音無き世界

otonaki sekai

音無き世界
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×28
  • 萌12
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
12
得点
126
評価数
36件
平均
3.6 / 5
神率
30.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
大洋図書
シリーズ
SHYノベルス(シャイノベルス・大洋図書)
発売日
価格
¥860(税抜)  ¥929(税込)
ISBN
9784813012108

あらすじ

「──妬いてるの?」
フリーの映画ライターとして活躍している水原英之は、ある日、かつてひと月だけ一緒に暮らした笹塚遼と再会する。十年前、無口な子どもだった遼は、その頃の面影を残しながらも、印象的な青年へと変貌していた。けれど、遼は子どもの頃の経験から、誰も好きにならないと決めていた。でも、それでも遼は英之に惹かれていく。英之もまた遼にやましい思いを抱いていて…… ひそかに、熱く、恋は生まれてくる──!!
(出版社より)

表題作音無き世界

水原英之・映画ライター 28歳
笹塚遼・大学生 22歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数12

映画的

受けも攻めも映画の仕事に携わる人々の話で、このストーリー自体も映画にしたいような切ないムードの漂っているお話で素敵でした。

父親との思い出にトラウマがあって人を好きになることができないという不器用でナイーブな性格の受け。六歳年上の攻めはそんな受けを心から大切に思っていて受けが過去と折り合いをつけられるようになるまで気長に待ちます。とても包容力のある人です。

タイトルに繋がるエピソードのシーンは感動的でなるほど!と思わされましたし、ラストの終わらせ方もなかなか粋でした。ベテラン作家さんなので所々で演出が上手いなあと思いました。

1

情景が目に浮かぶ

ネタバレなしで書きます。
最近読みましたので、記憶の新しいうちに。


攻めは父親の影響で映画業界を志した、映画ライターの英之。
昔、父親から見せられた無音のフィルムが記憶に焼きついています。

受けは子供時代にひと月だけ英之と同じ部屋で寝起きした、大学生の遼。
彼もまた、映像という世界に生きています。


英之は先輩から素人の投稿作品を見せられ、その中に記憶に焼きつけられていたフィルムに良くイメージが似ている作品を見つけたことが再会のきっかけとなります。

大学でフィルムを撮っている遼のOBが英之の先輩でその縁で紹介してもらうのですが、遼が自分を覚えているのか読めず、英之は大人のいやらしさで自分からは告げないんですね。
反面、遼は自分の今をかたどった英之をずっと忘れず、いつか出会えるのではないかと心に留めて暮らしていました。
十年前の遼は家庭の事情が影響しひじょうに無口で表情を変えない子供でしたが、英之が自分に対して示してくれた誠意がキラキラ輝く特別な記憶として残っているんですね。

遼は自分の健康であったり生活にまったく興味がないのですが、唯一執着続きするのは英之の存在。
そこがとっても純粋で、英之にだけベクトルが向いているといった一所懸命な遼にホロっとします。

彼が経験してきた悲しい幼少期の記憶は英之と共にあることで、きっと良い部分も探すことが出来るようになるのではないかと暖かい気持ちになる作品でした。

2

映画を観ているような

フリーの映画ライター水原英之は、偶然観たフイルムコンテストの応募作品からかつてひと月だけ一緒に暮らした笹塚遼と再会します。
一瞬でしたが過去を共有したふたり。
過去と現在を行ったり来たりしながら静かに話が進んでいきます。
「遼   壊れないものはないんだよ」英之のその一言がとても印象に残りました。
誰も好きにならないと心を閉ざしながらも子供の頃からずっと英之を思っていた遼の心を解き放ったのは、遼が心を閉ざす原因となった遼の父が残したフイルムでした。
タイトル通りサイレントフイルムを観ていたようなそんな読後感でした。

1

文体が好きだー

杉原さんの作品のレビューを書くとき(あと高遠琉加さんのとき)って、同じことばかり書いてる気がするのですが、改めて文体が好きです。
実に美しい…!!
この作品はとくにそれを感じました。
とある無音のモノクローム映像がキーとなってる物語なんですが、それについてのエピソードが語られるときの文章が、やたらと美しいのですよ。「情景が浮かぶ」というより、「文章そのものが情景になってる」って感じ。たぶん私、その映像を見ても感動はしないんだけど。映像で見ると退屈さしか感じないだろうなと思うんだけど。

ストーリーは杉原さんお得意のじれったい恋です。
すんなり身体を繋げるんだけど、受けがなかなか自分の中にある感情を認められない、という。
子供時代のエピソードが効果的に配置されてあって、少しずつ受けの抱えてるものが見えてくる。
トラウマものなのに陳腐さを感じなかったのは、過去を説得力のある形できちんと描いてくださってたから。陳腐さを感じるトラウマもののBL、正直多いんだよね。
過去話、良かったなァ。
杉原作品にはよく「イビツな親」が出てくるし、それを絡めて子供時代のエピソードが語られたりするのですが、むし続きょうに惹かれてしまうものがあります。

1

家族愛と恋愛の境界線

穏やかで、繊細な文を書く杉原さん。
好きな作品も多いですが、これは萌えに近い中立評価。


遼、そして英之がお互いに「恋」しているのかが、私にはイマイチ伝わってこなかった。

小さい頃なら親を通して得られるはずの身体の触れ合いや、家族からの愛を得られず、心を閉ざして生きてきた遼が、英之に対して求めているものが、どうしても家族愛に見えてしまう。
10年越しに再会してから、人との繋がりに飢えていた彼が英之の隣に居続けることが、食べ続けているラスクのように依存を感じるし、
一番嫌だったシーンが英之に求められてしてしまうH。
彼のそばにいるために抱かれている感じが・・・。
逆になんとなくしてしまった!とかならいいんだけど。

小さい頃から心の成長を凍らせてきた遼が、一体どのあたりで英之に「恋」をしたんだろ。
遼が英之に求めていたものが、恋人ではなく兄のような慈愛だった気がして、ムズムズ。

英之も遼自身に恋をしたというより、彼の欠如部分に興味を抱いていた気がする。


でも恋をするきっかけなんて人それぞれだし、家族愛のような恋愛があってもいいのか。。
彼の続き欠如した部分の痛々しさによって、余計に私はそういう風に捉えてしまったかな。

父と遼のストーリーや英之の父のこととか、脇話が結構おもしろかったけど、
主となる遼と英之の恋愛にうまく入り込めなかった。



最後の手紙は好き。
手紙によって萌えに近いアップ。
この作品がBLじゃなかったら、もう少し評価高いかな。

2

タイトルが素晴らしい

メインカップルが割と簡単に体の関係を結んでしまったので。
やや拍子抜けをした部分もあったのですが。
その後、心の距離がなかなか埋まらないのが、
じれったくて仕方ありません。

端から見れば十分、「君は恋をしているんだよ」という状態なのに、
それを認めない(認められない?)遼。
頑なな遼の雪解けを、急がず、優しく待っている英之。
そんな二人の静かだけれども情熱的な心の交流が、
どちらかというと淡々とした文章で丁寧に描かれていきます。

英之と遼を深く結びつけた子供時代。
ひと月だけの同居生活には、ほのぼのと泣かされました。
喋らない子供の為に、英之が開いた上映会。
ここの場面はもう、映画のワンシーンのようで。

徐々に明かされる遼が人を愛せない理由には、
こちらの胸まで痛くなってしまいます。
似た者同士で不器用な父と息子が切なくて、哀しい。

そしてこのタイトルの意味が最後に分かった瞬間……
作中、ところどころでウルウルッとなり、目頭を熱くしていましたが。
ここでは本当に感動しました。
ガツン!とやられて、だらだら涙が止まらない。
とてもい続きい作品でした。

家族物がお好きな方にはオススメではないでしょうか。
静かな夜にじっくり読んでもらいたい一冊です。

3

ゆっくり礼賛

この作品、すごく好みです。
ゆっくり、慎重に、遼の心に踏み込んでいく、英之の丁寧さがいいです。
それを受けて、自分で、しっかり、自分の心と向き合う遼も好ましい。

杉原さんの作品楽しみ所は、「恋愛している自分を、自覚して」、「受け入れる」過程だと思っているので、杉原さんらしさをとても堪能できた。
また、遼は、子どもの頃のトラウマ故か、自分の中での心と体の繋がりが希薄で、
割合と簡単にセックスを受け入れてしまう。
その点では、(描写はあっさりでも)読者を焦らしすぎないのもいい。
もちろん、ちゃんと、心と体が結びついてからは、とっても甘い。

元々、杉原さんの文章のリズムは相性がいいのか、すんなりと読みやすいのですが、これも、2段組びっしりの本なのに、最後の方は読み終わるのが惜しい位に、するする読めてしまいました。
実に、実に、好みのお話でした。

そうそう、この作品に関しては、CD化しなくていい
っていうか、音も、絵もいらない。
寧ろ、抽象的なごく無地に近い表紙の、質感のいいハードカバーで、挿絵もなんにもない本で読みたい、と思いました。

4

深い海の底をたゆたう感じで読みました

もどかしいのは杉原さんの十八番みたいなもんですから、まぁいいとして、今回はいつも以上に淡々とお話が進みます。

お話の半分くらいは12年前のことを振り返っている感じなのですが、主人公の一人、映画ライターの水原英之は16歳から28歳の今まで、始終落ち着いているのです。
取り乱すとか激昂するとかそういうことが無い。
父親が小学生の遼を預かってきた時も、思いがけず再会したときも非常に淡々と受け入れるのです。
常に冷静に、客観的に。

そして、問題の美青年・笹塚遼はといえば、育った環境からか非常に無口で、諦めがいいものだから、小学生の頃から大人びており、映研で監督をやっている大学4年生の今でも多少の変化はあるものの、諦めがよく自分を見せない部分は変わっていません。

12年前から惹かれあっていた二人が再会し、自分たちの気持ちを受け入れて、ハッピーエンドになるまでのお話なのですが、遼がまとっている“誰も好きにならない”という殻を少しずつはがしていくのに大変時間がかかります。
過去から積み重なってきた問題の一つ一つを少しずつ引っ張り出し、できるだけ傷つかないように、でも明確に「続きこれからどうしていきたいのか」を英之は遼に選ばせるのです。
しかし、物静かなイメージのある英之の、セクシャルなアピールは意外と大胆です。(確かに多少の強引さがないと、遼はすぐ逃げてしまいそうですが。)
なのになぜだか熱さより温かさを感じるのです。
居心地良さそうな感じなのです。

そして、最初から最後まで関わってくる遼の父親の作品“無音のフィルム”が訴えたかったこと・・・
私の解釈では、「大切なものはただ一つだけ」だったのですが、それでよかったでしょうか?

ちなみに、これは私の好みの問題ですが、イラストの英之はもっと達観した感じがよかったなと思いました。遼のイメージはこれで納得できるのですが、英之がちょっと軽すぎる気がするのです。
はっきり言って、もう少し硬質な絵のほうがイメージに合っているなと思いました。ごめんなさい。

4

まさに【音無き世界】音が無くても世界には闇もあり色もある

杉原さんの作品は、独特な湿り気があって
ちょっと手暗がりのような空間に入り込むような雰囲気があります。
そして圧倒的に再会モノ、●年片思いみたいなパターンが多い。
頭で理解するまで片思いが続くような・・・

今回の作品も1ヶ月だけ一緒に暮らした
言葉を話さなくなった小学生と高校生が
大学生と社会人になって再会する話でした。

幼い頃に愛する人に傷つけられたトラウマは重く
遼の行動は、虐待を受けたことのある野良猫とか野良犬のような感じがしました。

ゆっくりじっくり精神面を開くシナリオ。
遼が英之に向き合うためには、間に亡き遼の父がいて
遼と父の関係をじっくり紐解くんですよね。
伝えたいことは自分なりに理解できたつもりですが萌えは薄かったかな。
亡くなった父に心が囚われたままアンバランスなまま恋をする遼
身体を繋げるのは、案外早かったけど描写も短く
本当に心が繋がって、はじめて挿絵と文章がしっかり表現される。
うーん。おもしろかったけど、淡白?
まさに【音無き世界】音が無くても世界には闇もあり色がある
美しいお話でしたが
頭でっかちな恋の仕方で続き、私にはちょっと難しすぎたかも。

3

キレイにはまったタイトル

ここのところ杉原さんの過去作を読んでいて、傾向がちょっと違うけどそれなりに面白いと思っていたのですが、やっぱり今の作品の方がいいですね。


フリーの映画ライターの英之はフィルムコンテストの応募作品の中に、12年前に1ヶ月だけ家に預けられていた遼を見つける。
ほとんど口をきかない、わけありの子供だった遼。
再会した遼は映研の仲間と楽しく活動している普通の大学生へと成長していたが、やはり複雑な部分も抱えていた。

子供の頃から自分の気持ちを分かってくれる(ように見えた)英之のことが大好きで、そうだと疑いようのない態度をとるのに言葉では認めることが出来ない遼。
それは水原家に預けられることとなった、父との関係に起因していました。


英之の中に印象深く残っていた笹塚親子が映された8ミリフィルム。
レコードの音に合わせて踊る、幼い遼を見つめる父親。
音声のない映像。
遼は父が「一番好きな曲だ」と言ったその曲を知りたがっていましたが、ここに父の深い愛情が隠されていました。
うまいです。
タイトルもばっちり。


あとがきで「主人公の子ども時代を書くのが好き続き」と語られていましたが、なるほど納得です。
再会シチュが多い方だと感じていたので。
再会モノは大好きなので大歓迎です。

3

イメージと雰囲気が映像で広がる世界

杉原作品の持つ透明感、それは主人公の淡々とした姿もあり、ともすれば情熱を感じられずに飽きてしまうこともあるのだが、今回はその透明感をまさに題名の如く「音無き世界」でうまく映像雰囲気をイメージさせて、帯文句「気づくと、夢中になっている」な具合にのめり込ませていました。
何より、その淡泊さを1部と2部に分け、攻め視点、受け視点の構成にしたことにより補い、より入りこめる作品にしてくれています。
二段組みの一冊ですが、意外とすんなりと読むことができました。

一本の8ミリフィルムの映像。
そこに映し出された水島親子の画像が、英之と遼の二人の接点となり再会し、その画像を通して遼のトラウマ、そして想いを英之が溶いていく。
父親との過去が、感情を表わさず、人との深い交わりを不得手とする遼の性格を作っているのだが、その過去に英之がたった一カ月でも存在し、遼の大切な一部となっていたことが、二人の気持ちをつなげるのに大きな存在意義があったのでした。

英之がそれらを理解しているからこそ、この関係は成立します。
静かに深く、じんわりと染みいる過程は、いつもの手法でありますが、今回は映像とい続きうものを据えている為、そういった場面を通して広がりに奥行きが出ているような気がします。

あの8ミリ映像は父親との思い出、そして現在の映像は英之との繋がり。
遼の不器用な手紙が最後であるところが、何とも心地よい余韻を残している。

3

最後の文章にやられました。

「世界が終わるまできみと」で杉原さんにはまって何作か続けて読みました。
が、ちょっとスロー展開ラブに自分がじれてきたのか(オイ)、
ここ何作かはちょこっとだけスルーしてきました(汗)

でも、久しぶりに読むと
「やっぱりこの文章の美しさはときめく~」
とばかりに一気にスルスル読めてしまいました。
杉原さんの場合、正直、キャラ萌えより文章萌えの度合いのほうが高いのかな…。
(自分の場合)
本当にあちこちで「いいな~、この表現」と思わされました!
素敵!

ちょっとしたトラウマを持った受けの遼くんも、慎重にその子にアプローチしていく攻めの水原さんも、今回はとても魅力的だったと思います。
優しくてジェントルマンな攻め。
心が洗われました!
ジェントルマンですが、がっつくとこはがっついてくれるとこも理想的でした(笑)

途中までは「萌えかな?」って気持ちで読んでいたのですが、
最後のしめの文章が美しくてそこで少し評価が上がりました。

読み終わってみると、宝井さんのカバーイラストがまたしみじみと素晴らしい…。
本当にこのレーベルの装丁はいいですね!
続き装丁こみで神評価にさせていただきたいと思います。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ