朝から朝まで

朝から朝まで
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌9
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
30
評価数
13件
平均
2.6 / 5
神率
0%
著者
イラスト
作品演出・監督
中野陽子
脚本
榛乃綾子
原画・イラスト
山本小鉄子
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
78 分
枚数
1 枚
ふろく
通販特典:フリートークCD(約10分)
フリートーク
別ディスクであり
発売日
価格
¥3,000(税抜)  ¥3,240(税込)

あらすじ

大学生の羽村結は、早朝のテレビ番組「サニーデイ・モーニング」でバイト中。
慌しい現場を大小の失敗も交えて駆け回る日々、堅物の報道記者・後藤京平から生まじめに構われては胸をざわめかせている。
そんなある日、つらいできごとが京平をいちどきに襲う。
憔悴しているくせに毅然と振る舞おうとする京平に、泣いたらいいのに、と願う結は…。
(販売元より)

【 キャスト 】
森久保祥太郎(羽村結)/鳥海浩輔(後藤京平)/楠田敏之(悦巳)他

表題作 朝から朝まで

後藤京平 → 鳥海浩輔

羽村結 → 森久保祥太郎

その他キャラ
田島瞳[亀岡真美]/ プロデューサー[下妻由幸]/ AD1[佐藤雄大]/ 本橋悦巳[楠田敏之]/ MC1(男)[佐藤健輔]/ MC2(女)[島田あゆみ]/ AD2[後藤光祐]

評価・レビューする

レビュー投稿数10

原作を読んで初めてわかること

CD→原作。
CDを初めて聴いたときは、
私自身はそこそこよかったと思っていたので、
なぜ、こんなに評価が低いんだろうと思いましたが、
原作を読んでわかりました。
CDでは、原作の軸になる大事なことがごっそりカットされてるんです。
結(受様)は男の子なのに、なぜ、母親が過保護なほど心配するのか。
もっと言うと、京平(攻様)と結を結びつける遠因と
言っていいと思うエピソードなのですが‥。
このエピソードをカットしてしまったが故に、
薄っぺらーい話になってしまったのは否めない。
森久保さんがキャスティングされているBLって
結構、レアだと思うだけにもったいない。

個人的には「萌×2」つけたいとこですが、
原作を知ってしまった以上、-☆1で。

0

まさかでした

まさかの森久保さん受けでした。
原作未読でしたが、ジャケットのイラストを見て思ったのは森久保さんのキャラじゃないなと。
鳥海さんの方はイメージとしてあっていたのですが、森久保さんの方はもっといいキャストがいたんじゃないかなと思いました。

本編の方は、さすが森久保さんと鳥海さんだなと思うような感じでした。
テレビ局のバイトである結(森久保さん)の視点で話が進んでいきます。
個人的には京平(鳥海さん)の視点もほしかったなと思うところですが、そこは原作を読んでいないので何とも言えません。
えちは最後だけでかなり少なかったんですが、本気で嫌がってる結に対してがっつく京平がエロくて。
結が元気すぎる感じの子だったので、喘ぎとかって言うのはほとんどなかったんですが、そういうところに京平も惚れたのかなと思うように感じました。
結の行動がかわいくて結構萌えます。

他の方と同じように、私も楠田さんのキャラの悦巳が結構いい味を出していたと思います。
もうちょっと萌えポイントがほしかったところですが、個人的には鳥さんのエロボイスが聞けただけでも満足でした(笑)

1

キャストミス

結役が森久保さんって知った時にハア??って目が点になりました。
森久保さんは好きですが、結のイメージじゃなかったので。
んで聞いてみたらやっぱりイメージと違ってましたー!
実力派の声優さんだけあって森久保さんは健闘されていたとは思います、思いますがやっぱ違うーー!
これは自分的にはキャスティングミス。
脚本はまあこんなもんかなあという印象。
1枚にまとめるにはどこかを削らなくてはいけない訳で、ストーリーとして話を完結させるにはこんなもんだろうなーと思いました。
うーん、原作未読でCD→原作の順で聞いた方がいいかもしれません。
原作知ってるとやはり結のイメージはある程度固まってから、その前提で聞いてしまうし、このシーンが無いああ、この台詞好きなのに削られてるーってなっちゃうので。
にしてもざっくりした脚本だなーという荒削りな印象は否めません。

特典フリト内で楠田さんが原作について真剣に語ってらして、しっかり読んで下さったのだなあと好印象を持ちました。確かにあのシーンはいいよ!うん!

違うキャストでもうちょっと丁寧な脚本で作れば良作になった可能性はある感じがす続きるだけに残念。
原作未読なら萌評価、原作を知ってるとうーん、やっぱ中立かなあ。

1

脚本が酷い

萌え評価にはしましたが、原作へのリスペクトです。

脚本がイケてない。
あまりの酷さに思わず脚本家を確認したんですが、『嘘と誤解は恋のせい』と同じ脚本家さんなんですね。
そういや『嘘と誤解は~』でも、「この脚本、もっとなんとかならなかったのかな…原作のあの萌えセリフを削るってどうなのよ」とか思わされたのを思い出しました。
原作の萌えるシーンやら萌えるセリフやらを削って、あんまり重要でない部分に筆をさいてる感じ。もちろん小説をCD化するのは漫画以上に脚本家さんにとって難しく、漫画以上に大幅な削りがあるのはわかってるんだけど。二枚組にする必要まではないと思うけど、取捨選択を間違ってる気が。
削られたのは二人の恋愛には関係ない部分だったりするんだけどさ。そういうエピでキャラの魅力が出たりもするし。で、原作を大幅に削ってるわりには、冗長に感じる。モノローグの多用そのものは嫌いじゃないんですが、それが生きてるとは言い難い。
唯一キュンときたのが、表では堂々と振る舞ってる女子アナが裏で必死で練習してるシーン。このエピは原作でもキュンとした部分だったから、削られなくて良かった。

一穂ミチさん原作の続きドラマCDは、今のところデキが良くないなと思います。
脚本に難があったりキャスティングに難があったり、なんかチガウ…という思いになっちゃう。『雪よ林檎の香のごとく』でも同じことを思ったんだよね。

フリトは良かったな。
一生懸命話してる、脇役の楠田さんに好感持ちまくりました。かなり原作をプッシュしてらして、嬉しいなぁと。
ぜんぜん知らない声優さんだし、今回の作品だけでは上手いのか下手なのか判断できないんだけど、メインで聴いてみたいな。攻めブレスか喘ぎ声か、どっちかが上手い声優さんならファンになっちゃうよ!w

0

色々と評価が微妙になりました。

最近、本の読みたいという意欲が薄れてきました。
ですが、前々から原作者の方の作品には興味があったので、このCDをきっかけに読みたくなればいいなあと思って、このCDを購入しました。
設定自体にも実はCDを聴く前は興味がなかったのです。
聴いて思ったのは森久保祥太郎さんのファンの方ならこのCDは楽しい作品だろうなあ、ということです。
ですが、あまり森久保さんを知らない私にとってこの作品はBLに受けと攻めの濡れ場は外せないのでしょうけれど、このCDに関しては必要なのだろうか?という気持ちにさせられました。
京平と結くんの距離が縮まっていく様子はコレといった当て馬キャラもいないこともあり、聴いていてすごくほのぼのとした気持ちになれた。
ですが、濡れ場に至って。
朴念仁というか、仕事一筋な京平さんが凄くヤラシイ(良い意味で)のに対して結くんの反応が………。
すいませんが、聴いていて痛々しく感じてしまいました。
あと小説が原作のCD化の場合、3000円代だとシナリオが如何に原作のシーンをどれだけ削るかというのは理解していますが。
この作品の場合は原作未読の私が書くのもなんですが続き、いいところがかなり省かれているのではないだろうかという印象を受けました。

1

昔のような・・・

気に入りました~
原作の空気をちゃんと残しつつ
切な過ぎるエピソードは割愛し
森久保さんの声でゆったりと聞かせてくれる
よくまとまった作品でした
原作好きな方にも十分楽しめますし
原作を知らない方でも「原作を読んでみようかな」と
思うのではないでしょうか
ちょっとむかしの「タクミくん」シリーズを
聞いているような感覚に陥りました
そんな感じがたまらなく心地よかったです
森久保さんのお声や演技はそういう空気を作り出すのには
とても似合っていらっしゃいましたし、さすがにお上手
鳥海さんのお声も色っぽくて、少ないセリフの中で
キャラを引き立てる演技はさすがです

スタッフ、キャスト共、真摯に作品に向き合っていると
そんな誠意を感じさせる作品でした
ルピート率高い作品になりそうです

0

うーん。

原作未読です。
主人公は大学二年生、山本小鉄子さんのイラストの雰囲気から
森久保さんのボイスは、ちぐはぐ。

下手とかそういうことじゃなく、森久保さんのボイスとは
相性が悪いタイプの役でした。
森久保さんですよ?なかなか最近新作BLにメインで出演されないのにっ!
呼ぶなら、ちゃんと合う役を用意してあげてーっ。

早朝テレビ番組“サニーデイ・モーニング”のスタッフとしてバイトする
大学二年生・羽村(森久保)と堅物の報道記者・京平(鳥海)のお話。

羽村(森久保)は、学生ということでバイトをしながら
いろんなことが見えたり成長していくというシナリオがベースにあるのだけど
森久保さんのボイスは、出来上がってる男の声なんだよな。
もう少し我が強いとか険のある感じの若者なら合うけど
羽村の役には、ちょっとアクが強く感じてしまう・・・。

うーん、感想はそれに尽きる。

鳥海さんはさすがにBL慣れしててうまかった。エロかった。

脇役ですが楠田さんがいい感じでしたv

-----------------------------------------続き--------
フリト役10分 (森久保、鳥海、楠田)
-------------------------------------------------
楠田さんが原作を読んで号泣したらしいよ!
絡みの収録中、気をきかせて皆、退出する中
楠田さんは、後学のためにwずっと収録を聞いていたらしいよ!
ぜひ!楠田さんも絡みデビューしていただきたいです。
私は、楠田さんにすごく興味がわいた作品となりました。

1

別の視点から

テレビ局のアルバイト学生・結くん(CV.森久保祥太郎)とディレクター・京平(CV.鳥海浩輔)のお話です。

さらりと聴けてしまって、小説ってこんなにあっさりとしていたっけ?と思ったので、過去の感想文を見てみたら、やっぱりカットされている部分がそこそこありましたね。
特典フリートークCDで、悦巳役の楠田敏之さんも言っていますが、小説の萌ポイントは別なところにあったと思います。(私は楠田さんとはまた違った部分なのですが。)

しかし、結くんがはっきりしかり“男の子”のところにブレが無くて、原作とは違った意味でよかったと思います。
実は、森久保くんのBLは今までほとんど聴いたことが無く、「茂野ゴロー」とか「ゾナー」の印象が強かったので受ってどうなるんだろう?と思っていたのですが、却って男の子らしくってよかったのです。
で、鳥さんの京平も京平らしかったし、楠田さんの悦巳もピッタリでした。

ま、贅沢を言えば2枚組みにでもして、萌ポイントをもっと入れていただけていたら、もっとよかったと思います。
せっかく配役がいいので・・・

0

原作を読んでね

この原作が好きだったので予約してみたのだけれど、、、

原作を、読んでね。
これに尽きるな。
原作とドラマCD、
それはそれ、これはこれ、なんだけど、、、

一穂さんの小説のおもしろいところは、メインキャラの本筋ストーリーの他に、キャラの背景とか、周りのキャラの話とか、いろんなエピソードがたっぷり盛り込まれているところで、
CD化するのに、そういったあたりを全部入れると冗長になってしまうのは想像つくけど、こう、ばっさり削られちゃうと、原作の良さが、、、
それと、一穂さん原作のCD「雪よ~」もそうだったけど、私としては、キャスティングがなかなか微妙。
この作品でも、モノローグまでずっとしゃべりっぱなしの結を、なんで紘くんや梶くんみたいに、普通にかわいい声にキャスティングしなかったのかな?
森久保さんにこの役は、ちょっと幼すぎてきつかったんじゃ、、、
エチシーンの嫌がりっぷりは、可愛かったけど、、
鳥さんの京平の役作りも、この後ラブになりそうには思えない。
いくら、京平が原作でもこんな不器用で言葉たりないキャラにしてもなぁ、、
と思ってたら、エチになったら、す続きっごいエロい。
オヤジ、ゴーインでメチャエロ。
初めての子相手に、いきなりくわえるし、飲むし、ハンドクリームでならしてつっこむし、
手加減無しで、翻弄しまくり。
で、やりたい放題やって
「結、好きだよ」
って。
収穫は本橋役の楠田さん。
BLドラマは初参加のご様子。
楠田さんに大人トーンの声でメインのドラマCD、聞いてみたい。

トークCDは、本編とはうってかわって、森久保さんが水を得た魚のように、生き生きと仕切ってた。
楠田さんが、原作で号泣した話が、好印象。
楠田さん、鳥さんと祥さんの絡みシーンも、スタジオの中でじっくり見学されたそうだから、近いうちにBLデビューしてみるといいよ。

1

原作が読んでみたくなりました。

結はテレビ局でのバイトを頑張る大学生。
気になる存在だった京介が「サニーデイ~」に来るようになって2人の距離は少しずつ縮まるようでもあって。
そんな中、京介の後輩で元カノでもある田島が番組に参加することになって結の心はざわついて。

とにかく結が一生懸命です。
お元気少年て感じで。
でも自分でもなかなか「好き」という自覚はなかったようでかなり後になってからそれに気付くのですが。
なんか京平絡みのことで一喜一憂というかそういうのしてる結がかわいいです。
個人的にはやっぱ失敗して屋上に逃げたのに京平に見つけられて、社交辞令なしで会話してるところかなぁ。
結の物言いもかわいいし、なんとか場を取り繕おうとある意味突拍子もない会話を始める京平の不器用さ加減も好き。
京平は仕事に対して実に真面目で泣かない理由とかもステキでした。

そんな京平なので堅物なイメージでどこまでもいくのかと思いきや。
えちシーンではまるで違った!
というか、なんか、ちょっと…いいじゃんvv
結構押せ押せというかリードがしっかりしてて。
結が「恥ずかしいからやめて」とか言っても「やめない」っ続きてきっぱり。
次にどうするかの行動も事前に通知(笑)
結が完全に振り回されてるところが好き。
結はお元気少年な感じなので、喘いでも全然色っぽい感じにはならないんだけども、京平のストイックな感じなんだけども滲む興奮具合というか、結に対する愛しさというかそういうのが感じられる甘い部分もあって。
ステキでしたv
普段の京平もね、口調はかっちりとしてるんだけどもやっぱりどこか優しさみたいなのが滲んでて。
とにかく鳥ちゃんがステキだったー☆

通販特典のフリトCDは祥ちゃん仕切りで鳥ちゃんと楠田くん。
自分の泣きポイントの話になって楠田くんが「新婦の父親の涙」(自分は新郎の友人として参加してるので全く見知らぬ人)って言って、それについて語ってる時の2人の爆笑具合がすごい。
いや、確かにピンポイントで攻めてきたけど、楠田くん…。
あとは祥ちゃんがフツーに鳥ちゃんのことを「浩輔くん」て呼んでたのもなんとなくツボ。
楠田くんは原作読んだらしくCDには入らなかったエピソードについてもちょっと語ってて、原作が気になりました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ