志水ゆき全集5 LOVE MODE5(表題作 I'm hungry )

shomizu yuki zenshuu

志水ゆき全集5 LOVE MODE5(表題作 I'm hungry )
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
73
評価数
17件
平均
4.4 / 5
神率
64.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥950(税抜)  ¥1,026(税込)
ISBN
9784403619625

あらすじ

あの頃、僕らは餓えていた。

なにも持たず、ただただあがいていた、
双子の野良犬・天雪と天雷。
ふたりでいても孤独だった彼らを、
もっと餓えた男が買いーー。

命を賭けられる、たったひとりの人に出会う幸運を描く、
シリーズ最長篇『I'm hungry』を一挙収録した、
『LOVE MODE』完全版第五弾!!

表題作志水ゆき全集5 LOVE MODE5(表題作 I'm hungry )

鹿島晴臣(天雪) 葵一の側近
蒼江葵一 蒼江家長男 

同時収録作品I'm hungry Ⅰ

蒼江将伍 蒼江家当主
錦 僧侶

その他の収録作品

  • 月に願いを
  • 失くしたもの。残ったもの。
  • この手にあるもの。
  • PROFILE

評価・レビューする

レビュー投稿数6

痛くて切ない過去編

大好きで、何度も読み返してる作品です。絵は古いけど、お話が素晴らしくて、帯にある「BL界の金字塔」の言葉に偽りなしと実感します。今回は、蒼江と葵一と晴臣たちの過去編になります。切なくて胸が痛くて、なかなか読み返せなかった5巻です。

晴臣の生い立ちと、生き別れになった双子の弟(天雷)。父親にとっての葵一の存在と、跡取りとしての蒼江の立場。葵一と蒼江の危うい関係。葵一と晴臣の関係。
どれもハッピーエンドとは言い難く、皆の幸せを祈らずにはいられません。
中でも、蒼江たちの父親が鬼畜で酷い男で。犠牲になった周囲の人間の気持ちを考えると、怒りでいっぱいになります。
もちろん、お金だけもらって逃げたラーメン屋の店主や、晴臣たちを捨てた母親も酷いんだけど。
それを乗り越えて、それぞれの今の幸せがあると思うと、感無量になります。

心残りは、天雷の幸せが見れなかったことです。3巻に登場していた、天雷の相棒の一星とのお話が読みたかったです。

0

2人の出会いと、強い絆で結ばれた2人の原点。過去篇です。

今回は、【蒼江×直也】カップルも出てきますが、なんといっても、【晴臣×葵一篇】のお話遂に登場です。一冊この2人メインのお話になっています。
今までの蒼江家の謎が解き明かされていきます。またそれが壮絶なんですよね…。晴臣(中国名は天雪)の過去、双子の弟の天雷の存在、蒼江父の存在と、錦という蒼江父が執着し続けた男の謎が明らかになっていきます。
普段は、女王様気質で飄々としている葵一ですが過去は壮絶でした。実父には道具のような扱いをされ、拉致はされるストーカーには襲われる、今とは違い生きることを自分の存在意義を諦めたような子供時代だったんですよね。そんな葵一の今があるのは、唯一心も身体も預けられる晴臣の存在が凄く大きいんだろうなあと思いました。いろんな苦難と同じ痛みをお互い分かりあい、長年連れ添ってきたからこそ、この2人の熟した関係は一味違う重みがあります。一緒に生きていく相手を見つけ、守るべき相手ができた事でお互いに強くなったんだろうなあと思います。葵一の時代時代で表情が違うのも興味深い点でしたし、痛くてダークなお話だっただけに、現在の葵一のハチャメチャ女王様ぶりには安心します。

続き
せつないといえば天雷です。もし、先に葵一と出会っていたならと考えてしまいますが、影から支える生き方がこの人のあり方なのかなあと…一星とのお話はお蔵入りになってしまったみたいですが、幸せになって欲しい人のひとりでした。
そして、忘れてはならない蒼江父。鬼畜で強烈過ぎて言葉もありません。錦だけがいればいいとは…ひどすぎる男の人だと思うんですけど、ある意味可哀想な人なのかもしれませんよね⁉この2人のお話もある意味読みたかったような気もします。

今回は過去篇という事で、せつなく痛い系のお話でしたが、蒼江家の原点と【晴臣×葵一】の強く結ばれた絆の原点が読める巻になっています。十分読み応えありなのでオススメです。

0

色々続きが気になる5巻

葵一の過去編メインの5巻。
蒼江パパはとにかく色々すごい人だった。彼がなんであんな風になっちゃったのかもちょっと気になるところだし、錦との色々は是非とも描いて欲しかったです。昼メロ大河ドラマでかまわないのに。むしろウェルカムなのに。
双子の運命とか関係性はとにかく切ないです。葵一・晴臣主従は堪能させていただいたけれど、欲を言えばやっぱり天雪が幸せになる話も見たかったかも。つくづく 天雷と一星の話がなかった事が悔やまれます。

0

結局ラブモは蒼江父の執着愛の話なのか?

今回は葵一、晴臣、そして前回登場した晴臣の双子の弟・天雷がメイン。
怜二たちの影に埋もれながらも、気になり続けていた晴臣×葵一でしたが、こんなにドラマチックで壮大な過去があったんですね…
やっぱり私はラブモの中でこのカプが一番好きです!
そして蒼江父・将伍の全貌が明らかに。
呪われたような蒼江家の運命は、将伍の錦への歪んだ愛の結果なんだなーと思いました。

晴臣と天雷の因縁。
それは二人が悪いわけではなく、二人はお互いのことを大切に思い過ごしてきたからこそ
裏切られたと勘違いしたり、置き去りにしてしまったことを後悔したりしていました。
しかし二人はあの時の最善の策を尽くしたと思います。
それにしても周囲の人が酷過ぎますよね…
そしてそんな二人の光になったのが、葵一。
実の父親に道具のように扱われ、怜二という支えがいるものの
誰よりも孤独を知る男。
父のせいで拉致られ、男にヤられそうになり、
本来なら一番信用出来る人に裏切られ続けている葵一。
そんな彼だからこそ、晴臣と天雷の気持ちがわかるんでしょう。
双子どっちからも望まれた葵一でしたが、多少揺れてはい続きましたが、こっちを選んでくれてよかったと個人的には思いました。
今までも要所要所で出てきた「一緒にいてやる」「何が合っても守ってやる」という台詞。
今回この作品を読んで、さらに心に残る台詞になったように思います。

また、蒼江父・将伍ですが、歪んでいるにもほどがある…!!
怜二と葵一をもうけたのも、錦が望んだから。
怜二を後継ぎにさえらのも、錦が望んだから。
全ては錦を手に入れるために……。
それにしてもやり方ってものがあると思うんですが?!
この二人、非常に気になりますね。
錦は将伍に人生を狂わされたと書いてありましたが、実際彼のことをどう思っているんでしょうね。
志水先生はこの二人の話を描こうと思ったけどドロドロの昼メロになるからやめた、とおっしゃられていますが
もうそのドロドロでいいので是非読みたいんですが…!!

次巻でいよいよ完結。
おそらく、史貴が出てくるんでしょう。
蒼江父、錦に次いで気になる人物だったので、今から早く知りたくてたまりません。
全サCDやファンブックの内容も気になります!!
コレで蒼江父と錦の話に触れたりしてくれないでしょうか…?!

1

全てが錦という一人の人物に起因する。(ネタバレ注意!)

今回のメインは晴臣×葵一なんですが、なんというか…やはり蒼江父と錦の関係が強烈すぎて集中できなかった。なんかもう『LOVE MODE』という作品は、全て蒼江将伍という男が久世錦という一人の人物に執着したことから始まっている気がしました。もう私は今回蒼江父×錦のことしか語りませんので(笑)ネタバレ注意です~。

まず蒼江父。この人は外道です。錦のことしか考えてない。錦を完全に手に入れるために、邪魔なものは全て排除する人。もともと蒼江家の血筋ではなく養子だったそうです。まずそこにびっくり。そしてB&Bの真実。このクラブも錦が男同士の肉欲を否定したため、蒼江父が男同士の行為の正当性を証明するために作ったものだとか。というわけで蒼江父はB&Bの会員No.1だそうです。

さて、そんな男に執着されて人生を狂わされてしまった久世錦。彼は僧侶です。初めて作品に登場した時、袈裟姿だったので何故に僧侶?と旧版の時からずっと疑問でした。しかし彼は初めから僧侶だったわけではなく、蒼江父から逃げるためにお山に入ったそうです…。それでも逃げ切れず、連れ戻されて抱かれて縛られた人生を送りました。今回の葵一続きをめぐる事件も全て蒼江父が錦を手に入れるために仕組み、錦を傷つけた者に制裁を与えるために仕組んだものでした。

蒼江父の妻であり、葵一と怜二の母親である女性も登場。ただしその女性は蒼江家の跡継ぎを作るためだけの人間という感じです。
そもそも蒼江父が葵一と怜二を作ったのは、錦が「跡継ぎは必要だ」と自分との関係を拒んだから。その為だけに跡継ぎを作ったのだとか。しかし長男の葵一は子供は残せない身体。ということで、跡継ぎは次男の怜二になってもらわなければならない。その為に蒼江父は計画を練りに練って、最終的に自分の思い通りにしてしまいました。

家を継いで、跡継ぎを作って、常識や世間体を盾に自分を拒む錦の逃げ道を全て潰して錦を手に入れた男・蒼江将伍。B&Bを舞台に繰り広げられるこの作品は、この男から始まったのだなと。蒼江父×錦の「始まり」をぜひ読んでみたい。二人の「最期」は知っているから。

『LOVE MODE』も残る1巻。いよいよ怜二の過去編が。そして史貴も登場することでしょう。『レシピ』も収録されるので、来月が待ちきれません…(´Д`)

2

蒼江家の因果の深さよ

いよいよこの全集も後半5冊目、お話はシリーズ中でも一番長い「I'm hungry」でほぼ一冊できあがっています。
この中で蒼江家の愛憎、今まで能天気な姿しか見せていなかった葵一の過去と本当の姿。
3巻で登場していた晴臣の弟・天雷と晴臣の過去。
そんなものが一気に登場して、深い世界を描き出していました。

何より切ないほどに苦しい人間として登場したのが、葵一と玲二の父将伍の姿です。
物語中では具体的ではありませんが(プロフィールにて補足)とにかく蒼江家のその”家”という血にとらわれた縛りの為に、すっかり壊れている人間なのが悲しい。
そこまで冷酷にならなければ守れない家なのか?
葵一への、執着ととるべきなのか、憎しみととるべきなのか、その扱いは父親とは思えず・・・
しかもそれが家への反抗らしき、愛する男”錦”への執着がゆえに引き起こされたものだと推測されるのですが、この錦という男もまた、プロフィールのフォローがなければ、ただの奴隷にしか見えず・・・
そんな、おどろおどろしい蒼江の家なのだと、知らしめます。

晴臣の過去も悲惨なもので、弟への愛から取った行動だったのに続き、それが誤解を生み、弟である天雷から憎まれる運命に。
いつでも天雷の事を想っているのに、新しく守るべき主人である葵一を与えられ、そうして彼は葵一の唯一無二の理解者であり、下僕であり、恋人であり、といった存在になっていくんだということがわかります。
そして晴臣の名は、葵一が可愛がっていた犬の名前だったという事実にびっくり!
しかし晴臣は本当の犬としての役割をするようになるのですから。
惜しむのは同じく3巻に出ていた天雷の相棒であろう一星が出ていなかったこと(このカプ話のサイドストーリーも日の目を見なかったそうです)

葵一は、父により外出を止められ家にこもった生活を強いられていますが、髪が長い!それにまだ少年だからちょっと中性的魅力があります。
葵一の存在や彼への危害さえも、自分に有利に働くような駒として使われる葵一、もはや長男としての価値を父親から与えられず、ドロップアウトを決められた身に晴臣を与えられ、それでよかったのかもしれません。
葵一が女王様なのは、晴臣の主人だからですが、元来そういう気質だったのですねww

こうしてこの巻を読んで、本当に玲二は蒼江の跡継ぎにふさわしい人間だったと思います(本人の意思は無視されても)少年なのに危機への対応は出来ていたのですから。
それを見越したような父・将伍が何とも憎たらしいのだが。
蒼江家に尽くすべき鹿島田の家というのもわかりましたし、謎解きがされたような巻でありました。
それにしても、何と因果な家系なのか、、切なくなります。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ