ココロサワイデ

kokoro sawaide

ココロサワイデ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
4件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
作品演出・監督
高橋香里
脚本
高城葵
原画・イラスト
宮越和草
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
fluorite(株式会社アスガルド)
収録時間
75 分
枚数
1 枚
ふろく
アニメイト:小冊子 コミコミスタジオ:ペーパー
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

裕福な家に生まれ、放蕩三昧の生活を送っていた晴之だが、
書生としてやってきた5つ年下の孝輔に一目惚れ。
生活態度も改め、せっせと口説いてようやく結ばれる……
そのとき、孝輔から飛び出した意外な言葉は!?
愛はその一線を越えられるのか?
(出版社より)

表題作 ココロサワイデ

平沢孝輔 → 平川大輔

久我晴之 → 森川智之

その他キャラ
三崎由次郎[渋谷茂]/ 晴之の父親[岩田安宣]/ 松本[野川雅史]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

まったり

まったり優しい雰囲気のお話でした。
お話の舞台は明治か大正あたりかな。
お金持ちの放蕩息子(森川さん)と住み込みの書生(平川さん)の恋なんですが、二人の心が通じあったところから話がはじまります。
終始ラブラブで大きな話の起伏はないんですが、飽きさせない話でした。趣味にあわない場合は退屈だと感じるかもです。
なにより時代観が伝わってくるのが良かったです。

お話的にもキャスティング的にも、攻めと受けが通常とは逆で、その攻防戦とかギャップに萌えるかどうかってのがポイント。
苦手な森川さん受けですが、ギリギリで大丈夫でした。でもできたら高音の受け声じゃなくて、低音のままで受けをしてくれたらな~と思います。
対する平川さん攻めは、ザ・オールマイティーの本領発揮って感じでした。最初は完全に受けっぽい空気を醸し出してたのに、途中からは童貞年下攻めの必死さを前面に出して攻めておられました。

0

カップリングに注目!

ストーリーもさることながら、声優陣のキャスティングに大注目!!

平川さんが森川さんを攻めるぅぅっ~!と大興奮しまくった一枚でした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ