なぜあの方に恋したのかと聞かれたら…

naze anokata ni koisitanoka to kikaretara

なぜあの方に恋したのかと聞かれたら…
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×29
  • 萌12
  • 中立5
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
14
得点
92
評価数
30件
平均
3.3 / 5
神率
10%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫(小説・白泉社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784592876205

あらすじ

時は中世。欧州某国の片田舎を治めるライヒ家の末息子に、ある日、『王妃を孕ませろ』という密命が下った。清童・アルは仰天。断固拒否したが、宮廷長官のルトガーに無理矢理×××されて……!?
(出版社より)

表題作なぜあの方に恋したのかと聞かれたら…

宮廷長官 ルトガー・26歳
田舎貴族の十五男 アルブレヒト・17歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数14

ド変態執着攻めですかね。これは。

「美男の達人」で登場したザザ社長の箭内と碧海くんの
前世話として書かれている、と聞いてあわてて読了しました。(^^;

もはや、箭内社長×碧海くんにしか見えませんでした。笑

はい。もう、ルトガー(攻)がド変態で。(爆)
アル(受)へのラブがらぶに見えん。
ただのセクハラ大魔神ですからーーーーっ。ヾ(≧∇≦*)〃アハハ

うぶ子なアルに対して兄心と称して真顔で犬の交尾を見せたり、
健康かどうか確認する名目で無理やり抜いてみるとか
王妃と思ってルトガーにキスしろとかその先まで。。(≧∀≦)キャー
親父ギャグを駆使して何やってんだお前、ってツッコミがとまりませんでした。笑

ほんと、アルはこんな変態のどこに惚れたんだろうと思うくらい
男前なところないんです。( ̄w ̄)プッ
いや、確かにイケメンで仕事できてハイスペックなんですけどね。
男前な顔つきでもっともそうなことを言ってるけど、
やっぱり結果が変態発言なので。(゚ー゚;A
適当なこと言ってるのにもっともっぽい発言に聞こえるって
やっぱり箭内社長の前世様だなぁ、としみじみ。笑

アルの恋が成就続きしてからの天然淫乱な喘ぎは「嘘と誤解は恋のせい」の
ユイユイに通じるものがあるなぁと思います。笑
碧海くんも恥ずかしがり屋さんなのできっと似ているのかもしれない。
はー、やっぱり箭内社長×碧海くんの現世版が見たいっ。

そういえば。強引にカプになった感のあるクラウス×ユリウスも誰かの前世なのかなー?
ちょっと期待はあったり。笑


ひたすらルトガーの変態さとそれに振り回されるDTアルを見守る作品でした♪
萌えという概念は人それぞれですけど、個人的にはこの変態さも
萌えの一つですーvv

1

素敵な変態攻めがここにいます☆

こちらでこの作品を教えていただいたので手に取ってみました。教えて下さった腐姐さま、ありがとうございました☆この作品も面白かった~~。

おぼこいアルも非常に可愛かったですが、何といっても変態な(←褒め言葉です☆)攻め・ルトガーに腹筋崩壊させられました。一歩間違えると、まだ子どもで何も知らないアルに悪戯するただの変態オヤジになってしまうところなのですが、それがこんな素敵な変態(←褒め言葉ですってば)になってしまうとは、さすが小林さん、て感じです。

内容はちょっとシリアスともいえるストーリーではあるんですよね。
後継ぎを産まなくてはならないのに懐妊できない王妃。
その王妃の『種馬』として連れてこられたアルとクラウス。
王妃とルトガーの同僚・メルヒオールとの関係。
がしかし、シリアス度は一切なく、ひたすら面白かったです。

そして小鉄子さんの挿絵がこれまた非常に良かった。小鉄子さんもまた、最高な「ハイスペックかつイケメンでありながら、その実態は変態」攻めを描かれる作家さまなので、まさにうってつけな絵師さまだったと思います。真面目な顔して犬の交尾をアルに見せるルトガーが最続き高でした☆

1

BLノベル界のお笑い担当

典雅さん初読みでした。噂には聞いていましたが、いました、BL界の笑いの神。
いやー、たっぷり笑わせて頂きました。思わず吹き出す箇所多数。

お話しがあまりにばかばかしくて、文字通り噴飯してしまうわけですが、それを中世の宮廷の格式で大まじめにやるのでいよいよおかしいったらないです。

何も世間を知らない田舎貴族のおぼっちゃま、アルをいいようにだましてあれやこれやしてしまう、美貌の宮廷朝刊、ルトガー様。
その弁舌が詭弁すぎてもう笑うしかない。。。

最後はDTの怖さを見せつけるかわいいアルと、本気の恋に勢いがにぶってしまうルトガーのあまあまなハピエンでした。しかしこれからあんまり会えないのはちょっとかわいそう。
SSで書簡など入れて欲しかったけど、面白かったので萌えです。

1

セクハラ満載((´∀`*))ヶラヶラ

いやー…何で恋しちゃったんでしょうね?(笑)
読みながら何度ツッコミ入れたことかw
ルトガーは最初から最後までシレッとした顔で変態です。
もうねー…分かんないよねw
変態さが目立ってラブアピールというよりもセクハラだからねwww
そらもー任務を理由にやりたい放題…アル逃げてヾ(*´Д`*)
ルトガーの長い&上手い言い回しに丸め込まれまくりです。
気になるのは、陛下&王妃はルトガーがアルに対して行っている特訓をどんなことしていると思っていたんだろうか?ってことです。
まさかあんなことしているなんて考えてないんだろうな~( ̄∇ ̄)
そして粗雑で無骨な剣士クラウス×綺麗な王様ユリウスのその後が気になりすぎる!

今作品は『美男の達人』の箭内と碧海の前世モノのつもりだそうで…未読なので読みたくなっちゃいました(*´▽`*)

1

なんちゃってヒストリカル

小林典雅月間、絶賛継続中。
今度の作品は、中世後期のヨーロッパが舞台らしい。
名前からして、ドイツあたり?

後書きによると「美男の達人」の箭内と碧海の前世ということだが、
前作は未読です。

そもそもこの時代は(新大陸発見後)中世と言うべきなのか?とか、
昔の17歳がこんなにおぼこいわけないじゃん!とか、
疑問やツッコミどころはなくもないのですが、
こういう設定は好みだし、キャラが好みで楽しく読みました。


とある田舎の領主の屋敷に、ある日黒髪の麗しい貴族が訪れる。
彼ことルドガーは王様の重臣で、「王妃さまの話相手」を探しているという。
白羽の矢を立てられた領主の十五男アルブレヒトくん、17歳。

共に王宮に向かう旅の途中、ルドガーは純情なアルに犬の交尾を見せたり
いかがわしい風呂に連れていって、壁に押し付けて触っちゃったり、
なにやら不埒なセクハラ系やりたい放題。
このあたりで、もう「話し相手」が一体何をするのか?は
読者は見当がつくのだが、(よく見たら、出版社あらすじでも盛大にばらしているしw)
肝心のアルは「ちょっと変じゃない?」と続き思いつつ
なんだか丸め込まれちゃっているのが面白くて可愛い。

そんなこんなで王宮について、勿論夜の指南なんかもされちゃって
でも段々そんなルドガーが気になっちゃって、
どこまでが任務で、どこかまでが任務じゃないのか……ぐるぐるぐるぐるしちゃい、
ついに、任務遂行の前に思い切ってルドガーに告白するのだが……。


個人的には、昔風の敬語でしゃべってる理屈っぽいルドガーが好き!

前半の掛け合い漫才のようなルトガーとアルの会話や、
王宮に到着してからのアルの田舎者丸出しの言動の可愛さ、
あれよあれよと騙されて、ルトガーに食べられてしまう天使のような萌え姿(笑)
美味しそうな脇役達や、素敵な女性も登場し、
見所満載、難しく考えずに
なんちゃってヒストリカルコメディを楽しむのがよろしいようで♪

2

敷居の低い西洋物

ネタバレなしで書きます。

小林典雅さん大好きです!
この作品は『美男の達人』のサブキャラである箭内と碧海の前世の話だとか。
このふたりは当時から気になる存在でしたので、すごーく楽しみにしていました。

受けのアルブレヒト(アル)は片田舎の領主の息子でキラキラした金髪の可愛らしい容姿でありながら、畑を耕し領民と気軽に話し、素朴で純粋な清童。
しかも15人目、末子の17歳。

攻めの宮廷長官ルトガーは王の覚えも高い、洗礼された見目麗しい人物。
ある密命により多産の家系であるアルに白羽の矢を立て、ぜひ王妃のお小性として宮廷へ上がるようにと要請する。

アルは一生なこの田舎で暮らしていくものと考えていたので、家族に尻を叩かれ若干しぶしぶ気の乗らない宮廷への馬の旅となります。
その間、変態入っているルトガーにボディタッチされたり(尻タッチ?)、犬の後尾を見せられたり、共同浴場で激しいセクハラにあったりと盛り沢山。

アルの良いところは、『こういう人って危ない!』とキチンとした危機感を感じて行動へ移せる前向きさ。

ルトガーとアルの道行はクスクス笑ってしまう箇所続きが多く、その辺りが到着してからよりもメインかな?と思わされます。
だから中だるみしない感じです。

このカップルは前世も現世も、受けがシッカリ自分の意思を持っているのが魅力です。
ぜひ、現世のカップルも読みたいです。

4

中世って

予想外な中世宮廷もの。
典雅さんで中世って…?と一瞬だけ怯みましたが、典雅さんならきっとどこの国だろうがどの時代だろうが宇宙人ものだろうが、絶対おもろいはず。
そう盲信しながら読みましたけどもね、ほーらね、やっぱり面白かったですよ。
中世後期の欧州の、とある王国の片田舎に暮らしている、領主の息子アルブレヒト。
アルは15人兄弟の末息子で、敬虔で純真で素朴で可愛らしい17歳。
畑を耕し牧畜に勤しみ庶民的な暮らしで満足していたアルの元に、ある日突然「アルを王妃のお小姓に」と、見目麗しい王宮の使者がやってきます。
この使者のルドガー、口八丁手八丁というのはこの人のためにできた慣用句じゃないのと思うほど。
なんでまたアルに白羽の矢が当たったのか、真の目的は教えずに生まれ故郷から遠く離れた王宮へ連れて行く間も宮廷に入ってからも、アルにセクハラ行為しまくりで、その辺のやりとりはほんとにおかしくて、よし今回はちゃんと誰もいない家の中で読んでよかったと安心しつつ、声を出して笑わせてもらいました。
『二十一世紀の男子高校生だったら「大昔の絵なのに無修正じゃん」とにやにやできたかもしれな続きいが』という文章にブハハッとなり、尻を揉まれていやがるアルに「ご遠慮召されるな」なんてしれっと言うルドガーには「召されるなって~」と声に出してツッコみ…いやあこの人かなり変態臭ぷんぷんしてて好きでした~。
小鉄子さんのイラストでは、ずいぶんつるりとしたハンサムメンですが、もうちょっとごっつくて、剃ってなければヒゲの濃そうなムサハンサムがよかったなあというのは完ぺきな個人的希望です。
ただ!ただね、これ「美男の達人」のキャラ総出演なんですと。全員が前世の姿で登場しているそうです。
それを踏まえてしまうと、どうしても誰か出てくるたびに、この人はこれかなあれかななんて考えてしまって集中できず。
推理小説読んでても、あ、これさっき言ってたあれじゃない?と前のページを捲って探しまくるもんだから一向に読み進めないタイプなのですよ。そんな私のようなやつは、最初にそれを知らずに読んだ方がよかったかもしれません。
箭内と碧海だとわかって読む分には、ああ、いかにも箭内かも!なんて思えて楽しかったのですが…。
これは2冊セットで読んだほうが楽しさ3倍です。

3

中世物は普段敬遠気味ですがおもろかったー

帯『君は、人間の交尾…いや、人間の性行為を見たことは!?』

基本現代舞台好きなので、中世物にはあんま食指が動かんのですが小林さんなのと小鉄子さんのイラストに魅かれて読んでみたとです。

わーー、中世物なのに読みやすい、サクサク読めるよ!
たーのしーーーい!!
15兄弟末っ子アルブレヒト[受]のおぼこさと正義感(っていうか真っ直ぐな常識感)が好ましいです、かわうい!
ルトガー[攻]は真面目なんだか天然なんだかイマイチつかみどころがないけど要所要所でかっちょいい、その行動はラストで自分はすっきりしたです。
最後まで読んでからもいっかい最初から読んだら色々楽しかったー。
小鉄子さんの挿絵は好きだし素敵なんですがどうも「中世コスプレ」っぽく見えるんですよねー、んでもあとがきによると前世編って事なのでこれはこれで合ってるのかも。

中世物を敬遠気味の自分は楽しく読めたですが、反対に中世好きの方には物足りないかも。
でも自分はすんごく楽しめましたー。
全員大円団ってとこも読後感が良いー!

4

小林典雅節だいすきです

中世を舞台にしたトンデモ設定なラブコメです。
改めて、小林典雅節好きだなーと思いました。
狙いすぎて過剰になってる面があるから、もう少し控え目にして欲しいなと思ったり(そうすれば万人受けするコメディになると思うんだよね)、いやいやこのしつこいぐらいの過剰さを無くしてしまうと小林典雅さんの個性的な魅力が薄れてしまうぞとも思ったり。
や、でもやっぱり今の作風を貫いて欲しいかな。削ぎおとした結果、毒にも薬にもならない十把一絡げな作品になっちゃう可能性を考えると、そのほうが損失な気がする。

あとがきで、カッコいいのにヘタレ攻と清純なのに誘い受がツボだと書いておられましたが、私もツボです!
攻めが受けを口説くより、受けの側が頑張って必死で口説いてる姿に萌える。
私、流されるだけの清純受けってあまりそそられないんだけど、小林典雅さんの書く清純受けにはそそられる。それは、受けが最終的に自ら行動して「相手から来てくれるのをただ待つ」ことがないからだと思う。
あと「やむにやまれずするエッチのレッスン」というのもツボ。
甘くてエロい濡れ場より、こういう変化球的な濡れ場のほうが、萌えるし楽しい私です。
続きりあって愛が芽生えてしまった王様カップルもいいな。殴りあった瞬間にくるぞくるぞと思い、お約束キター!とニヤニヤ。
なんだかんだで大円団になった王宮。ハチャメチャなのにハチャメチャなりに大円団してるのがすごい。
まあ、かつての中世の西洋貴族社会は、もっとずっとモラル崩壊が凄かったらしいしねぇ。

3

現世は関係なく

今回は王の命である人物を探している宮廷長官と
純朴な田舎領主の十五人目の末息子のお話です。

二人の出会いから
発端になったお世継ぎ問題が解決するまで。

時は中世、所は欧州もどき某所。

受様は
王都から早馬で七日かかるド田舎で
領主夫妻の十五番目の息子として
のびのびと暮らしていました。

受様の父は農具の改良に情熱を傾け、
領民と一緒に畑を耕すような人物で
受様もこの地で穏やかな一生を終えるはずでした。

しかし、
すぐ上の兄夫婦に元気な赤子が生まれた日、
領主の館を訪れた人物との出会いが
受様の運命を大きく反転される事になります!!

その人物こそ今回の攻様になりますね♪

攻様は王の命をうけた宮廷長官で
孫の誕生に際して領主に招かれていた司祭様を
訪ねて領主館にやってきました。

領主館についたその時丁度、
受様が門に面した中庭ににいた為、
攻様の来訪に気づいて対応するのですが、
攻様は気さくな様子で受様に接しつつも、
受様の容姿をしげしげと観察していて…

なぜ自分が凝視されているのか
不思議に思う受様続きでしたが
攻様との対面を果たした父親に
彼について王都に行けに命じられます。

なんと攻様は王命で
王妃の話相手を務める小姓を探して
ほうぼうを訪れていたと言うのです!!

領主の言に鷹揚にうなづく攻様に対して
二言三言話しただけで選ばれるはずが無いと
激しく動揺する受様でしたが、
父を始め兄達に名誉だ、出世頭だ、
希望の星だと言われては言葉も有りません。

その上攻様は
宮廷長官という身分をかさに着ることなく
受様に低姿勢で意向を問うのですが、
その愛想のよさがいっそ胡散臭い気がして
受様は素直に頷けません。

しかし陛下からの支度金まで下賜されては
興味も憧れも野心も上昇志向も金銭欲も無くても
受様には否と言う選択も有りません。

こうして受様は大家族に見送られ
攻様と共に王都を目指すのですが
王都を目指す道すがら受様は
攻様に人に言えないアレコレを仕掛けられ?!

既刊『美男の達人』のスピンオフになるのかな。
既刊の美男講座のオーナーと受講生の前世編で
策士な宮廷長官と純朴な田舎貴族のラブコメです。

実は攻様に下された王の命とは
「王妃の話相手の小姓」を探す事では無く、
幼少期の病によって子種が無い王に代って
「王妃を孕ませる男」を探す事でして
受様は男子ばかりの多産系家系だった為に
攻様に目を付けられたのですね(笑)

なので攻様は王都への道中
痺れを取る為と受様の尻を撫でまわしたり、
清童の彼を案じる兄心だと犬の交尾を見せたり、
話の種にと公衆浴場で客と娼婦の戯れを見せたり、
王妃の小姓として健康か調べる為と称して
受様をムリヤリ煽ってイカせちゃったりします♪

何も知らない受様が不振に思う度
受様を丸めこむ攻様の話術は見事ですが、
攻様に丸めこまれる受様も天然すぎ~!!!

王都についてからもまだまだ色々あるのですが、
王妃様は彼女に恋していた終史官によって懐妊。

それじゃ受様は
セクハラされ損か?!と思われますが、
攻様のソレに耐えられたのも
彼が好きだったからと気づいて大団円。
最後まで楽しく読めました♪

『美男の達人』の二人の前世編だと思うと
なんかムリヤリっぽくてモヤモヤしますが
単品で読めばこんな「萌」も有りかと思います(笑)

今回は本作同様、
セクハラな攻様に翻弄される受様のお話で
森本あきさんの『再婚相手をぶっとばせ』を
ご紹介作とします。

1

表題の「・・・」がよく分かった気がした内容でした・・・

最初、勘違いしてたんですよね~・・あらすじ読んで下克上物?なんて勝手に解釈してたんですけど・・
全然違ってました。

やっぱり小林さんの書かれる本は時代を遡っても変態が蔓延してるんだなぁ~・・って変態は1人か?
ルトガーのあの敬語の中に変態妄想を織り交ぜての会話がめちゃめちゃ面白かったですね~!!
難しい事をいってる中に変態用語が満載にちりばめられていて・・

やっぱりなにが一番面白いって合言葉のあたり・・「双方の方と○○に・・」って確かに間違ってはいないですね~
なんたってそれが一番大事なんですから・・他は無くても?いい感じですよね~

読み終わった後にこの表題にぴったりというかアルの気持ちが当てはまるって感じの表題ですよね~
「なぜあの方に恋をしたかと聞かれたら・・・」この「・・・」まさに「・・・」ですよ!!
アルに聞きたい!この「・・・」の内容を・・言いように丸め込まれちゃってますが・・そこが、純朴なアルのいいところなんでしょうね~・・

気になったのが殿下CP・・どうなる?って考えたんだけど、あの2人はどっちかっていうと妄想変態キ続きャラ要素は今の所全然無かったですよね~・・
今回のキャラが「美男の達人」の箭内と碧海の前世のつもりとあとがきで書かれてましたので、是非この殿下CPは現代の生まれ変わりって感じで、殿下乙女妄想変態設定で見てみたいですね~・・
って、私が妄想してどうする?って話なんですが・・
でも前世じゃなくって箭内CPは現代で見てみたいです!これは私の希望ですね!読者の方でもこのCPが結構人気みたいですもんね~なので是非読んでみたいです・・

1

理屈っぽいコメディが楽しい

面白かった。中世物でコメディが読めるとは思いませんでした。
小林先生万歳です。
作品としては、神にするほど非の打ち所のないものではないと思うので、萌にしましたが、小林さんの理屈っぽさとかおかしな発想には神評価を差し上げたい気分です。

お世継ぎ問題に巻き込まれた、田舎の領主の末息子・アル(金髪・菫色の瞳)と彼を「男性不妊の国王の代わりの子種候補」としてスカウトした宮廷長官・ルトガー(黒髪・緑の瞳)の、天然君とすっとぼけ兄さんの漫才のようなやり取りが最高に楽しいお話です。

ある意味、おかしな性教育のお話でもあると思います。
非常にデリケートな問題であろう“性”に関するあれこれを、バカ丁寧な口調で開けっ広げに話し実行するルトガーは、ああ言えばこう言う人なのですが、変に崩れることがないところがさらにおかしさを増していると思います。
他のキャラも含めみんな美形揃いなのに、微妙にずれている感じがさらに面白いし・・・
なぜか一番印象深かったのは、国王ともう一人の子種候補・クラウスの取っ組み合いシーンでした。彼らも幸せになれますように。

ちなみに、このお話は「美男の達人」の続き前世ものだそうです。
記憶容量の少ない私は、かの文庫本を引っ張り出してこないとハッキリと比べられないのですが、理屈っぽさに関してはまんま「美男の達人」を踏襲していると思います。
「コメディとしては面白いけど、BL的にどうよ」と言われる芸風だそうですが、私は一向にかまいませんので、このまま面白い作品を発表していっていただきたいと思います。

さて、美男~を引っ張り出してこようっと。

2

狙いすぎ?

昨年 「嘘と誤解は恋のせい」 で腐界を震撼させた典雅先生ですが、今回はその影響があるのか、若干… “ウケを狙いすぎてる” と感じてしまいました。なんというか…キャラの言動のいちいちに 「ハイ!ここで笑って!」「こんなこと言う俺おもしろいだろ!?」 と言われている気分になります。
そもそも最初から最後までの設定にどうしても無理が有って、その上になんとか笑いを起こそうという狙いが見え隠れしているようで…だからどちらも中途半端に感じてしまうのかなぁ。そういった部分で違和感があるから、アルとルトガーの関係についても納得して萌えることができませんでした。
二人の会話がすごく多いんですけれど、彼等の一言一言がウケ狙いとしか思えませんでした。そしてウケ狙いゆえすごく長ったらしくて言葉遣いに統一性がなくなっており、もう 「ウケなんて良いから真剣に話してよ!」 とイライラしてしまいました。

王室の事情は、終始作品のご都合主義的な動きでしたね。ドラマの 「大奥」 を観ても分かるとおり、国のトップの周りはドロドロの因縁と確執と陰謀だらけのはずです。なのに、重大な謀反や画策があってもそれがサラッと受続きけ入れられてしまっている…!
いいのですか…それでいいのですか!?と思わずにはいられないトンデモ展開です。なんというか…いっそ、もっとリアリティのある愛憎等もひしめいていた方が、ギャップによる笑いもあった気がします。

西洋の王室を舞台にラブコメというのも、無理があるよなぁ…。そう感じずにはいられません。受け流すのにも限度があります。

2

おぼこ少年へのセクハラ物語?

以前花丸から出た「美男の達人」個人的には大好きだったんですが、BL要素は薄かったらしく、あそこに登場した美男講座のオーナー箭内と受講生・碧海のその後は書かれることはなく、「嘘と誤解は愛のせい」に名前だけ登場と、残念な結末を迎えておりましたが、彼らを主人公にする為に無理矢理ファンタジー西洋モノにして小林典雅節が復活!?
・・・と思ったのですが、、、
確かに間抜けでシュールでコミカルで面白い展開なんですが、、、
典雅節さく裂!まではいかなかったようです(残念)
しかし、山本小鉄子さんの絵がとても合っていて意外にエロくてよかったんですよね。

純朴でオボコな子沢山の田舎貴族の十五男のアルが、宮廷長官のルトガーに見初められて、騙されてセクハラされてある目的の為に首都に連れてこられ、これまたとんでもないお役目を仰せつかり、教育と称してまたまたエロな教育をされちゃうお話。

ルトガーが箭内で、アルが碧海の設定ですね。
しかし、それは頭からはずして純粋に彼らとしてみたほうがよさそう。
常に丁寧語でまるでお侍のような口調で、アルをセクハラするルドガーがオヤジです♪
性的知識も経験続きも全くない純潔少年アルにマッサージと称してお尻マッサージ、交尾を知らないといえば犬の交尾を見せ、あげくに風俗へ連れて行き健康チェックとしょうして弄ってしまうし。
夜は夜でキスの練習から春画を見せたり、セックスの練習といいつつフェラとか・・・
まるで教育を逸脱したように、自分の趣味に走るルドガー。

おまけで国王と種馬候補の青年に怪しげな雰囲気をかもし出させたり。
こんな呑気な王国なのに、意外にアルの与えられた使命はかなり深刻な現実を含んでいるのですが、お笑いで過ごしてしまうのが典雅流とでも申しましょうか。

おぼこいアルだけに、いきなり恋と自覚したとたんにエロ少年に変身するところは、エロ度少なめの小林作品にしては大判振る舞いな読み応えでしたよ。
やっぱりな~こんな外国設定にしないで真正面から箭内と碧海でやってほしかったな、、、
それがどうしても心残りです、、、

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ