立ち読み禁止!

tachiyomi kinshi

立ち読み禁止!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌9
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
35
評価数
11件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
学習研究社
シリーズ
もえぎ文庫(小説・学習研究社)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784059041238

あらすじ

通称『エプロン王子』の美系ブックアドバイザー・柚気瑛久。彼の勤める書店には、不思議な常連客がいる。毎日やってきてはマニアックな本ばかり注文していく、職業不明の男、日比野駆・・・。そんな日比野にある日、「男の人とも恋愛できますか」と突然迫られてしまう!その頃、英久が前々から企画していた人気マンガ家・天道カケルのサイン会が実現することに。しかし、どうやら作者はあまり人前に出ることのない、謎の人物のようで…。

表題作立ち読み禁止!

マンガ家 日比野駆・23歳
イケメン書店員 柚木瑛久・27歳

その他の収録作品

  • おまけマンガ

評価・レビューする

レビュー投稿数5

ドSワンコにギャップ萌え

文章がしっかりしてて面白かったです。

あらすじは、2人の全く違うタイプの男が、書店員のツン美人受け、瑛久(あきひさ)に迫るというもの。それまで男性との経験はないものの、あまりの世間知らずワンコにほだされてしまいます。
二人の男性のうち、一人は版元の営業マン。イケメン、おしゃれで素敵なお店であわてず騒がず口説く大人な男性。一方は書店の客、日々野。なにもないところでつまづく純情、世間知らず、でも向こうむずな大型ワンコくんです。実はこのワンコくん、お仕事でも瑛久と絡むんでくるのですが、その正体は。。。

男性との恋愛はしたことがなかった瑛久ですが、あまりのワンコの攻めっぷりにほだされていきます。最後の方までエッチはなしですが、このエロシーンのワンコくんの豹変ぶりがなかなかよかった。普段のおどおどした態度はどこへやら、ツン受けを鬼畜に攻めるんですよね。
実際にはいそうにないキャラですが、BLならではの美味しい設定でありました。

瑛久の本オタクっぷり、その分気迫だった人間関係を変えていくワンコ攻め、作品にかける想いなどお仕事描写もよくて、飽きず楽しめるよい作品でした。
当て続き馬にされてしまった営業マンの由里さん、スピンオフできそうですが、もうあるのかな?

2

なによりもやりたい気持ちが大切

エプロン王子と呼ばれる書店員瑛久とヘタレなマンガ家日比野のおはなし。
コメディでとても読みやすいです。

攻の日比野はほんとヘタレなんです。それに惹かれるかね~とも思ってしまいますが、ほっとけないってやつですかね。
当て馬の由里はかなり素敵に描かれていると思うのです。
とても惹かれます。もっと言うとワタシの中では声は子安さんでした(笑)
素敵だーと思いながら読んでました。
なので、余計にね。もちろん当て馬さんなので成就しません。
この方のスピンオフをぜひお願いしたいです。

瑛久はストーカー気質な日比野と接しているうちに一度は振ったものの、由里ではなく日比野だって強く思う瞬間があるんですよね。
そもそもノンケなのでよくそこまで思い切った!な展開ではありますが。

瑛久は父親が亡くなって5年経っても一度も泣けなかったのに、日比野の気遣いで泣くことができた。
こう言うのって、かなりキマすよね。
そんな風に感情をさらけ出せる相手ってなかなかいません。

ヘタレなはずの日比野は友達の枠からは出てくれない瑛久をかなり押せ押せで口説きます。ちょっとここ男らしい。か続きなり頑張ってる!
そして、瑛久は日比野のマンガだけが好きなのではなく、日比野もひっくるめて好きなんだと自覚していきます。
最後の最後まで由里にはじゃまされますが、そこは乗り越える試練。
ラストはもちろんハッピーエンド♪

見た目すごいもっさい男だった日比野が実はイケメンだとかイチモツが大きいとかいう落ちもあり(笑)
読んでいてとても楽しかったです♪

2

作中作を読んでみたい

エプロン王子と呼ばれるクールな書店員が受。出版社の営業の男と、常連客の年下の男(正体はマンガ家)に同時期に迫られる。出版社の営業には丁重にお断りし、常連の男にはかなり冷たい態度をとってるんだけど、本命は常連の男のほうです。
出版社の営業はスマートな大人だけど、常連の男は泣き虫でヘタレな大型犬で、一生懸命なところがかわいくて愛しく思えてくる。←ここらへん、受の気持ちに同化! 素直で駆け引きを知らず、ただ真っ直ぐに恋を訴えてくる男に、どうして惹かれずにいられるだろうか、いやいられない(反語)ってな感じです。
マンガ家としてのサイン会の話がよいです。熱血な自転車マンガの主人公と違って、あがり症の男に、大勢のお客様と男ではなく、目の前のお客様と男で一対一だと話す受。しかも手伝いとして自分がついているから二対一だと。
本をお客様に手渡したいとか、少年に自転車のイラストを描いてあげるところ、素敵だなあって思います。
自転車マンガがライバルが出てきて腐女子受けするというあたりはファンサービスでしょうか。読んでみたいなあ。私は主人公攻だろうな。
「立ち読み禁止!」というタイトル。チラ読みでお続きもしろそうな話もあるけれど、ちゃんと読んでみなくてはわからないっていう意味かな。人との出会いも。深く自分を知ってほしい、相手を知りたい、表面上のつきあいではわからないことです。

2

現実より物語の方が好き・・・瑛久の気持ちがよくわかる

「お仕事ください」がなかなか面白かったので、読んでみました。
今度は“面白い”展開ではありませんでした。
そういう意味では、熱血もの?でしょうか?

ただひたすら“本が好き”なブックアドバイザー瑛久は、現実の世界よりお話の世界にリアルを感じるような内向的な人間です。
そんな彼を好きだと言う出版社の営業・由里と、書店の客・日比野に挟まれた瑛久が現実の世界も魅力的だと知るまでのお話です。

何に付けスマートな由里と、気持ちだけは熱いけれどパッとしない日比野がまるで北風と太陽のように瑛久の気持ちを自分に向けようとするのですが、瑛久の方も、仕事や生活をしていく上での損得までを考えてしまい、はっきりと答えが出せないままお話は佳境へ。

まぁ、始めからなんとなく伏線がわかっちゃっているような展開なのですが、お決まりの展開ではあるものの、日比野がヘタレなのに熱血なところが好ましく受け取れると言うか、頑張れ日比野って思っちゃうような、日比野君がとってもいい子なお話でした。

肝心な部分をネタバレしないで書くとこれくらいしか書けないなぁ。

1

思いっきりなヘタレワンコなのに結構スゴイ?

中々エロが出てこなくてヤキモキヤキモキ・・・・←そればっかりが目的じゃないんですが
でもですね、一言、面白かった!
ヘタレ純情男の日比野のキャラは、いさかさんのイラストがぴったりで、その日比野が自分の頭の中で泣いたり赤くなったりオロオロしたりと、動いていましたから、よい小説だったのだと思います。
そして何より、この日比野のキャラがとてもお気に入りになってしまって。

書店のアドバイザーをして人気のある柚木が男とキスしているのを目撃した日比野が、男は大丈夫なのか?と思いあまって告白してくるのですが、余りのヘタレなんで、「まずはお友達から!」とかって手紙を渡すのですよ。
現在メールとかが主流の時代にあって、この手紙っていうのがいいですよね。
何だかお見合いの身上書みたいに書いてあるっていうのが、誠実じゃぁありませんか♪
日比野は、柚木を見て、そして書店員として接してくれるその態度に惚れて、それで本屋の常連になっていたのです。

柚木は、全然そんな気もないのですが、自分が大好きな熱血青春マンガの作者が日比野であることを知って、気になるようになるのです。
その部分がちょっ続きとズルイなって思うのですが、でも人に関心を持つということは、何か共通の興味を強く魅かれる、ヒイキな部分があっていいはずですよね。

とってもヘタレで緊張・興奮すると吐き気がしてしまう日比野なのに、柚木が大事で大好きで、柚木のショックな事があった時には率先して一緒にいてくれて、それまで泣けなかったという柚木の涙を受け止めてあげることのできる、年下なのに、ヘタレなのに、好きな人の為にはすごく懐の深い大きい人間になれることができる奴なんですよね。
随分、日比野に肩入れしてしまいましたが、そんな奴だからこそ感情に乏しい柚木もほだされていくんだなと思います。

ヘタレだけど、ワンコだけど、いざっていう時にはそれなりに強くなれる彼が、エチの時には別人のように押しの強い人になってしまうのにはビックリしました!
エロ魔人ですよww
でも行為の後、すぐヘタレに戻って謝ってしまう姿がほほえましかった♪
日比野の変身ぶりが見ものな一作です。
あと、本編中にペットが亡くなってしまうシーンがあるのですが、恋話とは関係なく涙を誘われてしまった(涙、、)

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ