贖罪

贖罪
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
30
評価数
7件
平均
4.3 / 5
神率
57.1%
著者
イラスト
作品演出・監督
えのもとたかひろ
音楽
剣持満
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
フロンティアワークス〈CD〉
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
ダリア通販先行予約特典・ドラマCD/ダリア通販特典・描き下ろし小説小冊子&Aカード/一般初回封入・Bカード
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

編集者の桜井透也は、担当している小説家・穂高櫂と恋仲になって一年が過ぎた。恋人としての立場を実感して嬉しく思う反面、密やかな恋に不安を感じることも少なくなかった。そんな中、透也が穂高の恋人ではないかとの噂を立てられてしまう。さらに、穂高が透也を担当からはずして欲しいと言っている事を知り――。最愛の人と心の溝は広がって…!?
(販売元より)

表題作 贖罪

穂高櫂 → 小杉十郎太

桜井透也 → 緑川光

あて馬
天野陽 → 堀江一眞

評価・レビューする

レビュー投稿数2

やっぱり無理矢理!

穂高先生と透也の関係が、社会的に揺らぐお話?でしょうか。

個人的に、初っぱなの緩いお風呂のあとの絡みが、ほのぼのなのにさすがのいやらしさで好きなのですが、

関係がいよいよ揺らぎ、体に言うことを聞かせようとする穂高先生、やっぱり無理矢理やっちゃいます。
が、
やっぱり乱される透也、
ここの
「軽蔑させたいんですか?!」
に、なんか萌えます(笑)

三作目の罪シリーズですが、この無理矢理絡みが、なんとも楽しめるぐらい絡みが濃い内容です!
オススメ!

あとは、ちょこっとですが、新人の天野との絡みに入りかけて、透也が拒むシーンも新鮮な感じで萌えちゃいました。

四作の中でも、透也が穂高先生を名前で呼んだのはこのCD だけでは?
新鮮な二人の空気も味わえる一枚。

0

声も内容もエロエロです

本作は寡作ながらもベストセラーを叩きだす小説家と
取引で彼と関係を持つ事になった編集者の恋を綴った
有罪シリーズ第三弾になります。

本作では既に受様は攻様の恋人になって
一年が過ぎ出います。

攻様が各社毎に年に一冊の発行というスタイルで
書き続けている事が許されているのは
ひとえに彼の美貌と傲慢な性格と才能故です。

そんな攻様の作家としての才能も
傲慢ながらも不器用な性格もとても好ましく
忙しい合間に彼と身体を重ねれば
攻様の傍にずっといたいと思ってしまいます。

しかし、
攻様に同居を望まれても
実際には首を縦に振れないでいました。

もし同居すれば他者の編集と
鉢合わせする事も有るかも知ない…

攻様が年二冊の発行をした事は
業界では伝説と化していましたし、
今までとは違った境地を切り開いた『羽化』は
攻様の作家としての評価を向上させています。

もし自分達の関係が暴露されたら、
攻様の社会的な立場も
自分の会社での立場もどんな事になるのか…

受様に出来る事は彼との関係を
誰にも知られないようにする事だけでし続きた。

2作目の『孵化』が出版され
受様の周りがいつも以上に騒がしくなった頃、
ネット上で攻様の恋人が男性編集者らしい
という噂が流れ始めます。

その上、攻様は編集部経由で
担当を変えて欲しいと打診してきて?!

原作小説『贖罪』を
ほぼ原作通りに音にしたCDになります♪

担当替えを望んだ攻様の真意は受様に伝わらず
二人の関係は一度は終焉を迎えます。

攻様と別れた後の受様は
担当の若手作家とお試しで付合うのですが、
やはり攻様を忘れる事が出来ずで
攻様と新たな関係を築く事を望みます。

攻様も受様の為にと別れを決意したので
最後は丸く収まるのですが、
攻様を特別と一歩引いていた受様も
攻様との付き合いで強さを学び、
孤高の人だった攻様も
受様との付き合いで自分のうちにある
相手の為にという行動を覚えます。

作品のテーマは結構重めですが、
二人の絡みの多さと濃厚さの方が
より印象的なのはもうお約束な有罪シリーズ。

本作も二人の絡みは
耳だけで聴くと身悶える程エロエロ♪

私の脳内での二人のイメージは
全然別の声質なのですが、

唯我独尊な攻様の言葉攻めも
淫乱系な受様の喘ぎ声も
小杉さんと緑川さんが素敵に演じています。

フリートークは
主演のお二人と堀江さんの3人が
作品のHシーンに関してトークされてます。

本CDをダリア通販で購入すると特典が有ります。
先行予約の購入特典『ミニドラマCD』は
記念日の為に攻様が料理をする話、
通販の購入特典『描き下ろし小説小冊子』は
攻様が携帯用のゲームにハマる話で、
どちらも意外な攻様の一面が判るお話です♪

シリーズ作の『有罪』『原罪』も
合わせて聴くと楽しさ倍増ですよ。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ