楽園のうた2

楽園のうた2
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×25
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
64
評価数
16件
平均
4.1 / 5
神率
43.8%
著者
イラスト
原画・イラスト
カズアキ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
フロンティアワークス〈CD〉
収録時間
74 分
枚数
1 枚
ふろく
なし
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

第1巻に続き、ラジオ番組で未放送の「原作の後半部分」をドラマCD化。 KIXが歌う挿入歌「Pandora」をシン役・緑川光さんが歌唱しています! ジャケットイラストは、「Starry☆Sky」でお馴染みのカズアキ先生による描き下ろしです!
シンとの一夜から数日後、那智はMBO経営のバーでのパーティーで久し振りにKIXのメンバーと会った。 シンの後輩・一弥と色々話す那智を見て、シンはヤキモチを焼き、バーの奥へと連れ込み強引にキスをした。 「自分の事だけを考えて欲しい」と望むシンに対して、那智は嬉しい反面、 柔和になったり強引になったり変化するシンの行動に驚きを隠せないでいた。 積極的にならない那智にシンは苛立ち、自分のマンションで強引に迫った。 「もう、誰にも邪魔させねぇし、されたってやめねぇし。優しくしてやるつもりも、ねぇよ。」 シンとの関係が深まっていく一方、有名アイドルであるシンにいつか捨てられるのではないかという不安を かかえる那智であるが…。
(販売元より)

表題作 楽園のうた第2巻

栗栖神 → 緑川光

笹本那智 → 神谷浩史

その他キャラ
飯田賢悟[森久保祥太郎]/ 楠木遥[高城元気]/ 月島彰[平川大輔]/ 笹本梨夢[後藤麻衣]/ 真壁渚[天野由梨]/ 桜庭豪[安元洋貴]/ 藤崎一弥[寺島拓篤]

評価・レビューする

レビュー投稿数3

声優さんに支えられて・・・

やっぱり、少女漫画のような感じでした。
中高生が、好きそうなストーリーだと思います。
第一巻の方の感想にも書きましたが、やはりBL初心者向けだと、第二巻も聴いて改めて思いました。
評価は、ストーリー的には、”しゅみじゃない”なのですが、
大好きな声優さん方の声を堪能することができたので、全体的には、”萌”評価です♪
特に、緑川さんの攻めのCDは、数枚しか持ってないので、私の中では貴重な一枚となりました。

緑川さんと神谷さんの絡みのシーンは、とても良かったです。
緑川さん、受けのCDのほうが多いけど、攻めもいいので、攻めのCDがもっとあればいいのに・・・と思いました。
平川さんは、出番が少なかったので、もうちょっと欲しかったです!

1

寒くて痛い…

地雷だと分かってたんですが、やっぱり地雷でした。
じゃあ聴くなよと言われそうですが、レンタル品だし貧乏性だし(モゴモゴ)。
前作でも書きましたが、「アタシがツンツンして相手しないそぶりを見せてるのに、こんなふうにアイドルにぐいぐい口説かれて愛されたい♪」という乙女の寒くて痛い妄想をBLで「そのまんま」書いてみました!みたいな話。
こういう話、女なら基本的にキライじゃないとは思うんですが(だってイケメンに愛されて口説かれたら嬉しいっしょ。『花より男子』みたいなもんだ)、だとしても「そのまんま」は無い。痛さをある程度漂白してから世に出してほしいのですよ。
この、漂白されてないがゆえの痛さは羞恥に身悶えてしまう痛さなのですが、私もいつか解脱できたら楽しめるようになるかもです。

でもまあ慣れますね。
覚悟して聴くと、羞恥のあまりくらっと倒れそうになることはないです。
ただ、ファンの子にレストランで囲まれて逃げるシーンでの大袈裟っぷりあり得なさっぷりにはさすがにぶっ倒れそうになりました。つーかファンは敵か。ここに「アタシ以外のファンに対する深層心理下での憎しみ」を感じてしまうのは、さすがに私の続きうがちすぎだとは思いますが。やっぱ私は修行が足りぬ。解脱解脱。忍忍。
あとはストーリーは聞き流し、緑川さんと神谷さんの喘ぎ声だけを堪能してやる~!という強い覚悟と決意のもとに聞けば大丈夫。むしろそこを楽しむべし。俺様アイドルに緑川さん、ツンデレ高校生に神谷さん、キャスティングとしてはぴったりだと思いますしね。

1

ロマンチックvコテコテv乙女シナリオv甘いv甘いv甘いですv

『楽園のうた』の続編です。
人気アイドルグループのボーカル・シン(緑川)と
普通の高校生・那智(神谷)のラブロマンスv

このシリーズのナニが良いといえば
コテコテの乙女シナリオじゃないでしょうか?

日本中の女の子の視線を釘付けにする
人気アイドルのシン(緑川)は
モテモテの俺様でプレイボーイなわけですが
眼鏡と重い前髪で顔を隠した“普通の”高校生・那智(神谷)を
本気で好きになっていくのです。
ま、たいがいこの手の“普通の”っていうのは
ぜんぜん普通じゃないんだけどな☆

とびっきりの甘い甘い恋愛を聴かせてくれますよ。
『ときめきメモ○アルGirl's side』とか好きな人は
ばっちりハマれると思います。
とにかくこの手のコテコテを、きっちりキメキメで演じてくれる
緑川さんには本当にメロメロですからv

前作では、ベッドインまでいかなかったのですが
今回は、これでもか!これでもか!とwww
ロマンチックですよぉvvv

あて馬や、すれ違いなどのアクシデントはなく
モテモテのシン(緑川)が自分のことを本当に好きなのか
自信が持て続きないといった取り越し苦労、いや、むしろ、ノロケ?な展開w

ただ物語の山をつけるために、シン(緑川)のファンを悪者としてしまうのは
ちょっとどうかなぁと思いました。
ファンは大切にしてくださいw

出てくるセリフ、出てくるアイテム、出てくるシチュエーション
すべてが、きゃーっvvvと、叫びだしたくなるほどコテコテで
ニヤニヤが止まりませんでしたwww
これを、緑川光さんが演じることに【神】評価です☆

神谷さんの喘ぎもばっちりv

脇の声優陣も無駄に豪華。
何かまたこのメンツでスピンオフとかするんでしょうかね?
あまりにも無駄に豪華です。耳福~v

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ