罪と罰の間

罪と罰の間
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×25
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
41
評価数
10件
平均
4.1 / 5
神率
30%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥855(税抜)  ¥923(税込)
ISBN
9784344818958

あらすじ

それでもーーーいつか赦される。
すべてを失い自殺をはかったオヤジ41歳・高島は、イカサマディーラー・三沢に拾われて・・・。
リストラによって会社を解雇され、家族からも見捨てられてしまった41歳のオヤジ・高島。生きる希望もお金もすべて失った高島は、歩道橋から飛び降り自殺を図っるが、運悪く派手なオープンカーの中に落ち、助かってしまった。そのまま車の運転手・三沢に拾われた高島は、イカサマカジノで稼ぐ相棒として、彼の仕事を手伝うことになる。しかしある夜、強引に三沢に抱かれた高島は、彼の抱える心の闇に気づいてしまい…。
(出版社より)

表題作罪と罰の間

いかさまディーラー 三沢正臣・25歳
会社からも家族からも捨てられた男 高島佳久・41歳

評価・レビューする

レビュー投稿数5

おっさん萌え

節約生活だった。
ツマシイ結婚生活みたいなトコロが
なんだかかわいいかったです。
受けおっさん。
このおっさんが実にいい!!
最初から何もかもダメだとあきらめきっていて ホンマダメおっさん。
これは 車に落ちていたらひらってしまいます。
母性本能くすぐりまくり。
おっさんをひらったのが 攻めで美形のイカサマディーラー。
でも 質素倹約しているお母さんです。
このカップル両方憎めないです。
中年男性の人生再生物語。
面白いです。

0

萎びたオヤジ!


ストーリーとしては世間から捨てられた男…でしょうか。


ありきたりといえばありきたりですが、この作品はその設定を生かしていますvV
とくに、オヤジの捨てられたことによるものでしょうか?萎びた感がすごくいいです。


しかも、小説でしかできない表現もあり、受けのオヤジがシテル最中に話す冗談もムードを壊すことなく笑わせてくれます。


小説ということであまり読まない方も多いと思いますが、挿し絵も多くスラスラと読めるので小説が苦手!なんて方にもオススメですvV


1

美形青年×くだびれオッサン

ちと不純な動機なんですが先ず表紙絵に魅かれて手に取っちゃいましたのです。
似……似ている、ハマっている某作品の2人にどことなく似ている!!!

まあそんな理由でレジにゴーしちゃったんですが、これはいいダメダメオッサン受でした。
あ、エリートサラリーマンだった男、高島[受]が仕事を失い人望も無く妻にも捨てられ、今までの生活が砂の様に脆く崩れていってずるずると落ちて行き、ホームレス寸前の状況にまで落ちて行ってついに発作的に飛び降りるんですが、その飛び降りた先が固いアスファルトの地面ではなく運転中の車の上だった。
その車を運転していた青年が三沢[攻]で、彼等はそんな風にして出会います。
そのまま訳分からないままに、高島は三沢のいかさまポーカーの片棒を担ぐ事となり成り行きで相棒となっちゃう。
ちなみに三沢は美形なゲイ。
どこかミステリアスな男、三沢はバーも経営していてその店兼住居で高島は働きつつ、そこで暮らす様になる。
話が進むにつれて高島という男のダメ男っぷりな過去が更に明らかになって行く。
ホントにダメな男で落ちぶれたのは自業自得な部分もあるんだけど、その事を高島自身が続き認識して見つめ直し始めてからネガティブで自分勝手だった男の思考が少しずつ変わっていくのですな。
その辺りのくだりは、最初に落ちるとこまで落ちてるのでダメな中年オヤジでも人生やりなおせるじゃん、って感じで読んでいて気持ちがいい。
三沢と身体を合わせる事になる高島ですが、唐突感はなくてなんというか流れ的に寝る事になったというのかな、自然な流れのセックス。
三沢の過去や今の状況も描かれていって、読後感は良い。
最後の方で、高島が攻側に回ろうとして三沢も特にそれを咎めないんだけど、結果的に高島が受ける流れになっちゃうとことかもいいオヤジ受でした。
くだびれ中年オッサン受、美形青年攻、この組み合わせがたまりませんでしたー。

しかしこの挿絵のAZ Pt.さんは、同じ綺月さんの背徳の~で始めて目にしたんですが上手い絵師さんで、手に取った切っ掛けこそ不純ですが挿絵も含めてなかなかよろしかったです。
今後も挿絵作品が増えるのを期待。

5

罪と罰を背負った男たち。

ひげモサのオヤジ受けです♪表紙が現実(リアル)&幻想的で素敵。グラサンしてる三沢が怖いくらいに美形!!
 
 リストラされたオヤジ・高島といかさまディーラー&喫茶・バーを経営する三沢のお話。
 人を顧みず自分本位で生きてきた高島は、リストラされたことでお金も何もかもを失い、自殺しようと身投げし、落下したところがオープンカーの中。という、偶然に偶然が重なり、むしろ必然と思えるような二人の出会い。
 いかさまディーラーで儲けている三沢がかなりの節約家で、芯の通った心の持ち主であり、あまり見ないくらいのまじめな青年というのが外見を裏切っていてギャップ萌えです。
 反対に、どうしようもない性格の高島が、三沢と暮らすことで、自分の悪いところを振り返り、反省し、更正していことができて本当によかったです。

2

本物のオヤジ受けですっ!!

読み終わって激しく興奮しております。
ほんまもんの「オヤジ受け」です♪
一流私大を出て、一流企業に勤めて、そこそこ出世して、女にも不自由せず、女房子供がいて、不遜で傲慢で、そんな男が会社ではその態度からリストラ対象に真っ先にされ、家庭を顧みなかったツケは同時に襲いかかり、妻子に捨てられる。
再就職もうまくいかず、有金もなくなり、自殺しようとする、外見もヒゲ面で疲れ果てた男、まさにオヤジですよー!!
さあ、そんなオヤジのどこがBL小説の主人公になりうるのか?

何よりオヤジ受けを印象付けるシーンはエチシーンの喘ぎにあります。
「おぉーっ、、」とか「うぅーっ、、」とか他のオヤジ受けみたいに「あん」だの「うんっ」だの色っぽくしてくれませんから。吼えてますからネ☆
却ってそれが生生しくて、オヤジ受けへの愛と萌えを余計に噴出させてくれますから。
いやー、オヤジ受けっていいな~♪

そのダメオヤジが高島。
歩道橋から身投げしたらポルシェのオープンカーの後部座席に落ちてしまい命拾い。
その車の持ち主が表紙銀髪の男・三沢です(何気に三沢がGA●Tに似ていてビックリ!)
三沢続きの職業はイカサマゲームのディーラー。
高島はその片棒を担がされることになるので、つい三沢の外見やその職業からハードボイルド的な展開を予想しておりましたら見事に裏切られたのです。
タメ男・高島にふさわしい、人生やり直し物語になっていたのですよ。

何より、三沢のその派手な外見に似合わない質素な暮らし、堅実ぶり。
年下であるはずの三沢に、そして店の客によって高島がいかに自分が間違った言動をしていたか、知らしめるという話に持っていくとは、、、
三沢には、高島を納得させるだけのちゃんとした理由と彼なりの事情があってちゃんとした人間でいるのですが。

体の関係も自然な流れでしたし、高島が生まれ変わるという意味でよかったんでないでしょうか。
綺月さんの本領エロは最後でちょっとだけ発揮されており、丁寧にこの物語が造られたんだなと思わせます。
自己を反省して、相手を許して、受け入れて、そんな許しの物語は、高島の設定が現代の世情に即していることからも、心に訴えるものもありました。

それにしても渋いオヤジ受け、、マンガでは目にしたことはありましたが小説でお目にかかるとは、、何だか悦びです。


5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ