あなたの腕を恋しがる自分自身ごと、憎み続ける

愛よ、灰にかえれ

ai yo hai ni kaere

愛よ、灰にかえれ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
28
評価数
8件
平均
3.6 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784829624678

あらすじ

トルコ帝国のスルタン・ファハルの寵童となったユーニス。純真な心のままに愛を捧げるが、その想いはファハルの残酷な裏切りによって引き裂かれた。絶望の中姿を消したユーニスは、復讐を誓い…。

表題作愛よ、灰にかえれ

孤独な皇帝ファハル
元農民ユーニス

評価・レビューする

レビュー投稿数5

トルコものBL

ちょっと珍しいトルコものBLです。ファンタジーですが、地中海の覇権を巡る歴史もちょこっと出てきて面白かったです。

舞台はオスマン帝国時代の17世紀後半。時の若き皇帝・ファハルと、その身分を知らないまま彼と出会い、秘めた孤独に胸を打たれて請われるままに彼の慰み者となる少年・ユーニスのお話です。18歳と16歳で出会い、5年後に再会する二人。実際は2歳しか違わないのですが、出会った当初は容姿だけでなく精神的にももっと歳の差がある描かれ方をしています。

ファハルは、その生い立ちや皇帝という立場から、傲慢で残酷で苛烈な上に計略家という厄介なキャラクターです。そしてとても孤独で、本当に愛を知らない男です。一方のユーニスは貧しい農民ながらとても情に深く、優しい少年です。ファハルはユーニスのピュアな心につけ込み、分かった上で酷い傷つけ方をして、二人は別れて生きることになります。そして5年後、成長したユーニスはファハルへの憎悪を胸に再びオスマン帝国を訪れます。

ユーニスの情は本人ですら窮地に立って初めて気づくほどに深く、その大きな心でファハルを変えていく物語でした。ユーニスは健気受では続きありますが、なかなか気骨のある青年なので読んでいて小気味よかったです。ファハルは、前半は特に嫌な奴なので好きになれそうにありませんでしたが、これからはユーニスの傍で優しい人に変わって行けばいいなと思いました。

0

大きなお話がコンパクトにまとまってます

「5人の王」に似てるな、という印象でした。お話もそこはかとなく似ているんですけど、それよりも空気感が。受けの報われなさとか、一目ぼれとか、攻めのクールさとかですね。こちらの方がコンパクトにまとまっているので、読みやすかったです。

攻めは確かにひどいんですが、最後に出てくるように情に関する部分だけが子供のまま取り残されちゃった人、という感じで、私は特に気になりませんでした。それを一生懸命愛してあげる受けは、ほんとに菩薩のようで、読んでいるこっちまで癒されるような純粋な優しい子でした。

言い方は悪いけど、捨てる神あれば拾う神あり、とでも言いますか。拾う神(受け)に巡り合えてよかったね、と思えます。
想いが通じ合った後のぎこちなく子供っぽい攻めがギャップ萌えでした。

意外によかったのが、政変時の混乱描写です。アクション映画のようなスピード感・緊迫感・臨場感がよく出ていて、うまさを感じました。

0

とんだ演技派野郎に騙された受けの復讐物語

5年の間に心身共に成長した受け様による復讐物語です。
最後はハッピーエンドなんですが。
ってかユーニスが達観して菩薩状態になります。
もうなんか子供を愛おしむような!

攻め様は最低(*`Д´)ノ!!!です。
幸せそうなユーニスの裏切られて絶望した表情を見たいがために村から連れてきて甘々演技で自分の傍に暫く置くのです。
演技派野郎です。
しかも皇帝(王子)なので振り回し加減が半端ないです。
ま、ある意味可哀想な人でもあるんですけどね。
愛され方も愛し方も分からない…幼少期に本来与えられるはずの家族の情がない状態で育ったのです。
…正直、そういうのって上流階級や王侯貴族階級ではよく見られる環境だとは思いますが←
でもだからこそ、幸せそうな愛情に溢れたユーニスに苛々したんでしょうね。
とはいえ正直もっと痛い目にあえば良いのに!とも思うのです。
実際痛い目にあったのはファハルにうっかり斬られたユーニスだし!
いや、精神的には堪えたんだろうけどさ…。

でも愛撫のやり方が気持ちの変化に伴って変わってくるのはいいΣd(・ω・d)!!!
5年前の玩具としてしか思続きってなかった頃は自分からは殆どしません。
ユーニスに奉仕させることが多かったのです。
でも再会して…ハリルと関係を持っていないと知ってからは…!
しまいには後孔を舐めるのが好きだからもっと舐めたいとか言い出す始末(。-∀-)ニヤニヤ
ってかユーニス抱えないと熟睡出来ないって…もうその時点で特別って気付けよ!Σヾ(>ω<=)とか思ったよ。


そしてそしてユーニスの幼馴染みのハリルが不憫過ぎてどうしよう。
ユーニス大好きでユーニスのためにめちゃくちゃ頑張ってるのに報われないわー。
ハリルにも誰か相手をお願いします(。-人-。)

0

うーん…。


小路龍流先生のイラストが好きなので購入。
綺麗なイラストで可愛いユーニスに満足です。

なんですが、お話が深いようで浅い…。
ファハルが遊びだった、ユーニスの歪む顔が見たかった…とかは物凄く好きな設定。
(堕ちるとこまで堕ちて救われる受が好きなので)

ファハルの言葉も建前からでも愛も伺えますが、いなくなったユーニスを簡単に諦めて欲しくはなかったです。

物足りないのは、ユーニスの復讐ですね。
復讐を誓ったのにそんな簡単にほだされちゃうの?
それなら、ファハルの言葉に惑わされず思い続けて再会してくれたら良かったな…。

意地悪なゼイネルも、もっとユーニスに嫌がらせしてくれたら…傷付くユーニスが見たかった(^^;

乳首責とか淫乱になっていく、けど自分に自信のないユーニスは可愛いんですけどね。

ファハルの弟も中途半端な登場でした。
復讐に協力してもらうって事で出てきたんですけど、大役もなくサヨナラでした…。

0

最後に残ったのは・・・

・あらすじ

ある農村のはずれで身なりの良い男と出会った農民のユーニス(受け)。
その男は大オスマン帝国の皇帝・ファハル(攻め)だった。
ユーニスの無垢な性格を気に入り、地方滞在中の暇つぶしのために身分を明かさぬまま離宮に連れ帰ったファハル。

最初は、貧しい農民であるユーニスが自分の食べなれた食事に驚く様を見て楽しんでいたが、家族の話題になると立場が逆転してしまう。
高貴な身分ゆえに家族さえも信用できないと言ったファハルのことを、哀れみをたたえて見つめるユーニス。
それが悔しくて、ファハルはユーニスを傷つけるために、あえて偽りの愛情を囁き寵童としてトプカプ宮殿に召し抱える。
情に脆いユーニスが自分を愛した後、徹底的に傷つけて絶望を与えてやろうと思っていたのだ。

ファハルの企みは完璧に遂行され、無垢な愛情を裏切られたユーニスは5年の歳月を経て復讐のためにイスタンブールに戻って来た・・・。


・感想

この愛憎劇、かなり楽しめました。
愛してたから復讐のためにファハルを殺したいユーニスと、自分の本当の気持ちに気づかないままずっとユーニスを側において玩続きびたいと思っているファハル。
お互いがお互いにすごく執着しているんですよね。

そんな二人のHシーンがたくさんあるんですが、
お互いの感情が変わっていくにつれて、愛撫の仕方も変わってきます。
結構エロいので、その点も楽しめます。

復讐物ですが、ラストには物語が大きく動いて、ちゃんとハッピーエンドです。


ストーリーの面でも、恋愛ものとしての感情描写の面でも大好きなお話♪
この1冊でいとう由貴さんのお話が好きになりました☆

時代物や異国物があまり好きじゃない方には受けないと思うので、一応☆4つです。
ホントは☆5つつけたいところです♪




1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ