なんとなく大丈夫

なんとなく大丈夫
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
29
評価数
8件
平均
3.6 / 5
神率
25%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784403662683

あらすじ

街で行き倒れていたサラリーマン・爽輔(そうすけ)の前に現れたのはアラブの王子様――ではなく、ナゾの会社・ロレンス商事の社長・青波(あおば)だった。ロレンス商事に転職させられた爽輔は、おかしな社風に戸惑いつつも、青波のかわいさにヤられてしまう。しかも、なぜか毎晩同衾(どうきん)することになって……!? トーキョー・ラブ・パニック!!

表題作なんとなく大丈夫

谷中爽輔(23)
シャチョー・二階堂青波

その他の収録作品

  • なんとなく大丈夫v 番外篇 実録ラクダ社員24時・商店街爆走篇
  • なんとなく大丈夫v 番外篇 実録クマ社員 朝9時30分・純情過保護篇
  • 太陽×ひまわり
  • キャラメル・ハードボイルド 情熱系
  • 太陽×ひまわりbefore
  • 太陽×ひまわりafter
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

もっと続きが読みたい!

表題作について。
天然社長にじわじわと落とされていく攻の谷中。
その過程がとにかく楽しい。シャチョーは可愛い!
谷中のモノローグが笑いを誘い、ちょっとズレた世界観と、ロレンス商事の個性的な社員たちがまたいい味出しています。
ラクダ社員ってなんだそりゃ。面白すぎる。しかも一番優秀な社員だそうで。
ほかの社員たちもラブってたり、片思いだったり、シャチョーに妙なことを吹き込む係(?)だったり。
このキャラクターたちでシリーズにしてほしいです。
そしてシャチョーと谷中のラブラブなところがもっと見たいです。

0

変な人いっぱい、普通の人(主人公)ひとり。

「おはようございます、谷中爽輔です」
というびっくりする位普通のルックスの普通のサラリーマンの普通のあいさつから始まる普通の話のようでちっとも普通ではない話。

熱射病で倒れていたらラクダに乗った社長に拾われたり、
その社長がずーっとなついて来たり、そもそも何の会社?だったり、
セーラー服を着たロンゲの男が不思議な仕事をやってたり、
隙あらば社内のそこらじゅうを改造しまくる男がいたり。

そういう変な話の中、あまりにもミエミエでヘタクソすぎる二階堂(社長)の好意の示し方に、ちゃんと手順を踏むというタダシイ道のはずし方をし、
そこでさらにボウボウと萌えの炎を燃やすことになり、一緒に寝ているうちについには肉体関係(しかもDear+ってこんなにエロかったっけ?と思うくらい延々とエッチする)にゴールインというお話です。

でも、「気持ち良すぎてテンパる攻め」っていそうでいないのですよ。
BLの攻めって大抵は受けをガンガンいてこますか、
そうでなきゃ受けに一方的に犯されてるから。

前半の不思議展開でさっぱりと「好きだよん」で終わるのかと思ったら
きっちりやるべき続きところはちゃんとネタとして丁寧に片付ける妙な濃さに好感です。

1

くるくるの不思議ちゃん

南野さんって、「ケモノちゃん達との不思議ファンタジーワールド」ってイメージが強くて、
普通に人間しか出てこない、普通にBL?って読んだこと無かったのですが、、、
やっぱり、不思議動物並みに「かわいくってピュアだけど、思考回路が意味不明」な天然ちゃんばっかりだった。
で、この、かわいい不思議動物ちゃんに、うっかり取り憑かれてしまう朴訥普通男。
だって、かわいいんだもん。
かわいければ、なんとなく大丈夫。


なのか?

この天然な不思議動物ちゃんを、
「かわいい!」
って思えるかどうかが、ポイント、
かな?

2

好物のお馬鹿受け満載(*ノωノ) イヤン

癒しファンタジーBLです。(※ゥチにとってです。)
もぅましろ様漫画は、トンデモナイ受けを描かせたら絶品です。
と思っていたら、
キタコレ!!お馬鹿見かけ外人シャチョーとかってwww(しかも受)
東京砂漠だからって、いくらなんでも ラクダ社員ヨシ子さん!
(実はヨシ子さんが一番実益社員なんですょ・・・コレマタ・・・(^^;;)
ふつーに「クスクス」笑えるんですよ~アルファー波満載ッス!
ましろ様作品の攻は必ず受にメロメロでかわぃがる傾向です。
今回も全部 そうでした。
太陽×ひまわりシリーズなんてもう
ド美人お馬鹿受けで、どうしようもない人間なのに、
(まぁ攻がそう育ててしまった節があるんだが・・・)
やたらかわぃがるし、メロメロですがな・・・(ΦωΦ)ふふふ・・・
そして今回珍しくHシーンがモロ描きされていたよぅな~(*ノェノ)キャー
でも全然アッサリしてんですけどね。
読んだ後 ほんわかできるBLって珍しいと思うんですが・・・
ゥチだけかな~ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪

お馬鹿受けがお好きな方は、一読してみてください。
あくまでもこれはB続きLファンタジーです!!≧(´▽`)≦アハ

2

おまえは、俺のものだから。

なんとなく大丈夫じゃない気がしますが、面白かったです(人〃∇〃)
お話は、行き倒れの営業マンが、通りすがりのらくだに乗った社長に拾われて~なお話。
ビルの立ち並ぶ真ん中に、アラブな服装の金髪日本人。
しかもらくだにのってやってきた社長に、行き倒れの営業マンというぶっちゃけたキャラクター。
拾われて、あれよあれよと会社から買取されてしまう。
何の会社だかわからない会社で、気を失っている間に社長の結婚相手にされてしまったり。
社員はセーラー服を着たウサミミ男だったり、ツンデレメガネだったり、ヤクザみたいな男だったり。
いろいろむちゃくちゃなんだけど、面白い。
何かが可愛いのです。なんとなく可愛いのですw
なにがなんとなくなのか、同でもよくなってしまうww
社長との初体験!!
それまで、のんべんクラリとしてて、ぽけーっとしてる社長が!!
か・わ・い・い(*´∀`*)ホケェ
しかも初もの!初もの!初ものに弱いw
ピンポイントで好きだったのは、一緒のベッドで寝てて、攻がこらえきれなくてベッドを抜けた出した後。
空いたベッドをサワサワ探している姿がいかんせん可愛かっ続きた!
読み返すと可愛さ数割り増し。予想より↑↑です

2

ましろさんのアラブ系(違います)

いや、表紙はそんなふうにも見えますが。
フツーに日本人同士のお話です。
ただちょっと会社の名前が「「ロレンス商事」だったり、ラクダ社員がいたりするだけです(何だソレ)
というか、この表紙。
ましろさんにしては裸率が高く。
しかも、帯を取ると、アレレ、君、その布きれの下は何も纏ってないのかい?という状況で。
攻の視線もそれが気になってるようにも見えるし…。

さて、本編。
相変わらずのましろワールドは炸裂してました。
お金持ちのシャチョー・二階堂青波はラクダ社員のヨシ子さんと散歩中、行き倒れている谷中爽輔を拾う。
爽輔が気に入った青波は自分の会社の社員にしてしまうのだが…。

もうとにかく謎というかとんでも会社の社長はやっぱりとんでも社長で。
思考回路というか周りのヘンテコ社員の言い分を聞き入れているせいか間違った方向に突進していくようなところがあって。
でも、それもこれも元を正せば爽輔に気に入られたい、自分のモノにしたい、というのが大前提で。
「キュンv」というか「萌え!」という表情とか言葉とかを天然で発してくれるわけです。
それに、爽輔が絆されていく続き形なんだけどもとにかく些細なことで喜んだりする青波がかわいすぎです!!
あと、ちらちら出てくる経理の篠原とその恋人・鮫島のお話もじっくり読んでみたいなぁ。
そして、大久保は小早川狙いなんでしょうか。
このお話もシリーズ展開していかないかなぁ…。

「太陽×ひまわり」
学園ものです。
昔から大いに宮園に対して過保護な榊原。
もちろん、それは父性愛とかじゃなくてもっと個人的なもの。
それをわからせるためには軌道修正も必要。
「~after」の宮園のヤル気がステキでした。
勉強の成果も(笑)

「キャラメル・ハードボイルド情熱系」
…タイトルでまず笑ってしまいました。
「はぐれ刑事」思い出します(爆)
お話は冴木と桃生のいざこざ?
桃生好きなんですが、いっつもはわりとツンデレな感じがしたりするんですが今回は完全にツンがなかったような…。
というか、現状に振り回されてる感があって。
やっぱ冴木のことがすごく好きなんだなーと。
間違った方向への突進をちゃんと阻止してもらえてよかった!

ましろさんのマンガといえば、慣れない人や苦手な人にはどこか電波な感じがしたりもするかと思うのですが、私はすごく好きで。
今回もやっぱりキュンvとする部分が大いにあって面白かったです。
そして、久しぶりの単行本ですが…ましろさんのえちが進化してる……。
今までは上半身中心というかなんとなくニュアンスで悟れよ的な部分も多かった気がするのですが、今回は結構下半身率も多くって。
今までよりもガッツリ描いてらっしゃる印象(それでも、ましろさんなので全く濃くはないですが)
フツーに下の毛とかも描いてあったし。
長年読んでると「うわー、こんなのも描くようになったんだぁ」と感心?してみることもあったり(笑)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ