嘘と誤解は恋のせい

嘘と誤解は恋のせい
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神23
  • 萌×29
  • 萌14
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

270

レビュー数
18
得点
194
評価数
47件
平均
4.1 / 5
神率
48.9%
著者
イラスト
作品演出・監督
平井勝也
脚本
榛乃綾子
原画・イラスト
小椋ムク
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
インターコミュニケーションズ
収録時間
60 分
枚数
1 枚
ふろく
初回特典フリートークCD(近藤隆、三浦祥朗、楠田敏之)
フリートーク
別ディスクであり
発売日
価格
¥3,000(税抜)  ¥3,240(税込)

あらすじ

大学生の結哉は隣のエリートサラリーマンにこっそりひっそり片想い。
ある日お節介な先輩に「これでお近づきになれ」と、奇天烈な偽アンケートを手渡され、拒むすべもなく挑むことになるけれど・・・!?
(販売元より)

【 キャスト 】
近藤隆(嵯峨結哉)/三浦祥朗(和久井仁)他

表題作 嘘と誤解は恋のせい

和久井仁 → 三浦祥朗

嵯峨結哉 → 近藤隆

その他キャラ
六車騎一[鈴木達央]

評価・レビューする

レビュー投稿数18

エッチシーンに悶えました!

近藤さんの受け声を聞くのは初めてだったのですが、こっちがドキドキさせられました!
近藤さんの声のイメージが低い声のイメージだったので、こんなに可愛らしい声を出せるのかと驚かされました。本当に多才な方なんだと思います〜!
最中に素のような演技が混ざってるのが特にリアルな感じがして、もう聞いてられないくらいゾクゾクしました。
呂律が回らないふにゃふにゃ声もやばいです…!

三浦さんの声はあんまり聞いたことがなかったのですが、エリートサラリーマン感出ていて良かったですw
2人でずっと甘々していてほしいです…ww

0

近藤さんがかわいい~!

原作未読です。

近藤さんの声が今まで聞いた中で、一番高いと思います。
人によって好みが分かれると思いますが、私は好きです。すっごくかわいいんです!
なんかもうアホっこで、健気で、好きな人のいる前で緊張した声とか、恥ずかしそうな声とか、最後にちょっぴり淫乱が入ってる声とか、ほんと素晴らしいです。

三浦さんは初聞きです。
普通に良かったです。声からして、優しそーな、イケメンな人をイメージしちゃいますw

原作は読んでないので、役に合ってるとかは言えませんが、私的には二人とも違和感なかったですね。

シーンとしては最初のアンケートとアイスの場面がすごく好きです。もう(・∀・)ニヤニヤですww

予想を上回る二人のラブラブ感で、満足でした~



0

悪くはない。原作の面白さが異常なだけ?

原作既読。
あまりに原作のインパクトが強すぎたのか、少し勢いに欠ける気がしました。
悪くはないんだけど、文章で読んだときの独特の間だとか、行間だとかというのを、音声で表現するのはやっぱり難しいのかも。

ムッツリ変態の和久井を三浦さん、アホの子な結哉を近藤さんが演じてます。
そして脇役でありながらも、この作品では重要人物とも言える騎一を鈴木さん。
和久井と騎一は嵌りすぎるくらい嵌ってます。
真面目っぽいけど所々変態要素が見え隠れしてる感じだとか、小説の中の和久井が本当にそこにいるようでした。
結哉という役は「可愛い子」というイメージなので、近藤さんがかなりのハイトーンで頑張ってるのが笑えます。凄いブリ声で、思わず吹いた。

めちゃくちゃ笑ったアンケートなんかは、淡々とした感じで進んでいったので、あれ? とちょっと違和感がありました。
音声になったら何だか意外と普通だな、という感じで、特に笑えるということもなくさらっと聞き流しちゃったというか……。
感情の動きも微妙で、原作を読んだ時の、無茶苦茶だけど納得してしまう不思議な勢いがなかったように思います。
多分、原続き作での心理描写を端折りまくったせいだと思うんですが、何かにつけて展開が急な印象がありました。

ただ、絡みは凄かった。
酔った結哉のギャップを楽しむシーンでもあるのですが、近藤さんのへろへろとろんとろんな結哉が、もの凄く可愛い。そしてエロい。
和久井のムッツリぶりも三浦さんによってしっかり引き出されています。

脚本や演出がまずかったのか、原作の良さを生かせていないという印象。
淡々としたコメディって、それはもうコメディではない気がする。
役者さんの演技は申し分ありません。もっと勢いがあればリピCDになってたと思います。

1

主役ふたりそっちのけで

原作未読なので、新鮮味がありました。

近藤さんの高い声が苦手なので
あんまり集中できませんでした。
多作品の低い声が好きなんですがね、
なんでこのキャスティングにしたんだが不明です。
確かにえろシーンは近藤さんの演技は光っているので
その部分はたまりませんが、他に演者さんいなかったんでしょうか。

脇役でも光る鈴木さんの演技に魅了されました。
むしろ鈴木さんが出ているので聞いたと言っても過言ではありません。
不遜な態度なんですが、きちんと受けを思いやって、
その結果がアンケートなので笑えちゃいますけど。
「隣の部屋の和久井さんに~」といういきなりの台詞には
むせそうになりました。あっけらかんとしすぎですよ!

三浦さんの紳士っぽい雰囲気もすごくよかったです。
くどくない演技なので、すっと入りこんでくれて、
でも途中でへんなことをやらかすところとかが
印象に残っています。無人島をイメージして色々と用意しだす
ところは正気の沙汰じゃありませんよね。びっくりしました。
ナチュラル変態なところがよかったです。
三浦さんの紳士な演技で余計光っていまし続きたね。

始終ほのぼのとしていたイメージです。
えろシーンを除けば、初心者でも聴けると思います。

0

慣れない照れるー

BLCDはかなり初心者です。
小林典雅さんの作品では一番好きなこちらをチョイスしてみたのですが……原作の方がやっぱり良かったかなあ。

内容はご存知でしょうが、お隣の爽やかイケメンサラリーマン和久井に恋した結哉が、学生時代の先輩・騎一の斜め上をいくアイデアで恋愛を成就させるお話です。

原作を読む時にはかなり自分妄想で声などはイメージしているせいか、違和感が半端なかったです(汗
特に受けの結哉は原作でもかなり乙女思考なので、もっと可愛い声を連想しておりました。(もちろん近藤さんがどうとかいう意味ではありません)
でも、男性にそこまで求めるのは酷というものでしょうか。

わたしのようにかなり自分妄想が激しい人間は、CDは原作を知らない作品を聴いた方が良いのだなあと勉強になりました。
そして、慣れてないせいか本当に!気恥ずかしかったーー!
これって数を聴いていくうちに慣れるものなのでしょうか?

1

声が入ると、さらに萌え~

愛らしいお馬鹿カップルがリアルに再現されていて嬉しいです(๑≧౪≦)キャ

近藤さんの声が結哉のイメージに合っていて
ぎゃーっと萌えます。
三浦さんの声も、真面目で好青年の和久井さんにとても合っていて
速攻にファンになりました。今後も期待てます。
騎一役の鈴木さんもアリですなぁ。

とにかくアンケートのやり取りが、むちゃウケました。
絶妙な掛け合いに、皆さんも酔いしれていただきたい
(//∇//)きゃ~。

文字でも充分笑えますけどね

1

三浦“エロあき”祥朗さん、再びww

タイトルからして個人的な感想ですみませんw

三浦さん出演作品としては「えんどうくんの観察日記」「密室の密かな星」
そしてこちらという順番で聴かせていただいたのですが
こちらが初攻めCDだったんですね!!
このくらいのトーンって、リアルな26歳にしては落ち着き過ぎな気がしますが
どうにもこうにも良いんです!!!
ただの優しくて誠実でいい人、で済まされないのは欲目かもしれませんが
こういうタイプの男性に独占欲が出てきて
欲情して「いかん」と思いながら止められなくなる様子が
たまんないんですよー!!!
ノンケ攻めが落ちるのが早い、かもしれませんが
原作端折られてしまうのは常にBLCDの悲しい仕様ですよね…。
(まれにそうではない作品もありますが)
私は原作既読でしたが、だいぶ前だったので記憶が薄れてしまって
こだわらずには聴けました。
なんたって三浦さんが素敵ボイス過ぎて…!!!

近藤さん、クールな大人の受けが個人的に好みなので
嵯峨のような気弱なテンパり気味で可愛い受けは
どうなのかな…とちょっと心配でした。
年の差ゆえ、可愛らしく演じるってい続きうのは作品的にぴったりかもしれません。
でもなー……。やっぱり近藤さんは大人な方が好きかな…。
私が、可愛らしい受けが苦手なだけですので
近藤さんの演技力がどうこうって事ではありません!決して!!
その証拠に(?)Track5の濡れ場は続けて5回程リピしました!!w
酔ってるせいもありおねだりしたり、やたら積極的な近藤さん、
……可愛いじゃねぇか!!!!!
舌ったらずな感じとかショタが苦手なので「……」なはずなのに
「…いれて」とか色気が素晴らしかった!!
ご奉仕して「和久井さんの……ん、おっき……」とかエロかった…。
ちょっと学ばせていただきました(ナニを!?)
幅広く演じられるって、やはり実力派声優さんだと思います!

鈴木さんの先輩役、アクと個性が強くて良いアクセントでしたw
鈴木さんがこういう脇って勿体無い気もしてしまいますが。


そうそう、和久井さんに出した偽のアンケート、
「…長ぇぇぇぇよ!!!!」って思わずツッコんでしまいましたw
原作ではもっと踏み込んでたりしてたかもですが
アンケートってそもそも2分くらいで終わるものが一般的ですよね!
そこは偽だし何日もかけて答える状況じゃないと
隣人同士の交流はなかなか深まらないのは重々承知しておりましたがw
ちゃんと付き合ってくれた和久井は偉いなーなんて妙な感心をしつつ、
三浦さんの誠実(実はちょっと変態?w)っぷりが映えるわけなんです!!
そして、もし自分がこういう類のアンケートに答えるとしたら
どこまで正直に回答するかな?なんて余計な事を思ってしまいました☆


原作では萌えまでいたらなかったのですが(すみません)
声と演技ってホント素晴らしい!!!
聴けて良かったです☆
三浦さん、がんがんBLCDに出演していただきたいなぁ!!

5

ハマってます。

三浦祥朗さんと近藤隆さんのお声は初めてお聞きしましたが、各キャラクターにぴったりのトーンで演技をされていて、とても良かったです。それから騎一役は鈴木達央さんしかいないと思わされるほどにハマっていました。

私は原作のお話とキャラクターが大好きなので、音声化されただけで大満足。お気に入りの一枚です。神評価にしなかったのは、原作を読んでいない方にはわかりにくいと思われるシーンがあったからです。

最後に……近藤隆さんのエロかわいさっぷりがハンパなかったです。特に酔っ払ったときなんですけど、ほんとに素面で演技をされているのかと疑ってしまうほどでした。

2

近ちゃんすごいなぁ。

あらすじだけでも感じますが、ちょっとトンチキというかトンデモ発想なお話のような。
ベースの隣人のリーマンに想いを寄せる内気な大学生というのは普通の恋物語に出て来そうな展開なのに。
なのに、全てを悉くおかしくさせているのが騎一作成の偽アンケート。
普通の質問に織り交ぜてかなり突っ込んだ変態性に関わるような質問がふんだんに盛り込まれていて。
これによって和久井の本音と建前とかも聞いてる側には伝わってきたりするんだが。
何よりこの質問自体がかなりな内容なので内気な結哉がその質問を読むだけでも羞恥プレイ状態に。
完全にラブコメ系なんだとは思うんだが、なんか不思議。
和久井役の三浦さんはBL系ではたぶん初めて聞いたと思う。
爽やかなというかやさしいソフトなトーンで穏やかな感じ。
なかなかのイイ声系。
それで、内心でいろいろつっこみ入れたり、自分の感情にドギマギするような場面もあったりで楽しかったです。
最後の方とかなんかトンチキ(?)感もあって。
一方の結哉役の近ちゃん(近藤さん)はかわいいかわいい系。
常にかわいくかわいくな感じで、たまにドジッ子も入ってたり。
なの続きで、ラストのお酒飲んで夢見心地でのえちシーンでの豹変ぶりはなかなかのものでした。
「昼は天使、夜は娼婦」ってこんな感じなのを言うんでしょうか?(笑)
ちょっと魔性がかってました(笑)

3

なんていうかゆいやかわいい

普段はおどおどしててなにこの小動物かわいいなのに、意外な面があって「これが最近巷で流行っているギャップ萌ってやつかッッ!」ってなりました。・・・はい。

和久井さんの勘違いぶりがもう好きすぎとしか表現できないのが悔しいくらいでした。

この2人はもう一生イチャついていればいいです←

2

慣れるってこわいー。

かなり萌える。
しかし初っ端は、驚きました。
近藤さんの声がキッツイ、あのブリ声はいったい何ですかい?
しかし、アンケートが終わる頃には徐々に慣れて、
「結哉かわいいな~」なんて自然に思えた。慣れって凄い。

三浦祥朗さんが、メインになっているCDは、私も初めてでした。
とても聴きやすく、初めは、特に良い声だと思わないけど、
聴くほど味がでる。スルメイカタイプの声かと。
演じ方も癖がなく、飽きない。

そして、先輩サイコー。鈴木さん上手い。
全体的に、かなりお気に入りの一枚になりました。
結果よければ全て良し、文句なし。

2

当たりなキャスト!

近藤さん、とにかく可愛いーーーーー\(゜ロ\)(/ロ゜)/!!
こんな可愛さ反則ですよー
和久井さんと話すだけでどもどもする声はもう・・・
瞬殺させられます!

和久井さん役の三浦さんは初めてお声を聴いたのですが、
恰好よかった!(^^)!
すごく和久井にあった声でした。
ちょっと鈍くておっとりした感じ?
でもやるときはやるみたいな、しっかりと結哉をものにするシーンなんてあの思い切った感じはすごく良かった(*^_^*)っ

たっつんもなかなかいい味!
だらしないような感じの先輩にぴったりでしたw

こんな感じでキャストは完璧!
しいて言うなら終わり方こんな感じで良かったのでしょうか??
と思ったら続きが出てるのですね^^;
でもどうせなら二枚組とかにしてほしいなーと思いました

2

近ちゃんの演技の幅がみどころw

原作読んでてもそうだったけど、やっぱりこの作品2828が止まりませんでした!!

はい、原作が原作なだけにあのエロかわいい結哉をどう近ちゃんが演じてくれるかワクワクしてたんですが、私の理想通りのいや、それ以上の結哉が仕上がっていてすごくすごく良すぎましたw
近ちゃんの演技の幅には毎回驚かされるばかりです!!

三浦さんはこれを聴く前にラジオ等で好きになっていた声優さんだったんで、カッコいい和久井さんを演じていらっしゃってテンションあがりました!!ちょっと変態っぷりが見え隠れして垣間見える感じも素敵だった^^

全体的に素晴らしい出来上がりだと思います。多少気になったと言えば、結哉がアンケートをとっている時のBGMがしっくりこなかった感じがしました。

2

やっぱ楽しい作品

限りなく神に近い萌え評価です。
原作を先に読んでなかったら神評価にしたんじゃないかなとも思いました。分かんないけど。

声優さんたちの演技は素晴らしいんですよ。
はまり役だったと思います。
受けの近藤さんの酔っ払いっぷりと淫乱誘い受けへの変身っぷりが可愛くてキュンキュンしました。
攻めの三浦さんがキュートな受けの色んな姿を見て萌えまくってるのにもニヤニヤ。(三浦さんってよく知らない声優さんだったんですが、クセのない落ち着いた大人の声で、とてもステキでした)
脇役のたっつんも身勝手だけど優しい先輩そのもので。

ただやっぱストーリーのはしょりすぎが気になりました。
時間を目一杯使ってくれてたらここまで気にならなかったと思うんだけど、めっちゃ余ってるし。
会話の掛け合いが面白さのキモとなる作品なのに、ここまではしょられちゃうと、いちいち「うあー!またはしょった!」って思って、ストレスになってしまう。

ただ、もし未読状態で聴いてたら、かなり楽めたんだんじゃないかなとも思いました。
作品単体で見た場合、萌え要素もエロ要素も笑いの要素もしっかりあるし。

1

どこにこんな引き出し?

近藤さんが、かわいかったーーっ!
最初、誰だかわからないくらい可愛かった。

近藤さん、どこにこんな引き出し隠してたんですかぁ!!
って、叫びたくなるほど結哉が可愛かった。

ギャグにならないギリギリで頑張った、的なことをトークCDの方で、話されていたけど、これ以上エロ可愛かったら悶死しちゃう。

三浦さんのお声は初めて聞きましたが、和久井さんのおおらかな感じがなかなか良かった。

たっつんの騎一の、人の悪い感じも楽しそうにはまり役。

このCD、この後にしでかしたことを考えなければ本編は「神」レベルでもいいくらい。
トークCDにたっつんのいないことと、2枚に分けちゃったことを減点して「萌」ってことで。

3

ブートキャンプが別で正解

とにかく結哉が「エロ可愛い生き物」そのものだったのと、和久井さんがいい男だったのと、先輩が先輩らしかったので、それだけでも神評価です。

ちょっと、小説の感想を見直してきましたが、“ラヴァーズ・ブートキャンプ”がなかったら神評価だったって書いてありました。
このCDには入りきらなかったようで、「ラヴァーズ~」の方は来月に改めて発売されるようです。
(しかしながら、フリートークCDではそちらに出演の楠田敏之さんも出ていらっしゃるので、いまひとつお話が通じませんでしたが・・・)

さて、CDの感想です。
小説でも、場面場面が目に浮かぶようなイメージのしやすさがありましたが、声になったことでもっと現実味を帯びた出来栄えだったと思います。

お隣の会社員・和久井さん(CV.三浦祥朗)のことが好きな結哉(CV.近藤隆)は、騎一先輩(CV.鈴木達央)の差し金でお近づきになるためのアンケート調査を持ちかけます。
気が弱かったはずなのに、恥ずかしがりながらもおかしなアンケートを読み上げる結哉と、こんなに無用心でいいんですか?って言いたくなるくらい律儀で真面目な和久井さんのやり取りが続きやっぱり最高に面白かったです。

特に、酔っ払った結哉が襲い受けちゃうところは、エロ可愛いとはこういうことを言うんだと思い知らされた次第です。

私は、声優さんの声を結構聞き分けられるほうだと思っているのですが、実はいまだに近藤さんの声を聞き分けられません。
しかし、今度からはこの声だったら分かっちゃうかもしれない。
めったに出会えそうもないけど・・・

それから、ブックレットの真ん中に「現代独身男性のライフスタイルに関する意識調査」が書かれているのですが、最終設問のeって何?これ、誰が考えたんですか?小林先生ですか?
おもしろい!

2

三浦祥朗さん初メインCD 

ヽ(▽ `)ノワーイ♪ヽ(´▽`)ノワーイ♪ヽ( ´▽)ノ
たのしい!たのしい!たのしい!

お隣に住んでいるリーマン和久井(三浦)に
片思いしているゲイの結哉(近藤)は
先輩・騎一(達央)の作戦で嘘のアンケートをすることになるのです。
嘘のアンケートを片手に和久井(三浦)のことをいろいろ聞いていくのです。
それはへんてこなアンケートなのですが
なんだかんだとふたりは近くなってゆくラブコメディです。

きっかけは嘘のアンケートだったし
誤解もあったけども、それはすべて恋のせいw
小林典雅さんらしい甘いBLファンタジーv
ふわふわとした気持ちで、さっくり聴ける1枚です。

かなり結哉という受けが、独特なんでどう演じるかで
うざいとか女々しいとかになっちゃうところを
うまく近藤さんが演じていたのが本当に素晴らしかったんだよ。

原作既読。
原作を読んでいるときに結哉役には、この人!っていう声優さんがいて
私、インターコミュニケーションズさんに嘆願メールを送りました。
キャストは、近藤隆さんに決まったときはどうかなぁ~と思いましたが
結果的には、続きかなり結哉のキャラをつかんでいてアタリでした。
キャストのみなさんに「かわいかったーv」って言われてましたが
近藤さんがんばってたよ。かなりかわいく作ってたし
あのたどたどしい小動物系の結哉がエロかわいい生き物になる
フェラシーンも良かったですねぇ~v

和久井役の三浦さんはBLCDメインは初。
「はじめてです」って言ってたけども
ゲーム『STEAL!』で攻めてたでしょーーーーっ!!
三浦さんは、私の中にあまりデータがないので
どう演じてくるのかすごくわくわくしてました。
聞いてみたら低音すぎず、すごくソフトでよかったなぁv(うっとり)
攻め喘ぎですが「うっ、うっ、うっ」も、なかなか自然でよかったです。

かなり三浦さんが自分の中で新鮮だったし
近藤さんがかわいかったので文句なしの神評価です。

---------------------------------------
フリト約11分 (近藤、三浦、楠田)
---------------------------------------
達央がいないorz

3

うん……

原作既読。

キャストもいいし、なかなか面白い設定ですし、
でもなんか物語の展開速すぎない?
おまけに、収録時間も短くなって、ちょっと物足りない感じ。

今回のBGMもすこし微妙。
「なんでこういうコミカルな話にそんな切ないBGMがでるわけ?」と思ったこともありました。

キャストについて、自分はたっつんの方がもっとうまいだと思いました。
近藤さんファンの私なのに。。。(苦笑
いや、主役の二人さんの演技がどうかこうかと言いたいわけじゃない、ちょっと自分の想像した和久井さんと結哉にはちょっと印象が違う気がする。
でもよっぱらの結哉を演じた近藤さんもかわいいな~

フリートーはたっつん抜き、近藤さん、三浦さんと楠田さん三人で。(ていうか楠田さん今回は出てないのに、これは別CDが終わった後収録したものかも)
挿絵から見れば、日野はかわいいキャラで、楠田さんの声とは待ったく違うタイプなんです。
でも意外性も面白さのひとつかな、しかも楠田さんの声カッコウいいwww

最後の最後言いたいのは、なぜ最初から二枚組みにしてくれないのかしら。これじゃ手数もかけたし、思続きいっきり楽しむこともできない。
なんか今回のインターさん、整体レベル下がってない?

辛口ですみません。m(_ _)m

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ