同棲愛 2(新装版)

同棲愛 2(新装版)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
14
評価数
4件
平均
3.8 / 5
神率
50%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックス(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥714(税抜)  ¥771(税込)
ISBN
9784862637659

あらすじ

心がないままに、男性教師に抱かれていたことを両親にバラされてしまった杉浦椿は、逃げるように東京へとやってくる。
かりそめの幸福を失い、夜の街を彷徨う椿が出会ったのは適度に優しく、適度に厳しく、椿を甘やかす二丁目の人気者・馬堀貴文。彼のくれる、とても楽で、自分のことを好きでいられる時間…だけど、何かが違う。ここは自分のいる場所ではない。かすかな歪みが、少しずつ椿の前に立ち現れて――!?
彷徨う椿と、愛を信じられない光太郎の邂逅と別離までを収録。ついに主要メンバーが揃い、運命の歯車が回り出す新装版第2巻!
(出版社より)

表題作同棲愛 2(新装版)

馬堀貴文 / 篁光太郎 / 杉浦椿
杉浦椿 / 篁光太郎

その他の収録作品

  • 同棲愛 ~風子さんちの鍵Ⅰ~
  • 同棲愛 ~風子さんちの鍵Ⅱ~
  • 同棲愛 ~天使の遺言~
  • 同棲愛 ~馬堀くんちの犬Ⅰ~
  • 同棲愛 ~馬堀くんちの犬Ⅱ~
  • 同棲愛 ~椿と光太郎~
  • 同棲愛 ~トモダチ~
  • 同棲愛 ~お邪魔します。~
  • タカムラくんの明日はどっちだ!?②

評価・レビューする

レビュー投稿数3

椿の残酷さとイビツさ

てんてんと転がる椿が描かれる二巻です。
先にレビューされた方がいわれてるように、椿は非常に身勝手だし、どうしようもないです。
親に否定され、初恋の男に一刀両断で傷つけられた椿は、自覚もないまま「誰かに依存したい心」を育ててしまっている。あと、これも自覚してないけど「好きじゃない相手への冷酷さ」も。
根本的に明るい性格をしてるぶん、このギャップが非常にキツイです。
椿は、高校時代にセックスしてた先生のことを、まったく好きじゃなかったんだよね。実は相手を物凄く見下していて平気で傷つけるんだけど、自分の中に存在する暗い復讐心みたいなものには気づいていない。そのせいで、逆上した先生にすべてをバラされて家にいられなくなるんだけど。
なんのアテもなく家出して、誰かに拾われて、寄生して。そして、澱のような不満をためていく。
で、同じことをマホリンに対してもする。
この巻はマホリンのフビン人生のはじまりでもありますね。
過去の復讐を無意識のうちに相手に対してしてしまう椿と、犬を愛でるようにしか相手を愛せないでいるマホリンは、もともと噛み合わないのだ。
達観したような明るさでもって生きる椿の残酷さ、加害続き者意識だけじゃなく被害者意識すらきちんと持てないイビツさ、そういうものを作者である水城せとなさんがきちんとわかってて描いてるから私は好きなんです。
キャラを甘やかしてるんじゃなく、「そういう人間」として描いていること。

二巻で唯一不満なのは、椿と光太郎のシーンですねー。
ここだけはもうちょいなんとかならなかったのかなと思います。
トラウマを告白して結ばれるという陳腐なものじゃなく、もっと特殊な…もっともっと“特殊で特別なナニカを感じられる関係性”が欲しかったなと。とはいえ、なにをどうすればそうなるのかはさっぱり分かりませんがw
なにせ、この椿と光太郎の不思議な関係性なくしてはその先のストーリーが成り立たないという側面もあるので。

0

なんなんだ、この子…。

うーん…、椿が終始自己中心的だなぁと感じてしまいました。
なんだろうな、一巻のころは、まだ彼の気持ちだとかを分かることができたと…思います。でも、実際に東京に出た彼の考えはいろいろと甘くて、自分主義すぎると思うんです。
親に自分を否定されたからか、彼には生きようという強い気持ちがまったく感じられません。東京に来て先ずすることが部屋探しなのがいい例だと思います。生きていくのに必要なお金の、収入よりも支出であるものを先に考える時点で甘いと思う。住み込みのバイトだっていいし、給料のいい力仕事でもいいと思うんです。ちゃんと自立して自分の力で生きていこうと思うなら、絶対にそれを選択に入れると思います。でも、彼はあくまでアパートを探していて、熱心に働き口を探すでもなく、知り合ったばかりで名前も知らないような女性の家に転がり込んでしまう。
結局彼はどう主張していたって、誰かの脛を齧って寄生していなければ生きられない子なんじゃないかなと思いました。
そして、寄生した先でつらいことがあれば即座に逃げていくずるさを持っていますよね。仮にも恋人のようにしていた子の死からも逃げるなんて…若干引いてしま続きいました。どんだけ自分主義なのって。

そんな子なのに、次に一緒に暮らすことになった馬堀に対して「弱いものみたいに見ないで」 っていうのは…ちょっと無理があるんじゃないかと感じます。これは彼のわがまま以外のなにものでもないんじゃないかなぁ…と思いました。少なくともこのコミクスの中では彼は、おごってもらってばっかり、ほかにも色々提供されっぱなしです。それで “対等” に扱われようと望む方が、ちょっとどうかと思っちゃいます。関係がそもそも対等なんかじゃないんだから、心が対等になるなんて有り得ないし…。
最初の女の子のときは、彼女の中に丁度あった寂しさを埋めることができていたから満たされたかも知れない。でも馬堀が相手になって、急に自分の務めが無くなったからといって手を離すのは…どうなのかな。確かに彼は、ずっと自分のことを 「好き」 だとは分からなかったのかもしれない。でも、ずっと自分のことは甘やかしていましたよね。その甘えって、好きの中に入っているものだと思います。彼の言う 「好き」 は、彼が無自覚に持っていた甘えに付けられた名前だと思いました。

んー、でも、そういう…与えられることを知ったから、光太郎を鼓舞できたのかな。でも椿の言う 「自分のこと好き」 っていうのは…なんなんだろうな。ちょっと、椿の考え方をどうとらえれば良いのか分からなくなります。いままでの自己中をフォローする言い訳ともとれるし、純粋な気持ちの告白にも思える…。
もちろん後者なんだろうとは思います。
でも…読んでいる側としては言い訳に思えてしまいます…!
どうなんだろう、わかりません! ←

0

水底に砂を沈殿させた透き通った水のようなストーリー

復刊連続8巻刊行の2冊目です。
この作品にも女性が出てきますが、とても意外な関係でした。
この巻では、ゲイであることが教師にバラされて家出し上京してきた椿が、それぞれで会った人々によって、再生する話になっています。
そして、光太郎の、運命の人との出会いが入っています。

椿が上京して行くあてもなくいた喫茶店で出会ったのが、家を出て一人暮らしをしている風子。
彼女の部屋の鍵が壊れているのを理由に、彼女の部屋に同居することになる椿。
彼女と自分の事を話しあったことで、自分を好きになろうという気持ちが出た椿。
そして、次に出会うのは一巻にも出てきたポジティブな馬堀貴文。
彼との同居で甘やかされて、どんな自分になりたいのかが見えてくる。
その次は篁光太郎との出会い。
彼も義姉とのことで、心に傷を負ってその反動で誰にでも人当たりのよい対応をするものの、深くは付き合えない。
自分を探す椿と、自分を許せない光太郎が、それぞれの過去を話すことによって自分が赦されていく。

風子との悲しい別れ、馬堀との消えるような一方的な別れ。
そしてトモダチになった光太郎。
そこに愛が続きあったのか、と、いわれれば、あれも愛だったのだと思うが、さほど深いものではなく、ただ流されながら、気持ちよくなりながら、常に椿は自分のことしか考えてなかったように思う。

ただ、馬堀と別れ、光太郎と出会った時の椿は、自分を好きになることが出来たことで、自分自身を嫌いな光太郎を救うことができたのだという、
人が廻っていく繋がりというものを、うまく表現したなと思う。
セックスは汚いという光太郎と、はじめての汚くないセックスをしようよ、と二人が言葉を交わすシーンは、本当に救いになる言葉で綴られていて胸をギュっと掴んでくる。

とても椿は利己的で、わがままだと思うが、上京した理由がいわゆる”自分探し”だったので、その旅の目的は達成されたのだと思う。
決して甘い結末を用意していないのは、やはり水城さんだな~と思った。

椿と別れた光太郎が出会った、自分を見失った高校生・金巻千里。
彼との展開が今後の見どころになるのですね。
それにしても、イイ人すぎていつもかわいそうな目に遭う馬堀!
早く彼の幸せストーリーが見たいです。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ