恋愛証明書

恋愛証明書
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
33
評価数
10件
平均
3.5 / 5
神率
30%
著者
イラスト
作品演出・監督
阿部信行
脚本
周防司
原画・イラスト
街子マドカ
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
Atis collection
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
初回特典フリートークCD(森川智之、鈴木千尋)
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

はじまりは3年前。
カフェレストランで働く安芸遼一は、美しい妻と愛くるしい男の子・准と訪れる常連の客・皆川春海に一目惚れした。
しばらくして、離婚し落ち込んだ春海に夜の歓楽街で会った遼一は、身体だけの関係を持ちかける。
それから1年。月に二度だけの逢瀬のたび、春海に惹かれていく遼一だったが、想いは告白できない。
やがて別れを決意した遼一に春海は……!?

表題作 恋愛証明書

皆川春海 → 森川智之

安芸遼一 → 鈴木千尋

その他キャラ
皆川准[平田真菜]/ 余呉清順/マスター[高橋英則]/ タカ/サチ[中田隼人]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

自分の過去をさぐられたような気がしたぜw

崎谷はるひ原作っていうと、ビッミョーにイラッとくるんですが(笑)
その濃厚な空気ゆえか、やたらと森川帝王×千尋たんのコンビがハマる。

今回は優柔不断めな既婚男と、健気なゲイの不倫物語…ってことで、
攻めの春海(森川さん)に非難が集中するのは目に見えたんだが…。

うわー、ワタクシ、これわかりすぎるほどわかるっすよwww
不倫経験者のワタクシとしてはすんげぇ身につまされたドラマでありましたw
既婚と恋愛しちまったことある人なら、「あるあるある!」と頷くかも。

たしかに春海ってBL的にはサイッテーなんでしょうが、ものすごくリアル。
あぁ、いるいるいるいる…こういうの…!
と、激しくヘッドバンギングしてしまう。
春海の魅力がワカンネ、って人多いと思いますが、まぁ、えてしてこういうヘタレ気味な既婚ってハマりやすいんですってばw

一人でぐるぐる考えすぎちゃう遼一(千尋さん)にしても、
妙に共感できる!
ことに春海の子供に妙な嫉妬心を感じてしまうあたりはリアルすぎてこえぇw
自分の気持ちを言えなくて、自分から終わりにしようって言っちゃうのもわかりすぎるほど続きわかるし、ゆえに、爆発しての泣きはものすごい説得力。

コミュニケーション不足ゆえ、という非難は多々ありますが、
でも、不倫ってそういうもんじゃないのかと思うですよ…。
相手の家庭を壊したくはないし、セフレでいいやと思う気持ちともっと愛されたいという気持ちの狭間で揺れてしまうこともあるし、攻めにしても、言おう言おうとしつつ乗り遅れていってしまうのもわかるんだよなぁ。
ましては遅デビューのフォモならなおさら…。

エンドは煮え切らない春海が自分の気持ちをきちんと吐露して
ハッピーエンドになるわけですが、これって、不倫をしている者の理想じゃないかなぁ。
子供も捨てて自分を抱き留めてくれるなんて。
倫理的にはどうよ?なんだろうけど。
そういう意味では悲しいほど強烈なファンタジーだった。

さて、こういうリアリスティックな場面を遺憾なく再現していた千尋さん&森川帝王ですが、千尋さん、ホント泣きがうまい。
森川帝王×千尋さんコンビにしてはエロエロっぷりが控え目ですが、二人のためらいがちな呼気が大人の色気。

4

実は簡単なお話?

健気で自分の中でぐるぐるしちゃうタイプの受のお話でした。
遼一は晴海に惹かれていて。
だから、夜の街で出会った時に晴海の事情を聞いて憔悴している晴海を慰めたくなって無理に軽いフリして誘ってしまうんですよね。
その居心地がよかったのか、晴海は1人になると(子供の親権は晴海が得たが月に2回元嫁の元へ泊まりに行く)遼一を呼び出して。
そんな慰めるような逢瀬を繰り返す遼一。
気持ちはどんどん惹かれていくのに、晴海の抱える事情を思うと伝えることができない。
そんなことが1年続いて別れを決めるのだが…。
きっと要は晴海がもっとしっかりしてれば、ちゃんとその想いを遼一に伝えていればこんなことにはならなかったのにね、って話なんですが。
勝手にぐるぐるしてたのは遼一だけども、やっぱりなんだか原因は晴海にあるように思えて仕方ありません。

ちーちゃん(鈴木さん)の遼一はこのどうしようもないような恋に一生懸命で健気で。
せつなくなりつつも身を引くことを考えていて。
その心情面の表現はさすがちーちゃんです。
晴海役の森川さんはなんというかちょっとヘタレな感じがあって全体的にはやさしい続きトーンのようなちょっと弱い感じのような。
あんまり聞かない感じのぶーちゃんだったかも。

フリトはちーちゃんと森川さんと。
特典フリトでは森川さんが行き付けのお店についていろいろと語ってました。
店長と仲良くなってオリジナルメニューを出してもらったりとか。
ちーちゃんはハワイっぽい雰囲気の犬と一緒に行けるカフェテラスのお話。
あとは、それぞれの役について。
ちーちゃんの役は母性のかたまりのような役だったので、ちーちゃんの中の「ちーママ」の部分を活かして演じたらしい。
森川さんの役はなんだとってもフツーに森川さんぽかったとか。

0

ん~

ストーリーはいまいち好きじゃないです。
攻めはどこがいいのかさっぱり分からない。好きなら好きって一言言っとけと思う。長い話だけど、たったそれだけで終わる話なんだよね、これ。で、私、「好きと告げれば万事解決でハピエン!」って話があまり好きくないもんで。
子供はあんまり可愛くないし。嫁もへんな性格~!
受けのマイナス思考も好きじゃない。せっかく誘い受けなんだし、「身体からはじまったけど、心まで落とすように頑張るゾ!」ってタイプなら大好きなんだけど。
一年も関係続けてたなら、普通は一定の情は感じ取れるんじゃないかな。遊びの関係にだって情はある。セフレでも捌け口でも、情がなきゃ続かないよ。それなのに「相手にはハートがない」って決めつけてるのは「健気」というより「失礼なやつ」だなって思うんだよね私。
あとオカマバーのマスター。「何もかも分かってるよ、ウンウン」ってタイプ。崎谷作品によくいる悟りをひらいたタイプのキャラです。人生を語ることはなかったけど、「すべて分かってるさ」ってオーラ満開の台詞がウゼーと思ってしまいました。

ただもう受けの鈴木さんが最高に良かったんですよ。
モノローグは耳に心地続きいいし、泣き演技は鳥肌たつし。
濡れ場は最強。誘ってベッドに持ち込むシーンは圧巻でした。
「押さえつつも漏れる声」とか「理性とんで溺れる声」とか場面場面に応じた喘ぎ方が素晴らしいとしか言い様がなかった…!
もちろん帝王森川さんも抜群の安定感でした。

0

よかった、これは

ちーちゃんの遼一、すごくよかった。
健気な聖母のようでいて、実は自分の殻に閉じこもって周りを拒絶している、微妙な傲慢さ。
森川さんの春海も、ヘタレな大人でよかった。
春海の、鈍感って言うのとも、ずるいっていうのとも違う、ヘタレな図々しさ。

お互いに、少しでも自分の心を相手に伝える努力さえすれば、幸せになれるのに、大人の臆病さで、それが簡単にはできない。
身体だけは、エロエロに燃え上がるのにね

っていうのが、ちーちゃんと森川さんの、大人の声だからこそ成立してた感じ。

音楽も、じゃまにならず、雰囲気が合っていてとてもよかったです。

1

原作よりも、よかった。

原作既読。
カフェ店員でゲイの遼一(千尋)は、客として訪れる
家族持ちの春海(森川)に惹かれていて
ある日、ハッテン場で、うろうろしている春海(森川)と出会い
ゲイじゃないかと迷う春海(森川)に「試してみる?」と持ちかける・・・
以後、セフレのような状態が続くというお話。

遼一(千尋)は、すごく不幸体質で
春海(森川)は、攻めのくせに恋愛に対して受身w

なんとなく結婚して子供を作って
でもけっきょくダメになって・・・春海(森川)は
ものすごく弱くてだらしのない男ですw
ダメだけど、そんなところもかわいいと思えちゃう遼一(千尋)も
相当ダメな男だと思うw

清純とか純愛ってわけじゃなく
だらだらっと、ちょっとずるい大人の恋の話。

森川さんがフリトで言ってたけど春海(森川)は
けっこう等身大な男性像でしたよ。
ものすごく悪い男でも、潔白な男でもなく、ゆるい色気。
声がつくと春海(森川)の魅力が伝わりやすかった。

絡みは、たっぷりねっとりアダルティックに色気むんむんです!
まあ・・・崎谷はるひシナリオですからw

このシナリオAt続きisさんじゃなかったら
もっと安っぽくて薄っぺらくなってたかも。
BGMの雰囲気とかもしっとり。


-----------------------------------------
巻末フリト 約2分 (森川、千尋)
-----------------------------------------
ざっくり感想

-----------------------------------------
通販特典フリト 約21分 (森川、千尋)
-----------------------------------------
お題トーク

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ