兎オトコ虎オトコ 1

兎オトコ虎オトコ 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×25
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
69
評価数
16件
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
作品演出・監督
郷田ほづみ(R/E)、松下一美(D/B)
音楽
作曲→葵沢過恋
脚本
沙藤いつき
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
1巻2巻セット通販で得々おしゃべりスペシャルCD(宮田、三宅)
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

だって、俺の背中の虎チャンが鳴くんだモン。
大学病院に勤務する医師の卯月(うづき)は、ある夜、成り行きから銃創を負ったヤクザの野浪(のなみ)を助ける。次の日、病院に現れた野浪に、銃創を見られたことを口封じにきたのではないかと恐れる卯月。しかし、野浪はそのとき名乗った卯月を「スズキ」という女性だと勘違いしており、その女性に惚れたからと舎弟を強引に入院させ、院内で「スズキ」捜しを始めるが──。
虎の彫り物のある強面ヤクザ・野浪×兎似の臆病なお医者様・卯月の弱肉強食ラブがドラマCD化!
(販売元より)

表題作 兎オトコ虎オトコ 1

野浪 → 三宅健太

卯月 → 宮田幸季

その他キャラ
タカ[羽多野渉]/ 谷繁[太田哲治]/ 村上[鈴森勘司]/ 内田教授[杉野博臣]/ 鈴木[嶋村侑]/ 看護師[鍋井まき子]/ 三代目[伊藤栄次]/ 医師[山本浩司]/ 患者[瑚海みどり]/ ホステス[清香えり]

評価・レビューする

レビュー投稿数10

ヤクザと医者でコレはありです。

原作は読んでません。
動物!?
と題名から惹かれて聞きました。

もうこんなヤクザいるか!?と思いつつ
いてくれ!!
と願ってしまうというか笑えましたww

羽多野さんが大好きで
途中から気づいてああああ!!?ってなったのですが
主役の二人の声に特にヤクザ!

凄いなぁ~と思いながら
なんでこんなに絶妙な男なのに可愛いというか
きっと原作が面白いからなんだろうなと思いながら
2人の関係が可愛くて
聴いててとても幸せになりました☆

0

これが本当の・・・

ヤクザ:野波(三宅健太さん)×外科医:卯月(宮田幸季さん)です。

原作は未読です。
ひょんなことから道端で倒れていたヤクザを助けたのが出会いで、
そこからヤクザに好かれてしまいますが、卯月の顔はぼんやりと、卯月を鈴木と
聞き間違い、確実に覚えているのは卯月の勤め先の病院名だけで、
無理やり、舎弟を入院させます。

で背中の虎ちゃんが反応し、卯月を見つけ出しますが、男だとわかり、ショックを
受けますが、なんじゃーかんじゃーとで、両片思いにはなりますが、めっちゃ気に
なるところで終わってしまいます。

果たして野波は3代目を継ぐことができるのかどうなのか・・・。
ちなみに濡れ場は少なめで、キス止まりでした。
ヤクザさんやっさしーヾ(*'∀`*)ノ

しかし、これが本当の「TIGER & BUNNY」って思っちゃいました(・ε・`*)
「違うよっ!」って思った方・・・申し訳ございません。

しかし、三宅さんはコワモテ系の役をするとホント素晴らしいですね!
特に怒鳴り声とか本当に迫力があって怖かったです。←イヤホンで聞いていたので
マジびびりしました続きww

そして宮田さん!本当相変わらず、安定した受け声でしたねぇ~。
毎回思うのですが、本当に40代・男性なのか?って思うくらいの可愛さでした。
「きゅーん」って声の可愛さと言ったら!!

あと、少し疑問に思ったのが、一番最後のアップテンポのBGMは一体?と思いました。
いや・・・個人的には好きなBGMだったんですが、BLCDでは珍しいかなぁ~と。
でも、本当に2巻も楽しみですo(*>▽<*)o

3

キャスティング最高すぎる

キャスティング最高です!まさに兎と虎のヴォイスのお2人。これほどまでにマッチしたキャスティングは初めてかもw

小動物のような可愛い医者の卯月演じるのは宮田さん。野波におどろおどろしく接し野波の反応にいちいちビクビクしてて、もうきゃわたんすぎます。ちゃんと芯を持っていて行動するところも魅力的ですね。

虎の刺青を背負ったヤクザの野波さんを演じるのは三宅さん。純粋で不器用で怒鳴ったり必死で理性抑えたり、三宅さんの演技でギャップとか際立ってて野波さん大好きになりました。でも卯月を好きでいながら他の女性に手を出すとは…いただけない!

全体の話のめりはりとテンポの良さに飽きずあっという間に聴き終えました。終始ニヤニヤしながらもしっかりシリアスなシーンもあって良作だと思います。

1

ちょっと意外なキャスティングだった

ムービックの第六事業部が解散するということで、記念カキコ。
調べてみましたらね、ムービックのBLCD史は驚いたことに91年からなんです。
当時、BLCD(というかカセットブックなど)をリリースしていたのはジュネットや
一部、一般のレコード会社ぐらいなものですから、時代の先駆だったといえます。
改めて偉大な功績に拍手!

で、この作品も既存のBLの中では異色といえるか。

原作既読。

原作は異色の極道BLの気があるんですが、
コミカルで楽しい。

まぁ~~怖いヤクザさんといったら、
順当に言って森川さんとか安元さん、黒田崇矢さんあたりの低音系だろう、と思ったんですが。

やっぱりフツーなキャスティングにはしないわけですね、ムービックさん(笑)
三宅健太さんいらっしゃいました!
たしかに「不埒なモンタージュ」で強面な攻め役やってますから
違和感はない。
しかし、原作以上にムッチャムチャ破天荒なヤクザ様でした((((笑)))))

受けのビビりな若い医師に宮田幸季さん、これはもうハマり役でしょう。

しかしですね、異色な組み合わせのラブコメだ続きと安易に思っていると
意外にじれったい(笑)
なにこの木原音瀬的ともいえるもどかしい進行は…!
そのもどかしさにつられて次の「2」へGO!

2

萌えないけど、面白さは最高。

ヤクザがメインで出てくるような、お話は
あまり好みの系統じゃないのですが、これは別。
実に良作でした。キャラクターもテンポも大満足。
私も原作注文してしまいました(笑)読みたくなるね。

キャスティングも良い。宮田さん、小動物上手すぎる。可愛い。
三宅さんは、迫力満点でかっこいい。

私が特に好きだったのは、羽多野さん演じるタカ。
良い味出してるな、こういう脇キャラの重要さを改めて感じる。
個人的に、羽多野さんは、この手の役が一番好きなので、満足。

3

まんまと萌えたさ!

萌えたついでに原作を即座に注文してしまいました。
原作未読で聴いた人なら、みんなそうなると思う。
だってこれ、絵面が見てみたいー!!
虎と兎になってる場面が頭に浮かんでニヤニヤしてしまうんですが、私のショボい想像力よりも、原作のほうがきっと可愛いに違いない。

とにかく可愛いのだ。
気弱なウサギ医者も可愛いんだけど、俺様なヤクザ虎のほうも負けず劣らず可愛い。
どっちも相手を本気で怖がってたり本気でイラついてたりする。それなのに惹かれてしまうというの、声優さんの演技力でヒシヒシと伝わってきました。だって根本が可愛いもん!

神キャストだと思う。
宮田さんにひたすら可愛い演技をさせたら天下一品だし。
三宅さんにギャップのある怖いヤクザをやらせたら天下一品だし。

3

どうしよう、2巻いこうか、まだ待とうか?

本来なら2巻発売と同時に、CDも2巻まとめて全部聴けるしくみが、コミックの発売が遅れているためにまだもって悩み中。
・・・というくらいに丁寧な仕上がりに大満足な1本です♪

卯月@宮田さんのウサギ具合がもう絶品!
ものすごく雰囲気に合っていて原作をこわさない、本からそのまま飛び出て来たようなウサギ具合です。
「ウキュ~ン!」の萌え叫びがカワイイ♪♪
そして野浪@三宅さん、CD発売前は森川さんの声で変換してたんですが、聴きだすとしっくりくる。
虎ぶりが、ドスの効いたヤクザさんと、虎さんが鳴く「ウオォ~ン!」具合が妙にマッチしてはまってました♪
そして、なんといっても軽妙だったのがタカ@波多野さん、助演というにはもったいないくらい主役コンビと息があってました。

作品は、コミックに実に忠実に、そして絵で見られない動きを丁寧に言葉と音でフォローされてあって、とても親切。
ストーリーもはしょることなく、むしろコミックで描き下ろしだった『虎独なのには訳がある』が、ジャンケンを卯月が勝つまでやるシーンに組み込んであって、とても満足なのです。
お話も1巻の終わりより少し先の2続き巻の冒頭部分まで入れてあってキリがよいのです。

お笑いどころも、シリアスゾーンもメリハリがあって、あっという間の一枚でした。
どうしよう、2巻聴こうかコミックまで待とうか・・・誘惑と葛藤中です。

2

原作マンガ片手に

原作マンガもおもしろかったけど、
やっぱり声がつくとさらにいいですね。

三宅健太さんの野浪(動物大好きヤクザさん)役が素敵でした。
凄むときの「ごるぁ!」って声は、さすがです。
ふっといしっぶい声でコミカルな役所。
女子ども、動物に弱い。インテリヤクザの二枚目半。
って、たまんないっス。
卯月の前では若干へたれてて、可愛い。
虎さんのガルルっていうのもなんか可愛く聞こえます。

宮田幸季さんは卯月(小動物系お医者さん)役。
とにかく可愛い。ビクビク具合がうまい。
兎の時の声、某乙女パソゲーの白ウサギ入ってました。
だからか、違和感なしでした。

で!波多野渉さんのタカ(野浪の舎弟)役!
いい突っ込み!かなり出張ってて、嬉しい!
一番の常識人です。

CD聞きながら、原作マンガを読む幸せ。
原作に忠実!小説原作だと、やっぱり省略が多いので少し悲しいですが、
コミック原作だと、ほぼ同じで嬉しいです。

コミックでは、途中ですっごく気になる、中途半端なとこで終わってるんですが、
CDだと、そこから少し進んだどころ(続き)まで聞けるので、
続きなんかお得感でした!二巻が楽しみです!

3

だまされたと思って聴いてみるといいよ

続きますが、それでも非の打ち所がなかったので神評価!

何がいいって、配役がベストマッチです。

特に野浪さん(CV.三宅健太)のコワモテなところも、動物好きなところも、みーんな最高でした。
卯月先生(CV.宮田幸季)はドキドキハラハラビクビクしているところが大変可愛いし。
野浪の舎弟・タカ(CV.羽多野渉)も絵が浮かぶようなヤンキーっぷりだし。

続編は5月発売予定とのこと。待ちきれないですよー。

とにかく、三宅くんがいいから、聴くべし。
ただし、原作と同じくエロはありません。が、「チンコ」は言い放題です。

1

たのしいっ!

O(≧▽≦)O ちょ・・・色モノw

医師の卯月(宮田)は、公園で
銃創のある男・野浪(宮田)の手当てをしてしまうんです。
翌日、卯月(宮田)の勤める病院に野浪(健太)は舎弟のタカ(羽多野)と
訪れ自分を手当てしたナイチンゲールw探しをしだすwww

もお、とにかくコミカル。
ヤクザと医師。虎と兎と例えまして「がおーっ」とか「うきゅぅーん」とか
動物化したようなボイスも入るんですよv かっ、かわいいv

健太さんは
ヤクザの組長さん。
コミカルなセリフを野太い渋い声で演じられてて
ちょいちょいエコーとかかかるんですけど。爆笑!

宮田さんは
お得意のフェアリーボイスを乱発!
この世のものとは思えないかわいらしいボイスで
ビビりだけど、真は強くてやさしいお医者さんを演じられてます。

羽多野さんは
ヤクザの舎弟。世話の焼ける野浪(健太)を支える脇役なのです。
つっこみ役といいますかw

残念ながら続きものなのでラストは、いいところでつづく!といった感じ。
絡みは途中まで入ってますv

演出がすごくテンポよくて、健太さんの演技も宮田さ続きんの演技も
おっかしくて、ふるふる肩を震わせて聴きましたよ。

フリトは、なし。
せっかくおもしろいドラマでフリトも得意な声優さんばかりなのに
特典としてつけてくれないムービックは、本当に残念な会社だと思う。
2巻購入でトークCDがつくようですが、羽多野さんは入らないんですよね・・・。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ