もしも心に、傷があるなら。

レイニーシーズン

レイニーシーズン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
16
評価数
4件
平均
4 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
POEBACKS Baby comic(コミック・ふゅーじょんぷろだくと)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784893936271

あらすじ

日々の中で少し傷ついた繊細な心。
思春期の少年達のほろ苦く、淡い恋心を通して
あなたの綻びも優しく繕う——。

「どんな風にきこえる? 雨の、音。」
雨の日に事故に遭い、大きな傷を負った朱川緑。
降り注ぐ水音、吸い込まれるような静けさ、
しっとりとまとわりつく空気。
その全てが、嫌な記憶を思い出させる——。
引きこもる緑のもとに突然やってきた少年に連れられ、
雨の中を歩く二人。彼は一体何のために…?
ゆっくり、じんわりと沁みてくる、
新人・四宮しのの温もりのメッセージたち。

レイニーシーズン
チョコレートコスモス
Coffee & Sugar
親愛なるきみへ
魔法の粉
きいちゃんばんそうこう
唇に、レモン
まだらの紐
スワンレイク
欲しいのはひとつだけ
あとがき
(出版社より)

表題作レイニーシーズン

その他の収録作品

  • チョコレートコスモス
  • Coffee&Sugar
  • 親愛なるきみへ
  • 魔法の粉
  • きぃちゃんばんそうこう
  • 唇に、レモン
  • まだらの紐
  • スワンレイク
  • 欲しいのはひとつだけ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

心があったかくなる一冊、癒してくれます

素人っぽい稚拙な絵、コマも細かいし、苦手かもしれないという危惧は物語を追うにつれふっとびます。
どんどんと引き込まれていく、少年達はじめとする登場人物達の世界。
自分が欲しかったものがここにあるような、そんな癒しと勇気と励ましをくれました。

全てに共通しているもの、それは自分をわかってくれる人。
そんな存在が一番大事だよ、って教えてくれるのです。
主人公達は皆、何かしらトラウマだったり悩みだったり、些細でもそんなものを持っていて、苦しんでいたり、悩んでいたり。
でもそれを人前で現すことはしないのです。
そこへ、その自分の嫌な部分を取り払ってくれる人が現れるわけで。
その方法は押し付けでも傲慢でも、不遜でもなく、ゆっくりと、ゆっくりと、”太陽と北風”のお話のように、あたためて溶かしてくれるのです。
ほとんどの話がエチなしの、恋愛未満のようなものばかりなので、ひょっとすると、それは友情の始まりかもしれないし、友情以上の好意の始まりかもしれません。
でも、そんな特別な相手ができるってことは、とても素晴らしいことですよね♪

純粋な登場人物ばかりで、嫌な人間とうのは続き一人も出てこないので、波乱に富んだ物語を読ませるという部分はないのですが、そういう心の機微を上手くとらえて、それを表現している作品なので、心の物語といったほうがいいかもしれません。
疲れた心に太陽と春風を。
そんなあたたかい一冊でした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ