエンドマークが付けられてしまったのは正直今でも残念でならないのですが、それでも話の素晴らしさや主役二人への愛着が消えるわけではないので、一生手放さずにいるつもりの作品の一つです。
何年か先、二人が帰ってきてくれることをこっそりと願いつつ。。

さくら☆さんのコメントも、春抱きへの愛情モリモリで嬉しいな~!
>本当にこの作品の2人は、生きていると思えるくらいの存在感ですよね。
画面の前でむちうちになりそうな勢いで頷きました。
さくら☆さんのほどばしる春抱きへの情熱をぜひともレビューにぶつけて、もういっそ、春抱きの全媒体全作品をレビューしちゃって下さいな!(←鬼)

長文コメント失礼しました~

さくら☆

最近登録しました!!突然失礼します♪
このサイトをみつけたとき、最初はレビューは買う目安くらいでと、
軽い気持ちだったんですが。
ともふみさまのレビューに感激しまして!!叫
ともふみさまが、とても素敵な文章描かれるので、どれを読んでも唸ってしまいます。
原作知らなくても読んで楽しめる!
読んだやつだとさらに楽しめる!!

最近春抱に再ハマりしているので、このレビュにコメントさせて頂きました。
このレビュにも共感しまくり。
本当にこの作品の2人は、生きていると思えるくらいの存在感ですよね。
読んでも見ても聴いても、何回読んでも飽きないです。
続きが読みたいとも思いますが、、、
でも続きがなくても、彼らが相変わらずのスタンスで息づいていると感じられるから、
淋しくないのかもしれないです♪←いや淋しいですがwww

こんな変なやつですが、ともふみさまのレビュに愛をこめて。←キモw
これからも楽しみにしてます♪
いきなり失礼いたしましたぁ。
ともふみさまの後にレビュ書けないと思うさくら☆でしたwww

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ