桃色御伽草紙~MOMO CANIII~

momoiro otogizoushi

桃色御伽草紙~MOMO CANIII~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
作品演出・監督
富岡信夫
音楽
スワラプロダクション
脚本
きさらぎ弥生
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
モモアンドグレープスカンパニー(アブソードミュージックジャパン)
収録時間
枚数
2 枚
ふろく
初回版は2枚組
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

鬼ヶ島から抜け出した黒い影。
桃太に引き寄せられてやってきたそれは、、、

表題作 桃色御伽草子

風鬼 → 三木眞一郎

桃太 → 岸尾大輔

炎鬼 → 檜山修之

白桃 → 鈴村健一

水鬼 → 緑川光

黄桃 → 櫻井孝宏

あて馬
犬飼 → 近藤隆
その他キャラ
風牙[中井和哉]/ セツラ[成田剣]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

桃太の覚醒はいつの事やら

シリーズ第3巻、桃太と風鬼メインのお話ですが、この2人、いまだに…で、
お兄様達カップルは、それぞれちゃんと、やることは、やっていらっしゃるのに、、、

アホアホ駄々っ子でお子ちゃまな桃太、岸尾さんの思いっきり可愛いハイテンションで、うざさ倍増。
風鬼は、なんでこんなガキを愛しちゃって、聖域にして、指も触れずに崇めているのか、
この辺の不条理さにエロさがにじむ、
作品全体は、お子ちゃま桃太の、無知による無敵感に引きずられて、ドタバタと賑やか。
そこへ持ってきて、炎鬼に檜山さんがいたりするので、BLドラマCDにはあるまじき大音量。
炎鬼と対の白桃が、身体弱い設定なのも、炎鬼がこの勢いでガツガツいくからだろっ!と。
それに引き替え、水鬼・黄桃組は、クール・ツンデレな水鬼の緑川さんの言葉攻めと、美人声の黄桃の櫻井さんの喘ぎとで、なかなかエロいです。

Disk1が、セツラが登場する本編ストーリー。
Disk2は、犬の風牙(中井さん)がお兄さん達の濡れ場を覗いちゃう、オマケストーリーと、キャストトーク。
トークはお兄さん組、水鬼・黄桃、炎鬼・白桃の4人でのトーク、中井続きさんのピンのコメント、セツラと風鬼の2人、セツラと桃太の2人(花粉症)トーク。
やっぱり鈴櫻の掛け合いは、年期が違うのでおもしろいです。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ