擒縛の檻 3

擒縛の檻 3
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
19
評価数
6件
平均
3.5 / 5
神率
50%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
一水社(光彩書房)
シリーズ
光彩コミックス(コミック・光彩書房)
発売日
ISBN

表題作擒縛の檻 3

朝倉亮二:戸惑いつつある直樹の「飼い主」。
国分直樹:完全になりつつある亮二の「所有物」。

その他の収録作品

  • 【連作短編集】
  • 感情
  • 窮地
  • LIGHT IN DAKNESS【読み切り短編】

評価・レビューする

レビュー投稿数2

身体の関係の後に残るものは…。。。

受けを…自分を束縛し続け…
傷つけてきた相手を愛している…。

その真実の想いに確信する受けに対して
攻めは一向に心を開かずに…身体を求めてくる。

受けは攻めを「殺したいほど憎んでいた」
それは変わらずに心の内にあった。
だが…それを上回るほどの気持ちがあった。

だからこそ攻めの本当の気持ちを知りたかった。
そうすれば「憎しみ」も変わるとも思いながら…。

それでも…どんな事を言っても…
攻めは変わらない…。
そんな攻めが変わった時は
どの様な事を選ぶのだろう?

狂おしく絡み合う
SMストーリー第3弾です!!

0

波乱とその先

気持ちは確かに通じ合っている筈なのに
攻がひたすら駄々を捏ねています。
それはきっと所有者としての仮面が崩れて
きている所為でしょう。
仮面が完全に外れてしまった後、攻は何を
選ぶのでしょうか?
受は疾うの昔に何かを選んでおりますが

読みきり短編は痛みで成就する恋の物語。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ