真実の愛を求めて、危険な恋の暴走!

ブレイクアウト 裏切りの蜜

break out

ブレイクアウト 裏切りの蜜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
17
評価数
4件
平均
4.3 / 5
神率
50%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
講談社
シリーズ
X文庫ホワイトハート(小説・講談社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784062866378

あらすじ

裏切りと報復が繰り返される、香港マフィアの世界に生きる華炎と、出自不明の謎の男・パクの危険なラブ・ストーリー。

美しき凶器と謳われる香港マフィア『新勝義』の若き香主・劉華炎は日本で新ビジネスを始めるため横浜に拠点を設けた。薬物中毒だった母に早く死に別れ、兄・華勝の寵愛は受けられず、心の傷を負いながら生きる華炎。国籍不明の謎の男・パクを手下に日本での成功を狙う。
主人を翻弄し、時に噛みつく猟犬のようなパクに、華炎は殺意と愛情を同時にいだいて…。

表題作ブレイクアウト 裏切りの蜜

パク,部下で謎の男
劉華炎(リュウワイム),香港マフィアの香主

評価・レビューする

レビュー投稿数2

激萌 ネタバレありです

美しい棘の続編です。
とにかく強い女王様受を無理やり屈服させるのがお好きな方には激しくお勧めしたいです。(逆に言うと見所はそこしか無いと言う)
結構前に読んだので前作の内容か近作の内容か忘れちゃいましたが、最低で最高に美しく頭の良い華炎を、これまた美形でずる賢く何を考えてるかわからないパクが至上極まりなく最低な方法を使い華炎をヤルって言うお話。。
パクの裏切りぶりも、好きな相手を薬で犯して捨てて帰る最低さぶりも、そしてそんなパクをいつかフルボッコにしてやりかえすぜ、と思いながらも情事として事を楽しむ華炎の最強なメンタルにも惚れました。流石香港マフィアの香主だわ。でもでも、流石の鉄の女王様もパク相手に怒りという感情を露にしちゃう辺りがかわゆいです。
しかし、ゲスイ二人が主役の話なのになぜにこんなにも萌えるのでしょうか??続きがきになります。

0

美しく冷たい女王様受けが魅力です

実相寺さんの美麗な表紙に魅かれて購入した本書、この主人公・華炎(ワイム)の女王様ぶりに、下僕になることを決めました!

なんといっても冒頭に「お前を辱めたい」と言って、彼の犬であるパクのスーツをナイフで切り裂き、足を舐めさせ、上に乗り腰を振り、あげく精液まみれの服を再び着させて、そのまま帰れと♪
そしてパクに「あなたの精液の匂いが好き、香水なみに全身に振りかけて、この匂いがもし商品化されたら、毎日でも付けたい」と言わせる♪♪
これぞ女王様!!

それにも増してこのパクという男もただの犬じゃないことが見てとれます。
パクがどうしてワイムの犬になったのかは前作の『美しい棘』を見なくてはわからないのですが、対等のようでいてワイムの命令を素早くこなし、はたまた駆け引きめいた言葉を発する。
どうもバックにとても太い鎖でつないでいるとてつもなくデカい犬(国家?)があるようなのですが、その点はまだ不明。
とにかくワイムが呼べば、すぐに駆けつける、いつも側にいるわけではない狼な男なのです。

ワイムも、母がヤク中で亡くなった後、体を売って稼ぎ、そこを新勝義というマフィアの兄・華勝続きに拾われて弟として、兄の後を継いで香主となったという実力者でもあるのです。
ドンであるだけに、冷酷で残忍なのかと思いきや、パクに裏切りのような行為をされてもそれに対して激怒するわけでもなく、はねつけるわけでもなく、むしろ受け入れている部分があるのは、彼の甘さだとは思うのですが、それだけパクが役に立つ男なのでしょう(体も含め)

今回の話は日本で新しいクスリのビジネスを始めに当たり、日本のヤクザや国との交渉といった来日の中で、そのヤクザの息子が多少波風を立てるといった出来事の中で淡々と、ワイムとパクの二人の在り方、ワイムの過去の割り切りといった部分に重点がおかれた進行になっていましたので、
愛憎と執着が冷たく激しく、青白く熱い炎になって灯っているような、そんな雰囲気の作品になっておりました。

とにかくワイムの今後と、パクの正体、そして二人の関係。
そんなものにとても期待と興味を抱かせて、のめり込みそうです!
謎が多いだけにキャラクター勝ちの小説ですね。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ