隣人には秘密がある

rinjin niwa himitsu ga aru

隣人には秘密がある
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
17
評価数
7件
平均
2.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199005534

あらすじ

祖父が病に倒れ、ボロアパートの管理人を任された大学生の太一(たいち)。クセ者揃いの住人は売れっ子ホストにパチプロ、中でも一番厄介なのがポルノ作家の吉住(よしずみ)だ。クールな眼鏡越しに「どの場面で発情する?」と自分の新作を読ませて、反応を観察してくる。始めは反発していた太一だけれどある夜、吉住が密かに住人達とアパートを抜け出す現場を目撃!! 彼が隠す秘密に好奇心を煽られて…!? 
(出版社より)

表題作隣人には秘密がある

アポートの住人でポルノ作家 吉住圭・28歳
大学生で現在アパート管理人代行 原太一・21歳

評価・レビューする

レビュー投稿数6

和気藹々な生活

それぞれ癖がありつつも前向きな住人なので和気藹々とした雰囲気ですー。
明るいほのぼのを読みたい場合良いかもですね♪

因みに私は、表紙から勝手に官能小説読み聞かせを期待してしまった(笑)←残念ながらありませんorz
まぁー奥手な太一に自作ポルノを読ませて「どの場面で発情した?」ってのはありましたがw

両親・祖母を亡くし、祖父が入院…大切な人を持ち、“別れ”を恐れる太一にとって隣人の秘密を知ろうとする事は他人と深く関わろうという一歩になるんですよね。
隣人の秘密が太一の成長にも繋がってます。

取り敢えず私は太一お手製オムライスを食べたいと思いました!!!

難を言えば太一が吉住にひかれるのが急だな~とか…吉住キャラがイマイチつかみづらい(冷静なんだか熱血なんだか…)あたり?

浅倉(ホスト)の話、読んでみたいなぁ。

0

感情移入が……

祖父が倒れたせいで、おんぼろアパートの管理人代理になった大学生の太一。
アパートの住人たちはホストにホステス、パチプロとクセモノ揃い。
中でも一番やっかいなのがポルノ作家の吉住だった。
自作のポルノ小説を太一に読ませては反応を伺ったり、セクハラを仕掛けてきたり。
管理人代理としておおむね上手くやっている太一だったが、どうしてもこの吉住だけは苦手だった。
ある日、太一は吉住をはじめアパートの住人たちが密かに外出するところを目撃して……

ストーリーの流れはおもしろかったのですが、どうしても主役二人に感情移入できず微妙な感じのまま読み終わってしまいました。

冒頭から太一は昔気質だけどあったかい祖父母に育てられたせいで困っている人を放っておけないっていう性格が提示されます。
それなのに住人を見る目がさりげなく上から目線だったり、妙にうがったものの考え方をするところが最初の性格と上手く一致しなくて。
吉住を意識しているのはわかるんですが、この前半の描写だけだとそこまで変人!って毛嫌いするほどでもないような。

だけどこの吉住氏の行動も結局なんだったのという気はする。続き
自作のポルノ小説を渡してみたりセクハラをしてみたり。
また何を考えているのかよくわからない無口&不思議キャラクターなのでなんとも。

途中で太一がアパートの住人の恋心を当人にばらしてしまいます。
特殊な状況ではありますが、二人とも男同士。
本人は見つめているだけでいいのと言っていたにもかかわらず、です。
上手くいったからいいようなものの一歩間違ったら大惨事だよなあと。
いくら正義感からの行動でもそれはやっちゃいけないような気がするの。

0

ボロアパートの管理人は大学生。

ボロアパートに住むちょっと風変わりな住人たちと
新米管理人のハートフルなお話です。

都会の真ん中に建つ昔ながらの共同玄関、共同キッチン、共同トイレ、風呂ナシ。
朝食は管理人の手作りを皆で食べる。
管理人は、入院した祖父の代わりをつとめる孫の大学生男子。

ちょっと、もうこの設定でかなりファンタジーだと思い
眉根を寄せたのですが、ほのぼのの中にエロスもありなかなかに楽しめました。

この手の人情モノの挿絵は、山田ユギさんにはぴったりで
秀香穂里さんというより山田ユギさんの香りのする1冊でした。
この手の作品に山田ユギさんを起用すると原作者を食ってしまうことがありますよね。
山田ユギさんて実は挿絵に起用するのは諸刃だと思います。

管理人である主人公・太一もともにボロアパートすばる荘に住みます。
隣人は、ホスト、ホステス、パチプロ、物書き・・・
彼らには秘密があるのです。

太一は、両親を失い、祖母を失い、今なお祖父が入院しているので
大切な人を持ち、失うことに臆病になっていて
隣人の秘密を知ろうとすることは
すなわち太一が他人と深く関わろうと続きいう一歩になるのですよね。
隣人の秘密は、太一の成長に通じるところがよかった。

大都会の真ん中で、大人がまっすぐに生きているんだけど
恋に関しては、大人ほど変化球。
そこもよかったです。

いつもながら秀香穂里さんの小説は、登場人物の気持ちが
すっきりしていて読んでいて気持ちよかったです。

ただ、この古めかしい下宿的な雰囲気の設定の中に
心身ともに健康で心の豊かな人しか住んでいない状況
朝からオムライスを作れたり
洗濯板で洗濯のできる大学生の管理人というのが
あまりにもファンタジーでしたね。

0

すばる荘の人々

全部読んでいるわけではないけど、久々に秀さんの書くものをおもしろいと思いました。
祖父が入院して、ボロアパートの管理人になった大学生の受。住人は、ホスト・ホステス・パチプロにポルノ小説家。すごい組み合わせですが、みんな前向きで悪い人がいないんですね。受は真面目な働き者のいい子です。攻もポルノ小説家という職業柄、変態そうに見えて、真っ直ぐに求愛してくる。実験台、と受は思ってますが、どう見ても愛だろ! 自分の書いた作品を読ませるのもセクハラではなく、自分を好きになってくれそうか様子を見ていただけって。メロメロな感じです。
住人たちは他にも秘密があるようですが、そちらは読んでのお楽しみ。受が攻の書く小説を読んだときのように、一気読みしてしまいました。もう少し波乱があってもよかったかもというくらい、素直でほっこりするお話でした。えっちシーンがなければ、別の作者かと勘違いしそうでした。
某有名な四姉妹を思わせる、攻の書く作品を読んでみたい…。

0

エッチは添え物でいいとおもう

自分のブログでは★5つで満点の評価をつけています。
今回は★3つと辛口評価になりました。
こちらで中立にするほど悪いわけではないので、萌の下とさせていただきます。
なぜならば、BLにしなくても良かったのではないかと思ったからです。

両親と早くに死に別れ、祖母も亡くなり祖父は闘病中という大学生・太一が、祖父の代わりに「すばる荘」というボロアパートの管理人をすることになってからのお話です。
曰くありげな住民と真面目で面白みが無い太一の関係が少しずつ深くなっていくのですが、中でも管理人室の隣に住む小説家・吉住のことが気にかかり・・・

住民それぞれと太一の過去や、現在の彼らの関係が少しずつ明らかになるとともに、吉住と太一も少しずつお互いに踏み込むようになっていくのですが、キュンとするような必然性が少々弱いというか、いっそのこと“め○ん一刻”の響子さんと五代くんくらいの、じれったい関係止まりの方が、他のエピソードを深く突き詰められて良かったんじゃないかと思ったわけです。

吉住がポルノ小説家なもんだから、エッチシーンはそこそこ濃厚ですが、かといって変態的なわけでもなく、い続きっそのこと妄想入っちゃっても潔かったかもとも思いました。

ただ、メッセージ性はありました。
祖父以外に身寄りが無い太一が、“別れ”を恐れるばかりに、故意に人間関係を希薄にしていることに気付いた周囲の人たちが、謎めいた態度をとることによって興味を持たせ、心を開かせる。
場所が新宿とは思えないほど人情味溢れたお話になっています。
嫌な人が一人も出てこないので、温かくなりたいときに読むといいと思います。

0

食卓風景がほのぼのしてます

山田ユギ氏のイラストが、ボロアパートが舞台で、人情モノな内容にとてもマッチしていてイメージが膨らみます。
何だかお茶の間気分で肩の力を抜いて読める作品でした。

両親を3歳の時に亡くし、祖父母の元で育った太一。
祖父が病気で入院した為に、下宿式アパートの管理人の役を引き受けることになる。
そこに住んでいるのは、パチプロの鹿島、クラブのホステス・マコ、ホストの朝倉、そしてポルノ作家の吉住。
皆それぞれにきちんとした収入があるのに、どうしてこんなボロアパートに住んでいるのか?
それが秘密として、物語の中で解かれていきます。

この下宿アパートは朝食付き、だから管理人は食事の支度もしなくてはならないのですが、太一は結構住民を、最初職業がわからなかった感じの悪い吉住が気になって、避けていました。
でもゴミ出しの時捨てられている原稿を見てポルノ作家だと知るのです。
吉住から貰った彼の作品を読んで、つい自慰をしてしまう太一。
それを悟られて、吉住にヤラシイ事をされてしまう。
夜にこっそりと住民達が抜けだして公民館でやっているのは演劇の練習。
そこで、住民たちの繋がりの訳続きを知るのです。
彼らを知ることで、太一は少しづつ吉住がわかり、最後は商店街の演芸会に皆で演劇で参加することに。

どうしても、それだけの触れ合いで太一が吉住を好きになる決め手には押しが弱いのです。
吉住については、自分の作家としての在り方を太一を通して見つめなおしたり、太一の優しさなどを見ているので、惚れていくのはとてもわかるのですが。
そこのバランスが悪くて、最後の太一の選択は少し安易な気もしたり。
仕事の表現が上手い秀さんなので、ポルノ作家であること、そして演劇の脚本を書くこと、そういった吉住の書き物に対するスタンスとか情熱とかそういったものに、少し力が入り過ぎて、それを恋愛に結び付けるには学生である太一が相手だけに、少し無理があったのかな?という気がしました。

ホステスのマコが実は男だった!というのは、以外性があって面白かったです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ